« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

パスタに味噌を入れてみましたディナー

以前向井理君が生クリームと味噌が合う、と言っていました。ほんとかな?と思い、今日は生クリームベースのパスタに隠し味に味噌を入れました。合います!向井君の言うことは、今後も信じていきます。なぜなら、彼が、好きだから。

Imgp2240

にんじん、ひき肉、ベーコン、ニンニクを炒め、生クリームと味噌を入れ、簡単に出来上がり。ゆでたスパゲティと合わせました。

パスタソースに入っているにんじんのみじん切りは、下の写真の、ズッキーニとにんじんの蒸し焼き(粉チーズ味)のにんじんの周りの部分を切って使いました。型抜きをした後、周りの部分が残りますよね。みじん切りにしたら問題なし。

Imgp2239_2

イギリスではズッキーニのことを「クジェット(courgette)」と呼んでました。

今日のカプレーゼはバジルがなかったので、紫蘇を使いました。

Imgp2237

紫蘇もモッツァレラに合います。

メインはカルビ肉ミラネーゼです。

Imgp2238

疲れた時は肉ですね。

肉には赤ワイン。今日は1000円ジャストのボルドー。Château Tour Sauvalade 2009です。

Imgp2235_2

家でワインを飲むのはほぼ1週間ぶり。ここんとこ、尋常じゃなく帰るのが遅かった圭子と亮一でした。久々の家でごはんです。

Imgp2236_3

最近は、夜遅くまで職場にいて、気持ちも疲れ切っていて、パワーがなくなってしまい、外食とか、買ってきたものを食べる、とか、が続いていました。本当に、久しぶりに材料を買ってきて、家で料理できました。よかったです。生き返りました。

鎌倉ニュージャーマンのケーキ2種。新横浜のキュービックプラザにいろいろスィーツの店が入っていますが、ひそかに鎌倉ニュージャーマンを溺愛する私です。

Imgp2242

ゆっくりとした週末を過ごせますように!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

「権八」風焼き鳥ディナー

またまた疲れきった二人です。

出来合いの焼き鳥プラスアルファのつまみで気分は「権八」です。

Imgp2228


シイタケのソテーとルッコラのサラダはシンプルに作りました。(圭子:今日はパワーないから、なんも作れません・・・ 焼き鳥うまい!)

Imgp2227


デザートは「クローバー」のチョコレートケーキとショートケーキです。

疲れた時は甘味は大事ですよね。

話題は急に変わりますが、二人とも秋服が不足しておおわらわです。(圭子:そうですね。急に涼しくなったからね。)

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

食彩の王国に影響をうけて、ひき肉ディナー

「食彩の王国」で先日「ひき肉」がテーマでした。その番組で料理研究家の村上祥子さんがハンバーグを紹介していました。お子さんが野菜が苦手で、ピーマンやにんじんをすりおろしてひき肉に混ぜてわからないように入れていた、というエピソードを紹介していました。そのハンバーグがあまりにもおいしそうだったので、にんじんもピーマンも大好きな私たちですが、まねっこしてハンバーグ作ってみました。

Imgp2223

にんじんはすりおろし、ピーマンはみじん切りにしました。玉ねぎのみじん切りとともに、合いびき肉に混ぜて、パン粉、牛乳、そしてナツメグ、ウスターソース、塩コショウを入れて、よく混ぜて焼きました。ハンバーグを焼いた後のフライパンに水、ソース、ケチャップを入れ、煮詰めてハンバーグにかけました。付け合せはゆでたにんじん、三重県産の大黒本しめじです。野菜をハンバーグに混ぜ込んだら、子供も絶対食べられると思いますよ。ピーマン嫌いな子には、ぜひお試しを!

ジャガイモ(インカのめざめ)をゆでて、コーン、キュウリを混ぜてマヨネーズとオリーブオイルで和えました。

Imgp2221

今日の炭水化物はこのジャガイモです。

シーザーサラダ風に、ベーコンの炒めたのをのせました。マヨネーズにはおろしにんにくを入れて、味を複雑に。トッピングはゆで卵と砕いたアーモンドです。

Imgp2222

今日はオーストラリアのTatiara  に合わせました。明日からまた仕事。来週は勝負の一週間です。乗り切れるよう、祈るしかないです。

Imgp2220


圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ガリバー旅行記」-美しいブレナムパレスよ永遠に。-

アイルランド作家スウィフトの原作「ガリバー旅行記」は、子供のころに「子供用」に書き直された本で読んだきりだった。子供版の本では、記憶の中ではだが、小人の国にガリバーが漂流してたどりつき、そこで、浜辺でひもでぐるぐるにまかれているガリバーの挿絵があったような気がする。実はこの本は風刺が満載であり、なおかつガリバーは「日本」にまで来ていた、ということを知ったのは最近だ。ジャック・ブラックの本作「ガリバー旅行記」では、小人のリリパット国でのエピソードがメインで、ほんの少しだけ巨人の国での様子が描かれる。

新聞社に勤めるレミュエル・ガリバー(ジャック・ブラック)は、メール係。記者にあこがれているが、現実は各部署に郵便物を届ける役目だ。今朝入ってきた新人メール係が夜には自分の上司になってしまうという悲劇も味わう。旅行記者になれるのはいつの日か・・・ そんな彼はダーシー(といっても「高慢と偏見」のダーシー卿のように苗字ではなく、ファーストネーム。ダーシーって女の子の名前は初めて見た)に恋をしている。ダーシーは旅行記者だ。彼女に依頼され、バミューダに取材旅行することになるガリバー。これこそチャンス到来!

そこからが、「ガリバー旅行記」だ。バミューダトライアングルで嵐に遭い、遭難。たどりついた場所が、リリパット国、ということになる。この、前半部分の「リリパット国でのガリバーの活躍」の部分は、本当によくできている。楽しい。リリパット国のメンバーも味がある。お姫様役に、エミリー・ブラント。この人、大好き。いるだけで映画が引き締まる若手俳優だ。「サンシャイン・クリーニング」ではエイミー・アダムズの妹役を演じていた。汚れ役である。汚れ役もやれば、お姫様もやる。「プラダを着た悪魔」では、ちょっと嫌な女の役もやっていた。(女優っていいな・・・ 普通の人生を送っていたら、そんなにキャラをころころ変えるわけにもいかない。現場によって別の人間を演じ分けるって、気持ちいいだろうな。)そして、お姫様の婚約者のちょっと変な将軍役にクリス・オダウド。「パイレーツ・ロック」という名作に出ている味のあるアイルランド人俳優だ。

だが、後半の、ガンダムみたいな、トランスフォーマーみたいなロボットを使った戦いのあたりから、やや「ドタバタ」色が濃くなり、「内容」が薄くなってしまったような気がする。あの現代的な機械を前面に出した演出により、「リリパット国」のレトロさが失われ、何がなんだかわからなくなる。途中のミュージカル仕立ての演出も、前半とムードが違い、不自然さを感じた。

リリパット国の撮影は、英国オックスフォードのブレナムパレスで行われたとのこと。この美しい宮殿、チャーチルの生家の館だ。世界遺産である。昔オックスフォードに半年住んでいた際、行こうと思えば行ける距離であるのに「ま、いいか」と行かなかったことを本当に後悔する。この宮殿で数多くの映画(キューブリックの「バリー・リンドン」やティルダ・スウィントン主演の「オルランド」など!)の撮影が行われていたことを知ったのは、帰国後だ。こういう美しい宮殿が美しいままで保存されている英国。今後もたくさん華やかな時代劇を作ってほしい。

ジャック・ブラックは「ナチョ・リブレ」のときに比べて、ものすごくスリムになっている。大丈夫か!?ジャック!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (1)

しまほっけで朝ごはん

しまほっけの干物を亮一が焼きました。昨日の炊き込みご飯の残りをチンして朝ごはんです。

Imgp2214

しまほっけの身が柔らかいので、グリルから出すときに崩れちゃいました!

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

Red spider lilies are in season now! 曼珠沙華を見に行きました。

今日は大和市にある常泉寺に行ってきました。小田急線の「高座渋谷」駅から歩いて行きました。

このお寺、季節ごとにきれいなお花が楽しめるすてきなお寺なんです。今は曼珠沙華の季節。あの赤い花、独特の雰囲気ありますよね。

Imgp2206

咲いてました~まだまだ今後も咲きそうです。地面からアスパラのようににょきにょき出ていました。

Imgp2205

本当に、きれいです。曼珠沙華。

Imgp2198

黄色い曼珠沙華も!

Imgp2207

珍しい、白い曼珠沙華もありました!

そして、このお寺には、あの「せんとくん」で有名な籔内佐斗司氏の作品も見ることができます。

Imgp2204

「やもり」のオブジェ。かわいいですね!

境内には、数多くのカッパの像があります。どれもこれも、愛らしいんです。

Imgp2199

ほぼ二頭身です。This stone statue of "kappa" is soooo lovely.

Dscn1021

なにやら書き物をしているまじめなカッパもいます。

Imgp2202

振り向くと、そこに、河童が。本当にいたるところに!

他にも、石仏がたくさん。夫婦の石仏もいました。

Dscn1022

仲良しですね!

こんな子もいます。

Imgp2197

丸顔です。やさしそうな顔ですね!

You can enjoy beautiful red spider lilies at Josenji Temple (Yamato city). There are not only flowers but also lovely Buddhist statues. Why don't you visit this interesting temple?

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小栗旬風鍋でディナー

「ほんだし」のCMで小栗旬君が白菜と豚バラの鍋を作っているの、ありますよね?急に涼しくなり、あの鍋をまねして作ってみました。(それにしても小栗旬が鍋を作って待っていてくれるなら、残業してクタクタになっていても、笑顔で帰宅できそう!妄想してしまいます。一家に一人、小栗旬。)

Imgp2195

豚肉、白菜、そして油揚げ(「鎌倉小町」の一味入りのスパイシーな油揚げ)、ニンニクを重ねるようにして鍋に入れ、コンソメキューブ、昆布、水少々で煮ました。小栗君がCMで作るようにミルフィーユのように断面がきれいになるようには作れなかった!あれは技術が必要ですね。でも味は最高。ゆずこしょうつけて食べました。

Imgp2192


おいしそうでしょ?簡単に作ったのに本気でおいしい。

炊き込みご飯は、市販の釜めしの素に、にんじん・油揚げを足して作りました。

Imgp2194

にんじんは、炊飯器でごはんと一緒に炊くと、なんでこんなに甘くなるんでしょう?ちびっこもびっくりしそうです。「ママ、僕にんじん大好き!」って。

Imgp2193

秋ですね。急に涼しくなったので、今日から長袖です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イクラ丼で朝ごはん

おいしそうなイクラの醤油漬けが売っていました。今日はイクラ丼にしてみました。

Imgp2166


イクラが足りない!イクラだけではご飯を覆うことができない!急きょ鮭のフレークものせ、「親子丼」にしました。卵黄ものせました。

「白身」の方は汁ものに入れました!

Imgp2165


昨日は「キングオブコント2011」を見ていました。私としては「TKO」が前半も後半も安定した笑いを提供してくれた気がしました。木下隆行。本当に安定している・・・ 「ポーランドに行きたかったんだ!」が最高でした。それにしても、人を笑わせるのって、泣かせるよりも難しいことだと思います。漫才やコントのネタを考える人を尊敬します。すごい才能だと思う。

Imgp2164


今日は大和市のお寺に曼珠沙華を見てきます。ご期待ください!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

お彼岸の日の秋ご飯

今日は秋らしい食材でご飯にしました。

秋は鮭。バターソテーにしました。舞茸とオクラも一緒に。

Imgp2159

「鮭」の漢字には「圭子」の圭が入っているので、他人事ではありません。鮭、大好きです。

タコのガリシア風も作りました。

Imgp2158

本来タコのガリシア風はパプリカの粉をかけるみたいですが、なかったので、サイパン産の唐辛子を振りかけました。

サラダは、今朝もいただいた「ぜいたくトマト」をトッピング。

Imgp2160

トマトの上には塩昆布。オリーブオイルをたらしました。

パスタはカッペリーニ。aglio olio e peperoncino をベースに、長ネギもいれました。

Imgp2157

忙しいときにカッペリーニは本当に便利。2分くらいでできちゃいます。

もう一つ、秋らしい食材。サツマイモです。

Imgp2156

レモンと砂糖で煮ました。デザートです。

今日はSUNRISE Brut と合わせました。

Imgp2155

明日は曼珠沙華を見にどこかに行こうと思います。お彼岸なので。

圭子&亮一



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぜいたくトマト」、ものすごく甘いですよ!

今日は会社行かないといけない・・・体がものすごく重いです。せめて朝ごはんは優雅に。

「ぜいたくトマト」というフルーツトマトです。

Imgp2148

ものすごく甘い!!フルーツみたいです。

今日はミルクティー、目玉焼き、神戸屋のパン、などなど。

Imgp2147


目玉焼きの黄身がくずれてしまった。伊丹十三氏のエッセイ「女たちよ!」にも目玉焼きの食べ方に関する箇所があります。皆さんは目玉焼きの「黄身」をどう扱いますか?つぶしてパンなどにつけて食べる?周りの白身を先に食べて、最後に黄身をつぶさないようにすくって食べる?私は黄身をつぶさないように大事にとっておき、最後にフォークですくって、ぱくっといきます。でも、この方法、なんとなく人前ではちょっと恥ずかしいので、友だちと旅行に行って朝ごはん一緒に食べるときなんかは、あえて黄身を何にも意識していないふりをして、くずしちゃったりします。この複雑な心理に関し伊丹氏も詳しく書いていて、読んだとき感動。黄身へのポリシーに関し、ここまで書くか?という感じ。このエッセイむちゃくちゃ面白いので何度も読んでます。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

明日も出勤か・・・それならば肉を食おう、ディナー

圭子は最近異様に長い時間、仕事場にいます。朝8時すぎから夜8時ごろまで、ずっと、ほぼ毎日。だんだん、自虐的になってきます。こんなに痛めつけて、なにが楽しいの?と。私がもし企業の経営者なら、もし毎日遅くなっている社員がいたら、タイムカードなどでわかるだろうし、仕事の割り振りなどを考え、組織をリストラクチャーします。そして、どうしても毎日遅くなるほどに働かないといけない状況が発生してしまうときは、目があったときに「毎日頑張ってくれててありがとう。Keep up the good work!」と、ねぎらいます。絶対に。しんどいけど、感謝されていると思えば、頑張れるもの。特に女性は。そう思いませんか?私は外資系で働いているとき、アメリカ人の上司がよく、"Keep up the good work." とフィードバックしてくれました。おだてりゃ、女は頑張るわけですよ。なのに、こんな状況になっていることを見て見ぬふりをしている我が経営者。反面教師ですが、絶対ああいう人にはなりたくないな、と本気で思う。経営者になることは、たぶん一生ないけど、あんな人間に、わしはなりたくないぞ!

というわけで、まったくもってオーバーフローの圭子は明日も会社に行ってきます。右腕がパワポの操作のしすぎでおかしくなっていますが、行かざるを得ない。せめては、ランチでうまいもんを食べて、「いい週末」を楽しみたい。

今日は出張で留守をしていた亮一も帰ってきて、ステーキでディナーです。

Imgp2144


「ブーケレタス」というレタスをジャコ、ドレッシングで和えて、付け合せに。ステーキはいいですね。

Imgp2143

今日はChateau des Illarets と合わせました。コンビニで売ってます。ジャック・ブラックの「ガリバー旅行記」を見ながらのご飯でしたが、なんとなく、いつもよりジャック・ブラックが痩せているのです!普通の人みたいに!(失敬)オックスフォードのブレナム・パレスで撮影されたみたい。

昨日は台風で大変でしたね。電車が動くまで時間つぶしに残業して、夕飯も駅前で食べちゃいました。亮一も電車が動くまで仕事をして調整していたそうです。帰宅難民にはならなかったけど、最近自然の災害が大きくなっていて、気になります。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

トマト煮込みディナー

今日は亮一は仕事でした。遅めですが、チキンのトマト煮込みでディナーです。

Imgp2139

鶏の手羽元、ズッキーニ、玉ねぎ、にんじん、マッシュルームをオリーブオイルで炒め、トマト缶、コンソメキューブで煮ました。ローリエ、乾燥ディルも入れて、味に深みを。ジャガイモも入れましたが、今日は「インカのめざめ」という黄色いジャガイモです。

ああ、連休が終わってしまいます!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

How Soon is Now? (The Smiths)

スミスの「How Soon is Now?」は、1985年にリリースされている。当時私は田舎に住む高校生だった。この曲はアルバム、「Meat Is Murder」に収録されている。

今思えば、若くて希望しかないであろう、15歳から17歳の間、私はなぜか、スミスがないと生きていけないような絶望感あふれる学生だった。「Meat Is Murder」の中でも、この、「How Soon is Now?」は、とびぬけていて、6分以上、という長さにも関わらず、この曲ばかり繰り返し聞いていた。

とにかく、絶望的なトーンの曲である。歌詞の内容も、誰かの愛を求め、それがかなわないと知った時、死を考える、といった、どうしようもない内容なのだ。

高校の頃、初めて真剣に死ぬことを考えた。本当に、青春の悩みなんて、今大人になって社会に出て、不条理の嵐に襲われる毎日を過ごしている現実を考えると、「なんて甘っちょろい、贅沢なものだ!」と思いがちだ。だが、当の本人は、その瞬間しか生きていないし、その瞬間の悩みは当人にとっては、生きるか死ぬかの問題なのである。17歳のころは、「若きウェルテルの悩み」や高野悦子、奥浩平、ジム・モリソンにはまっていた時期であり、年をとるまで生きることは汚い、とすら思ってしまい、考え方がやや独特な生き方をしていた。そんな時期、なんとかこの世に私を引き留めてくれていたのが、「How Soon is Now?」だった。

あれから四半世紀たち、高校生のころ憎んでいた「大人」と言われる年齢に自身もなった今、できればこの世がすべて焼き尽くされて、会社に行かなくてもいい、というシチュエーションにならないかな、と思うような朝は、決してポップな曲ではなく、「How Soon is Now?」をエンドレスで聞かないと、出勤できない。四半世紀たっても私の生き方・考え方は全く変わっていないし、モリッシーとジョニー・マーは、いまだに私の中では神なのだ。

Youtube にて、2006年のオランダ「Pinkpop」でのライブ映像を見ることができる。蝶ネクタイをしたモリッシーが、CDの音かと思うほどの完ぺきな音程で、「How Soon is Now?」を歌う。人生を諦めそうな私たちのために、モリッシーは神々しくも優しく歌い続ける。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんま朝ごはん

さんまはやっぱりシンプルに塩焼きが一番かもしれませんね。今日は亮一がグリルで焼きました。

Imgp2136

うますぎです。1匹をシェアしましたが、一人1匹の方がよかったね。

三連休最後です。今、道端ジェシカがイスタンブールを紹介する番組をやっています。ああ、イスタンブール行きたくなります。飛んでイスタンブール。1995年に、当時住んでいたイギリスから、友達が住んでいるイスタンブールに遊びに行ったことがあります。1週間イスタンブールを堪能しました。当時商社勤めでイスタンブールに勤務していた男友だちが、毎日付き合って、ガイドのようにいろいろ一緒にまわってくれて、本当に楽しかった。食べ物も最高だし、歴史的なこともあり、親日家が多く、心地いい気分でずっといられる場所でした。たまたま一人ですごしているときに、すごくきれいな若い学生さん風の女性が銀行までの道を教えてくれたとき、ずっと私の腕を組んで目的地まで連れて行ってくれる、という経験がありました。親日家だったのか?よく覚えています。その商社の友人は、学生のときバンド仲間でした。彼のマンションの大家さんの家にごはんに招いていただいたとき、彼がギターを弾き、私が日本の歌を歌う、みたいな「余興」をパフォーマンスする、とかむちゃくちゃ楽しい瞬間もありでした。ガラタ塔にあるレストランでベリーダンサーと一緒に踊る、とか・・・ 死ぬまでにもう一度行きたい街です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アラビアのロレンス」-可能なら、映画館で見たい-

恐ろしいほど、どこまでも続く砂漠の中、ラクダに乗ってゆっくりと進むロレンス。小さな液晶テレビでDVDで見ても感動するが、可能なら大きなスクリーンで見た方が絶対によい作品だ。

T.E.ロレンスは、第一次世界大戦中、トルコの圧政からアラブを解放するべく、イギリス軍から派遣される。慣れない砂漠の生活で、ロレンスばかりがかなり「しんどい」役目を背負うことになる。過酷だ。水も限られた量しか飲めないし、アラブの人たちの信頼を得るようになるまでも時間がかかる。もともとロレンスはオックスフォード大学ジーザス・コレッジ出身。実際の身長は165センチだったとのこと。決して映画の中のような、ゲリラ戦、ラクダで走り回る、などのアクティブなことが得意なキャラクターではなかったはず。過酷だな、と、見ていてかなり同情してしまうシーンもある。

それに比べ、カイロのイギリス軍のメンバーの、「他人ごと」状態と言ったら、腹立たしいほど。バーで酒を飲み、庭ではチェスをして、快適な生活をしている。ロレンスに、七面倒くさいことを全部任せて、「ああ、早く母国に帰って温泉でも入りたいな」的な発言をしている。そんな彼らを見ていて、さらにロレンスに同情してしまう。報われないな、と。

映画の前半は、徐々にアラブの部族たちの信頼を得ていき、英雄的存在になっていく、「上向き」のロレンスを楽しむことができる。かなりしんどい立場であるし、できればカイロに戻って楽な状態で働けたら、と何度も考えただろうが、責任感の強い彼は、周りのアラブ人たちの好意的な態度にだんだん気持ちよくなっていき、「俺がやらないで誰がやる」といった精神になっていく。だが、後半は、結局イギリス軍側に自分は利用されてたんだ、ああ、むなしい、という挫折感もひしひしと味わっているロレンス、トルコ軍につかまって、(暗示的シーンだが)レイプされてしまうロレンス(その後彼は人が変わったようになる)、頭がちょっとおかしくなったように、がんがん人を撃つロレンス、といった、「下向き」のロレンスを目の当たりにすることになる。

映像、音楽ともに、完ぺきすぎるほど完ぺき。しかし、ロレンスの姿はまるで、会社でいやなことを要領のいい人に押し付けられ、逃げたくなるけど、責任感が強くて、断りきれず、無理して無理してこなして、最終的にうつ病などの病気になってしまい、過労死してしまったり、社会からはみだしてしまったりするシチュエーションも多々ある、現代ストレス社会を生きる私たちのようにも、見えてしまうところが悲しい。いつの世も、まじめな人間は損するのか。やってられない!

ピーター・オトゥール(本当のロレンスは小柄だったようだが、オトゥールはかなりの長身)は、当時約30歳。ほぼ、新人のころの映画である。「ロード・ジム」の時も感じたが、オトゥール目つきは、かなりミステリアスだ。1962年作品。こういう過酷な映画(演じる側も、撮影する側も)は、今後も作られないだろう。

圭子

追記:

伊丹十三の「女たちよ!」によると、「アラビアのロレンス」の冒頭の、ロレンスのバイクシーン、スタントなしでオトゥール自身が演じたそうで、その理由から「撮影最後の日」に撮影されたとのこと。監督のデヴィッド・リーンは、かなり非情な人だったそうだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

疲れた夜のディナー

圭子が今日も外出だったので適当に作りました。

たこのバジルソースサラダです。家のプランターのバジルを使って簡単にソースをつくりました。にんにく、松の実、オリーブオイル、塩、コショー。

ベビーリーフ、たまねぎを下に敷きました。

Imgp2134


カッペリーニをブロッコリーとプチトマトで和えました。

Imgp2132

メインは鶏ももです。なすとズッキーニ、しいたけでソテーしました。

Imgp2133

出来合いの冷製コーンスープを合わせてみました。

Imgp2131


大雑把につくりました。白ワインはタティアラ シャルドネです。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷やしうどんで朝ごはん

昨日圭子は昔の職場の仲間とreunion でアジアデーを過ごしました。午後代々木公園の「ベトナムフェスティバル2011」に行き、ものすごい数の出店をまわりました。ベトナム、タイ、ネパールなどの料理や飲み物を出すお店がたくさんありました。ネパールの蒸し物「モモ」(小籠包のような感じ)やら、ベトナムの揚げ春巻きやらを食べ、「前菜」にし、そのまま渋谷のタイ料理やさんに行き、たらふくいただきました。シンハービール、辛い料理に合う!

渋谷のセンター街(近い将来「バスケ通り」に名前が変更されるそうですね!)で、「渋谷センター街ねぶたまつり」も行われていて、ヤングkids がわんさといました。(「祭り」じゃなくても常に渋谷は人でごった返していますけどね)

今朝は冷やしうどんです。

Imgp2125

9月も後半ですが、まだまだ暑い!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

居酒屋メニューで休日の夕食

圭子が同窓会で外出なので一人ご飯です。

Imgp2118


なんとなく居酒屋風にしてみました。

枝豆、キャベツサラダ、刺身、油揚げに大根おろし、豚肉の生姜豆板醤炒めというメニューです。枝豆は普通にゆでました。刺身は出来合いです。キャベツサラダはキャベツを手でちぎり、塩昆布とミョウガにマヨネーズをトッピングです。

Imgp2120

豚をショウガとごま油で炒めました。ねぎとしいたけをあわせました。

Imgp2119_2

油揚げを軽くあぶって刻みました。大根おろしに醤油をたらしました。

Imgp2123_3

レトルトのいか飯です。北海道の実家から送ってもらったものです。まだまだ、蒸し暑いですね。 暑さ寒さも彼岸までといい伝えがあるのでもう少しの辛抱ですね。 内閣もかわりました、全てが良い方向に向かういいきっかけになるといいですね。

亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナのナポリタンでランチ

ハムはないけど、ツナはある、というシチュエーションで亮一が得意のナポリタンを作りました。ハムなくてもおいしかったです!

Imgp2108

●ナポリタンのときは、日本のスパゲティの会社の商品の方が、おいしい。

●ナポリタンのときは、あえて「アルデンテ」ではなく、ゆですぎくらいが丁度いい。

というのが亮一の理論。いかがでしょう?

昨日仕事で行き詰まり、ちょっとビルの外に出て、空気を吸っていた際、なんか脚かゆいな、と感じていたのですが、席にもどって見ると、ものすごく脚がぼこぼこに蚊に刺されていました。左脚だけ、4か所も、ものすごく、もっこりと!!O型、汗っかき、酒飲み、の圭子は蚊に刺されやすい体質で、常に「ウナ」「ムヒ」などの虫刺され用の薬を携帯しています。家にも居間、寝室、洗面所、などいたるところにかゆみ止めを置き、いつでもどこでも塗れるようにしています。朝家を出る前も、虫よけスプレーを香水のように全身にかけてから、出ます。子供のころから蚊に好かれるタイプだったのですが、今年はなぜか夏の間は一回も刺されなかったのです。なので、「もう年をとって、蚊にも食われなくなったのか」と落ち込んでいましたが、まだまだ、大丈夫ですね!(?)

ちなみに「ウナ」、「ムヒ」という商品名を見ていて、「もしかして???」と思ったのが、

①「ウナ」はイタリア語の una (uno) から来ていて、「ひとつの」ということで、「この商品こそ、唯一のかゆみ止めである!」という意味でつけられたのか?

②「ムヒ」は「無比」から来ていて、「この商品はほかに比べるものなんてないんだぞ!」という意味でつけられたのか?

と想像したんです。調べたら、①ははずれでした。どうも、「ウナ」は至急電報の「ウナ電」が由来だそうです。かゆみに早く(至急)効くぞ、ということなんでしょうね。②は想像が当たっていました。

Imgp2109

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝からチャーハン朝ごはん

昨夜は残業でへとへとになってしまい、こりゃあご飯は作れないな、と途中で判断し、東京から新横浜まで亮一を呼びつけ、「つばめグリル」で定番の「トマトのファルシー」や、秋のメニューのおいしいハンバーグを食べてきちゃいました。和風ハンバーグの上に、舞茸やカボチャのフリットがトッピングされていました。大根おろしの和風ソースでいただきましたよ。おすすめです!!

夜9時ごろになると、もう呂律も回らないし、目もしょぼしょぼしてくるし、自虐的な心理になってくるのですが、なんとかやれるとこまでやって、オフィスを飛び出し、夜の街へ。ああ、発狂寸前だな、自分の生活も、仕事も、どちらも楽しめるような環境って、あり得るのかな?と考えてしまいます。3連休、体調をなるべく整えて、relax したいもんですな!

というわけで今朝は簡単にチャーハンで朝ごはん!

Imgp2103

五穀米を炊いたのを冷凍しておいたんですが、それで作りました。冷凍の海老を具材に。カニカマ(SURIMI)も入ってます。

今日は昔同じ職場だった仲間との同窓会ディナーで久々に渋谷に行ってきます!

Imgp2102

Have a nice weekend!

Buon fine settimana!

Schönes Wochenende!

Le bon week-end!

皆さんよい週末を!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

経済的に鍋ディナー

今日は豆腐だけ買って、あとは冷蔵庫の在庫の掃除目的で簡単鍋ディナーです。

Imgp2096

冷凍庫にあった豚肉、鶏肉、油揚げ、冷蔵庫にあったキャベツやシイタケ、紫玉ねぎの残りなどなど・・・かなりアバンギャルドな具材で鍋です。味付けはコンソメキューブ、唐辛子、昆布、牡蠣醤油、こしょう・・・これまたextraordinary!

Imgp2097

I heard that Seoul had a big blackout today. Many people must have had a hard time in this heat. It's still hot in Japan too. It's already September but feel like mid summer.

本当に、暑くて暑くて・・・ こまります。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

いただきもののカッペリーニでディナー

お友達にカッペリーニをいただきました!冷製パスタにしました。まだまだ暑いですね。

Imgp2091

シシリアンルージュ、ツナ、紫蘇、アンチョビ、オリーブオイル、塩、こしょう、青ネギで味をととのえました。

元気のない圭子&亮一。ビタミンBを求め、豚肉のステーキです。

Imgp2089

塩コショウでシンプルに焼きました。

今日はFRONTERA のロゼに合わせました。チリワインは安定した味です。

Imgp2090

大臣が「言葉狩り」的なことで辞任してしまうのも、今の日本が健全な状態ではないことを示しているような気がします。そんなところに注力すべきではないと思います。そんなことより、具体的に福島の状態をよくするための方法をみんなで考えるべきではないでしょうか??

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「恋するベーカリー」-メリルばかりがなぜモテる?!-

邦題から、ほのぼのとした、パン屋を舞台にしたラブコメを想定していたのだが、むしろ「ギャグ」ものであった。いろいろな意味で、楽しい映画である。

メリル・ストリープ扮するジェーンは、サンタバーバラでベーカリーを営む企業家。かなりおしゃれなお店を経営しているし、センスのある家にも住んでいる。見るからに成功した女性、だが、10年前から離婚している。元旦那のジェイク(え!?と驚愕するほどの変貌ぶりのアレック・ボールドウィン。太ったな・・・)と、息子の大学卒業式に一緒に参列後のホテルで、なんでやねん?という流れになり、関係が復活する。

二人で散々飲んで、踊って、昔話に花を咲かせるのはいいが、ものすごくスムーズに行為に至るこの流れが、ロマンチックラブコメディー、というより、「お笑い」に近いものがあった。最近のメリルはなぜ「モテ役」が続く?(「マンマ・ミーア!」でも、妙にモテていて、当惑。新ロマコメの女王か?)アレック・ボールドウィンもはしゃぎ気味で、「ゲッタウェイ」(1994年)の頃の「セクシーな雰囲気」は、ほぼ封印。本作ではやたら裸体を露出するが、すべてが「笑い」を誘うシーンで、である。

ジェイクのライバルである、アダム(スティーブ・マーティン!)はジェーンの新しい家をデザインする建築家。仕事での付き合いだったジェーンと、徐々に打ち解けていい関係になっていく。アダムとジェーンが親密になるシーンで、ジェーンお手製の「チョコレートクロワッサン」が出てくるが、このシーンと、あとほかには若干しか、ベーカリーのシーンはない。なので、あまり「恋するベーカリー」と謳うほど、「パン屋」に意味はなく、原題の「It's complicated」が実際の筋とは合っている。ジェーンのcomplicated な状態(今興味がある男性(アダム)もいるし、元の旦那と復活した愛も、捨てきれない状態)や、ジェイクのcomplicated な状態(若い現在の嫁との大変な不妊治療生活、今の嫁と、小さな子供までいるけれど、やっぱり元嫁ジェーンの方が、なんか落ち着く状態)、ジェーンの娘の婚約者のcomplicated な状態(婚約者の父・母がよりを戻しているのをホテルで目撃、しかし、彼女には気を使って内緒)などなど、出てくる人物がそれぞれ複雑(complicated)な環境にいる。

ちなみにジェーンの娘の婚約者を演じるジョン・クラシンスキーは、エミリー・ブラントの旦那らしい。いいな、美男美女。

若いころのメリル・ストリープの役柄(「ディア・ハンター」や「ソフィーの選択」などの)、そして、顔立ちから、「超シリアス路線の人」というイメージを長いこと持っていたが、最近は本当に、よく踊り、よく恋をする元気印の路線まっしぐらだ。もしかしたら、年齢がある程度いくと、女性はいろいろな縛りがなくなって、皆元気に自由になれるのかもしれない。メリルの元気な姿を見ていると、彼女は今後、女性の期待の星的存在になりつつあるのではないだろうか、と感じる。50、60過ぎてから、が楽しい人生なのかもしれんな・・・

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

記憶喪失素麺ディナー

ショックでした。少し疲れ気味だったので、亮一が帰ったら簡単パスタでも作ってもらおうかいな、と、どっしりと鎮座して待っていたのですが、待てど待てど、連絡もない・・・ 携帯忘れたんやろうか?!と思って、半分キレ気味になっていましたら、「今飲み会終わった~」って電話が。え!?あああああ!亮一は会社の飲み会でした。予定を聞いていたはずが、頭がパンクするような1日だったもので、記憶喪失になっておりました。待ってて損した!!と、急きょ素麺ディナーです。

Imgp2084

なんでもかんでものせました。素麺が見えません。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

「エレファント」V.S.「幸福の黄色いハンカチ」-黄色対決-

黄色がテーマ色の映画を二本見た。ひとつはガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」、もうひとつは山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」。

「エレファント」は、1999年におきたコロンバイン高校の銃乱射事件を題材にしている。この重いテーマから、見るのを何年もためらっていたが、重い気分のある日、思い切って見た。

映画の中で二人の若者が高校の建物の中に入り込み、ゲームさながら撃ちまくるのはラスト間際であり、そこまでは淡々と登場人物たちを描いていく。すべての登場人物には名前があり、ある1日の動きをそれぞれの登場人物にフォーカスして描く。なので、同じ時間帯が様々な角度で何度も描かれる。

黄色のTシャツを着た「ジョン」がメインのとき、彼が廊下でカメラ大好き少年「イーライ」と立ち話するシーンがある。その際、横をめがねの女の子「ミシェル」が一目散に駆け抜ける。だが、のちに彼女がメインに描かれているときは、その瞬間を彼女の目線で描く。(急いで廊下を駆け抜けていた事情は、図書館でのバイトに向かっているからだと、彼女のエピソードのときに判明する。)

自分が主役の人生のとき、「脇役」には名前すらないし、彼・彼女がどういう生き方をしているか分からないし興味もない。今朝同じ電車に乗り合わせた人の顔を全く思い出さないのは、その人の名前を知らないからだ。映画の中でも、黄色Tシャツの子のジョンのエピソードの際、廊下をすごい勢いで女の子が駆け抜けるときは彼女になんの感情も持たないが、彼女の回に名前が「ミシェル」であることを知り、実は彼女が体育の時間にほかの女の子とは違うユニフォーム(露出が少ない)を着ていることなどから「自分の体に自信を持てない子」なんだろう、など、興味・関心を抱くようになる。

犯人である凶悪な2人の子に関しても最後は名前を紹介される。そこで私たちは彼らのうちの一人(アレックス)は上手に繊細に「エリーゼのために」を弾き、ふたり(アレックスとエリック)はいまだキスも経験したことがないので、男同士ながらも決行の日に2人で唇をむさぼり合う事実も見てしまう。

人には皆それぞれ名前があり、皆それぞれ事情がある。視聴者はスクリーン越しにすべての登場人物の名前や家庭環境などを把握するが、映画内の子供たちは周りの人間に対する興味・関心はない。なのでラストは惨劇となってしまう。名前を知らない他人にも、人生はあるのだ。(電車の中でぶつかってきても何も謝りもしないにくったらしい奴にも、家庭があり、家では愛すべきパパなのかもしれない。)こんな簡単なことさえ分からなくなった現代人は、ときに「誰でも良かった」と大量殺人を犯してしまったりする。名前さえ知っていれば、殺せないはず、という監督からのメッセージが隠れていると、私は思う。

健さんの「幸福の黄色いハンカチ」は、「エレファント」が描いた「無関心の悲劇」とは逆の「人と人との関わり合いの幸福」を描いている。刑務所から出所したばかりの島勇作(瑛太ばりにイケてる高倉健)には、服役中に別れた妻が夕張にいるが、戻って会うか、それとも会わぬままの人生を選ぶか、迷っている。偶然出会う武田鉄矢扮する欽也と、彼がナンパした若い女朱美(桃井かおり)との、かっこよすぎる健さんのロードムービーだ。他人である健さんに、「奥さんの気持ちを確かめたいなら、この車で一緒に行きましょうよ!」などという若き武田鉄也とSK-II桃井。このシチュエーション、70年代の映画だからありうるのであって、人と人との関係が希薄になった今では、有り得ないシチュエーションだ。

ところで健さんが出所後、6年ぶりであろうビール、ラーメン、カツ丼をすごい気迫で食べるシーンがあるが、その撮影の前2日間何も食べずに挑んだらしい。あまりにラーメンをおいしそうに食べるから、なんかスゴい!と思っていたら、本当にお腹がすいていたのだな、健さん~

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子でディナー

今日の夕方「ウチゴハン」(江角マキコ et al.)を見ていたら、餃子がものすごく食べたくなりました。が、一から餃子の準備をするには空腹すぎ。スーパーで生餃子を買ってきて、亮一がフライパンで焼きました。

Imgp2080

テレビに影響を受けやすいです。

かた焼きそばをあんかけにしました。これまた亮一が頑張って作りました。

Imgp2081

うずらのゆでたまごが大好きです!

Imgp2079

It's the 10th anniversary of 9/11 today. There used to be a famous restaurant called "Windows on the World" on the top floor of the World Trade Center. Because of the attack, the restaurant was destroyed. When this attack happened, I was working on the book about New York City and we were supposed to include the content of this restaurant, but because of this accident, we needed to change the content of the book quite a bit. 10 years have passed so quickly.

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらすと素麺で朝食

Imgp2074


スーパーでしらすが安くなっていたので素麺といっしょにいただきました。

Imgp2075

卵焼き、ねぎ、しょうが、保存食のしらたきのたらこ和えとともにいただきました。たねなし巨峰をデザートにプレーンヨーグルトといっしょの朝食です。

東日本大地震以降ヨーグトは基本的にヨーグルトメーカーで作って食べています。

震災から6月たちましたね、生活に節電が身に付いたり、何かはっきりしませんが根本的なことが変わりましたね。いい方向に日本と世界が進めばいいですね。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

旬のサンマで赤ワインディナー

サンマ大好き。Pacific saury っていうみたいですね。サンマは赤ワインに合います。

Imgp2067

オクラの芽をゆでたもの、シシリアンルージュ、ラディッシュをオリーブオイル、バルサミコで味付けしてお皿にのせました。サンマの刺身はオリーブオイルと牡蠣醤油で和えて、そのサラダの上にのせました。青ネギをかけて出来上がり。

亮一は鶏肉と野菜をソテーしました。

Imgp2066_4


ニンニクをきかせました。隠し味に牡蠣醤油を。

パスタは少量にしておきました。

Imgp2064

ベーコンとシシリアンルージュで簡単に作りました。

今日、「砂の器」のドラマ、やってましたね。三上博史が「ナレーション」!!豪華ですね。三上博史好きだったなあああ。「この世の果て」やら、見てました。小林薫もグーでした。とにかく俳優が豪華。佐々木蔵之助もええ感じ。

Imgp2065

CHIANTIで乾杯!!

デザートは「ほんわか丸」というどら焼きです。

Imgp2071

然花抄院さんという京都のお菓子屋さんのおいしいどら焼き。近所のスーパーにお店が入っているのです。

Imgp2070

どら焼きは毎日でも食べたいお菓子です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幸福の黄色いハンカチ」で号泣朝ごはん

イワシの丸干しで朝ごはんです。

Imgp2059

丸々と太っています。

白滝とたらこで作る保存食。

Imgp2057

味付けはたらこだけです。

今日はご飯のあと、「幸福の黄色いハンカチ」を見て、朝から号泣。このころの高倉健、瑛太そっくり!(瑛太を色黒にして、不器用にさせた感じ!)大ファンになってしまいました。健さん!!!

Imgp2058


圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Weekendはすでに始まっているディナー

やっとのことで金曜日。夜職場を出て、思わずRoxy Music の「Street Life」の中の一節を呟きました。"Weekend starts Friday soon after eight" ああ、Bryan Ferry 最高。今日は簡単な鍋で晩御飯です。(赤い鍋は「田辺(たなべ)」です。田辺誠一みたいにかっこいいのでこう名づけました)

Imgp2053

しっかり火を通して、そのまま食べました。卓上コンロでぐつぐつするには暑くて・・・十分暖かい状態で食べることができました。

しめはラーメンで。

Imgp2051

うまかった~

デザートはガリガリ君です。

Imgp2050

蒸し暑いときは、こういうかき氷風なアイスが好きなんですわ。からっとした暑さのときはハーゲンダッツのこってりさが好き。そう。つまりは、アイスが好きなんです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

「おっぱいバレー」+ミートソース=ハッピーディナー

残業続きで遅めのごはんの圭子&亮一です。昨日途中まで見ていた「おっぱいバレー」を見ながらごはんです。「おっぱいバレー」よかった~。綾瀬はるかって、最高ですね。若いころの私みたいです(大嘘)。いつも一生懸命な綾瀬に乾杯。ところで、大後寿々花が、セリフなしで、ものすごい演技を見せるシーンもあり。彼女は大物です。

もやしをゆでてサラダにしました。ゆず風味ポン酢とオリーブオイルで和えました。上にしゃぶしゃぶ用豚肉をゆで、マヨネーズと塩コショウで味付けしてのせました。

Imgp2043


もやしはゆでたらたくさん一気に食べることができますね。

ミートソースはひき肉、ニンニク、トマト缶、ローリエ、コンソメキューブで簡単に。

Imgp2044


スパゲティをゆでるとき、もやしや豚肉をゆでたお湯でゆでちゃいました!エコ!

ここ数日、パワーがなくて、何もする気力がなく、ろくにごはんも作れませんでした。外食したり、カレーをあっためただけだったり、とか。しかし、今日は、このままでは「廃人」になってしまう、と思い、包丁を久々に握りました。なんとか「人間」に戻れた気がしました。週末にはごっつい料理作って世界をぎゃふんと言わせる予定です。

Imgp2041


圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

いろいろお土産ディナー

亮一が出張から面白い食べ物を持って帰りました。

まずは山梨県の名物「煮貝(にがい)」。アワビを煮たものです。海のものですが、海のない山梨の名産です。

_imgp2035

柔らかくておいしかったです!

最近は精神が崩壊するような疲労感であっぷあっぷ。家に帰ったら簡単に食べられるカレーを前もって作っておきました。

Imgp2034

味付けゆで卵も昨日から作っておいたもの。もっと心に余裕をもって、いろいろごはんを作れるようになりたい。最近はボロボロです。亮一も疲れ気味。二人で「疲れた~」と言い合っている、最近。こんなんじゃだめだな。きっとミック・ジャガーとか、絶対「疲れた~」なんて言わないんだろうな。年齢ではありませんね、精神ですね。あまり疲れないように、生きたいものです。Keep on rocking!

関係ないのですが、Nick Cave and the Bad Seeds の80年代の頃のライブ映像がたんまりとYoutube で見ることができるので、昼休みはほぼ毎日、映像見つつ、イヤホンで聞きながら、現実逃避しています!Nick Cave and the Bad Seeds は長期にわたってフォローしていたわけでなく、80年代後半の短い間、狂ったように聞いていただけなので、今彼らがどうなっているか知りませんでした。昔の映像を見て、来日したとき何度か見に行ったのを思い出し、懐かしいな、と思ってネットで現在の様子を調べたら、Blixa Bargeld(ギター)の腹が出ているのです!スリムなお兄さんだったブリクサの腹が!!そしてNick Cave も落武者みたいなヘアスタイルになっている・・・(カリスマ性は失っていないが。)Keep on rocking!

デザートは巣鴨からのお土産。これはとげぬき地蔵の塩大福。

Imgp2033

ご利益ありそうなパッケージ。

中身は・・・

Imgp2032

こんなです。ちょっとしょっぱくておいしかったです~

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

「汚れた血」-アレックス3部作2番目の、「疾走する愛」-

ざっくりと見る映画ではない。ディテールを楽しむ映画だ。ビノシュの髪の毛がベッドに落ちていて、それをひろい上げるドニ・ラヴァンの指のアップ。ビノシュが鼻をかんだ後のクシャクシャになった紙のカラフルさ。バイクの上の天使、ジュリー・デルピーの靴の汚れ。ひとつひとつのシーンが、まるでフェルメールの絵のように美しい。

本作は愛のない性交により感染するSTBOという病や、その感染症に対するワクチンをめぐる犯罪、そして地球に近づくハレー彗星による異常な暑さ、などいろいろあるが、とどのつまりは「愛」がテーマである。

主人公アレックス(ラヴァン)の、老ギャングマルクの情婦アンナ(ビノシュ)に対する愛、そしてアレックスを愛す天使のようなリーズ(デルピー)の、アレックスに対する報われない愛、アンナのマルク(ミシェル・ピコリ)に対する愛、が絡み合った、疾走する愛の映画だ。

当時のビノシュは監督のレオス・カラックスの恋人だった。(カラックス自身もアンナをのぞき見する変態風の役でカメオ出演している。)自分の恋人の美しさをこれでもかとスクリーンにたたきつけるカラックス。

この映画は1986年作品だ。学生のとき、大流行していて、ビノシュみたいに、ひゅーっと前髪を息で吹き上げるのが、(自分の中で)一時はやった。ビノシュが神のように美しい映画。そして、ジュリー・デルピーも、神だ。デルピーが、「どん!」とメトロのドアにぶつかったときの顔は、永遠に忘れられない。

本作も何度も何度も繰り返し見たお気に入りだが、カラックスの「アレックス3部作」の中では、「ボーイ・ミーツ・ガール」が一番好きだ。「ボーイ・ミーツ・ガール」で、アレックスを虜にするミレーユ・ペリエは、本作では赤ちゃんのようなアレックスを両手を広げて導く母のような象徴的存在として、印象深いシーンを演じている。

それにしても、フランスの恋人たちはこのように、囁くように話すのか!?と毎度毎度、冒頭のリーズとアレックスの森の中のデートのシーンで感動する。どうなっているんだ。フランス人!

Dscn0106


(写真:2006年1月2日、パリ、メトロ「Pasteur」駅ホームにて。「汚れた血」アレックスのお父さんが謎の死を遂げるシーンと同じショットの亮一の後頭部の図)

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 5日 (月)

Lovely job! Google rules!

Have you seen the top page of Google yet? It's Freddie Mercury's birthday today (the 5th of September) and Freddie was singing Bohemian Rhapsody in the top page. Great animation. They've done a lovely job.

Happy birthday, Freddie!

Keiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

「塔の上のラプンツェル」-娘の幸せを、母親はともに喜べないのか-

グリム童話の「ラプンツェル」を原作としている本作は、尋常ではない。恐ろしいほどのリアルさだ。主人公のラプンツェルの髪の毛の動き方、馬が通った後の草の揺れ方、夜の空に浮かび上がる数々のランタンの光り方。実写のような映像をアニメーションで表現している。2億6千万ドルの製作費をかけて作っているだけある。

とある王国の塔に住む18歳の娘ラプンツェルは、生まれてから一度も地上に降りたことがない。母親の「外界は怖いところ。絶対に外に出てはいけない。あなたのために言っているのよ」という言葉をずっと信じて、毎日壁に絵を描いたり、掃除をしたり、本を読んだり、と塔に「閉じ込められて」いる。

そこにたまたま現れるのが、泥棒の一味、フリン・ライダー(のちに、本名が「ユージーン・フィッツハーバート」だと判明する)だが、彼との偶然の出会いにより、ラプンツェルのかつてからの「自分の誕生日に夜空を光で染める物体が何であるかこの目で確かめる」という願いを実現化することに成功する。

母親からの呪縛を断ち切り、自由の世界で狂喜乱舞しながらも「いや、こんなことしていていいんだろうか?お母さんを悲しめる結果になるだろうか?家に戻ろうか?」と悩むラプンツェルの姿は、なんとなく、18歳になり、一人暮らしを始めたころの自分自身を思い出させる。多くの女性が、ラプンツェルに自分を投影するのではないだろうか?

そして、娘が「外の世界」に興味を持ったり、出て行ってしまったりすることに脅威・恐怖を感じる感覚も、もしかしたら母親世代の人がこの映画を見た際、共感するのかもしれない。

母と娘が同じ方向を見て、双方が幸せを共感するのは、今も昔も難しいことなのかもしれない。

原題は「Tangled」。「ラプンツェル」という名前は入っていない。「こんがらがった」とか「もつれた」とかそういう意味のタイトルになっている。ディズニーが、女子だけではなく男子からの支持も得ようとして、タイトルを「Rapunzel」から「Tangled」に変更したとのこと。確かに、主人公は女の子のラプンツェルだけでなく、悪者キャラから徐々に改心し、いい青年に生まれ変わるフリン(ユージーン)でもある。(ところで、フリンのキャラクターを見ていて、「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディを思い出した。そっくり、と言って、過言ではない。)

子供向けかと馬鹿にしていたら痛い目にあう。ラストのお祭りシーンでは号泣している自分がいた。(夢をかなえた様々のキャラクターが一同に集まるシーンである。)

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアンラーメンでディナー

亮一が出張に行ってしまいました!ジャンクフードで失敬失敬。

Imgp2027

昨日作ったラタトュイユの残り、「サッポロ一番塩ラーメン」にトッピングしてみたら、むちゃくちゃ合う。これは「塩味」のラーメンだからかも。味噌より塩、が合うと思います。

今日はカラックスの「汚れた血(Mauvais Sang)」を久しぶりに見ようと思います。(一人のときの方が集中できていいよね、こういうの!)

圭子

(追記:後で気が付きました。ラタトュイユって「フレンチ」ですね!じゃ、イタリアンラーメン、というより「フレンチラーメン」か!!まあ、イタリアのオリーブオイル使って作っているので、イタリアンでいいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩鮭と大根おろしで朝ごはん

朝は鮭!大根おろしもつけて和食です。

Imgp2022

生卵もつけました。納豆にはオクラを。昨日のラタトゥイユも食べました。満腹です。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

マッサージに行ってきましたディナー

肩、首、背中がばりばりに凝ってしまい、圭子と亮一は体のメンテナンスに行ってまいりました。大好きなたまプラーザの治療院で癒しの時間を過ごしました。

たまプラーザに行ったので、かわいいペーパーナプキンや、だし用の利尻昆布、イタリアの塩、など、食事がらみのものを仕入れてきました。

今日はスパークリングワインで休日ディナーです。メインはイサキのグリル。シンプルに塩焼きです。

Imgp2016

スーパーの魚売り場でおいしそうなイサキがいたので買ってきて亮一が焼きました。魚は塩焼きが一番好きだな~ 仕上がりにオリーブオイルをかけ、ディルをのせました。

同じく魚です。鯛のマリネです。

Imgp2020_3

オリーブオイル、レモン汁、塩でマリネしておきました。これもディルをのせました。シンプルなおいしさを堪能しました。

ラタトゥイユはあらかじめ作っておき冷蔵庫で冷やしておいたら味が野菜にしみ込んでおいしかったです。

Imgp2019

今日はプチトマトで作りました。野菜のあっさり煮、みたいな風貌ですね。パプリカ、ナス、エリンギ、玉ねぎをニンニクとオリーブオイルで炒めてプチトマトと水、コンソメキューブ、ローレルを入れて煮ました。

刺身用帆立は北海道のものです。野菜とともにバターソテーです。

Imgp2018

これまた海の幸~

今日はカリフォルニアのスパークリングワインCook's Brutに合わせました。

Imgp2015

しゅわしゅわしています。

Imgp2014

豚のイラストのペーパーナプキンは今日買ってきたものです。

イサキと帆立を買ったスーパーでのできごと。魚売り場に二人女性の従業員の方がいました。片方は魚のおすすめをしている方、もう一人は魚の処理をしてくださる方。私たちがイサキの内臓を取っていただいているとき、お二人の上司的な男性がまわってきて、二人に「最近頑張ってるね!」と言っていわゆるアメリカ人がよくやるジェスチャー(親指立てて「Good job!」とか言っている感じ。わかります?)をやって、さっと去って行ったんです。ほんの数秒の出来事。これを見て、私、不覚にも涙が出てしまいました。褒められてうれしくない人はいません。子供も親や先生に褒められたらうれしいし、大人も職場で褒められたらうれしい。奥さんは旦那に褒められたらうれしい。旦那も奥さんに褒められたらうれしい。世界は、愛で包まれた方がうれしい。なのに私は最近どうでもいいことで上司にいちゃもんつけられて、トイレでワーワー泣きましたよ。40過ぎてたって、褒められたらうれしいし、怒られたら悲しいよ。魚セクションの上司に幸あれ。(そこの魚売り場の方が、魚や帆立のことを「この子」と愛情タップリに表現してて楽しかった。どの帆立がいいか選んでもらったとき「じゃ、この子にしましょうね」とか選んでくれたんです。)

デザートはたまプラ東急の「黒船」で、あるものを購入。

Imgp2012


こんな袋に入っていて・・・開けると、こうなります。

Imgp2011


こんなのが入っていて、これを開けると・・・

Imgp2010

かわいいどら焼きが!(圭子はどら焼きが大好き。ドラえもんと同じですね)

でもかなり小さいどら焼きなので、こんなんじゃ足りないのでハーゲンダッツもプラスしました。

Imgp2009

おいしかったです。

今日は西日本の台風の報道を見ていて、過去に自分が住んでいた都市や両親が住んでいた場所、今住んでいる場所がたくさん出てきていろいろ考えさせられました。父が海上保安部勤務だったので、私も親とともに子供のころは全国を転々としていました。2年くらいずつ住んでは転勤。そのルートと同じように、岡山県の玉野や、鳥取の米子、親が住んでいた和歌山の田辺、そして現在親が住んでいる広島県福山など。心配で両親に電話したら、大丈夫そうでした。最近の天候って異常な場合が多いですね。気を付けてください。

圭子&亮一




| | コメント (0) | トラックバック (0)

素麺・うどんのあいもり朝ごはん

亮一が朝一で歯医者に行かないといけないので、あわただしく朝ごはんです。うどんも素麺も少しずつしかなかったので、時間差で一緒にゆでてあいもりです。

Imgp1995


素麺を食べるといつも思い出す、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」。永作ちゃんが永瀬正敏に素麺の麺つゆをかぶっかけられて、目に入って、痛い状態になっていましたね。永作ちゃん、日本の財産です。

圭子&亮一

P.S. 先日圭子は「マールボロライツを久しぶりに購入し・・・」と書きましたが、すごいことに今気が付きました。もう知っている人多いでしょうが、パッケージが全然昔のマールボロライツと違うんです。そして、名前も「Gold Marlboro」ってなっておりました!「Lights」の表記はもうない。コンビニで「マルボロライトください」って言って買ってそのまま暗闇の屋外で吸っていたので気が付かなかった・・・パッケージのデザインは昔の方がいいと思います。それにしても、買ったタバコのパッケージを二日間気が付かない私も、注意力がなくなっているな・・・たぶん今は、頭が疲れているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ありものディナー

亮一です。二人とも遅めに家にたどりついたのですが一歩私が先に家に着いたので冷蔵庫の掃除です。茄子、エリンギ、パプリカ、ピーマン、豚バラを塩コショウで炒めました。

Imgp1992


ペペロンチーノにねぎを足しただけのパスタです。

Imgp1991


ガス水とビールでお茶を濁しました。デザートはハーゲンダッツで少し贅沢気分です。

Imgp1990


台風の動きが気になる週末の、疲れきった二人のディナーです。

圭子です。なんか気持ちが疲れ切ってしまい、何年も禁煙していたのに、マールボロライツを久しぶりに購入し、吸ってしまいました。価格に驚き。今、400円超えているんですね。おまけに百円ライターは、特殊な構造(ちょっとやそっとでは火がつかないような安全機能がついている)になっていて、なかなか火がつけられず、かなり格好悪い状態で吸いました。高かったのでもったいないので、究極にしんどい日のお守りにして、大事に吸います。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »