« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

「お星さまは知っている」ってすごいんですよ、ディナー

今日は圭子は日中は東京に出ておりました。ボランティア活動で、外国人のお客さんをつれて観光スポットをまわるツアーです。先輩のボランティア仲間の方々とまわってきました。日本のことで意外なことを質問されると、「自分の国のこと、分かってないな」と再確認します。まだまだ知識も弱いところが多いですが、勉強していきたいです。

なので今日一は亮一がメインでご飯を作ってくれました。ありがとうございます!亮一どん、説明よろしく!

Imgp0929

昨日の残りの牛肉のたたきを再利用しました。ピーマンとズッキーニとマッッシュルームをオリーブオイル、塩コショーで炒めました。あとはシンプルにカプレーゼとブロッコリースプラウト、きゅうりとトマトのサラダです。冷凍してあったフランスパンを焼きました。

Imgp0930

今日はVINO DA TAVOLA ROSSO です。ワンコインワインです。軽い今日のようなディナーによく合うワインです。

NHK教育の朝の子供用の番組「シャキーン!」を先日、朝、亮一がたまたま見たらしいです。その番組の中でいい曲が流れていたそうなのです。「『おばあちゃん』、『桜の木』、『女の子』、みたいな歌詞のすごい曲に出会ったからネットで検索して歌のタイトルを探して!」と大騒ぎしていました。いろいろキーワードを入れて調べると、「お星さまは知っている」という歌だということが分かりました。(検索、かなり大変でした・・・)YouTubeで探して見てみました。イラストもかわいらしいし、歌詞は心に突き刺さるし、涙が出そうになりました。歌のテーマが、「他人をうらやむな。自分の幸せを探せ」という深いもので、子供向けというよりむしろ大人向けです。はっきりいって、とんでもない作品です。NHK教育ってすごい。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーティーの後、控え目な朝ごはん

昨日のケイト&ウィリアムの「パーティご飯」の残りで朝ごはんです。牛肉のたたきは大量に作っていたので、残りをシチリアンリュージュなどと共に、ソテーしました。サラダもちょっと残ったので食べちゃいました。

Imgp0906

ヨーグルトは亮一がヨーグルトメーカーで作りました。以下亮一の解説です。

今日からの種菌はメグミルクの恵です。でも牛乳は森永製なので「森永恵」ですね。すこしゆるめです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

Dedicated to William and Kate パーティ気分でディナー

圭子です。先ほどまでウィリアム王子とケイトの結婚式を見ていました。とてもすっきりとしたドレスで、いつもと変わらない爽やかな笑顔のケイト。ウィリアムの上目づかいのちゃめっけのある照れた笑顔。今後もずっと応援していきます。今日は長い一日になるでしょうが、体調に気をつけて頑張ってください、2人とも。

今日はうちでも、結婚パーティ風においしいご飯をたくさん作りました。お腹がいっぱいで倒れそうです。

Imgp0902

メインは牛肉の「たたき」です。ローストビーフ用の肉の塊を買ってきましたが、ローストビーフを作るのは大変そうなので、スーパーの壁にレシピがあったのでたたきにしてみました。塊肉の表面に塩こしょうして、フライパンで各表面を10秒くらいずつ焼きました。その肉にラップをかけて、冷凍庫に30分間寝かせました。中は赤く、表面だけ香ばしい、いい感じのたたきです。味噌マヨネーズをつけて食べました。日英コラボレーション風?

こちらは亮一のお得意の、アフタヌーンティ風のフィンガーサンドイッチ。英国風ですね。

Imgp0900

キュウリとスモークサーモンです。

カリフラワーとジャガイモを茹でて、グラタン風に牛乳とチーズで焼きました。

Imgp0896

熱々をどうぞ!

小エビとアボカドでカクテル風に。

Imgp0897

パーティ風ですね!小葱を散らしました。

「とまと家族」とシシリアンルージュです。色が綺麗なトマトサラダ。

Imgp0899

甘かったです、トマト!

ホワイトアスパラには茹で卵とベランダに植えているパセリをかけて。

Imgp0901

シンプルに、オリーブオイル、レモン汁、塩こしょうのドレッシングをかけました。

今日は亡きダイアナとケイトさんのイメージ、薔薇を食卓に。

Imgp0894_2

ダイアナの友人エルトン・ジョンも結婚式に来ていましたね。ガイ・リッチーの隣の席でした。(注:後日わかりましたが、なんと私がガイ・リッチーだと思っていたのはエルトン・ジョンの「夫」でした!顔がちょっと似ているので勘違いしました。失敬失敬!エルトンの隣の席のダンディーな方は旦那さんです。今訂正して書いております・・・)豪華豪華。

今日はうちのマキちゃんもロイヤルウェディング風に、pleats pleaseを全身に巻いてみました。

Imgp0904

「お嫁に行きます!」

元ケイト・ミドルトン、現ケンブリッジ公爵夫人キャサリンは、レディングという町のRoyal Berkshire Hospitalで1981年に生まれたとのこと。私も昔々レディングに住んでいました。この病院の前も何度も歩いたことがあります。計算したら、ケイトが13歳くらいのころ、私もその街に住んでいました。もしかしたら、町中のスーパーとか映画館でニアミスしていたかもしれない!そう妄想すると、勝手に嬉しいな。やや太めの眉毛、親しみやすい笑顔。ウィリアムのガールフレンドとして報道され始めたころからずっとファンでした。今日は友達が結婚したような感慨深い気分です。

Imgp0895

亮一です。幸せな行事はいいですね。心から嬉しくなります。圭子が力を入れたパーティー風な食事です。力をあわせてつくりました。大勢で食べる感じですね。シンプルな味付けで上手に出来ました。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひじきチャーハンでドキドキ朝ごはん

今日はロンドンでウィリアム&ケイトの挙式ですね。生中継を見るため、やるべきことを夜7時より前に済ませるべく、朝から大忙しです。It's a big date for Kate! 頑張れケイト!

今日は冷凍庫に保存していたひじきの煮ものを解凍し、ハム、水菜、長ネギと共にゴマ油で炒めてチャーハンです。

Imgp0881

ひじきに味がしっかりついているので、チャーハンにはほとんど味付けはしていません。

Imgp0882

今日の夕食は、お祝いムードを演出してみようと思います。乞うご期待。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

松山あげで炊き込みご飯に挑戦ディナー

不思議なおあげ「松山あげ」で炊き込みご飯を作りました。シメジと松山あげをお米と一緒に炊飯器に入れて、牡蠣醤油、日本酒、みりん少々と共に炊きました。

Imgp0877

松山あげはだいぶ溶けちゃいました。結構大きく砕いて入れた方がよいかもしれないですね。溶けても、ご飯全体に旨みが広がり、食感もよく、普通の油揚げとはだいぶ違いますね。美味しいです。また作ってみます。

Imgp0878

今日はノンアルコールDAY。キャベツとセロリの挽肉オイスター炒め、大根のタラコ炒め、「とまと家族」(JAうつのみや!)、茹で卵、らっきょう、新タマネギの味噌汁です。明日はとうとうケイト・ミドルトンとウィリアム王子の結婚式。「ケイコ・ミドルトン」としては、他人事とは思えない緊張感です。今日は眠れないかも・・・明日に備えて、パックしないと(?)。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

「ほぼトワイライト」-小ネタ満載、控え目に笑える良品-

飽きるほど繰り返し見た「トワイライト」シリーズのパロディ映画なので、ほとんどのシーンで「受ける~!!」と大喜びしながら満喫した。オリジナルを見たことがない人にとっては「なに?どこが面白いの?」となってしまうと思うので、これは純粋に「トワイライター」向けだと思われる。ただ、アメリカネタに詳しくない私は「アバクロの店員」あたりのギャグは雰囲気しか分からなかった。この映画の細かい部分を解読して、アメリカ若者文化をもっと学びたいと強く思った。

オリジナルのベラ役に相当する役は「ベッカ」、ベラの友達のジェシカ役に相当する役は「ジェニファー」と類似した役名を使っているのも丁寧な作り。オリジナルでヴォルトゥーリ一族のトップだった「アロ」に相当する役は本作では「ダロ」。何から何まで丁寧だ。なお、この「ダロ」役を演じる俳優ケン・チョン(Ken Jeong)だが、サンドラ・ブロック主演の「ウルトラI LOVE YOU!」でも活躍していた。最近よく見るアジア系コメディアン俳優で、どちらかというとお下劣な臭いもプンプンする人だが、なんと医師の資格もあるらしく、奥が深い。セリフや設定、場面など、原作の「トワイライト」のシリーズを忠実になぞっているのだが、合間合間にナンセンスギャグを細かく埋め込み、しかし、わざとらしくなく、かなり控えめに埋め込んでいるので、「おぬし、なかなか頭いいな!」と感心しながら楽しめた。

一番感心したのは、ベッカを演じるジェン・プロスクという女優が、オリジナルのベラを演じるときのクリステン・スチュワートとそっくりな目の動かし方、話し方、顔の動かし方、をしていることだ。驚愕するほどに、しぐさがそっくり。顔ははっきりいって、あまり美人さんではないこのプロスク嬢だが、オリジナルのベラのような、少し精神不安定な雰囲気、話し方をことごとく忠実に再現しているので、それだけでもう努力賞の賞状を差し上げたいものだ・・・

複数の映画(「トワイライト~初恋」「ニュームーン/トワイライト・サーガ」)を上手に一つの辻褄の合うストーリーに仕立て直していることも、評価できる。「パロディ映画なんて・・・」と毛嫌いせず、ぜひぜひ散りばめられた小ネタたちにくすっと笑っていただきたい!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

救いを求めてシチューディナー

元気がないとき何を食べますか?私は究極にダメなときは、「サッポロ一番みそラーメン」を食べます。ちょっと元気がないときは「日清やきそば」を食べます。(インスタント好きやな~)仕事で失敗した日は会社帰りにケンタッキーに寄ってワンピース食べます。そして、心が疲れた日はシチューを食べます。これらの食べ物を食べると、脳から「快感」の物質がどわっと流れる気がします。

今日は簡単シチューです。急いで作るために、野菜は一センチ角くらいに刻んで電子レンジでまず加熱して、煮こみ時間を短縮します。冷凍グリーンピースも入れました。

シチューを煮ている間に、ベーコンとマッシュルームを炒めて、茹でた蕎麦と炒め合わせ、パスタ風に。

Imgp0874

今日の主役はトマトです。

Imgp0869

カラフルなトマトです。JAうつのみやの「とまと家族」というトマトです!!

Imgp0873

トマトのパックにこの紙が入っていました。あまりのかわいらしさに驚愕!両端はお父さんトマト、お母さんトマト、そして挟まれているのはオレンジ色のお姉ちゃんトマトと黄色い弟トマト。今日うちの食卓にあがったのは姉弟、ということですな。おいしくいただきました。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「聖者の眠る街」V.S.「エバン・オールマイティ」-救われたいときに見るのはどっちだ!?-

対照的なタイプの作品を連続的に見た。まずはマット・ディロンのかなり若い頃の作品「聖者の眠る街」。1993年の作品だ。これが、かなりの救いようのない話でずっと「絶対ハッピーエンドが待っているはずだから辛抱して待とう!」と見続けた私を地獄に突き落としてくれた。甘く美しい地獄に。主人公は若き「写真家」マシュー。マット・ディロンが怪しげなほどもの静かに、繊細に演じる。

マシューは、設定的には過去に精神科に入院経験がある統合失調症経験者。今もまだ周囲に雑音があると数を数えるのが困難だったりする。完治していないようだ。彼は住んでいるビルが壊されることになり突然ホームレスに。収容施設(といっても無法者が支配している非常に危険な場所)でダニー・グローヴァー演じるジェリーと仲良しになり、二人で「ここを抜け出して人生やり直そう」と再生を願い、車の窓拭き(これがまた異様にきれいに窓を磨く二人。どんだけクオリティの高い洗剤使ってる?)の仕事でチップを集める。しかし、人生はそんなにうまくいかないものだ。マシューには悲しい結末が待っている。

本物のホームレスかと思うくらいのダニー・グローヴァーのいでたちと、不安げな顔の表情から「この人本当に病気かも」と思わせるマット・ディロン。2人のリアルな演技にぐいぐい引き込まれた。マット・ディロンがこんなに「いい俳優」だと、今まで知らなかった・・・ストーリー的には体調が若干悪くなるくらい、しんどい作品である。ラストの、ジェリーが、それでも、あきらめずに生き続ける姿があったことだけが、希望である。

そして対照的に救いようがありまくりの作品「エバン・オールマイティ」をその翌日見た。2007年作品。主演のエバンを演じるスティーヴ・カレル、はじけている。キャスターから政治家に転向してノリノリな彼のもとにモーガン・フリーマン演じる「神」が舞い降りてきて結構ハチャメチャな指令を彼に出す。「箱船を作って洪水に備えよ」と。

政治活動と箱船作りの両立ははかなり大変。最終的には家族や周りの動物たち(箱船に将来的に乗り込むメンバー)の協力のもと巨大な箱船を完成させ、町や人々を救うエバン。エンディングはノリノリのモーガン・フリーマン(ダンスうまい)がかわいい。洪水のCGのシーンは三月に何度もテレビで放映された津波の映像を思い出させる瞬間もあり、つらくなることがないわけではない。しかし、家族一致団結して助け合うシーンや、エバンの人格成長を確かめられる場面もあり、見ていて元気をもらえる映画でもある。ちなみに本作のエバンの元ライバル、ブルース(ジム・キャリー)がメイン作品の「ブルース・オールマイティ」も楽しめるのでセットでどうぞ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

久々に和牛を食べたくて・・・ディナー

今日はコート デュ ローヌに合わせて美味しい和牛をいただきました。てへ!山古志の和牛です。薄いスライスですが、満足満足。

Imgp0866

牛肉、うますぎ!ワインも最高でした。写真手前の白いものはバターではなくチーズですので、ご心配なく。そうそう、和牛を焼いたフライパンでキャベツと玉ねぎを炒めたら、ものすごくおいしくできました。和牛パワーに乾杯。

Imgp0865

TOUR DE L'ABBAYE 2009年です。うまか・・・

デザートは岡埜栄泉総本家の豆大福!

Imgp0864

亮一のおみやげです。説明お願いします~

上野駅前の岡埜栄泉の豆大福はやっぱりおいしいですね。社長さんの岡野さんといえばサッカーに貢献された方ですが、次のワールドカップの飛躍を期待したいですね。

そうそう、「孫菌」でヨーグルトを作りました。今後「ひ孫」まで、いけるかどうか・・・

Imgp0818

こんにちは!孫の「ヨグ君」です。はじめまして!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

お出かけ帰りの急ぎディナー

今日は丸の内に行ってきました。「ヴィジェ・ルブラン展」に行ってきましたよ!

Imgp0816

なんと風情のあるビルディング。三菱一号館美術館が会場です。東京駅からのアクセスもよい美術館。

Imgp0815

マリー・アントワネットの肖像画のポスターが入口に!展示されていた絵はヴィジェ・ルブランの作品だけではなく、同じ時代に活躍した他の女流画家たちのものもたくさんあり、非常に優雅な時間を過ごせました。肖像画の中には絵を見る人と目が合うような絵と、描かれている人物と見る人との視線が合わない感じの構図の絵のものがありました。後者の「目をそらしている」構図の絵は、まるで現代のファッション誌のモード写真のようで、さすが美の王国、フランス、という感じでした。

今日は美術館に行ったり、その前には東御苑を散歩したり、と忙しい一日でした。夕方地元に戻り、帰り道のスーパーで材料を買ってきて、手早くご飯を作りました。

Imgp0813

塩鮭をフライにしました。鮭に味がしっかり付いているのでそのままでもおいしいですが、パン粉に粉チーズを少し混ぜてコクをアップさせました。

Imgp0814

パスタを茹でるときにアスパラも一緒に茹で、炒めたベーコン、ニンニク、エリンギ、玉ねぎと和えました。塩こしょうでシンプルに。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーハンでお手軽朝ごはん

朝からチャーハンです。セロリ、ベーコン、エリンギ、長ネギ、ツナ、卵で作りました。具を炒めて、ご飯をフライパンに入れるとき、お酒を少し入れるとご飯がほぐれやすいです。味付けは牡蠣醤油と塩こしょう。

Imgp0759

天気予報がうまくずれてくれたようで、雨のはずだった予定が晴れになったようです。今日は体調がよくなったら「ヴィジェ・ルブラン展」を見に三菱一号館美術館に行ってこようと思います。ヴィジェ・ルブランはマリー・アントワネットの肖像画をたくさん描いた女流画家です。池田理代子先生の「ベルサイユのばら」にも、ヴィジェ・ルブランがアントワネットの肖像画を描いているシーンありますよね。あのマンガは人生を変えるほどの影響力のあるものでした。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

体調を整えるための軽めのディナー

圭子と亮一は共に風邪をひいてしまいました。今日は体調を整えるためにもヘルシーディナーです。

刺身サラダを作りました。帆立と鯛の刺身をオリーブオイル、ワサビ、牡蠣醤油、塩、こしょうのドレッシングと和えて、各種野菜のサラダの上にのせました。

Imgp0755

ゴマとこしょうをかけて出来上がり。

豚バラ肉とハンペンをマヨネーズ、塩、こしょうで炒めて出来上がり。

Imgp0756

マヨネーズを油代わりに使うのも「おつ」ですよ。

ブロッコリー、厚揚げ、ベーコンをグラタン風に焼きました。

Imgp0757

パン粉が香ばしいです。

今日もSANTIAGOの白です。今日は二人とも英語のクラスの初日で緊張しました。圭子は会話のクラス。亮一はTOEICのクラスです。7月ごろまで進んでいく上で成長できればいいなと思います。

Imgp0754

いくつになっても勉強は楽しいです。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝から行動する日のパン朝ごはん

今日から圭子と亮一は英語を習いに行きます!近所の大学の語学コースを見つけ、毎週土曜は早起きして7月まで通います。

Imgp0749

圭子は朝9時からのコース、亮一は午後のクラス。今日はパン(今日はお気に入りの「メゾンカイザー」のパンでトーストです)で簡単な朝ごはんでさくっと食べて、行ってきます~

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

ディスカウント和牛の簡単ディナー

今日はたまたま圭子と亮一は最寄りの駅に同じくらいに着きました。どーんと疲れていたので、簡単に調理できる牛肉を求めてスーパーへLet's go!

Imgp0747

牛肉はさっと火を通せば食べられます。スーパーで半額の和牛を見つけました。今回は簡単にすりニンニクで炒めました。

キャベツと新タマネギ、エリンギと舞茸をいっしょに合わせました。隠し味にいつものかき醤油を垂らしました。

今日もSANTIAGOの赤と合わせて簡単ディナーです。うちのブログでアップする食事の8割はSANTIAGOの赤・白と合わせているような気がします。丸紅さん輸入の超お手頃ワインコインワイン。目隠ししてワイン通の人に試してもらっても、決して400円台とは見抜かれないと思います。圭子と亮一はSANTIAGOなしでは暮らせません!

Imgp0746

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

「glee/グリー 踊る♪合唱部!? 」シーズン1-夢見ることを忘れるな!-

このドラマは、出てくる子たちが、それぞれ個性的だ。とても現代的だ。90年代に狂ったように見ていた「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」ではお金持ちの白人の美しい若者が青春の悩み(主に「恋愛」)を繰り広げる世界だった。かの友近&なだぎの持ちネタ「ディラン&キャサリン」の元になったドラマだ。現実離れした豊かさのヤングセレブの話だ。そして、この「グリー」も高校が舞台になっているが、登場人物はバラバラで、かつ、社会のマイノリティも多数含まれている。

グリークラブのメイン、レイチェルはゲイのカップルを父親に持つユダヤ系。歌は演歌歌手並みにうまい(ブロードウェーで成功した若き女優リア・ミシェルが感動ものの歌声で毎回視聴者をうならせる)。同じくメンバーのカートはゲイ。メルセデスは黒人。アーニーは足が不自由で車いす生活。元チアリーダー部のクインは妊娠している。ティナはアジア系だ。見た目だけでも、「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」の「皆普通に綺麗」という統一感はなく、かなり濃い個性だ。

彼らのかかえる悩みもリアルだ。単に恋愛だけに悩むのではなく、時に仲間を出し抜いて、皆と仲たがいして、そして反省して、また仲直りして一致団結し、助け合う、といった、スムーズではない困難な付き合い方をしている。うわっつらの付き合いはなく、時に大喧嘩をしたりする。仲直りする度に、団結の強さは深まる。

そんな若者を指導するグリー顧問の「シュー先生」ことウィル・シュースター先生がまた良い。スペイン語の教師だが、自分自身高校時代グリークラブにいた経験もあり、生徒たちに歌の素晴しさを通して、夢を捨てず前を向いて生きる術を指導する。そしてそんな彼自身も、人として不器用な生き方をしていて、人間臭いといったらない。

グリーのメンバーがカバーする曲の歌詞は、そのエピソードごとのテーマとリンクしている。そしてそのテーマは生徒たちの若い仲間たちの中のテーマでもあり、そのテーマはシュー先生などの劇中の大人の世界のテーマとも毎度シンクロする。レイチェルがグリーのメンバーに愛のこもったキスをする回では、シュー先生も大好きな同僚の女性スタッフに廊下でキスをする。若い世代と大人の世界のシンクロするテーマが毎回楽しみだ。

この番組で若きグリーメンバーがカバーした曲に感動し、元の曲をひも解いて世界広げることは、若い世代にとっても少し大人の世代にとっても楽しくてしかたのない喜びだろう。私自身、学生のときバンドをしていた割にはこの10年くらいきちんと音楽に向かい合っていなかった。なんやかや、生活に忙殺されていて、音楽で心を洗うことをあまりしていなかったのだ。なのでグリーで使われていた曲のオリジナルのPVをYoutubeで見たりして、再感動をしているくちだ。メルセデスが歌う「Beautiful」に感動し、アギレラにさかのぼる。パックの歌う「Loser」にほれぼれして、BECKにさかのぼる。きっと女子高生たちは、麗しのジェシー・セントジェームズ (と「ボーカル・アドレナリン」)の演じるロックオペラ「ボヘミアン・ラプソディ」を見て、本家のQueenをひも解くのだろう。至極健全である。いい音楽はずっと生き残る。

シーズン1の締めくくりのテーマは「ジャーニー」だった。ジャーニーは、高校のころどっぷりとはまり込んでいたアメリカのバンドだ。「Don't stop believin'」の歌詞は、高校の頃よりも、今の方が心に染みいる。夢見ることを忘れるな!高校生の時は夢しかなかったので、「そりゃそうさ」と思って聞いていた。皆そうだろう。若い時は夢を見るのが仕事だから。しかし、多くの大人にとって、夢や希望をもって生きるのは簡単ではない。年をとって、しょっちゅう病院の世話になるだろう。景気は悪く、給料は目減りばかり。疲れはとれづらくなるし、職場に行けば自分より年下の「先輩」に顎で使われることもあるだろう。17歳のとき思い描いていた華やかな未来の自分と、現実の自分に差がある人は、きっと多い。そして、17歳の時は受験と親の不理解だけが人生の悩みだろうが、大人は社会に出れば周りは全部敵であり悩みの種になりかねない。大人こそ「グリー」が必要なのかもしれない。少なくとも私には、「彼らの歌声」が必要だ。シーズン2がTSUTAYAに並ぶ日まで、しばしのさらばじゃ、「ニュー・ディレクションズ」の愛すべきメンバーよ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

「グリー」シーズン1ファイナルエピソードを控えて興奮ディナー

見進めているアメリカドラマ「グリー」のシーズン1のエピソードをあと一話残すのみとなり、今夜は正座して最終話を見る予定です。今日はご飯を食べながら、最後から一話目を復習で見ながらイタリアンディナーです。

Imgp0743

今日はブカティーニでミートソース。ニンジン、ピーマン、玉ねぎを細かく刻んで挽肉とよく炒め、トマト缶、コンソメキューブ、乾燥バジルを入れてさっと煮こんだ簡単レシピです。

厚揚げを豚バラ肉で巻いて、塩こしょうしてフライパンで焼いて、仕上げにみりんと牡蠣醤油で味付けしました。

Imgp0742

厚揚げ部分が肉のうまみを吸って満足感のある仕上がりに。お弁当にもお勧めです。

今日もSANTIAGOの赤でおいしくいただきました。ところで「glee/グリー 踊る♪合唱部!? 」って、うまくできた番組だと思うのです。たとえば、40代、50代の私達も「若い頃聞いたわこの曲!」という20年以上前のヒット曲を自分の子供くらいの俳優たちが、ものすごくイケてるアレンジのバージョンで歌ってくれて、郷愁を覚えたりするし、きっと今10代、20代の人は「この曲のオリジナルを聞いてみよう」と思えるだろうし、かなり多くのターゲットを満足させることができると思うのです。先日劇中「メルセデス」ちゃんを演じるアンバー・ライリーが「Beautiful」という曲を歌っていて、「あ、このメロディーよくいろんなところで聞いたけど、歌手は誰なんだろう?」と調べて、クリスティーナ・アギレラの曲だと遅ればせながら先ほど知りました。彼女のオリジナルの「Beautiful」をYoutubeで聞いて、号泣してしまいました。なんて迫力。なんてすごい歌詞。誰がなんと言おうと、私達は美しいんだ!となぜか、びっくりするほど泣いてしまいました。歌って人を救うと思う。今後どんな曲がこのドラマでカバーされていくか、注目しています。

Imgp0741

"We are beautiful in every single way... " Yes! I agree, Christina!

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

体が疲れたときの楽しゃぶしゃぶディナー

暑かったり寒かったりで、風邪をひいてしまいました。圭子です。こんなときは簡単に食べることのできるしゃぶしゃぶです!楽ちんですね。

Imgp0735

脂身の少ない牛肉だったので、物足りないのでベーコンも加えました!

野菜をたくさん。

Imgp0736

レタス、水菜、クレソン、大根。油揚げと豆腐も加えました。

あっと言う間に平らげて、しめはそうめんをゆでて鍋の残り汁に加え、煮こみました。しゃぶしゃぶの後のスープはいろいろな食材の味がミックスされて最高のだしになります。

デザートにハーゲンダッツを食べて、大満足。ハーゲンダッツのアイスって、一瞬ですが、天国に行けるほど、美味しいと思います。普通のカップのシリーズも好きですが、各種「ドルチェ」に関しては、基本的にひと匙食べるごとに、目をつぶってしまいます。気を失いそうになるほどの、天国感。ご馳走様でした。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CHOKE(邦題:セックス・クラブ)」-常識なんてクソくらえ!-

サム・ロックウェル演じるヴィクターは、喉にわざと食べ物を詰まらせて(タイトルの「choke」はそもそも「窒息」とか「のどに食べ物が詰まる」という意味)、その場にいる人に助けてもらい、お見舞い金を援助してもらうような「ペテン」をしていたり、せっかくセックス依存症の会に参加しても、参加メンバーの女性と将来性のないセックスをしたり、で、ボロボロの生き方をしている。前半は「なんやこのルーザー男は」と閉口ぎみで見ていたが、母親(アンジェリカ・ヒューストン最高)への対応や、母親が暮らす介護施設の女性ペイジ(ケリー・マクドナルド)との関係を見ているにつれ、どんどん「こいつは悪い奴じゃないかも?」と思えてくる。サム・ロックウェルじゃなかったら成り立たない役かもしれない。

原作はブラピとノートン卿競演傑作の「ファイト・クラブ」の作者によるらしい。「セックス・クラブ」という邦題はその流れでつけられたのかもしれないが、こんな邦題では女性はレンタルしづらい!割と後味がよいエンディング(「ファイト・クラブ」のノートン卿とボナム=カーターのラストシーンのように)だから、妙な邦題にめげず見てみていただきたい。

映画の中でときどき天使が目の前を通り過ぎるようなシーンがある。一見おつむの悪そうなストリッパーのお姉さん(源氏名「チェリー・ダイキリ」!)が新約聖書の中でのイエスに関することに関し知的に発言をしたり、ヴィクターが勤め先の「日光江戸村」的テーマパークのスタッフのイケイケお姉ちゃんのことを他のスタッフに説明するときに「She's a good girl.」と物凄く優しい声で語ったり、チェリー・ダイキリと出会い普通に恋に落ちた同じく「依存症メンバー」のヴィクターの親友デニーが、チェリー・ダイキリとの関係に関してヴィクターに批判されたときの、まじな表情での「彼女と会えたことが人生に起きた唯一のナイスなことなんだ」的発言など、「一見ダメダメ人間な人たちの、意外な神々しさ」の描写がある。印象的なシーンだ。そして、これらの描写(=人を見た目や職業で判断してはいけないぞ、意外な面を持っているかもしれないんだから、ということを示す描写)がこの物語のテーマなのかもしれない。世の中の多くの「普通」の感覚を持った人が見たら彼らは社会の「負け犬」たち かもしれないが、そんな彼らがダイヤモンドのように輝くシーンを随所にちりばめているから、気持ちよいのだ。こういう映画を見た後は世界が大きく広がったような感覚になる。心地よい。

いちばん怖いのは多数の人が押し付ける「常識」とか「偏見」だ。放射性物質のように目に見えないし匂いもしない。「世間の目」とか「みんなそうしてるから私も」的な「有害物質」に心が侵されないよう、ときには本作のような異常性満タンの作品で心を洗いたい。

とにかく、かなり不思議な設定(主人公の勤め先が歴史テーマパークのような場所だったり、ケリー・マクドナルド演じるペイジの「実は私は・・・」的自白も映画史上まれに見る大どんでん返しだったり)の連続だが、ラストのすがすがしさには、心地よい余韻を得た。

ケリー・マクドナルドが、「ノーカントリー」の時と同様に、スコットランド弁を封印してアメリカ人になりきっている点に努力賞をあげたい。国籍を越えた演技は並大抵ではない。彼女の相変わらずの愛らしい眉間のしわに乾杯。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

アルコール解禁記念ディナー

今日からやっと亮一もアルコールを飲むことができます。この10日間、圭子と亮一は異例のノンアルコール期間を経験しました。未曾有のことです。今日からも体をいたわりつつ、美味しいお酒をいただきたく存じます。

CONCHA Y TOROのサンライズで祝いました。スパークリングワインに合うようなメニューを心がけてみました。

今日の主役はバーニャカウダ。各種の野菜をたくさんいただきました。バーニャカウダのソースは亮一が頑張って作りました。

Imgp0726

バーニャカウダのソースについては亮一に解説してもらいましょう。以下亮一です。にんにくを牛乳と水を足した中で煮こみ、アンチョビと合わせてつぶしました。オリーブオイルを足して温めて食しました。

マグロは塩こしょうして、小麦粉をまぶし、ムニエルにしました。

Imgp0728

オリーブオイルとバターでソテーしました。青ネギとマヨネーズをかけて。

ガスパチョも亮一の得意料理。

Imgp0730

簡単にトマトジュースベースです。キュウリを細かくカットし、塩コショー、乾燥バジル、すりにんにくをまぜました。

今日は旭川の亮一のお母さんからタラコなどのシーフードを送っていただきました。タラモサラダにしてパンにつけて食べました。

Imgp0727

旭川ではなんと雪が降ったらしく、5センチくらい積もったらしいです。日本は南北に長いです。こちら(関東)では日中汗をかくほど暖かい日も最近ありますが、雪が降る地域もあるわけです。

今日は久しぶりにカラフルな食卓です。

Imgp0724

野菜中心でいただきます~

圭子&亮一

P.S.

ヨーグルトメーカーの紹介です。

Imgp0732

このような感じに、1000ミリリットルの牛乳パックがそのまま設置できる単純な操作のしやすい機械をアマゾンで購入しました。とても簡単においしいヨーグルトが作ることができます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

カレー、そして「デフェール」のケーキで満足満足!ディナー

今日は以前住んでいた「たまプラーザ」に久しぶりに行ってきました。大好きなマッサージ治療院に行って、思う存分揉んでいただきました。首、肩のこりがほぐれ、極楽極楽。たまプラーザと言えば、スイーツの名店が多いので有名ですね。うちの近所ではなかなか手に入らない、しゃれたお菓子を買って帰り、亮一と「気分はパリジャン、パリジェンヌ」のノリでいただきましたよ!

まずは「オペラ」です。

Imgp0707

チョコレート大好きな圭子と亮一。オペラ大好きです。結構チョコが濃厚なので、このような小さいスライスで十分満足です。お酒にも合いそう。

オペラ、と言えば、「オペラ座」。パリに数年前に行った時、憧れのオペラ座(ガルニエ)の前まで行きました。中に入ったり、バレーを見たり、はしなかったのですが建物が近くで見たくて。その時に撮った写真を下に掲載します。

Dscn0061

ガルニエの正面にある彫刻「ダンス」です。これが、ものすごく楽しそうに踊っている男女たちの像で、ずっと見ていても飽きなくて、挙句の果てにはこの像の前で私もダンスしてしまいました。ダンス、最高。今見ても、泣きそうになる。本当に躍動的な彫刻です。像の人々の顔の表情、すごくいいんです。

夜のオペラ座の写真も出てきました。

Dscn0097

お菓子の「オペラ」みたいに、つややかな夜のパリ。

おまけに、メトロのホームの写真も1枚どうぞ。

Dscn0107

映画「汚れた血」の中で、主人公の父親がホームから突き落とされるシーンで、この駅(パスツール)のホームが使われていたので、パリに行った時、記念に撮影してきました。マニアの方ならこの写真見て、すぐ例のシーンを思い出してくれますよね?

シュークリームも大好きです。「シュー キャラメル」もいただきました。

Imgp0708

むちゃくちゃおいしかったです。アーモンドとクリームのコンビネーションが絶妙です。

今日は亮一がカレーを煮こんでおいてくれたので、助かりました。お腹一杯です。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

納得の朝ごはん

休日は魚を焼いたり味噌汁を作ったり、と時間を使って和食にすることが多いです。今日は亮一が鯖をじんわりとグリルで焼きました。麩と野菜入りの具だくさん味噌汁もつけました。卵焼きは圭子が青のりと梅しそふりかけを卵に入れて作りました、が!梅しそふりかけは卵焼きにはいまひとつでした。普通にご飯にかけた方がよいですな。

Imgp0703

鯖とかブリとか脂がたっぷりの魚が大好きな圭子&亮一です。ダイエットは難しいですね。ただ、昨日ものすごいことを発見しました。好きな人の映像を見ながらエアロバイクをこぐと、恐ろしいほど負荷を高くかけても平気にこぎ続けることができるのです。Youtube で大好きなJonathan Groff(ドラマ「glee/グリー 踊る♪合唱部!? 」で最高に素敵なジェシー役を好演)のインタビュー映像や、歌を歌っている映像をパソコン全画面に設定して見ながらこぐと、それはそれはテンションが上がり、短時間で多くのカロリーを消費できるということに先日気づきました。カロリー高い鯖を食べて、Jonathan でカロリーを消費する。素晴しき哉、人生。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ささみフライでヘルシーディナー

まだまだ花粉症がひどい圭子&亮一です。あと少しの辛抱・・・ ヒノキのピークが終わるまで、花粉症の皆さん、頑張って乗り切りましょう。

今日もダイエットを心がけ、低カロリーのささみをフライにしました。

Imgp0700

簡単に作りました。ささみを塩こしょうして、溶き卵をくぐらせ、パン粉をつけてオリーブオイルで揚げました。残った卵液は、ズッキーニの輪切りを焼くときにピカタ風に絡めて使いました。きゅうりのキューちゃんを刻んでマヨネーズと混ぜたなんちゃってタルタルソースをつけて食べました。

今日は金曜。なんとか金曜まで「たどり着いた」、という感じです。皆さんはどうやって毎日乗り切っていますか?今日は私は、乗り切れなかった・・・ ボロボロの戦士のような悪い姿勢で何とか家のドアを開けてどさっと倒れました。そんな日もあります。生き生きと働いて、アフターファイブに美味しいビールを同僚と飲み交わしていた過去の自分が今の私を見たら、「情けないな、このおばちゃん」とか思うのかな。なーんてね(要「告白」の松たか子参照)。弱気になっちゃった。自分を愛したい。どんな自分をも、愛したい。明日からまた生きるしか、ないですね。

Imgp0701

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」-オーウェン・ウィルソンの子供のようなはちゃめちゃさに思わず感動-

私たち世代(40代前半、と申し上げておこう)にとって、マット・ディロンは青春の一ページを飾るスターだ。「アウトサイダー」を中学高学年か高校生の頃見た。スティーヴィー・ワンダーの哀愁漂う主題歌を聞いたら、今でも気持ちは十代の頃へ飛んでいく。マット・ディロンという人は顔は甘いのに声が低く、渋い。若い頃のワイルドさに大人の成熟感もブレンドされ、飲み頃の赤ワインのような俳優になった。顔は真面目だが、「メリーに首ったけ」のようなコメディもこなし、いまや怖いものなしな印象だ。そんな彼がオーウェン・ウィルソン(鼻の形、印象的!)と今をときめくケイト・ハドソンとタッグを組んだ本作は、何も深く考えずただただ楽しみたい時に見るのに最適な映画である。

ちなみに本作、ややお下劣な場面も含むが、物語は最終的にはきれいに収まるので、ぜひ安心してワイワイ騒ぎながら見ていただきたい。

ケイト・ハドソンって、堂々としていて、うらやましい。結構どの作品で見ても似たような印象を受ける。年齢の割に、ふてぶてしいまでに、落ち着いている。「育ち」から来るのか、この風格は?(ゴールディ・ホーンの娘だしな。)一度は自分に自信のない弱々しいキャラクターの役など見てみたい。若いし今後が楽しみだ。本作では会社社長(マイケル・ダグラス)の娘で、父親の会社の社員カール(マット・ディロン)と新婚生活をエンジョイするモリーを演じる。あまりの自信満々風の風格で、「小学校の先生」という役柄がややミスマッチ。

オーウェン・ウィルソン演じるランディ・デュプリーは30代後半の設定だが、近所の小学校キッズ達と妙に気が合い、暇さえあれば本気モードで遊んだりしている。純粋すぎてキラキラした目できょとんとしていて、やや周囲を当惑させていたが、憎めない、愛すべきデュプリーを好演している。(時に、閉口するほどお下劣なシーンもあるが、そんなシーンを演じていても、愛らしさは失わない。平成の芦屋雁之助と呼ばせていただきたい。デュプリーは愛らしい山下清的キャラだ。)デュプリーは新婚ほやほやのカールとモリーの生活をはちゃめちゃさでかき乱す・・・

カールの飲み仲間の一人にやたらアダルトビデオに執着するニールという役がいる。彼をコミカルに演じる俳優セス・ローゲンだが、「恋するポルノ・グラフィティ」でこれまたアダルトビデオに深く関わる役を主役で演じている。あまりに役柄がかぶっているので、今後彼をほかの作品で発見しても「またアダルトビデオ好きの例の彼か」と変な先入観で見てしまいそうだ!

マイケル・ダグラスが未だに格好いいのでその辺りもチェックしていただきたい。この映画のときすでに60歳過ぎだったようだが、スーツをパリッと着こなしビジネスの世界で軽やかに生きている役がその年齢でも不自然でなく演じることができるのは、さすがアンチエイジングの国アメリカならでは。ダグラス演じる、モリーの父親役は、ゴードン・ゲッコーへのオマージュ的な役柄だった。とにかく、ダグラスはケイト・ハドソンの父親役じゃなくても、彼女の彼氏役でも大丈夫なくらいイケている。さすが若い嫁さんをもらっているだけある。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

なぜか体重が減らない!?今日はDIETディナー

亮一のポリープ切除以降、2人でノンアルコールでヘルシー(なつもりの)ご飯を続けています。1週間以上このような生活を続けているのに、不思議なことが起こっています。二人とも、体重が増え続けているのです!摩訶不思議。冷静に分析すると、繊維の多い(大腸にとって負担な)「野菜」を減らし気味の生活だったからかもしれません。そろそろ野菜も摂っていかないといけないな、と反省です。

Imgp0697

ほうれん草のソテーと蕎麦でダイエットに試みています。あと2日は禁酒なので、野菜とバランスのよい食事を心がけ、なんとか減量したいものです・・・

今日も朝亮一がヨーグルトメーカーに牛乳パックをセットしておいてくれました。圭子帰宅後チェックすると・・・

Imgp0696

無事、生誕していました。「僕ヨーグルト君です!皆さんこんにちは!」今、うちのヨーグルト君は冷蔵庫で眠っています。明日食べます。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Summer Wars (2009)

This is a Japanese animation film. I really would like to recommend this film to the earthquake victims in Tohoku and also people abroad to introduce "quiet but strong" character of Japanese people. We are in the difficult situation, but we will never give in, nor will the characters of this film.

A high school student Kenji joins Natsuki, his female friend's (in fact his crush's) great grandmother's 90th birthday party in Nagano prefecture. There, he will be in a difficult situation sorting out the problems in the virtual reality world called "OZ".

"OZ" is not only just a virtual reality world but is heavily related to the real world in this film. People's car navigation system is controlled by OZ and people's utility payment is controlled by OZ. Nearly everything is controlled by OZ in fact.

When an evil hacker "Love Machine" started destroying peace and quiet OZ world, Kenji and Natsuki's (and her relatives who gathered in Nagano home to celebrate her great grandmother's birthday) war against Love Machine begins.

This film was made in 2009, but actually there is a great amount of similarities between the situations in the film and those in the real life caused by earthquake aftermath.

Similarity 1: donation from all over the world

Kenji (and his "fellow soldiers") was struggling of attacking Love Machine. Once Natsuki was fighting with Love Machine in Hanafuda (Japanese card game) , she didn't have enough accounts and at that moment, members of OZ around the world donated their own accounts to her to enable her to continue fighting with evil Love Machine. Incredible amount of accounts were exactly like the donations which were collected from all over the world and also within Japan in the earthquake situation.

Similarity 2: Love Machine's vice to try to let the artificial satellite to fall down to the nuclear power station

"Love Machine" was like  "Tsunami" of March 11... No one can stop the nature. Fortunately, in the film, Kenji and his colleagues were able to change the falling direction of satellite and it did not crash into the power station.

At the end of the story, Kenji and Natsuki's family were able to save the world. Each member of the "soldiers" seems so "ordinal". They are just ordinal people. However, quiet and ordinal don't mean "weak". A lot of journalists abroad have been continuously describing Tohoku people's (and Japanese people's) dignity. Yes, I think we are calm people, but at the same time, tough people.

By the way, Natsuki's great grandmother's voice is played by Sumiko Fuji. A great actress and at the same time, the mother of Shinobu Terajima, another great actress who won the Best Actress award for the film "Caterpillar" at the last year's Berlin International Film Festival.

Reviewed by Keiko SASAKI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

映画「トラブル・マリッジ」へのオマージュディナー

ふ~。すごい映画を今見ています。昨日半分くらい見て、今日後半を見る予定ですが、ケイト・ハドソン、オーウェン・ウィルソン、マット・ディロンという豪華三人の「トラブル・マリッジ」という映画です。昨夜見た前半部分でオーウェン・ウィルソン演じるデュプリーが大量にチキンを食べているシーンがあるのですが、今日はそのシーンへのオマージュで、手羽先を煮ました。

Imgp0693

大根と手羽先をごま油でフライパンで焼きました。鍋に移して、水、酒、牡蠣醤油、砂糖、みりん、酢少々を入れ、煮ました。味が濃いのでこういうときは白いご飯・・・というのが普通でしょうが、前世がヨーロッパ人の私。あえてスパゲティと合わせました。

Imgp0690

ニンニク、挽肉、パプリカ、玉ねぎを炒め、生クリームと合わせました。溶けるチーズを少し仕上げに入れて、コクをアップ。隠し味は牡蠣醤油です。紫蘇をのせました。

パンペン、SURIMI(カニカマ)、紫蘇の和え物。

Imgp0691

マヨネーズとオリーブオイル少々で和えました。

ブロッコリーは茹でて、鰹節、塩コンブ、オリーブオイルで味付け。

Imgp0692

塩コンブは味付けに便利です。

Imgp0689

ちなみに、デュプリーは大量のチキンを食べ、「大変なこと」になります。まだ最後まで見ていないのですが、かなり腹を抱える系なので、「トラブル・マリッジ」おすすめです!共演のマット・ディロンですが、アラフォーの方なら、青春の思い出とセットですよね。「アウトサイダー」見て、かっこいいな~とあこがれたマット・ディロンも今や50才ちょっと手前。全然昔と変わらないですね、彼。スリムで、セクシーで!偉い!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

ソーメンチャンプルーで高速ディナー

今日は20分でご飯に挑戦。カッコ良すぎるジョージ・クルーニーの「マイレージ、マイライフ」のレビューを書いていたら、亮一が町田まで帰ってきてしまった!あと20分で何ができる!?ソーメンチャンプルーに決定です。

Imgp0682

長ネギ、パプリカ、油揚げをごま油で炒めました。茹でたソーメンと炒め合わせ、ツナも入れて簡単に出来上がり。味付けは牡蠣醤油です。出来上がりにマヨネーズを少々と、鰹節をかけました。

今日はブロッコリーとささみのオイスターソース炒めと、お味噌汁と共に、シンプルに。ちなみに利尻昆布派です、私は。派手な具がなくても、利尻昆布でだしをとったら、味噌汁がいい感じになると思います。

Imgp0681_2

今日の午後の地震は、かなり焦りました。職場の横浜でこうなんですから、震源近くの方々、どんだけ怖かったでしょうね・・・ 正直「もう嫌だ・・・」とつくづく思いました。どうして何度も何度も揺れるんでしょう。なんとかならないものか・・・

続いてデザート。亮一のお土産です~ どらやき大好きです。

Imgp0680

会社近くで上野の「うさぎや」で名物、どらやきとかしわ餅を買ってきました。自然なやさしいおいしさでした。ちなみに、2枚の生地で餡を挟む現在のどらやきの形はこの「うさぎや」が発祥だと言われていますね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マイレージ、マイライフ」-ジョージ・クルーニーと一緒に出張して、マイル貯めたい-

独身で自分のライフスタイルをかなりしっかり確立して自立している中年男。一年で300日は出張、という生活の中、小さなスーツケースにシャツや小物をきれいに詰め込む旅慣れた男に段々となっていったのだろう。本作でジョージ・クルーニー演じるライアンは、けちのつけようのない「仕事のできる男」だ。

だが、仕事を淡々とそつなくこなし、出張でのマイルも確実に貯め、各地のヒルトンではレセプションに「お帰りなさいませ、ビンガム様」と名前で呼ばれるライアンも、映画後半では妹の結婚や出張先での魅力的な女性との出会いなどから「人と関わる人生もよいかも?」と気づく。気づいてハッピーな未来が見えたあたりで映画が終わると普通なのだが、そこは「JUNO/ジュノ」のライトマン監督。ちゃんと「痛み」も残してくれる。

ライアンの妹役の女優のやや歯並びの悪さ、そしてそばかすを見て、すぐに「乙女の祈り」でやや太めのポーリーンを演じていたニュージーランド女優(メラニー・リンスキー)だと気がついた。前歯に特徴がある人なので!かなりの衝撃。1995年に見たとき、友人ケイト・ウィンスレット(演じる、ジュリエット)と共に、強烈な殺人事件を起こしていたあの子(役で、でであるが)がこんなに普通の役やってる!アメリカ人役だし。「乙女の祈り」の時は、「絶対この子、『性格俳優』になるな、将来・・・」と懸念していた。イメージ的には「大人になったらキャシー・ベイツっぽくなるだろうな」という感じの子だったのだ!!ところがどっこい、普通にかわいらしい女性に成長している。恐ろしいものだ・・・ すごくぽっちゃりしていたのに。

出張先のホテルの朝食をタイトスカート穿いて上司と食べる、とか、イベント会場で首からネームタグをぶら下げて夜のパーティーに飲みに行く、とか、アナ・ケンドリック(「トワイライト」では高校生役を自然に演じていたが、今回は社会人一年生を好演!)演じるナタリーのワーキングスタイルを私も1990年代少しだけ経験した。上司はジョージ・クルーニーではなかったが、楽しくワイルドな日々・・・ だが、現在は久しくタイトスカートも穿いていない(穿くとご飯が食べられない)し、飛行機での出張などもう十年はしていない。今後も多分、ないだろう。ヴェラ・ファーミガ演じるアレックスは、セミ熟女になってもスーツケース一つで颯爽と空港から空港を渡り歩く生活を続けている。これは並大抵ではない。スーツを一日着ていると、異様に疲れるものだ、アラフォー女は。だが、ゆるめの服を着て、ストッキングをはかない生活に甘んじていると、ヴェラ・ファーミガと真逆の方向(どんな方向だ!?)へ否が応でも進んでしまう。時は残酷だ。せめて年に数日はタイトスカートを穿く「ヴェラ・ファーミガDAY」を設けて、摂生したいと思う。とりあえず、若く狂騒的な日々にノスタルジーを覚えて座布団三枚追加!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

余震を避けつつ調理ディナー

今日は久しぶりに洋食です。ご飯を用意している間にもまた余震が・・・ 今日の午後5時半くらいの余震はひどかったですね。帰宅後も揺れがありました。

Imgp0675

大腸ポリープ切除後の亮一も、今日から普通のご飯を食べることができます。急に脂っこいものもよくないので、お肉少なめ、トマト缶多めでミートソースです。

水菜のサラダに油揚げをあぶって「クルトン」風にしたものを和えました。

Imgp0671

揚げとサラダ、合いますよ!

ハンペンと味付けゆで卵、プチトマト、茹でほうれん草を耐熱皿に入れ、溶けるチーズをかけて焼きました。

Imgp0672

消化がよさそうなチーズ焼き。パセリものせました。

Imgp0674

しらすをごま油で炒めて豆腐にトッピング。

ささみはお腹にもよいと思い、紫蘇を挟んで焼きました。

Imgp0673

オーロラソースとカレーマヨネーズソースを添えて。

Imgp0676

これで白ワインでもつけたら最高なのですが、あと1週間お酒は辛抱。炭酸水で我慢しました!昨日は桜を見に近所の公園に行ってまいりました。満開でした。

Imgp0663

「てへ!私も行ってきました!年に一度、お花見の時は外出するの!」

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「悪人」-ずっと役者をやっていくライセンスを得た妻夫木君-

閉鎖的な地方都市での行き場のない男女。本作で、妻夫木聡は整形したのかと思えるほどに、別人の顔で祐一を演じている。深津絵里も、そばかす丸だしで、スッピンに近い状態で「罪と罰」のソーニャのような慈愛の演技で光代になりきる。

見終わった時の第一印象は「救いようがない・・・」の一言だった。ラストの灯台のシーンがあっても、私は立ち直れない。落ち込んだ。一生忘れられない映画だ。妻夫木君は本作で、「一生役者をやっていく『ライセンス』」をもらったはずだ、映画の神様から。

妻夫木君の「ジョゼ虎」でのつるつるほっぺの愛らしさは本作では無い。あるのは、全身で表した弱さ、やるせなさ、行き詰まり感だ。パンツ一丁でお風呂に向かうシーンの姿勢の悪さ、そして情けなさそうな顔。このシーンでは、顔だけではなく、体全体で祐一の悲しさを伝えている。健康そうに見えた、元気そうに見えた妻夫木君には、本当は罪深い過去があるのではないか?と思ってしまうほど、恐ろしいシーンだった。

対する深津も、恐ろしいまでの表現力を発揮する。決して「横浜市青葉区」では買うことができないような、一昔前のタイプの生クリームタップリの大きめなピースの安そうなケーキを頬張るシーン。あの疲れ切った閉塞感一杯の顔で、黙々とケーキを口に押し込む深津の顔は、「一般の疲れ切ったOL」の顔だ。女優の顔ではない。彼女のこのシーンは一番恐ろしかった。(もう一つの印象的なシーンは、紳士服店で試着する客の裸足の足をじっと見る光代のシーンだ。あのシーンをどう分析するかは見る人によって違うかもしれないが、私は孤独な彼女が自分の中の性欲をうすらぼんやりと意識した瞬間を表現したのではないか、と分析する。「男の人の足(靴下を脱いだところ)なんて最近見てないな、この人私の『彼氏』だったら、もしくは『夫』だったらどんな感じなんだろうな?」と数秒の間無意識に妄想したのでなないだろうか・・・そしてその妄想は客の嫁の暴力的な出現で空中にかき消される・・・)

救いようのなさ、と言えばラース・フォン・トリアー監督作品だが、彼に「悪人」のリメイクをしていただきたい、そして、もしリメイクが実現したら、ぜひぜひ見たい!舞台は天気悪そうなヨーロッパの片田舎。純真無垢な瞳をした女優と、決して殺人者には見えない善良そうな俳優を使って。しかし、本作のように、希望的な夕日の中での主役2人の微笑み部分はカットして、「つらさ」「痛み」だけを残す形でお願いします!すごく怖いけど、見てみたい・・・

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

Why don't we go to see SAKURA and not to think of "jishuku" too much!?

Today, we went to "Hanami" (cherry blossom viewing) at a park in our neighbourhood. Cherry blossoms were gorgeous. It's the best moment in my area to see them.

Have you heard of a Japanese term "jishuku"? This term means "self control". Recently, some people are saying that it is not good to have a good time at Hanami party, because people in Tohoku are still suffering from serious situation. Hence, these people are saying that we should think of "jishuku"and try NOT to have a good time too much.

However, I don't think it's a good idea to follow this "jishuku" mood too much. If we, who are able to have a relatively normal life right now, do not spend enough money, eventually economic condition of Japan becomes worse and then money which should be able to move to Tohoku wouldn't be made. In my opinion we should spend the life in a normal way, as much as possible.

Cherry blossoms in Tohoku area will be beautiful in May. I do hope the situation there will be much better then, and people there can enjoy this beauty of nature.

Imgp0658

"Hi! It's me Maki the bear. This blog's URL starts with the phrase "makinoheya". This means "the room of Maki". Hope you are enjoying this blog!"

Keiko & Ryoichi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お腹にやさしいスープで朝ごはん

今日は亮一のお得意、パンのスープです。「pappa al pomodoro」(パッパ・アル・ポモドーロ=「トマトのお粥」)と言われるイタリア家庭料理。冷凍庫に保存していたけれど、かなり時間がたってしまったパンがたまったら作ります。

Imgp0646

冷凍してあったバゲットと食パン、ホールトマト缶、にんにくに水を足してコンソメキューブを入れて煮こみました。塩とオリーブオイル、乾燥バジルで味を整えました。

今日こそは、半熟卵を食べるぞ!と茹で時間を短めにして挑戦しました。

Imgp0645

江戸切子のグラスに入れてみました。

食べてみたら・・・

Imgp0643

半熟だ!これです、これが食べたかったのです!I love soft boiled eggs!!

ほうれん草のおひたしは、洋風にしてマヨネーズ、牡蠣醤油、オリーブオイルを混ぜたドレッシングをかけました。ヨーグルト君も健在です。バナナとともにいただきました。

Imgp0644

先ほど「サンデー・ジャポン」を見ていたら、今日はミッツ・マングローブさんの誕生日とのこと。おめでとうミッツさん!大好きです、知的で。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

わけあって、ノンアルコールディナー(パート2)

今日も亮一の腸をいたわる食事は続きます。圭子は今日は外で用事があり、1日家にいませんでした。亮一が健康的な食事を作っておいてくれてました。ありがたいです。以下、亮一に解説してもらいます~

Imgp0633

ほうれん草のスープです。ほうれん草を茹でて牛乳といっしょにフードプロセッサーにかけました。コンソメキューブと塩、コショーとまた牛乳を足して加熱してできあがりです。

Imgp0637

茹でたメイクイーンとゆで卵とマヨネーズに塩コショーのポテトサラダです。

Imgp0635

上の写真は「簡単グラタン」です。圭子と亮一のコラボです。亮一があらかじめささみと玉ねぎとキャベツを少量のニンニクとオリーブオイルで炒めておいてくれました。圭子はそれをグラタン皿に入れ、牛乳を注ぎ入れ、溶けるチーズ、パン粉をのせてオーブントースターへ。焼き目が付いたらパセリのみじん切りをかけて、皿に熱しました。

Imgp0636_2

これは、簡単なので帰ってから圭子が作りました。絹ごし豆腐にSURIMI(カニカマ)をのせ、オリーブオイルと牡蠣醤油を少々かけたものです。

Imgp0632

桜が綺麗に咲いていますね。花見は自粛、というのはあまりgood idea とは思いません。明日は選挙の帰りに近所で桜見てこようと思います!

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

わけあって、ノンアルコールディナー

今日は亮一は病院で検査でした。(詳しくは亮一が後でレポートします。)ご飯の紹介です。今日はお粥です。炊飯器で亮一が全粥を作ってくれていました。あとは、茹でブロッコリー、しらす、青のり、茹で卵です。豆腐とハンペンも食べました。豆腐はオリーブオイルをちょこっとかけて、牡蠣しょうゆをその上に垂らして。ハンペンは少量のバターで焼きました。ちなみに茹で卵は、お粥に合わせるために「半熟」を目指していたのに、ちょっと油断をしているうちに固茹で卵になってしまいました・・・半熟っていつも失敗する!コツをつかみたいです。

Imgp0624_2

亮一です。健康診断で要再検査の結果がでたため、今日は大腸がんの内視鏡検査です。その結果、小さな良性のポリープがみつかり、検査中に切除されました。今日から3日間は今日のような軽い食事です。そして、お酒に関しては、今日から10日間ほど飲めません。自分の目で自分の大腸の中を見るという「ミクロの決死圏」のような体験でした。痛くはないので皆さんも再検査の場合は内視鏡検査を受けることをおすすめいたします。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

うちの息子「ヨーグルト君」を紹介します!

今朝亮一が1000mlの牛乳パックに「森永ビヒダス」(やっとのことで見つけて買ったプレーンヨーグルト。大事に種にしました!)をよく混ぜてヨーグルトメーカーに仕掛けて出勤しました。今帰ってきた圭子はヨーグルト君の無事の誕生を確認しました!

Imgp0622

「こんにちは!はじめまして!僕、『ヨーグルト君』です!今日が誕生日。皆さんよろしくね!」

冷蔵庫で今すやすや眠っています。明日の朝食べます~

圭子&亮一

P.S.

「glee/グリー 踊る♪合唱部!? 」ってアメリカのドラマ見てますか?レンタルでDVDを借りてきてすっかりはまっている私達です。キャラクターの中に「Jesse St. James (ジェシー・セントジェームズ)」というイケメン役がいて、ものすごく、ものすごくかっこいいのです・・・Jonathan Groff という俳優が演じているのですが、もうそれはそれは素敵で・・・ 一番最近見た回で、昔懐かしいボニー・タイラーの「愛のかげり」を彼とレイチェル(役の子)がバレーを踊りながら歌うシーンがかなり美しくて、もう巻き戻して(DVDなので巻き戻しているわけではないのですが・・・)は繰り返し見て、一緒に歌って・・・ ああ、この回のジェシー素敵すぎ。一緒に歌いたい・・・ 一回でいいから、デートしたい・・・ でも調べたらJonathan Groff 氏、ゲイ、とのことでした。残念です。(圭子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

少しは自粛解除ディナー

今の状況で過度の自粛は誰のプラスにもなりません。普段に近い形のディナーをすることが一番と思いオージービーフを買いました。結構筋があり、事前の下ごしらえがもっと必要でしたが、味はとても良かったです。

Imgp0617

塩コショーを振り、エシャレットとすりにんにくで味を整えました。

大根のスライスをステーキ風に焼き、トマト、パセリ、塩昆布(!)をオリーブオイルで和えたドレッシングをかけました。

Imgp0618

塩昆布とオリーブオイルが妙に合いました。

昨日のトマトソース(ツナ入り)を少し残しておいたので、ハンペンにかけて、チーズものせてオーブントースターで焼きました。

Imgp0619

ハンペンがふんわりして口当たりがよいです。(今日の固めのステーキと、よいコントラストでした!)

今日はちょっと奮発して2003年のVENTA REAL GRAN RESERVA と合わせました。テンプラニーリョ種です。スペインのワインなのですが、エチケットに印刷されている紋章のようなものが、「メディチ家」のそれと少し似ている・・・と思いました。今日は疲れていましたが、2人で協力してご飯を作り、大満足でした!

Imgp0616

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作りヨーグルトで朝ごはん

先日買ったヨーグルトメーカーで初めて成功した回の記念すべきヨーグルトです。

Imgp0611

バナナと蜂蜜とともに、いただきました!「ヤスダヨーグルト」の「ドリンクヨーグルト」という商品を種に使いました。牛乳によく混ざり、大成功。出来上がりは、市販のプレーンヨーグルトよりややゆるい感じですが、味はちゃんとヨーグルト!今後も作ってみます。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

週明け控え目Dietディナー

月曜は、ストレスなので、パーっといきたいところですが、ここは控え目に地味飯でスタート。

Imgp0605

これまたヘビーローテーションの高野豆腐アンド麩です。高野豆腐と車麩をチキンコンソメのスープでもどし、小麦粉を水で溶いた液にくぐらせてカレー粉・粉チーズ入りパン粉をつけて、オリーブオイルでこんがり揚げました。

フライパンでニンニクを炒めます。そこにツナを入れて炒め、トマト缶・冷凍グリーンピースも入れてローリエと共に煮ます。簡単ソースが出来上がり。茹でた蕎麦に和えました。

Imgp0606

蕎麦とトマトソース、なかなか合いますよ!

今日は軽めディナーなので、缶チューハイで乾杯!明日も乗り切りましょう~

Imgp0604

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

Sunday ディナー

圭子です。なんだか体調がすぐれないので、ご飯どうしようかな・・・と悩みつつ、なんとか簡単でおいしいディナーを作ることができました。

鶏肉と先日亮一が買ってきたちりめんキャベツ、そしてズッキーニと新玉ねぎをチキンコンソメとトマト缶で煮ました。

Imgp0600

いやあああん!鶏肉がほとんど見えない!盛り付けに失敗。ちゃんと鶏肉も入っていましたよ。

アスパラ、インゲンを挽肉・ニンニクと炒め、オイスターソースで味付けしました。挽肉は冷凍保存しておいたもの。

Imgp0599

オイスターソースって何もないときに力を発揮します。急に「陳健一」風に!?

今日もチリの赤ワインSANTIAGOに合わせました。このブログでかなりのヘビーローテーションのワインですが、丸紅さんが輸入のワインです。ワンコインですが、この価格でこんなに満足できるの!?と毎回感謝感謝のワインです。

Imgp0598

今日はSundayディナーでした。明日からまた新たな週が始まります。いろいろあると思いますが、皆で乗り切りましょうね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メグ・ライアンの恋の取扱説明書」-ラブコメというよりブラコメ!?-

メグ・ライアンの綺麗な横顔、そして、コミカルな雰囲気に体中ガムテープで縛られたティモシー・ハットンの姿をDVDジャケットで見て、久々に「ラブコメ」でも見よう!とレンタルした本作だが、コメディはコメディでもかなりのブラック・コメディ作品だった。

映画出だしの部分で、サングラスをかけ髪をアップにして忙しそうに携帯で部下に仕事の指示をしているシーンでは、往年の頃のラブコメ女王の風格が残っていた。このトーン(キャリアウーマン、でも恋には不器用で可愛い)の路線でいくかと思えば、映画は不思議な密室劇の世界に入っていく。

中年夫婦のルイーズ(ライアン)とイアン(ハットン)は週末の別荘で落ち合う。青天の霹靂だが、ハットンは他に好きな女性ができていて、ルイーズに別れを申し出る。しかし、離婚を絶対に阻止したいルイーズはイアンを監禁する、ガムテープで体を椅子に固定して・・・ そこからが、ほとんどのシーンでハットンはガムテープ縛られ状態だし、ライアンは「何としてでも私への愛をもう一度思い出させてやるわ!」と意地になる姿。可愛いラブコメではなく、一種「ミザリー」を彷彿させる密室拷問劇だ。

椅子にずっと縛られていると「call of nature」の問題が出てくる。後半はハットンはトイレの便器に固定され、そこでライアンから「よりをもどしましょうよ」的アプローチを受けるはめに。そこで一つ感じた点。これが日本の家が舞台だと、トイレで映画のシーン(複数の出演者を同時に存在させて)を撮るのは絶対に無理なので、さすがアメリカは空間に余裕があるな、という点。トイレ、バスタブ、洗面所が一室になっているケースが多い欧米ならではだ。洋式トイレだ、という点も、この映画を成り立たせることの助けになっている。ハットンが縛り付けられ(便座に、だ)、そのハットンにメグ・ライアンがもたれかかり、そんな二人は結婚式の時のスライドムービーを見て「ほら、私達こんなに楽しそうだったじゃない・・・」とかやっている。和式トイレの設定では難しいであろう。

最後まで見ると、メグ・ライアン(が演じるルイーズ)に、恐怖すら感じる。いろいろあったけど、夫婦はやはり仲直りして、幸せな余生を過ごしました、というストーリーの方がメグ・ライアンには似合うと思った。

現在ライアンはアラ・フィフだ。もう、「恋人たちの予感」や「ユー・ガット・メール」のような設定の役はできないだろう。彼女に魅力がなくなったからではなく、人生には年齢によって、適した役とそうでない役があるからだ。ドヌーヴが「シェルブールの雨傘」でジュヌヴィエーヴを演じたのは20歳の頃だ。ああいう役は、あの頃のドヌーヴだから成立したわけであり、「ポーラX」のとき、50代後半のたれかけた乳をあらわにした、ギョーム・ドパルデューの母親役は、やはり、あの頃のドヌーヴだから成立したのである。今のメグ・ライアンが魅力的に感じるような適役に恵まれてほしい。今回の役で、元気にギターを抱えて(トイレで、監禁した夫の前で)必死になって歌う彼女を見て、「彼女を『生かした』役をやらせてくれよ!」と怒りすら感じた。いい女優なので、もったいない。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ça va? 鯖!で朝ごはん

鯖の一夜干し真空パックを買ってきました。亮一がグリルで焼いて、魚ご飯です。シイタケと大根の味噌汁、炊きたてご飯、めかぶと共にいただきました。

Imgp0593

鯖最高。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

健康を意識した魚中心ディナー

桜の花見が自粛しがちですが、いかがなものかと思います。、むしろ昼間の花見はおおいにすべきだと思います。電力に影響が少ない場合、娯楽も普段通り行うことが大事だと思います。今日は健康を意識しつつ魚中心のディナーです。

Imgp0590

まぐろのサクを塩コショーでソテーしました。ソース用にいっしょにすりにんにくとエシャレットを入れて、オイスターソースを加えました。サクは中はレアになるようにしました。

Imgp0591

まぐろと同時にしいたけ、ズッキーニを炒めたものです。盛り合わせは別の皿にしました。

Imgp0589

加熱用の牡蠣を片栗粉ではたいてバターでソテーしました。

Imgp0588

シンプルにアーリオオーリオペペロンチーノです。

Imgp0587

牡蠣の右横は、圭子の力作、帆立のカルパッチョです。ベビーリーフと「ピッコラカナリア」というオレンジ色のトマトをオリーブオイル、蜂蜜、かき醤油、塩、こしょうで作ったドレッシングで和え、その上に同じドレッシングで和えた帆立の刺身をのせました。今日はFRASSINE SOAVEと合わせました。亮一力作まぐろソテーなど、魚系と非常に合う白でした。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーグルトメーカー到着!朝ごはん

注文していたヨーグルトメーカーが配達されました!早速パックの牛乳にヨーグルト菌を入れて、セットしました。8時間ほどでヨーグルトに変身するそうです。期待して待ちつつ、朝ごはんです。

付け合わせのうどんは、冷凍うどんと、冷蔵庫の残り野菜、麩など具だくさんにしておいしく作りました(by亮一)。

Imgp0580

冷凍うどんっていつでも本格的な味で楽しめます。

今日のメインは卵かけご飯です。たまに食べたくなるんですよね・・・ 卵をパックで買ってきた翌日にいただくことが多いです。卵かけごはんの時は、一口目は「卵オンリー」で、ふた口目は卵液の中に納豆を混ぜて「卵納豆」で、というのが私(圭子)のポリシーです。うふ!

Imgp0579

亮一&圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

麩のどんぶりディナー

今日はなんやかんやうまくいかない日でした・・・ 自分が嫌になってしまい、もう何も食べる気がしない、料理もしないぞ、とふてくされていたのですが、やはりお腹がすいたので、一番自分が好きなものを手っ取り早く作ることにしました。「親子丼」です。鶏肉は在庫がないので、麩で作りました。

Imgp0576_2

小さい麩なので、水でもどさず、だし汁(かき醤油、酒、砂糖、水)に直接入れました。玉ねぎは新玉ねぎだし、すぐに煮えて、簡単丼です。卵はあまりかき混ぜず、箸で1、2回溶くくらいの方がおいしくできますよ。スナップエンドウと豆腐の味噌汁(by亮一)と共にいただきました。亮一は味噌汁名人です。甘辛いだしのきいた丼と、うまい味噌汁で、元気を取り戻しました。食に乾杯。

大学のときのイタリア語の先生Giorgio Amitrano氏は、吉本ばななの「キッチン」とか春樹の「ノルウェイの森」のイタリア語翻訳をしていて、イタリアに日本の文学を深く浸透させた方です。先生、日本長かったし、今回の津波・地震のことをイタリアから発信していないかな、と調べたら、新聞に記事を書いていました。とても長い記事を。Il Manifesto(「イル マニフェスト」)という新聞です。ネットで見つけた記事のリンクを貼ります。コメントをしている人もたくさんいます。イタリアでも注目されているのでしょうね。世界が見守っています。乗り越えた私達の姿を見せましょうね。

http://www.ilmanifesto.it/archivi/commento/anno/2011/mese/03/articolo/4323/

記事の最後には、映画「サクリファイス」のラストについて書かれていました。父親が家を焼き払ったあと、枯れた木に息子が水をやる印象的かつ希望的なシーンについて触れながら、日本の暗闇の中にも、光が見える、といった締めくくりの記事です。本当に、光、一日でも早く、見えますように。(記事を見つけて興奮したままコメントを送信してしまった私。つづり間違えてそのままコメント送信してしもうた・・・イタリアで笑ってください。アミトラーノ先生よ・・・) 「サクリファイス」、学生の頃見ました。タルコフスキー監督作品。若いころとは違う感想を持つと思うし、また見てみようと思います。

Imgp0575_2

Coraggio giapponesi!(日本人みんなで頑張ろうぜ!)

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »