2020年10月 8日 (木)

昭和記念公園でコスモス花見してきました!

刺繍熱は冷めず、先日はまたまたルシアンさんの刺繍キットで「コスモス」を完成させました。

Dsc_0172

本物のコスモスを見に、昭和記念公園に行ってきました。

Dsc_0164

濃いピンクのコスモスやピンクのコスモス。マキちゃんも大満足です。

Dsc_0163

キバナコスモスも!

昭和記念公園は広いので、歩いているといろいろなお花を楽しめますよ。

Dsc_0169

ヒガンバナも。BUCK-TICKの「アトム 未来派 No.9」という素晴らしいアルバムに、「曼珠沙華 manjusaka」という美しい曲が入ってます。

お弁当はコスモスの畑を見下ろす感じの丘で食べました。

Dsc_0168

サンドイッチ、ささみフライ、ニンジンの肉巻き、タコさんウィンナー、ポテトサラダなどなどとワイン2瓶。雨が降る前に食べ終われてよかった。

Dsc_0250

金木犀の木もたくさんありました。

なんと、なごりのアジサイまで!

Dsc_0170

10月にアジサイを見ることができるなんて!

たくさん歩いて、たくさん食べて、よい時間を過ごしました。

Dsc_0162

「公園はリラックスできるので、いいわね!」

Dsc_0247

「BUCK-TICKに『COSMOS』って曲あるんですよ!」

Horizon_0001_burst20201007115118382_cove

「今日、生まれて初めてコスモスを見ました。きれいだね!」

昭和記念公園に隣接しているグリーンスプリングスでお茶をしてから帰りました。(ちなみにここにある立川ステージガーデンで先日BUCK-TICKのフィルムコンサートを見ました。照明も音響も素晴らしく、次回はぜひ本物のコンサートで来たいな、と思いました。)

Dsc_0171

PAPER MOON さんというカフェ。ケーキがむちゃくちゃおいしかったです。

帰りの電車でふとネットニュースを見て衝撃が走りました。帰りに急遽何軒も本屋さんをまわり、「文藝 冬季号」を探し、再度カフェに入り(まっすぐは帰宅できなくなり)あっちゃんと遠野遥氏の対談を読み、いい加減帰らないとやばい時間までカフェに座り込んだ後、腰が抜けそうになりながら雨の中帰りました。もちろん「破局」も購入。こういう心境になったことは初めてかもしれない、というくらい腰が抜けそうになりました。とりあえず酒が必要だ、と判断し、帰宅後は簡単なおつまみだけ作り、大量のウィスキーを飲むことになりました。飲みすぎて、ほとんど眠れないまま今にいたります。

圭子&亮一

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

早くもクリスマス準備

刺繍でクリスマス用の飾りを用意しました。クリスマスまでまだまだ時間がありますが、やることもないのでせっせと縫っていると出来上がってしまいました・・・

Dsc_0160

今回も、エクセルで図案を作り、うちの熊のマキちゃんをモデルに縫ってみました。

最近は、BUCK-TICKの新作「ABRACADABRA」を聞いている日々です。こうやってクロスステッチで「逃避」することも、自分を守るためには決して悪いことではない、とBUCK-TICKに言っていただいているような気分です。

圭子

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

BUCK-TICK 9.21

都内35か所に出現している、という例のあれを見に、三軒茶屋へ。

Dsc_0146_20200910201601

田園都市線三軒茶屋駅すぐの、壁に水が流れている広場です!!

Dsc_0148_20200910202201

横に二枚繋がっていて、迫力があります。

斜めからのショットも。

Dsc_0150_20200910202101

9月21日発売の新作『ABRACADABRA』が楽しみです!!

圭子

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

「希望のかなた」-人は人を助ける。-

難民問題を描く作品だ。主人公の一人、カーリド(山田孝之と妻夫木君を足して2で割ったような見た目の俳優が非常によい。)はシリア人。戦乱で故郷を追われ、貨物船でフィンランドにたどり着いた。しかし、簡単に社会に受け入れられるわけではない。難民申請は受け入れられない。不安定な立場のまま、それでも周囲の善人たち(無表情だが、温かい)に守られ、前向きに生きる。

もう一人の主人公は妻とうまくいかなくなったヴィクストロム。シャツの卸の仕事をしているが、思い切って転職をしようと、ポーカーで儲けたお金でレストランを買い取る。妻は酒におぼれている。

この二人と、二人を取り巻く善人たちが次第に絡んでいく。一部の人種差別グループを除き、この物語には悪者がいない。そして、見る者に勇気を与えてくれるのが、常に堂々としている姿勢の正しいカーリドの生き方だ。彼は気持ちがよいほどに、淡々としている。また、カーリドと難民の施設で出会ったイラク人の男性の劇中での言葉が、非常によかった。暗い表情をしていてもろくなことはない、ニコニコしていた方がよい、といったアドバイスをカーリドにするのだが、これは別に、難民の方が送還を避けるためだけではない。きっと今の自分(そして多くのコロナに影響を受けた日本人)にも当てはまるかな、と感じた。今、私はコロナの影響で、仕事がない。私は訪日外国人に英語で観光のガイドをするのが本業だ。外国人が日本にいない状態が続き、もう仕事は5か月ほど、ゼロだ。気が付くとすごく暗い顔をしている自分に気が付く。故郷を追われた難民の方とは桁が違うだろうが、それでも絶望や不安で気持ちがふさぐ日々だ。しかし、暗い顔をしているより、ニコニコしている方が自分の身を守る、というのはカーリドも私も同じなのかな、と感じた。ありがたいアドバイスだった。

結果として、この映画の中でカーリドが今後どうなるかは語られない。お腹を刺されたあと、回復したのか、自身の不安定な身の上が解決されたのか、また、妹がうまく難民申請できたのかもわからない。映画が終わってもカーリドの人生は困難なことであることは予測される。それでも、微笑んでいる彼の表情から、そして、まとわりつく愛らしい犬、コイスティネンからは、決して不幸な未来は見えない。善良な名もない市井の人々に無表情で助けられ、今もフィンランドで淡々と生きているカーリドを想像する。

カウリスマキはこの作品を最後に引退をする意向を示しているとのことだ。今、コロナの中、世界中が絶望している。引退なんてどうかやめて、気持ちが温かくなる映画をまた作ってもらいたい。カウリスマキの映画は、見た後時間がたってからものすごく心に突き刺さる。昨日スシのシーンを大笑いしながら見たこの映画だが、翌日の今日思い出して、カーリドのことが心配で涙が止まらなくなってきた。

圭子

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

今度はラベンダーです。

相変わらずクロスステッチにはまっています。今度はオリムパスさんのキットでラベンダーをクロスステッチしました!

Symmetry_0001_burst20200829110734668_cov

かなり難しかったです。ラベンダーの花や葉の色がたくさんあり、どこまで刺繍してどこがまだかを確認するのに大変でした。でも出来上がったときの満足感も高かったです。本当に、刺繍をしていると他のことを忘れて集中できて、助かります。夏らしいデザインでうれしいです!

圭子

| | コメント (0)

«鎌倉にお参りに行ってきました。