« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

「麩」のカツカレーでヘルシーディナー

カツカレーが食べたい!と突然思いましたが、肉以外でなんとか「カツ」を作れないか、想像してみました。あ、仙台麩を戻して、衣をつけて揚げたら、一口カツのような風貌になるかも!と思い、実験してみました。

Ca390731

麩は戻して、米粉、溶き卵、パン粉をつけ、オリーブオイルでさっと揚げました。肉ではないので「中まで火が通ったかな?」と心配することないので、簡単です。カレーにトッピングしました。

蓮根はベーコンと炒め、醤油とミリンで味付けしました。

Ca390729

根菜は落ち着きますね。

サラダは、サラダほうれん草、プチトマト、紫玉ねぎです。チャーシューの残りを使いました。チャーシューのつけだれをオリーブオイルでのばしてドレッシング代わりに。

Ca390728

紫玉ねぎは辛くないのでサラダにとてもいいです。

Ca390733

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

引き続き、ミクロネシアからの帰還ディナー

今日は魚中心の白ワインに合うディナーです。今日のメインのいかわたソテーは亮一が担当しました。

前菜に、帆立とサーモンのタルタルを作りました。

Ca390724

刺身用サーモンと帆立を細かく切りました。レッド玉ねぎ、ケイパー、プチトマトも細かく切りました。それらをボールに入れて、混ぜて、オリーブオイル、レモン汁、醤油で和えました。セルクルで丸く形を作って出来上がり。周りには、オリーブオイルとワインビネガーをたらしました。

Ca390727

メインです。刺身用のいかをさばいて、いかわたを使ってズッキーニとエリンギと一緒に、ソテーしました。

Ca390718

野菜スティックは、先日ケーキ屋さんで買ったプリンの容器を使いました。ガラスみたいに見えますが、プラスチックです。ちょっとしゃれた装い?横にあるのは、すりごま、味噌、マヨネーズ、オリーブオイルを混ぜたディップです。

Ca390725

ボンゴレロッソです。アサリとプチトマト、ニンニク、アンチョビでシンプルに。青ネギを彩りに。

Ca390720_2

これは、先日茹で豚を作っておき、それを醤油ベースのたれに漬け込んでいたチャーシューです。ツナとマヨネーズで作ったソースをかけています。こしょうもたっぷり。  

Ca390726

今日はDomaine de Milletというフランスワインです。辛口の魚によく合うワインでした。外はかなり寒くて、そんな中、きりっと冷えたワインを飲むというあまのじゃくな行為をしてしまいましたが、ハロゲンヒーターのストーブを足元に置いて、おいしくいただきました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸干しが食べたくなって和食朝ごはん

亮一はチューク(ミクロネシア連邦の一部)では「パンの実」を食べる生活をおくっていたらしいです。テレビも電話もない生活だったそうです。でも、チュークの人々は子だくさんで、幸せそうな感じだったらしいです。

「和食が食べたい!」と思い、亮一の提案でイワシの丸干し朝ごはんにしました。

Ca390716

香ばしい!グリルで焼いただけですが、これにオリーブオイルをかけたり、何かハーブをのせたりしたら、イタリアンにもなりそうな感じでした。イワシ担当は亮一です。

Ca390715

生卵かけご飯です。味噌汁もつけて、Japanese breakfast の出来上がり。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

ミクロネシアからの帰還ディナー

今日は久しぶりに圭子と亮一ディナーです。ミクロネシアに行っていた亮一は真っ黒に日焼けして帰還しました。「パンの実」のチップスをお土産に買ってきました。

Ca390707

食べてみると、サツマイモのチップスと似た素朴な味でした。チーズとともにおつまみで。

Ca390708

左端がパンの実チップスです。チーズ、干し柿とともに。

今日は亮一が久しぶりに返ってきたのでワインです。タスマニアンビーフを買ってきました。ステーキです。

Ca390713_2

亮一がニンニクで焼きました。

鮪とアボカドをオリーブオイル、マヨネーズ、醤油、ワサビで和えました。

Ca390711

鮪についていた大根のつまも別のサラダにしましたよ~

Ca390709

ラディッシュの薄切りとともに、サラダにしました。

先日作っていた大根と鶏の手羽元の煮ものは、サラダにしてリサイクル。煮こごりはドレッシングのベースにしました。サラダほうれん草とともに、サラダに復活した煮ものです。

Ca390710

しっかりした味付けの煮ものがベースなので、赤ワインにも合いました。

今日はチリ産の「MONTES」という赤ワイン。天使がエチケットに印刷されています。

Ca390714

2009年という、若いワインの割には、深みのある味わい。美味しかったです。チリワインあなどれません。

Ca390712_2

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vegetarian "Fu" Donburi

"Fu" is dried wheat gluten and very convenient. It's dried, so good to store for a long period. I keep this type of dried food in the kitchen just in case I suddenly become hungry in the midnight and crave for DONBURI.

You can cook DONBURI without using any meat. So, you can also enjoy your midnight DONBURI even though your refrigerator doesn't contain any chicken or beef.

By the way, DONBURI is Japanese dish with cooked food (anything! cooked meat, or sometimes "sashimi", slices of raw fish, cooked eggs ... etc.) served over cooked rice. It usually served in a rice bowl.

This morning, I cooked DONBURI with "fu".

Recipe

1. Soak "fu" in water and make it soft. When it becomes soft, squeeze excess water.

2. Cook slices of onion in broth (broth for this donburi contains: oyster soy sauce, sugar, sake and water. Since I use "Oyster Soy Sauce" produced by ASAMURASAKI, I don't normally use "dashi", which is soup stock made of kelp or dried bonito. ASAMURASAKI's oyster soy sauce is great. ASAMURASAKI is a Hiroshima company and my parents who live in Hiroshima send the bottles of this soy sauce regularly. I'm addicted...)

3. Add 1 into 2 and cook for a while.

4. Pour the beaten egg into 3 and cook for a short time. Serve it over cooked rice.

5. It looks good when it's garnished with something green. (This time I put some cooked snap peas on top.)

I use a frying pan for this cooking.

This is "Fu". This time I used "Sendai Fu". Looks like bread!

Ca390706

Before soaking in water, they look exactly like slices of "baguette".

Then, cooked as DONBURI, look like this.

Ca390704

Now you don't need to worry about calorie counts anymore!

Yogurt with strawberries and honey for dessert! Strawberries are in season in Japan now.

Ca390705

Buon appetito!

Written by Keiko SASAKI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tokyo Sonata (2008)

I know that music can actually save one's life. It at least keeps me living when I am struggling. On the "crowded like a hell" commuting train in the morning in the central Tokyo area, sometimes people can't survive without music from iPod. Like other people, I have been saved by music time to time. Listening to Chemical Brothers in the morning ebables me to go to work, even though in the situation when I feel like running away to nowhere.

One of the main characters "Kenji" plays "Claire de Lune" by Debussy at the entrance exam for entering into music school in the film. He plays the piano in front of audience, including his parents. His parents are saved by their son's music, after the painful experiences. It was ironic that, when Kenji and his parents are leaving the room, other parents were staring at the three and imagined that they were "perfect family". Nobody imagined the painful "journey" that Kenji and his parents have had. But in fact, at the Debussy moment, the three were the "perfect happy family".

The actress Kyoko Koizumi, A.K.A. "Kyon Kyon", who played the role of Kenji's mother Megumi, was the POP icon in the 80's in Japan and this is possibly not really known by the really young generation (even within Japan) and people from overseas. I have to mention that she was not only a super-duper pop singer, but also a person who had a huge commercial influence in the Japanese market. After she mentioned that it was her favourite book, Salinger "The Catcher in the Rye" suddenly became the bestselling title, so as "Momo" by Michael Ende. In a way, she was like Lady Gaga in 80's in Japan, in terms of influence on young people.

Now, our Kyon Kyon is playing a MOTHER. And the mother was played excellently. Kyon Kyon's ex husband is a Jarmusch star, Masatoshi Nagase.

This film describes a dysfunctional family, which was once destroyed, but later "comes back" and that's why it gives us a pleasant taste after watching it. A great (Kiyoshi) Kurosawa film.

Reviewed by Keiko SASAKI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

煮こごりが食べたくて鶏を煮てみましたディナー

煮こごりって大好きなんですよね。煮もの自体よりも翌日出来上がっている煮こごりが食べたくて煮ものを作ったりします。干しシイタケ、鶏の手羽元、大根を牡蠣醤油、砂糖で味付けて煮ました。ショウガもアクセントに入れました。

Ca390701

二日ほど前に作った煮ものです。煮返して保存していました。そして、今日夜帰ってきたら、念願の「プルプル」になっていました。

Ca390702

煮もの、豆のサラダ、カスレ・・・ととんでもない組み合わせですが、冷蔵庫の保存食でまかないました。いただきます~

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「愛する人」-ナオミが幸せになって欲しい-

大好きなナオミ・ワッツの「愛する人」を見て帰ってきたばかりである。ナオミは「つらい」役がよく似合う。顔が「つらい」作りになっているのだろうか。日本でいう、木村多江的存在だ。二人とも、私生活は順風満帆のようだが、どうも顔の造作が原因か、「つらい」役が本当に似合う(私は敬意をこめています。二人とも大好きです)。

今回の「つらいナオミ」は弁護士役である。生まれてすぐに養子に出され、実の母親を知らずに37歳まで生きてきた。優秀な弁護士だが上司と関係を持ち、妊娠する。転職してきたばかりの法律事務所ですぐに上司と肉体関係を持ったり、それよりも昔、10代の時点で避妊目的の手術をしていたり、と「人生にうまくいっていない」状態を澄んだ瞳で演じている。お願い!ナオミにおバカな元気な役をもっとやらせてちょうだい!と「おすぎ」が憑依したような口調になってしまったが、彼女の「Ellie Parker」という2005年の「とんでも映画」を以前見たとき、「あ、ナオミにはこういう映画もっとやって欲しい!」と切望した。結構とんでもない映画(見てください。とにかくとんでもないので)なので、ナオミが大成功してから、昔の下積み時代のB級映画が発掘されてレンタルDVD屋さんに置かれてるのかな?と思ったら、なんと「Ellie Parker」は彼女が「マルホランド・ドライブ」などの大作に多数出るようになった「後」の作品だった。ナオミに乾杯。ナオミ様。私はあなたと同い年です。同級生として、あなたを誇りに思います。って、何目線だ?

ナオミ演じるエリザベスの「実の母」役のアネット・ベニングは、劇中笑顔がどことなく佐久間良子を連想させてくれて、ほっとしてしまった。日本人の血が少し入っているのか、とも思えるほど、近所に普通にいそうな風貌だった。

映画全体は、いろいろな登場人物が意外な関係でつながりすぎていて、無理やり感が否めなかった。リンクしすぎかもしれない。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

豆サラダで朝ごはん

最近食物繊維が足りてないな・・・と感じ、朝から豆サラダです。朝ごはんです!

Ca390700

先日一袋まとめて茹でておいた白花インゲン豆。この一部をサラダに使用しました。ツナ、マヨネーズ、レモン汁、オリーブオイル、醤油少々で和えました。パセリをふって出来上がり。

豆を食べるとなんとなく体にいいことをしているような満足感が得られます・・・

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

チャーハン&イチゴで幸せディナー

今日はチャーハンが食べたくなって、作ってみました。先日豚の塊肉を茹でておきました。その茹で豚を細かく刻んでチャーシュー風に。ネギも刻みました。干しシイタケの戻したのがまだ残っていたので、これも刻みました。卵は溶いておき、チンしたご飯を混ぜて「卵かけご飯」状態にしておきます。全部炒めて・・・味付けして・・・

Ca390697

仕上げにレタスをちぎって炒めて出来上がり!美味しかった!

デザートはまたまたクリームチーズ。今日はマスカルポーネを買ってきました。クラッカーにチーズをのせて、その上にイチゴのスライスをのせ、さらに蜂蜜をかけて、甘いカナッペです。

Ca390698

蜂蜜が大好きな私は、今円高還元で海外の蜂蜜が少し安くなっているのがうれしいです。それにしても、毎日何らかの形でチーズを最近食べている・・・「チーズ宣伝大使」みたいな話舞い込まないかな、乳製品の団体から・・・(妄想癖!)

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

Dolores Claiborne (1995)

Kathy Bates and Jennifer Jason Leigh were too awesome and I have been haunted by this story for couple of days. Since I rented this DVD film for a week, I was able to see this film many times and this includes the viewing of the director's commentary. (Taylor Hackford's commentary was, actually, one of the best commentaries I've ever listened to. Very detailed and also, his voice is sooo good. His commentary included the information of "Fuji and Kodak differences" and that was extremely informative.)

In the first viewings, I was focused on "Men are enemies" issue. Dolores' husband was evil and so was Vera's (in a different way). Then, the more I watched this film repeatedly, I started to focus on "Mother and Daughter" issue. Then, I also thought about "getting old is kind of sad" issue from Vera's episode.

Selena St. George (acted by Leigh, who was simply magnificent) was grim nearly all through the film and looking at her was tough, but at the end of the story, we can see her smiling (although it was really subtle), and that was the reason why I didn't feel nasty at all even though the whole theme of the film was fairly dark.

As a wife, who was a victim of domestic violence, and also a mother, who has been away (physically as well as emotionally) from her loved daughter, looking at one's daughter smiling was the first gift Dolores could get finally. I think Selena will come back to see her mother more frequently from now on and finally they will have a warm mother and daughter relationship.

One of the unforgettable scenes was Vera, who became senile in the latter part of the film, asking "I want my china pig!" to Dolores. What she wanted to get was not only her favourite china pigs, but also her gorgeous appearance, good health, youth and good old party life, I think. It must have been a painful scene for any of us, because, soon or later many of us will have to have a similar experience to which Vera had.

Finally, I would say that it was a terrible mistake by the judges that Bates wasn't even "nominated" for an Oscar for this role! I wonder why!! I realized that Bates changed her tone of the voice in "young Dolores scenes" and "present (old) Dolores scenes" and that's why the acting of the two eras was natural. Not very many actors can do this, I suppose. A great actress.

Reviewed by Keiko SASAKI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春雨ピェンロウで「ラーメン風」ディナー

冷蔵庫の白菜の残りを使って、戻しておいた干しシイタケ&その戻し汁をベースに、ラーメン風なものを作ってみました。ベースは先日も書きました、「ピェンロウ」です。が、ラーメン風にアレンジしました。シイタケ戻し汁と先日作っておいた「茹で豚」の茹で汁を水と合わせて火にかけ、白菜、シイタケをスライスしたものを煮ました。豚バラも入れました。今日は麺として食べたかったので、ネギも入れました。味付けは、鍋のときとは変えて、牡蠣醤油、塩、こしょうでラーメンスープ風にしてみました。春雨を入れて煮込んで出来上がり。シイタケの戻し汁っていいですね。得をしたような気持ちになります。放っておいて、勝手に美味しくなってるんですから・・・これがあれば、簡単に美味しいスープができます!

Ca390694

糸唐辛子をトッピングしてみました。

「ラーメン風」ピェンロウの背後にいるのは、カッテージチーズ、クリームチーズ、レーズンを混ぜて、蜂蜜をかけたものです。

Ca390691

子供でもできそうなおやつですね。ランチでプリンを食べてしまったので、夜は軽めにしてみました。満足満足。さて、今からディカプリオの「シャッター アイランド」見るぞ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

カスレに挑戦してみましたディナー

白花インゲン豆を買ってきました。昨日から水で戻して、今日は一袋丸ごと柔らかく煮ました。半分は煮汁ごと冷凍庫に保存しています。残りの煮豆の半分はカスレ用に煮て、そのまた残りは砂糖味で味をつけて甘煮にしておきました。

カスレです。今日は私一人なので、耐熱皿にちょこっと入れて焼いたので、迫力がないです・・・カスレの写真をインターネットで検索したら、お皿にたくさん入れて豪快に焼いている方の写真が多数・・・なんとなく、「小食の人用カスレ」みたいです。次回は豪快版にしますね。

Ca390690

豚肉を一口大に切っておきます。ソーセージも食べやすく切っておきます。玉ねぎ、セロリも薄切りにしておきます。それらをオイルで炒めて鍋に移します。炒めたフライパンにお酒を入れて、フライパンに残った美味しい部分をこそげとり、それも鍋に投入。トマト缶、ローリエ、水を入れて肉が柔らかくなるまで煮ました。そこにインゲンの煮豆も入れて、さらに煮ます。味付けは塩こしょう。煮えたものを耐熱皿に入れて、パン粉とパセリをふって、オーブントースターで焼きました。カスレ(cassoulet)はフランス南西部の料理らしいです。勝手なイメージ映像ですが、フランスの山小屋で寒い冬の夜に、髭もじゃのワイルドな感じのおっちゃんが豆のたくさん入ったカスレをしみじみと食べている風景を妄想してしまいました。山小屋の窓の外は雪です。ワイルドな感じにフランス人になりきって食べました。

デザートはまたまたクリームチーズ。今日はスーパーで売っていた甘栗です。皮がむいてある栗です~クリームチーズと刻んだ栗をグラスに入れ、蜂蜜をかけました。

Ca390688

寒いので皆さまお風邪などめさないように・・・

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spaghetti with dried shiitake mushroom cream sauce

Hello from Japan!

I think the taste of dried shiitake mushrooms is a bit similar to that of "porcini", so this time I use them to make sauce for spaghetti. The good thing about using dried shiitake mushrooms is ... they are cheaper and more accessible for us. However, the flavour of porcini is irresistible, so it might be a good idea to mix a good amount of shiitake and a tiny bit of porcini to find the compromise between price and quantity.

Recipe

1. (One day before cooking) Soak dried shiitake mushrooms in water. It takes one night to make them soft if the type of mushrooms is "thick". The "water*" contains good flavour, so it's better not to throw away!

2. Slice the mushrooms.

3. Fry the chopped garlic and mushrooms in olive oil.

4. Add rice flour into 3 and stir fry for a minute.

5. Add milk and the "water*" into 4. Season with salt, pepper and grated cheese. You can add a bit of soy sauce if you like.

6. Mix 5 and cooked spaghetti.

Ca390689

Buon appetito!

Written by Keiko SASAKI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「黙秘」-ベイツよ。1995年のアカデミー賞でなぜノミネートされなかったのか!?-

原題は「Dolores Claiborne」。キャシー・ベイツ演じる主役の名前だ。1995年の映画である。ものすごいパワーをもった映画だ。見終わった後も、何度も何度も繰り返し見た。何度見ても、面白くて、そしていろいろなことを考えさせられ、また見なおしてしまう。

3人の女性の男性から受ける悲劇が描かれている。

一つは主役のキャシー・ベイツ演じるドロレスの悲劇。アルコールで落ちぶれている夫による暴力だ。ちょっとやちょっとの暴力ではない。薪のようなもので、腰を前触れもなく打たれたときのキャシー・ベイツの顔はすごかった。暴力をふるわれたときのあの苦しそうな顔は、演技というか、本当に手加減なしで殴られたのかと心配になるほどの、忘れられない顔だった。なおかつ憎い夫は肉体的な暴力だけではなく、彼女の容姿やバックグラウンドを常に馬鹿にして、言葉の暴力を浴びせかける。

二つ目はドロレスの娘、セリーナの悲劇。ジェニファー・ジェイソン・リーが常につらい表情で演じている。彼女は名門ヴァッサーを出て、今やジャーナリストとしてニューヨークで働いている、が、成功して幸せな生活をしているとも見えない。瓶から直接ウイスキーを飲み、タバコは立てつづけに吸い、職場の上司とも仕事を取るためか、特に愛のない体だけの関係を結んでいる。ニクソンにインタビューしたり、と、華々しいキャリアを積んでいるようにも見えるが、自分のことが大嫌いな女性に見える。彼女のカバンの中には大量な薬の容器がある。精神が不安定になったときに飲んでいるところを見ると、きっと抗鬱剤であろう。とても美人なのに、いつも地味な喪服のような服を着ている。セリーナは少女時代につらい経験をしていることが劇中後半で判明する。少女時代を演じているエレン・ミュースという女優(この映画でデビュー)が、少しジェニファー・ジェイソン・リーに似ているから、リアルだ。

三つ目はドロレスが女中として仕える相手、大富豪ヴェラ。夫との愛は冷え切っている。夫は彼女と一緒にいても、彼女の存在など見えないようにゴルフに熱中する。ヴェラとドロレスとの「雇い主と雇われ人」を超えた関係については、映画を見ての、お楽しみ・・・

3人とも、「男」という敵に人生を狂わされた被害者だ。しかし、映画の最後では救いの気配を感じる。だから、とてもつらい映画だったが、最後には後味の良さを感じた。

キャシー・ベイツは回想シーンの若いころと、20年後である現在の初老の姿を見事に演じ分けている。メイクの技術も高いのだが、それだけではない。若いころのシーンでは声の高さも変えている。人の声は年齢に応じて変わっていく。先日松坂慶子の若いころの「道頓堀川」を見て、「こんなに声高かったんだ!」と思ったものだ。年齢の違う人物を同じ俳優が演じるときに「声」の調整は重要なのだな、と本作を見て思った。

ちなみに、テイラー・ハックフォード監督のコメンタリーによると、回想シーンはフジのフィルム、現在のシーンはコダックのフィルムを使用しているらしい。フジは温かい色調で、コダックはクールな色調らしく、過去のドロレスを取り巻く環境(若く、希望を持った時代)と、現在(「不毛な環境」と監督は表現している)の状態を分けたかったらしい。現在のシーンは「青み」が強く、見ている方まで寒くなる。こういう細かい技法を使うこの監督は、ヘレン・ミレンの旦那だ。

キャシー・ベイツはこの映画での驚異的な演技にもかかわらず、主演女優賞にノミネートされなかったようだ。これ以上の演技はない、と思えるほどの彼女だったのに・・・不思議だ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

「めまい」-スコティ、ちょっと危ないですよ-

先日見たデ・パルマの「ボディ・ダブル」の中でキスする二人の登場人物の周りをカメラがくるくる回りながら撮影し、それがかなり長い時間回っていて、突っ込みどころがある、とレビューで書いたが、その元祖くるくるシーンを本作「めまい」で確認した。デ・パルマはヒッチコックが大好きらしいので、本作への敬意をこめて、「くるくる」の回数を本ものよりも増やしたのだろうか。「めまい」では一回転くらいだった。

ジェームズ・スチュアート演じるスコティと「昔婚約していた」設定の眼鏡の女性ミッジが、なんとなくだが、ハリセンボンの春奈をほうふつさせる、と思った。このミッジが住むアパートがかなりおしゃれ。この映画は1958年の映画だ。昭和33年である。終戦から13年しかたっていない。その頃の日本と言えば、ミスター長嶋が巨人軍に入団、そして、あの「チキンラーメン」が生まれたのもこの頃らしいが・・・ミッジの部屋には現在の日本のマンションの部屋にあってもかわいいであろう、おしゃれなキッチン用品(例:銅製の大小多数の鍋が壁につるすおしゃれな収納方法で飾られている、ぽんっとパンが上がる丸いフォルムのトースターが置いてある、などなど)が多数ある。そしてミッジ自身のおしゃれな服装にも注目。彼女が着る上品なカーディガンなど、現在の会社員女性が着て出勤したら、男性社員にモテモテになりそうなセンスのよさ。おまけに「革命的」なブラジャーのデザインをしたり、とやっていることもおしゃれ。前半重要な役割を演じるミッジが、映画の後半全く出なくなるのは不思議だった。ヒッチコックのコメンタリーが残っていたら、ぜひそこのところを聞きたい。

キム・ノヴァクの着る衣装も、かなりセンスよく、本当にアメリカって豊かだったのだな、としみじみ思った。終戦から13年後の日本で、あんなぱりっとしたグレーのスーツを着て町を闊歩する女性なんて、そんなにいなかったであろう。彼女の「マデリン」としての「アーニーズ」(レストラン)での出現シーンのドレスのゴージャスなこと。キム・ノヴァクが「ジュディ」になったときのホテルでの黒いドレスのときも、「やられた!」と思った。ドレス(や男性のスーツ)は、西洋人のためにあるのだな、と。デコルテをゴージャスに露出するようなドレスを着こなすには、なにか「ドレス着こなしDNA」のようなものが体内にないと難しいのかもしれない。これは、アカデミー賞のレッドカーペットの映像を見ても感じること。ロングドレスやフォーマルスーツって、まだ私たち日本人の多くは「着る」というより「着せられている」という受け身な感じがする。

と、2人の女優のおしゃれさに、1958年なのに、すごい、という感銘を受けた映画だった。

ジェームズ・スチュアート演じるスコティは、ちょっとアブナイ雰囲気だった。ある意味「ノーカントリー」のシガーと並ぶくらい、アブナイ男である。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクルのミートソースディナー

先日「麩」のラザニア風のときのミートソースを半分残しておいたので、今日はスパゲティミートソースにしました。

Ca390686

チーズをたっぷりかけていただきます!ミートソースを作るときはいつもたくさん作っておき、ラップで小分けしてくるんで冷凍しておきます。ちょっとおなかがすいたときに便利です~

デザートに、簡単なスィーツを作りました。カップにクリームチーズを一口分入れ、その上にサツマイモのレモン煮を切ってのせ、蜂蜜をすこしたらしてみました。

Ca390685

見えづらいですが、底の方にチーズが入ってます。ちょっと甘いものが食べたいな、というとき、マスカルポーネなどのクリームチーズに蜂蜜たらして食べたりします。甘いチーズって気持ちが高揚しますね。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ノーカントリー」-おかっぱで返り血嫌いのバルデム-

異常性のある役を上手にこなしていたハビエル・バルデムに乾杯。殺人鬼アントン・シガー(バルデム)は、出会う人のほとんどを殺人していく、それも、無表情で。殺人に使うのは、家畜を殺す際に使用するらしいcaptive bolt pistol という銃。異様である。この銃、普通の殺人映画などで使われる「バーン!」という音ではなく、少しおまぬけな感じの「ぴょん!」「ぽん!」「しゅぽん!」という音が出るので、そこがまた、異様。

バルデムの不気味なおかっぱといい、殺人の後、血の汚れが自分に付くのを嫌う綺麗好きさといい、異常な雰囲気がたまらない。おまけにこの映画、BGMがない。見ていてとても緊張した。

アントン・シガーに追われる男、ルウェリン・モスの嫁さんを「トレインスポッティング」でダイアン役を演じていたケリー・マクドナルドが担当。この人は生粋のスコティッシュである。なのに、アメリカ南部の嫁を演じている。あえて、ルウェリンの嫁の役をスコティッシュのケリー・マクドナルドでいこう、とコーエン兄弟に決めさせたのは、彼女の演技力がもう海を越えてアメリカでも浸透しているからなのであろう、きっと。アルトマンの「ゴスフォード・パーク」でも、メイド役として重要な役を演じている。「トレインスポッティング」のとき、まだ二十歳やそこらだったのだが、今や映画界でなくてはならない女優になっている。身内でもないのに、変だが、親戚の子の成長を見るような、灌漑深い気持ちになる。

この映画、80年代のテキサスが舞台なのだが、このような時代背景の情報をあまり知らずに見たので、「アメリカも南部の方は今もこんな感じなのかな。結構カウボーイハットかぶって町をぶらぶらしてる人いるんだな、まだ」と思いながら見ていた。(失礼しました!)だが、もしかしたら今もこんな感じなのかもしれない、テキサス辺りは。北米に詳しくないので、人々の服装や髪型を見ても、時代などがよくわからないが、この時代アントン・シガーみたいなおかっぱ風のヘアスタイル、流行だったのか!?「それでも恋するバルセロナ」でのセクシーさは完全封印している役者魂満点のバルデムに再び乾杯!

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すね肉でとろとろカレーディナー

深夜ですがカレーを食べてしまいました。

Ca390682

昨日から牛すね肉を野菜と煮込んでおき、今日も朝・夜と煮こみ、カレーにしました。真ん中は炊きたてご飯にバター少々とレーズンを混ぜ込んだものです。肉は柔らかくなってくれました。安いすね肉のファンです。昨夜2時間くらい、今日2時間くらい、計4時間くらいかかったのですが、はっきり言って、想像を絶する美味しさでした。度肝を抜くほどに。LOVEすね肉。

長ネギを千切りにして水にさらしておき、生ハム、ゴマ油、ラー油、マヨネーズ、醤油で和えたサラダです。

Ca390679

お酒のつまみになりそうな味でした。

ほうれん草のおひたしです。すりごまと牡蠣醤油、ゴマ油を混ぜてのせました。

Ca390680

すりごまって甘みがあるからほうれん草が食べやすくなります。

残ったカレーは明日さらに美味しくなると思いつつ、おやすみなさい・・・

Ca390683

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

イベリコ豚と車麩でヨーロピアンなディナー

スーパーでイベリコ豚のステーキ肉を発見。初めて買ってみました。

Ca390673

玉ねぎとニンニクをすりおろして、お酒、醤油、みりんと混ぜておきます。隠し味程度に先日作ったリンゴのチャツネも混ぜました。リンゴと豚は合うと思い。イベリコ豚は塩こしょうをしてオリーブオイルで焼きました。一旦豚をフライパンから出して、そのフライパンで玉ねぎソースを作ります。玉ねぎソースが煮えたら豚を戻して火を入れます。

車麩を使ってラザニア風に。ミートソースは冷蔵庫の残り野菜(人参の切れっぱし、大根の切れっぱし、玉ねぎの残り)を豚ひき肉と炒めて、トマト缶、コンソメキューブ、ローリエで作りました。耐熱皿にミートソースをひきます。

Ca390670

車麩を戻しておき、小さく切って、ミートの上にのせます。

Ca390671

そして、その上にチーズをのせるのですが、全部溶けるチーズだとカロリーも高いので、半分はカッテージチーズにしてみました。

Ca390672

カッテージチーズも焼いたら美味しくラザニア風になりました。

Ca390675

きっとカロリーは通常のラザニアよりも低いでしょう・・・

Ca390678

出来上がりはこんな感じです。麩とチーズ、合いました。It's baked dry gluten ("fu") lasagna. "Fu" and cheese go well together.

サラダは、生のズッキーニをオイルサーディンと和えました。

Ca390669_2

カッテージチーズをかけてみました。

今日はイベリコ豚なので、スペインのワインと合わせました。Marques del Turia という赤ワイン。コンビニワインですが、肉料理にぴったりの深みのある味でした。

Ca390676

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

「ミザリー」-ほんの少し不器用なだけの愛すべきアニー・ウィルクス-

「ミザリー」は1990年の大ヒット映画だが、公開時はきちんと見ていなかった。またもやTSUTAYAさんの「発掘良品」コーナーで見つけた良品。あのコーナーの作品を全部見た方がいいかもしれない。はずれがない。

キャシー・ベイツ演じるアニー・ウィルクスはごく「普通」の人間だ。普通のおばさん。別に変人でもないし、悪人でもない。彼女は:

①人気作家ポール・シェルダンの書く「ミザリー」シリーズの大ファン、

②工夫して料理するのが自慢(アニーは雪深そうなエリアに住んでいる。家にあるもので工夫して料理するいい人)、

③看護婦としてのキャリアを積んでいた時期もある、「頑張り屋」。

ただ、アニーは人生がうまいこと行かなくなった時の折り合いを自分の中でつけるのが、ちょっと苦手なだけだ。自分のお気に入りの小説の主人公が死んでしまったら、ひどく悲しむアニー。一般の人は「ああ残念」で終わるが、アニーは小説家を自分の家に監禁し、思い通りのストーリーに書き直させるほどの入れ込みよう。ただ、そこに悪意はなく、ただ、「愛」が強すぎるのだ。小説に対する愛、小説家に対する愛、そして、自分に対する愛。

誰でも「アニー」になる可能性はある。自分の欲望ほどコントロールしづらいものはないから。

本作で、キャシー・ベイツが一番怖く見えたのは、彼女が微笑んでいるときだった。アニーに悪意はない。ただ、自分の心に素直なだけなのだ。彼女の天真爛漫な笑顔は、彼女の欲望が常識を超えていることを知っている部外者の私たちには、空恐ろしいのだ・・・とりあえず、今後はどの映画でベイツを見ても、「彼女優しい顔して、裏では拷問癖とかあるんじゃないかな・・・」といちいちダークな妄想をしてしまいそうな予感。キャシー・ベイツが普通に見えない・・・

失踪したポールを探す保安官役を、リチャード・ファーンズワースが好演している。おじいちゃんなのに、やけに格好いい、生涯現役な感じの保安官と、助手の嫁(彼女もRock 'n' Roll な感じの、いけてるおばあちゃん)のコンビが恐ろしいストーリーの中で見る者をほっとさせてくれる。彼の遺作「ストレイト・ストーリー」はデヴィッド・リンチ色が「薄い」、穏やかな雰囲気の異色作である。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

カレー粉と生クリームでチャツネソースのポークディナー

先日作ったリンゴのチャツネをベースにしたソースでポークのソテーをいただきました。

Ca390664

この写真、何が何だかわかりませんね!オイルソテーしたタイムの下にはポークソテーがいます。豚肉を一口大に切り、塩こしょうしてソテーします。一旦お皿にあげておき、そのフライパンで生クリーム、カレー粉、先日作ったリンゴチャツネをソース状にします。そこに先ほどのポークを戻して絡めて出来上がり。オリーブオイルで香ばしく炒めたタイムをのせて出来上がり。タイムをのせすぎて、ちょっと謎めいた料理になってしまいました。

今日は切干大根でイタリアン風な料理を二品作ってみました。一つはミートソースパスタ風切干大根。

Ca390665

This is Kiriboshi Daikon (dried daikon radish strips) with meat sauce.

切干大根を戻しておき、その間に挽肉とプチトマトをニンニクで炒めて簡単なミートソースを作ります。切干大根はコンソメスープで少し煮ます。スープをしみこませた切干大根にミートソースをからめ、粉チーズ、こしょうをかけて、出来上がり。

Ca390668

Looks like "spaghetti meat sauce", but it's not pasta but Kiriboshi Daikon. After soaking it in water for about 15 minutes, I cooked Kiriboshi Daikon in chicken soup, then, cooked in meat sauce.

もう一品はサラダ。戻した切干大根をオクラのスプラウトと和えました。粒マスタード、醤油、オリーブオイル、マヨネーズを混ぜたドレッシングで。

Ca390661

切干大根もこうするとイタリアン風です。

ジャガイモとアスパラ、タマネギベーコンを簡単にグラタンにしました。

Ca390666_3

ジャガイモはスライサーで切りながらそのまま鍋の牛乳の中に入れて煮ました。どろっとしてきたころに、別に茹でておいたアスパラも鍋に入れました。フライパンで炒めた玉ねぎとベーコンも鍋に入れて、耐熱皿に入れて溶けるチーズをかけてオーブントースターで焼きました。

そして、今日は大根カナッペをおつまみに作りました。本当は「リッツ」で作る予定だったのですが、うちのリッツの箱の中を見たら中身が空だったので(最後に食べた人、空の箱を捨ててくれよ!!)、急きょ大根を薄切りにして作りました。臨機応変な性格でよかったです。

Ca390662

オイルサーディンとレモン、クリームチーズと生ハムです。

今日はグレイマン・ブリュットと。フランスのスパークリングワイン。コルクの調子が悪く、ボトルを開けるのにかなり戸惑った亮一でした。やっとのことで開けたら、どぴゃああーーっとワインが吹き出て、一瞬床掃除をしてからいただきます~でした。

Ca390667

圭子(料理担当)&亮一(ワイン苦戦して開ける担当)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

ピェンロウであったまろうディナー

今日は妹尾河童さんのレシピの「ピェンロウ」という鍋です。中国料理とのこと。このレシピはなんと1978年発行の主婦の友社の本「男が食べたい料理」に載っています。亮一の「嫁入り道具」のレシピ本です。この本、もう世の中で持っている人、何人日本に残っているのだろう??と思うほど、古い本。妹尾河童さんがこの料理をしている最中の写真も載っていますが、ロン毛で、髪、まっくろ!他にも今は亡き伊丹十三様とか、むちゃくちゃ若い頃の西田敏行とかが写真入りで得意料理を紹介している、ものすごいレアものの本。表紙ぼろぼろなのですが、この本だけは古本屋には持っていけないオーラがあります・・・

で、ピェンロウです。妹尾さんは鶏と豚の両方の肉をお使いですが、今日はうちは豚バラしかなかったので一種類。材料は肉と、干しシイタケ、白菜、春雨オンリーです。昨日の晩から「どんこ」を水で戻しておきました。家に帰ったら、いい感じに戻っていました。そのシイタケの戻し汁を使います。鍋にこの戻し汁と、水をはり、そこにシイタケ、白菜の分厚いところをザクザク切ったものを入れて煮ます。それから豚肉も入れます。そしていい感じに煮えてきたら、白菜の葉の部分、春雨も入れて煮ます。順番とかはあまり気にしなくてよいと妹尾さんも言ってます。あと忘れちゃいけないのが、煮てる最中にゴマ油をたらしこむこと!煮えあがったらできあがり。あ、妹尾さんは春雨ではなく「ビーフン」をご使用でしたが、うちは春雨ファンなので・・・そうそう、仕上げにもゴマ油。

Ca390657

食べるときに塩と一味を小鉢に入れて、そこに鍋の汁を入れて調節します。(鍋自体には味をつけてないのです)

Ca390659

どんこが一晩かけて柔らかくなっていました!

しめは、雑炊なんかがいい感じです。

Ca390660

卵とネギで出来上がり。

箸休めに、白菜とリンゴのサラダ、スモークサーモン添えを。

Ca390656

ドレッシングにはオリーブオイル、蜂蜜、粒マスタードを使いました。

今年は異様に寒いですね。雪が大変なことになっている地方の方もいらっしゃるでしょう。お体に気をつけて。風邪などひかぬように、ぜひ、ピェンロウをお試しあれ!

Ca390658

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

初挑戦のチャツネでディナー

先日映画「火宅の人」を見て以来、檀一雄ブームが続いている圭子です。今日は彼の「檀流クッキング」(中公文庫)の「チャツネ」のレシピに少しアレンジを加えて初めてチャツネを作ってみました。ニンニクとショウガのみじん切りを炒め、リンゴのスライスも加え、炒めました。唐辛子、レモン絞り汁、砂糖、クローブ、酢、レーズンを加え、ジャムのような形状になるまで火を入れました。途中で、タマネギのみじん切りを炒めたものも加えました。チキンソテーの付け合わせにしてみました。下の写真の大根の左右にいるのがチャツネです。

Ca390652

チキンと大根のソテーは亮一担当ですので解説をおねがいします~

鶏ももを塩コショーして、グリルで焼いたものを大根といしょにフライパンで水を足してソテーしました。

先日買った「セルクル」を使って、かわいい前菜を作りました。アボカドを細かく切って、レモン汁、醤油、オリーブオイルで和えておきます。それをセルクルの中に入れ、その上にスモークサーモンをのせました。冷蔵庫で冷やしておき、食べる前にセルクルを抜き、プチトマトを飾りました。周りにはオリーブオイルと醤油を少しかけ回して出来上がり。

Ca390651

セレブ感があふれる・・・なんちゃって。

白菜、桜エビをニンニクで炒め、味付けはオイスターソースとマスタードとお酒で。なんか急にアジアンな味付けですね。

Ca390648

今白菜が旬なので、毎日のように食べています。

今日はウルメネタ カベルネ ソーヴィニヨンと合わせました。近所のスーパーで買った700円台のチリワインです。甘めの味付けの今日の料理によく合いました。

Ca390653

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

白ワインに合う魚貝ディナー

今日は圭子が外出だったので亮一がつくりました。

たらの切り身をにニンニクとオリーブオイルで炒めオクラとぶなしめじとホールトマトの缶詰をあわせました。

Ca390644

今日も寒い日なので、クラムチャウダーをつくりました。

たまねぎ、にんじん、じゃがいも、ベーコンを軽く炒め、塩コショーで味を整え、小麦粉、牛乳、バターで調理しました。あさりの水煮缶と殻付きあさりの両方を入れました。通常クラムチャウダーには殻付きは入れませんが、家で食べる時は殻付きにしたほうが豪華でいいと思います。パセリをふりかけてできあがりです。

Ca390646

たことイカのサラダです。大根おろしとマヨネーズにわさびを入れたソースにオクラのスプラウト、刺身のつまを合わせました。ディルを最後に振りました。結構大量に出来ちゃいました。

Ca390643

ベビーリーフに赤と黄色のミニトマトにオリーブオイル、バルサコミ酢、牡蠣醤油のドレッシングのサラダです。

Ca390645_2

冷凍してある食パンを焼いてクラムチャウダーにつけて楽しみました。今日は白ワインに合う食事を心がけてつくりました。

Ca390647

ワインはRafale Chardonnay Pays d'Oc IGP 2009 です。

美味しいシャルドネでした。

亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハート・ロッカー」-別れた男への一番の復讐は、輝いている自分を見せつけること-

軍隊がテーマの映画を普段はあまり見ないが、去年のアカデミー賞授賞式のときのキャスリン・ビグロー監督があまりに恰好よかったので、とうとう「ハート・ロッカー」を見た。

アメリカ軍のイラクでの様子を描いているが、この軍隊は「戦い」を目的にしているのではなく、現地の爆弾を解体して、イラクの人を「守る」ことをミッションにしている。このような、少し変わった視点のテーマを描くあたり、頭のいい女性監督ならでは、と思った。

そして、普通の戦争映画よりも、ディテールが細かいことも、繊細な女性ならではのうまい仕事だと思った(あまり女性ばかり褒めると男性に怒られるかもしれないが、私は女性なので、できの良い女性には、弱いのである・・・)。たとえば、軍の洗面所が以外と清潔な点、そして軍の居住地の各隊員の部屋が案外快適そうで、スペースも日本のビジネスホテルのシングルルーム並みにあり、かつ「個室」であることも、「ああ、意外と普通の環境なんだ~」と見る者に教えてくれる。このような軍の内部のディテールを劇中で丁寧に描くのも、女性的だと思った。細かいディテールを描くシーンは他にもある。死んだ仲間の兵士が持っている武器(銃の弾)を緊急事態に使う必要があった際、その弾が死んだ兵士の血液によって固まってしまっている。弾と弾をバラバラにするために、くっついた部分を唾液で溶かすようなシーン、これはストーリーにはあまり必要ないかもしれないのだが、結構時間をかけて「スペシャリスト」と呼ばれる技術兵が唾をつけながら弾の準備をしていたシーンは忘れられない。焦りながら急いで、唾を出しては弾を磨く彼の顔はストレスと不安に満ちていた。このような焦りや不安は普通に生きている私たちにも発生する。上司やクライアントにある時間までに書類を提出しないといけない時に、デッドラインの時刻を過ぎそうになり、時計の音すら聞こえてきそうな焦り・・・そういうシチュエーションに私たちは彼のような表情をするだろう。イラクのバグダッドが舞台だろうとなかろうと発生しうる心の焦りや追い立てられることのストレスを描くことにより、社会的に不安定な海の向こうのことが、まるで自分の日常のように思えるほどにリアルに感じた。

この監督は、昔ジェームズ・キャメロンの奥さんだったらしい。ビグローと離婚した後のキャメロン監督は、自作の「ターミネーター」シリーズでサラ・コナー役を演じていたリンダ・ハミルトンと再婚している。ここからは私の全くの個人的な考え・推測だが、同業者(同じ映画監督同士)として、別れた男にアカデミー賞で今回勝ったこと(監督賞受賞)、そして、50代の後半だということが信じられないほどの美しさとスタイルの良さを見せつけた彼女は「どう?私こんなに輝いているでしょ?私と別れたこと、今少し『しくじったかな』と思ってない?遅いわよ・・・ハッハッハ!」と心でほんの少し思ったに違いない。全くの憶測ではあるが・・・

「ハート・ロッカー」の中で、やけにレイフ・ファインズに似たおっさんが出ているな、と見ていたら、なんと本物のレイフ・ファインズだった。エンドロールで俳優名を見て驚いた。キャスリン・ビグロー監督作品の「Strange Days」というレイフ・ファインズ主演の映画がある。ものすごくクールな1995年のSF作品だが、キャメロンとの離婚後の作品であり、キャメロンがプロデューサー・脚本家として名を連ねている。別れても「戦友」であるなんて、男らしい、「二人」だ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

ワイン解禁ディナー(Bordeaux 最高!)

やっと亮一の健康診断が終わり、今夜は「解禁」ディナーです。ストレスもたまっているので、豚肉でビタミンBを取得しました。

Ca390640

豚のトンカツ用の切り身を使いました。豚には塩こしょう、小麦粉をまぶしておき、オリーブオイルで焼きました。一旦フライパンから出して、そのフライパンにバター、牡蠣醤油、お酒を入れて火を入れて、また豚肉を戻しました。バターと醤油の風味でおいしくなりますよ。付け合わせはトマトとパプリカです。同じフライパンで焼きました。豚肉の上にタイム(タイムをあらかじめフライパンでオリーブオイルとニンニクで炒め、お皿に出しておきます。そのタイム風味がでたオイルで豚を調理しました。そして、そのタイムを出来上がりの豚にのせたのです!)をのせて、出来上がり。

スナップエンドウを茹でて、マヨネーズ、すりごま、味噌を混ぜたディップで食べました。

Ca390639

すりごまが健康的ですね。

久しぶりにスパゲティです。ハムと玉ねぎを炒めて、生クリーム、粉チーズで仕上げました。パセリも入れて、簡単パスタです。

Ca390641

小麦粉系は体重に影響がありますが、今日は気にせずに。

シャトー・ロヤソン(Chateau LOYASSON 2009) です。ボルドーです。ボトルを開けてしばらくは、まだ硬い感じでしたが、肉を食べ終わり、チーズのあたりでまろやかになる、憎いヤツです。

Ca390642

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

健康診断前の牡蠣炒め&蕎麦ディナー

はっきり言って、昨日の焼きそばは全く健康診断の準備にはなりませんでした。体重が二人とも増加しています。この三日間、ノンアルコールで過ごしましたが、あまりアルコールの有無は体重と関連性がないようにも見えます。むしろ「小麦系」を食べると翌朝は太っています。いよいよ亮一の明日の健康診断前夜、ということで、必殺兵器、蕎麦ディナーです。

まずは、牡蠣のオイスターソース炒め。昨日の晩NHKでやっていた料理番組で枝元なほみさんがおいしそうな料理を紹介していました。牡蠣と白菜をオイスターソースベースの調味料で炒めるのです。私もインスパイヤされて、今日はスーパーで牡蠣を買ってきました。

Ca390637

牡蠣は片栗粉をまぶして焼いてます。調味料はオイスターソース、お酒、牡蠣醤油、豆板醤、酢を混ぜたもの。白菜は電子レンジでチンしてから炒めました。ブナピーも入れました。オイスターソースと牡蠣って本当に合いますね。当り前か?

サツマイモが安く売っていましたので、レモンと煮ました。シンプルに、サツマイモの輪切りをひたひたの水でレモン汁、砂糖と共に鍋で煮ました。色がきれいなので、お弁当にいいかも。

Ca390633

黄色がきれいになるのは、レモンの影響でしょうか?

これは、スーパーで売っていた一口カツを玉ねぎと卵でとじたもの。カツ丼のご飯抜き版です。

Ca390635

科学的なことは分からないので、あくまでも「本能」についてなのですが、カツ丼のように「砂糖と醤油の甘辛い汁」を使った料理を食べると、脳内の幸福感を増す物質がどわーーーっと出てくるような気がするのです。同様に、「すき焼き」「ソース焼きそば」など・・・砂糖が脳によいのでしょうか?

ご飯はなしで、蕎麦でディナーです。明日は絶対にワイン飲むぞ!

Ca390638

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バウンティー・ハンター」-私たちがジェニファー・アニストンを必要とする理由-

ジェラルド・バトラーとジェニファー・アニストンはこの映画を撮っているとき、付き合っていたのではないだろうか!?分からないが、私にはそんな気配を感じる。単なる演技を超えた息の合ったケミストリーを感じる。

タイトルの「バウンティー・ハンター」とは「賞金稼ぎ」という意味で、元夫マイロ(ジェラルド・バトラー)がひょんなことから懸賞金をかけられている元妻ニコール(ジェニファー・アニストン)を刑務所へ連れていくために、彼女の「捕獲」を図るが、二人はさらなる災難に遭遇し・・・というどたばたコメディ。

ところでジェニファー・アニストンはこういう役(都会的で、社交的で、健康的で・・・という「元気印」の役)がやはりぴったり似合っている。若干シリアスな、ハチャメチャ感が少ない役の時に、「こういう役は彼女がやる必要ないな」と思った。どの映画かと言うと、このブログでもレビューした「わすれた恋のはじめかた」の時だ。そして、アニストン(現在41歳)には、この際今後もこの手の元気印のちょいセクシーな役をやり続けてもらいたい。変にしっとりとした映画とか、社会派のメッセージ性のある映画とかを選ばず、永遠の健康美で突き進んでもらいたい。なぜなら、すさんだ世の中、彼女の明るさを、小動物のようなかわいさを、そしてアメリカ娘独特の爽やかさを、世界中の疲れた大人が必要としていると思うからだ。この映画からは深い感動を得たりはしない。しかし、日中嫌というほど辛酸をなめた日に、夕飯後のデザートを食べながら見るには最高の映画だ。ジェニファー・アニストンは人を幸せにする。

私は英国留学中、ある意味一生で一番楽しい時間を過ごし、同時に胃が壊れるようなストレス(生涯で、文字通り「死ぬほど」勉強したのはあの2年間だけだ)と戦う日々で、彼女のテレビドラマ「フレンズ」がストレス解消の大きな薬だった。アメリカの乾いた空気の中で笑うレイチェルは「平和」の象徴だった、気がする。そして当時(1995年、1996年)、イギリスの女の子は皆ジェニファー・アニストンの髪型をまねしていた。

ジェラルド・バトラーはがたいのいい、ワイルドな印象だが、なんと名門グラスゴー大学で法律を専攻したらしい。しかし、この映画では、マッチョな元警官を好演している。亮一が数年前にグラスゴーに仕事で行った際、学内のショップで買ったグラスゴー大学のクレストが入ったマグカップが、偶然うちにある。

圭子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

「ボディ・ダブル」-デ・パルマのB級っぽさに夢中!-

またまたTSUTAYAの「発掘良品」コーナーで古きよき映画を見つけてしまった。1984年作品。Frankie Goes To Hollywood の「Relax」が劇中で使われている(本人も出演している!)のを見て、気持ちが1984年にさかのぼった。高校生だった、あの頃を、思い出す。

デ・パルマ作品である。1984年のラジー賞で、「Worst Director」部門でノミネートされていたようだ。突っ込みどころはたくさんあるが(例:主役男性と「のぞき見の対象の美女」のキスシーンの周りをくるくる異様に長いこと回転しながら撮影しているが「一体なぜそんなに長く?」と思うほどの長時間のカット、主役男性が「なぜ、パンツを拾う!?」のか解明されないまま映画が終わること etc.)、私は、そもそも「Phantom of the Paradise」の大ファンなので、この「ボディ・ダブル」のB級感は嫌いではなかった。

本作でポルノ女優役の若い頃のメラニー・グリフィスがスリムで驚いた。もし「世界コケティッシュ選手権」があれば、この頃の(そして「ワーキング・ガール」の頃くらいまで)の彼女は完全に優勝するだろう。メラニー・グリフィスのちょっとめくれ上がったような感じの上唇、かすれた声。あの頃の彼女は輝いていた。

本作はヒッチコックの「裏窓」「めまい」をモチーフにしているらしい。ヒッチコック作品は「鳥」を子供の頃に見たくらいで、実はあまり見ていない。今回の映画も、これらヒッチコック作品を見たら「ああ、デ・パルマはここを参考にしたのかな?」など、理解も深まるに違いない。ちなみにヒッチコックの「鳥」の主役の女優は、メラニー・グリフィスの母親らしい!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断前の具たくさん焼きそばディナー

今日も健康を意識したご飯、なのですが、どちらかというとB級グルメ風?になりました。

具だくさんな焼きそばです。白菜、にら、シイタケ、タケノコの水煮、鶉卵、豚バラ肉、ピーマン、人参を炒めて焼きそばにしました。

Ca390631

ああ、健康食、というより油っぽいジャンクフードみたいになってしまった・・・でも、野菜がたくさん入っていますので・・・具を圭子、めんを亮一が別々に調理し、最後に合わせました。

次は、ハンペンと生ハム、紫蘇を使って二種類のおかずを。

Ca390629

ハンペンを棒状に切って、紫蘇、生ハムで巻いて、オリーブオイルで焼き目をつけました。粒マスタード、マヨネーズを添えて。

そして、同じ材料でオリーブオイル、醤油、マヨネーズ少々と和えて、サラダ風に。

Ca390630

同じ材料ですが、温かい料理と冷たい料理です。

はたして健康診断前のダイエットにつながるのか・・・疑問が残りつつ・・・

Ca390632

豆腐と揚げのおすましを添えて、いただきます!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

健康診断前の白菜グラタンディナー

昨日のNHKの料理番組でケンタロウが白菜とタラのおいしそうなグラタンを紹介していました。うちにあった冷凍の塩鮭で代用して私も作ってみました。

玉ねぎの薄切りをフライパンで炒め、そこに鮭を一口大に切ったものも入れて、火を入れます。小麦粉とバターをその中に入れ、火を入れます。牛乳を少しずつ入れて、のばしてホワイトソースにします。そこに食べやすく切った白菜を入れてしんなりしたら、グラタン皿に入れ、溶けるチーズをのせてオーブントースターで焼きます。

Ca390627

塩鮭を使ったので味付けはこしょうだけでした。あつあつを食べたらおいしかったですよ。

蕎麦とワカメ、SURIMI(カニカマ)、ツナ、青ねぎ、さつま揚げ、紫蘇、ゴマ、めかぶを和えて、サラダ風に。オリーブオイル、水で薄めた牡蠣醤油、マヨネーズ少々などで和え、仕上げにゴマをかけました。

Ca390626

ものすごい量のワカメを使いました。蕎麦よりもワカメが多いほど。LOVEワカメ。

会社の健康診断が迫っている亮一のためにも、今週はヘルシーご飯を心がけます。私も便乗して健康を心がけようと思います。それにしても、17歳の頃、ピストルズを爆音で聞きながら「太く短く過激に生きるぜ」と心に誓っていた自分が、40代、ワカメや蕎麦で「健康」を意識するようになるとは・・・人生は不思議です。

Ca390628

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アイアンマン2」-地獄を見た二人の男の復活劇-

今回の「アイアンマン2」では、前作での爽快さ、はちゃめちゃさ、だけでなく、トニー・スタークの悩みや父との過去の確執にも触れていて、ややしみじみした出来上がりになっている。ロバート・ダウニー・Jr. の物悲しげな表情が目立っていた。

このダウニー・Jr. とミッキー・ローク演じるウィップラッシュのモナコでの対決シーンは見ものだ。二人とも「バブル期」に大活躍をして、多分「世界の頂上」に立ったような気分になったのちに、「地獄」を見た者同士。「レスラー」で完全復活を遂げたロークの雄姿をスクリーンで見た時は、胸が熱くなった。そして、ダウニー・Jr. も薬物中毒治療後の活躍ぶりはもうとどまるところを知らない。ものすごく遠回りをしても、軌道修正して、昔よりも輝いた俳優になっている二人に乾杯!

ちなみにハッピー役のジョン・ファヴローはこの映画(そして「アイアンマン1」)の監督だ。「ハニーVS.ダーリン2年目の駆け引き」という、なかなかリアルな恋愛ものでヴィンス・ヴォーンの友達役で出ている。監督もできる俳優。仕事をしていて楽しいだろうな。ちなみにスクリーン上では普通のメタボなおじさん風。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

寒い夜の鶏つくね鍋ディナー

今日は夕方ものすごく寒かったです!八王子に買い物に行っていましたが、帰り道に「寒い!今日は鍋だ!」と決意しました・・・

Ca390623

鶏のつくねは、鶏挽肉、長ネギのみじん切り、おろししょうが、味噌、お酒、片栗粉、卵をよくまぜて作りました。鍋のだしもお味噌ベースでいただきました。おいしかったのですが、写真はきれいに撮れませんでした。鍋の写真って難しいですね!最初きれいに中身を入れて写真を撮ったのですが、どうもぐつぐつ煮て食べているうちに「今の鍋の状態がおいしいし、味もしみてるし、今の写真を撮ろう!」と思って撮影したのが上の写真です。鍋内がぐちゃぐちゃになってしまって・・・

そして・・・しめは・・・

Ca390624

辛ラーメンで!鍋の中の野菜や鶏のおいしいだしをラーメンが全部吸い取っています。最高ですね。しめのラーメン。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ビーフストロガノフで貴族気分なディナー

ロシアのストロガノフ伯爵家のコックが広めたらしい、ビーフストロガノフを作って、貴族気分でディナーしました。でも、かなり簡単な作り方でやってみました!

Ca390616

ご飯はカップにいれてかっこよく型に入れて盛り付けました。これはバターライスで亮一が用意しました。炊きたてご飯をボールに入れてバターとパセリみじん切りで和えたもの。お子様ランチ風でいいですね!beef stroganoff の方は、簡単に作りました。牛の薄切り(スーパーで300円台のパックを発見。和牛とオージーのミックス)をニンニクを炒めたフライパンで軽く炒めました。バターも入れてコクをだしました。牛肉は炒めたらお皿に出しておき、そのフライパンで玉ねぎの薄切りを炒めました。そこにもバター投入。今日は惜しげもなくバターを使い、寒さを防ぐには脂っこい食事が一番だったであろう昔のロシアの皆さんになった気分で高カロリーに。玉ねぎが色づいてきたら、牛肉をフライパンに戻し、お酒を入れてしばらく煮てから、牛乳、生クリーム、レモン汁を入れて、出来上がり。仕上げになんといつも使う牡蠣醤油を隠し味に入れました。いい味付けになりました。(ロシア人は決して醤油を入れないでしょうが・・・)むちゃくちゃ簡単にできて、なおかつおいしかったです!ビーフストロガノフは初めて作りましたが、今後もいろいろ具材を変えて作ってみたいです。

サラダは2種。一つは生の白菜を千切りして、生ハムとプロセスチーズの角切り、リンゴの薄切りと和えたさっぱりサラダです。

Ca390608

ドレッシングは蜂蜜、レモン汁、オリーブオイル、醤油、塩、こしょう、パセリみじん切りをよく混ぜたもの。

もうひとつは亮一のサラダです。

Ca390609

ベビーリーフ、ミニトマトに少量のシーチキン、たまねぎスライス、黒オリーブ、ちょっとのすりにんにくを塩コショーで味を整えて、オリーブオイルで和えました。

そして、今日の「男子ごはん」で放映していたモッツァレッラのフライをまねしてみました。モッツァレッラチーズを一口大に切り、小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げました。揚げたてを食べたらおいしいですよ!

Ca390610

塩こしょうをふっていただきました。

今日はSANTA ANAに合わせていただきました。アルゼンチンのマルベック種のワインでした。

Ca390619

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

半額鯛のソテーディナー

鯛の切り身に塩をしてグリルで焼いたものをフライパンでオリーブオイルで焼き上げました。タイムとにんにくを添えて

Ca390602

The below is the salad with SURIMI, avocado and ruccola.

Ca390601_2

今回買ったカニカマは、いまだかつてないほどのリアルさ。本当のカニ以上にカニでした。ゆずの皮をきざんでトッピングしました。アボカド、ルッコラとともに爽やかに。(今日の圭子担当はこのサラダオンリーです)

Ca390603

タジンで野菜を蒸し焼きにしました。人参、エリンギ、アスパラ、ズッキーニです。

Ca390604

マヨネーズとアンチョビみじん切りを混ぜた温野菜用ソースです。

Ca390606

少量のペンネをバジルソース、干しえびと三つ葉で和えました。

Ca390607

今日はgrain d'Oc Chardonnay と合わせました。魚系のご飯によく合う爽やかな白ワインです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトと生クリームのシチューディナー

今日は、シチューが食べたい!でも市販のルーのシチューではなく、トマトベースのシチューが食べたいと思い、作ってみました。

少し手間がかかりましたが、できは最高。自画自賛です。

Ca390599

鶏肉は、手羽元と胸肉の両方を使いました。鶏肉に小麦粉、塩こしょうをまぶし、フライパンでニンニクと共に表面に焦げ目がつくまで焼きます。フライパンから肉を取り出し、そのフライパンで玉ねぎ、エリンギ、人参、マッシュルームを適当に切ったものを炒めます。そして、鍋でそれらを煮るのですが、その際に、先日つくっておいた「野菜スープ」を使いました。この「野菜スープ」というのは、冷蔵庫に余った半端な野菜(セロリの葉っぱの部分、長ネギの青いところ、しいたけの軸の部分、人参の余った部分など)を鍋で水と共にじっくり煮て、塩味をつけたものを、ざるで漉したものなのですが、カレーとかシチューを作るときに使用しようと思い、ジップロックに入れて冷凍しておいたのです。これを、今日煮こむときに使いました。さらに、トマト缶、コンソメキューブ、タイム、ローリエを入れ、気長に煮こみました。ジャガイモは長く煮ると溶けてしまうので、電子レンジでチンして火を通したものを、出来上がり際に鍋に入れました。お皿に入れた後で、生クリームをちょっとたらすのは、亮一のアイデアでした。おしゃれになりますね!

付け合わせは人参サラダ。

Ca390590

人参をピーラーでスライスして、電子レンジで3分くらいチンします。温かいうちに、粒マスタード、蜂蜜、オリーブオイル、パセリみじん切り、醤油で作ったドレッシングに和えました。

チキンをタイム風味でソテーしました。

Ca390593

フライパンでニンニク、タイムをいい香が出るまで炒めます。一旦ニンニクとタイムはフライパンから出し、そこに塩こしょうをすりつけた鶏肉を入れ、焼きます。両面に焦げ目がつくまで焼いたら、後はお酒をフライパンに入れて弱火で蓋をして蒸し焼きに。出来上がりに先ほどのタイム、ニンニクも盛りつけました。同じフライパンで焼いたズッキーニも付け合わせに。

さらに、同じフライパンで焼いたアスパラは、粉チーズをかけて。

Ca390591

忙しい時は、同じフライパンで調理しても、別のお皿に盛りつけて味付けを違うものにするのです。そうすると時間が稼げます!

今日はChiantiで乾杯。鶏肉に合います!

Ca390600

圭子(シチューなど調理担当)&亮一(生クリームのアイデア担当)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

「火宅の人」-夫婦のことなんて、外からは分からない-

最近、松坂慶子(の若い頃)にはまっているので、彼女の昔の作品をひも解いている。(と言っても、現在の松坂慶子に興味がないわけでは絶対に、ない。最近の映画だと「大阪ハムレット」の彼女は神様のようだ。)そんな中、本作「火宅の人」に出会った。1986年の深作作品。映画を楽しむのと同時に、檀一雄の「火宅の人」(新潮文庫)、そして沢木耕太郎の「檀」(同じく新潮文庫)を並行して読んでいる。

あまり檀一雄のことは知らなかった。「檀ふみのお父さん」というくらいのイメージだ。「家族にとってはいい迷惑な男」という勝手なイメージも持っていた。しかし、映画、書籍を体験した今「夫婦のことなんて、当人同士にしか分からない。周りで勝手に『あの夫婦は不幸だ』と思うのは、浅はかだ」という考えに変わった。

映画の中で、いしだあゆみが本妻役を演じている。しっかりしていて、夫が愛人とどのような状態でも、たくさんの子供(夫の連れ子を含む)をきちんと育て、作家である夫に呼ばれれば、執筆のサポート(口述筆記)のために徹夜で付き合い、病気の息子が難病(日本脳炎)にかあっても、嘆くことなく看病したり、と強くバイタリティのある妻だ。そして、この妻は、これらの「苦行」に対し、愚痴をこぼすことなく、淡々とプライドを持って立ち向かっている。一番すごいことは、妻は決して夫を嫌わず、「これが私達の夫婦の形」と思い(と、私には思えた)、ときどき自宅に舞い戻って来る夫のタクシー代を立て替えたり、いつも、騒ぎもせず平然としている。沢木耕太郎の「檀」を読んで理解したのだが、奥さんは、檀一雄が本当に大好きだったのだ。奥さんにとっては檀が全てだったのだ。

夫役の緒形拳はこの映画の頃50前である。今の自分と同じような年齢の緒形拳を見るのは面白い。結構アクションの激しいシーン(原田美枝子演じる愛人との取っ組み合いの喧嘩、真田広之演じる中原中也との路上での喧嘩など・・・)も、力一杯こなしていた。とてもいかしていた。

この、中原中也については、若干違和感。当時ものすごく若い真田広之を起用しているのはいいとしても、やたらと身体能力の高い中也(飲み屋のカウンターに飛び乗ったり降りたり、なんて運動神経のよい真田にしか演じられない)だし、やたらと喧嘩に強い中也だし・・・さすが、JAC出身の真田!中也の、病弱なイメージがあまり出ていなかった(路上で喀血したりはしていたが・・・)。

今回も、松坂慶子は、美しい、そしてさっぱりした愛らしい女性を演じていた。そして、緒形(主人公桂一雄役)の愛人を演じる若き原田美枝子は、信じられないほどの魅力を撒き散らしている。1980年代の女優たちは、きちんと裸で演じている。女優とはこういうものだったのだろう。今、当時の女優たちと同じことをしているのは、寺島しのぶくらいなものだ。寺島の後を誰が継ぐのだろうか!?日本の映画の将来が心配だ、非常に。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

冷蔵庫掃除ナポリタンでディナー

マッシュルーム、ソーセージ、豚バラ肉、ピーマン、玉ねぎ、ナスを使ってナポリタンを作りました。冷蔵庫の野菜たちを総動員で。

Ca390587

My favourite "Napolitan Spaghetti" (although, it's not from Naples...).

茹でたまごをトッピングしました。

同じく冷蔵庫に居残っていたシイタケ、小松菜などを塩こしょうで炒めました。ちくわもゲストで入ってます。

Ca390585

SURUMIとツナ缶をレモン汁で和えて、オリーブオイル、醤油で味付け。箸やすめです。

Ca390586

カニカマって何にでも合いますね。

今日は結構遅い時間に高カロリーなものを食べてしまいました。後で自転車こがないと・・・

Ca390589

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

鰻のかば焼きって赤ワインに合うんですよディナー

今日は簡単に食べたかったので、鰻のかば焼きをスーパーで買ってきて、赤ワインに合わせました。

Ca390581

Kabayaki eel and red wine are the best couple!

体にいいものもたまには食べないと・・・と思い、くるみを買ってきました。干し柿と共にワインのおつまみです。

Ca390577

ワインに合います。

ちくわを豚肉で巻いてソテーしました。ちくわは、縦に切り込みを入れて開いて、そこに溶けるチーズ、タイムを少々入れました。豚肉の薄切りで巻いてフライパンで焼きます。お弁当にもいけそう。

Ca390579

The above is chikuwa, wrapped with pork slices. In the chikuwa's hole, I put cheese and a bit of thyme.

今日もワンコインワインのSANTIAGOの赤と合わせました。チリのワイン。ちなみに鰻と合わせるときはこのように、リーズナブルワインとの方が合う気がします。(テーブルワインクラスで十分)

今日はすごく疲れました・・・正月明けでまだ本調子ではないからかも。疲れているときは、自分が気持ちよくなることをしよう・・・最近は、「漂白剤でコーヒーカップを漂白する」ということにはまっています。後で漂白しよう・・・

Ca390584

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

Japanese Style Curry で癒されディナー

昨日のうちにカレーを作っておきました。カレーは翌日がおいしいですね。「転々」という映画でもキョンキョンが言ってましたし・・・

Ca390572

This is Japanese curry. This cuisine always makes me feel relaxed. Curry tastes better "the next day". That's why I cooked this curry yesterday (and didn't eat it yesterday) and I am eating it now!

カレーを作るときに、おせち用につくった焼き豚(正確には煮豚)を調理するときにできた茹で汁を使用しました。豚肉のスープでカレーもマイルドに。

サラダはサラダほうれん草とSURIMI、トマトをゆずのドレッシングで。ゆずはお正月用に買っていたのですが、今日で使い切り。ゆずの果汁にオリーブオイルと醤油で味付けです。

Ca390569

焼き豚にも同じドレッシングをかけました。パセリみじん切りも振りかけて。

Ca390568_3

さっぱりといただけました。

亮一の自信作、「コンソメジュレ」も今日でおしまい。数回に渡って食べました。数日だったら保存もできるし、パーティなどでは前もって作っておけそうですね。

Ca390567

キュウリを下に敷いて、ジュレをのせました。トマトも刻んでのせました。

次は、簡単なOeuf Mayonnaise (ウフ・マヨネーズ)を。酢と醤油で味付けしたゆで卵。これはよくお弁当に持っていくので保存しています。この味付けゆで卵をスライスしてタイムとマヨネーズを添えました。

Ca390570

ウフ!

カレーを食べると、どうしてもご飯を多めに食べてしまいます。おいしいから仕方ないですな・・・

Ca390573

圭子&亮一

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

豚汁&高野豆腐のヘルシーディナー

昨日寒川神社にお参りに行った時、いろいろな出店が出ていました。お蕎麦やうどん、フランクフルトなどの店がたくさんあり、寒かったので、豚汁を買って食べました。寒い中外で食べたからか、「こりゃあうまい!」と感動しました。今日は明日から仕事なので、ノンアルコールのヘルシーご飯にしました。

高野豆腐をコンソメで戻し、ベーコンを巻いてソテー。高野豆腐に味があるので、味付けはなし、少しだけマヨネーズをかけていただきました。

Ca390564

豚汁は亮一が残り野菜を駆使してつくりました。ニンジン、大根、ジャガイモ、ネギ、コンニャク、しめじを豚バラ肉と煮こみました。七味をかけて、いただきました~

Ca390565

あったまりますね!味噌と豚肉って合いますよね。

おせちの残りをいろいろお皿に盛って。ああ、休みが終わる・・・すごいブルー・・・本当はこういう時こそワインでも飲んで心をアップさせてそのままがーっと寝たらよいのですが、年末から昨日まで連続で飲んでいるので、肝臓をいたわるつもりでノンアルコールな夜です。

Ca390566

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「恋する宇宙」-ヒュー・ダンシーが愛おしい-

サンダンス映画祭で2009年度「アルフレッド・P・スローン賞」をとっている作品。主演はイギリス人俳優ヒュー・ダンシーなのだが、アメリカ人の役を演じている(とは映画の中で特に説明はないが、彼のアクセントの様子などでそう思われる)。このように、イギリス人が普通のアメリカ人の役を演じていたり、逆にグウィネス・パルトローやレネー・ゼルビガーが普通にイギリス人の役を演じたりしていると、本当に英語を母国語としている俳優陣は、役柄の可能性が広がって有利だな、と思う・・・ 

ヒュー・ダンシーの私の中での「はまり役」は、テレビドラマ「エリザベス1世~愛と陰謀の王宮~」の中のエセックス伯役。あの、ヘレン・ミレン演じるエリザベス女王をメロメロにするかなりの年下男役なのだが、あのような時代劇での子音をはっきり発音するヒュー・ダンシーはかなり魅力的。

今回の「恋する宇宙」では、エセックス伯とは正反対の雰囲気を醸し出している。ヒュー・ダンシーは、アスペルガー症候群の、人とのコミュニケーションをとりづらいアダムの役を好演している。映画が進むにつれ、ひとりできちんと地に足をつけて生きるようになる主人公を愛らしく演じている。アダムが好きになる、同じアパートに住む児童文学作家(兼臨時の先生)役を演じている女優が、若いころのイザベル・アジャーニに似ている。古典的な美人。

映画の舞台が冬のニューヨークであることと、主人公の男性が都会の孤独の中で淡々と暮らしていくことや、バックで流れる少し物悲しい響きの音楽などが、少し「エターナル・サンシャイン」を思い出させる映画。

結局、人はひとりで生きていかないと、しかたないのかな、という大きな事実を再確認してしまう映画だった。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日からは普段モードへの朝食

雑穀ご飯と味噌汁です。塩鮭を焼いて、納豆と生卵におせちの残りのなますにチョロギを添えたものに昆布巻き、それに今日作ったレンコンと根菜類のきんぴらの朝食です。

Ca390562

元旦と二日の朝は雑煮だったので今日からは普段に近いしっかりご飯です。

Ca390563

チョロギを紅白なますにトッピング。縁起ものですが、ちょっとしょっぱかったです!なんと、このチョロギ、フランスでも料理に使われているようで、あちらでは「Crosne du Japon」と呼ばれているそうです。

亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

寒川神社参拝記念ディナー

今日は、過去のお札をお焚き上げしてもらうために、寒川神社に行ってきました。相模原に引っ越してきたのでこの地の一之宮にお参りするのはいいことだと思い、参拝しました。

行く途中、今夜のご飯をどうしよう、とパトリス・ジュリアン氏の「パトリス・ジュリアンのフランスワインABC」という本をカバンに入れて行きました。途中の電車で読んでいて、今日のメニューを決めました!

この本の「牛ヒレ肉のポワレ、タプナードソース添え」に挑戦しました。パトリスさんのレシピだとタプナードソースにラム酒が入っていますが、うちにはないので、「みりん」で代用。タイムは町田のデパ地下で調達。初めてフレッシュタイム買いましたが、かなりの香りの良さに感激。肉料理に多用したい香りでした。お肉にはベーコンを巻いています。

Ca390553

タプナードソースは、黒オリーブやアンチョビをフードプロセッサーで細かくして作りました。亮一ががんばって作りました。アンチョビの塩加減だけで、味はばっちり。トマトのソテーとお肉にはタイムをのせて。

同じくパトリス・ジュリアン氏の本の中から「リヨン風じゃがいものガレット」というレシピを参考にして作りました。ジャガイモと炒め玉ねぎと卵を混ぜてオーブントースターでこんがり焼く料理は、お肉料理にも合うし、体も温まりました。

Ca390559

簡単だし、また作ってみたいです。なお、今日はこの牛肉のベーコン巻とガレットに合うのがジュリアン氏曰く「コート・デュ・ローヌ」のワイン、とのことだったので、町田デパ地下で見つけたコート・デュ・ローヌの「ラ シャス コート・デュ・ローヌ(赤)」に合わせました。

以前から亮一が作っていたポテトサラダ、コンソメジュレ、そしてトマトをグラスに入れて、タイムを飾った前菜。

Ca390555

普通にお皿にいれるのではなく、ガラスの食器にいれるだけで、なんとなくおしゃれに変身。

デザートは、寒川神社で買ってきた「八福餅」です。柔らかい餅をあんこでくるんだお菓子。今日寒川神社に行った時、パワーを感じました。やはり、神社ってたまに行くと感動します。

Ca390561

小さいサイズなので、何個でも食べられそうなのですが、今日は各自2個で終了。明日に楽しみを残しつつ・・・

Ca390558

ご利益があったのか、料理の出来もよかったようです!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

元旦お祝いディナー(いろいろなリサイクル料理含む)

1月1日です。今日は近所の神社にお参りに行ってきました。寒かったですね今日も。

昨日のレヴェイヨンの残りものも使いつつご飯を作りました。ちなみに北海道もレヴェイヨン的に、「年取り」と言って大晦日にご馳走を食べる文化があるようです。旭川出身の亮一から聞きました。

今日は急に「ペンネ・アラビアータ」が食べたくなったので、挽肉入りのアラビアータをつくりました。ニンニクのみじん切りと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、豚ひき肉を加えてさらに炒めました。トマト缶、コンソメキューブ、乾燥バジル、塩、こしょうで味付けしたソースを作り、茹でたペンネと和えました。

Ca390551

鷹の爪をもう少し多く入れてもよかたかな、というマイルドなアラビアータになりました。

スーパーでお手頃な刺身を見つけました。カルパッチョ風のサラダにしました。

Ca390546

お正月用に買っておいたイクラの醤油漬けをトッピング。

レヴェイヨンのときに作った豚のすりリンゴづけソテーは多く作りすぎて少し残っていました。溶けるチーズをのせて再生させて刺身のつまを利用したサラダと共にいただきました。

Ca390549

フルーツトマト、サラダほうれん草、刺身のつまをオリーブオイル、レモン汁、塩こしょう、醤油と和えたサラダを添えて。

Ca390548

野菜炒めとタコは亮一担当です。野菜が多く食べたくなって、にんにくとアンチョビフィレで炒めました。

Ca390550

きゅうりと酢だこ、大根葉の炒めものの再利用です。ごま油で和えました。

Ca390552

今日は「グランドック ソービニヨン・ブラン」と合わせて。700円台のワインです。リーズナブルですが、刺身にも合う爽やかなワイン。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「赤ちゃん泥棒」-若きニコラス・ケイジに乾杯-

2011年最初の映画はニコラス・ケイジが20代前半の頃の映画「赤ちゃん泥棒」。コーエン兄弟の映画だ。

この映画は1987年の作品だ。同年の作品「月の輝く夜に」もそうだが、この頃のニコラス・ケイジは髪の毛も豊富にあるし、細身で、若さを感じる。懐かしい時代のケイジだ。彼は昔は変な映画によく出ていて好きだった。一番好きなのは「ワイルド・アット・ハート」という映画の中のセイラー役。あまりにも泣ける映画で、二回も劇場に足を運んだ記憶がある。

コーエン兄弟作品の割に、見終わった後も後味は悪くないし、なんとなくほのぼのとすらする映画だ。共演のホリー・ハンターも無邪気に泣きじゃくったり、怒ったり、と素直に感情をあらわにする姿を見せてくれて、新鮮。新年の幕開けにちょうど良い、素直な映画。

子供の生まれない夫婦ハイ(ニコラス・ケイジ)とエド(ホリー・ハンター)が、五つ子が生まれて世間を騒がせている家庭から赤ちゃんをひとり「盗んでくる」ストーリーだが、ブラックな要素はあまりなく、ほのぼのとした雰囲気で、若き二人の夫婦を応援してしまう自分がいた。とにかくニコラス・ケイジもホリー・ハンターも若く、無邪気。

コーエン兄弟の2008年作品「バーン・アフター・リーディング」の中で「リンダ・リツキ」というかなりうっとうしい役を演じているフランシス・マクドーマンドが本作でもうっとうしい女性を演じていて痛快。マクドーマンドは兄ジョエル・コーエンの嫁らしい。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします!

おせち料理というにはかなり簡易的ですが、お正月風な朝ごはんで新年を迎えました。

Ca390540

ポテトサラダは昨日も登場した亮一の自信作。右端の豆は、金時豆を甘く煮たものです。圭子の自信作。蒲鉾にはイクラをのせて、初日の出風に。真ん中は市販の栗きんとんを江戸切子のおちょこにいれてみました。豆の背後には田づくりです。

お雑煮はおすまし風です。小松菜、人参、シイタケ、蒲鉾、豆腐、鶏肉が材料です。仕上げにゆずの皮とイクラを少しトッピング。餅はひとり二つずつ。食べすぎですね。

Ca390543

味付けは昆布と牡蠣醤油。このサイトでよく出てくる牡蠣醤油とは、広島の会社アサムラサキさんの「かき醤油」のことなのです。圭子の実家の広島からときどきペットボトル入りのを送ってもらうのですが、はっきり言って、これがないと何もできないというほどに依存しています!これ一本でたいがいの料理の味は決まるし、イタリアンのときなども、ドレッシングなどにちょこっと入れて風味をアップさせています。お勧めです!

紅白なますは亮一が毎年作ります。「昭和」って感じでいいですね、なます。以下亮一が解説します。

Ca390538

毎年作る紅白なますです。大根とにんじんはなます切りにしてカットしました。米酢、塩、さとうで味を整えて鷹の爪、ゆずの皮を足してできあがりです。

焼き豚は、50点という出来でした。ちょっと火を通しすぎたのか、肉が硬くなってしまいました。薄く切ってなんとか食べました・・・ブロックの豚肉を長ネギの青い部分としょうがと共に煮て、火が通ったら牡蠣醤油につけておくだけ、という簡単チャーシュー。真ん中のがそれです。蒲鉾、数の子と共に。

Ca390539

焼き豚の上にはさらし玉ねぎとマヨネーズ。

酢ダコは旭川の亮一のお母さんから送ってもらったものです。色がめでたい感じです。

Ca390542

さっぱりしますね、酢のものは。

昨日のレヴェイヨンにも登場した鶏肉の煮もの。大根も一緒に煮ておりました。

Ca390541

鍋の中でコラーゲンが「にこごり」状態でした!

今年もブログで工夫ご飯をアップしていきます。見に来てくださいね~

Ca390544

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »