« 「愛のむきだし」-コリント書第13章の長回しシーンにおける満島ひかりの神々しさ- | トップページ | 納豆蕎麦でDIETディナー »

2011年10月23日 (日)

アイオリソースで気分はプロバンスディナー

「パトリス・ジュリアンのフランスワインABC」という料理本、よく参考にしています。そこに、アイオリソースをゆでた野菜や蒸したえびなどにつけて食べる料理が紹介されています。アイオリソースを卵黄からつくるのはちょっと大変なので、市販のマヨネーズにおろしニンニク、オリーブオイル、パセリ、塩をたして簡単なソースをつくっていただきました。

Imgp2480

ゆでたえび、にんじん、ブロッコリー、オクラ、マッシュルーム、ジャガイモ、をアイオリソースにつけてタップリいただきました。

ひじきをサラダにしました。

Imgp2479

これは、有元葉子さんの「時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん」を参考にしました。この本、10年くらい前から参考にさせていただいています。ひじきを戻して、キュウリ、セロリ、トマト、玉ねぎとともに、オリーブオイル、ゆず黒酢、牡蠣醤油で和えました。

鶏の手羽先をまた煮ちゃいました。明日以降の煮こごりが楽しみ。

Imgp2478

毎日でも食べたい、鶏の煮物。

今日はサラ ビベ ブリュットと合わせました。メキシコのスパークリングワインです。

Imgp2477

なんだか、プロバンス風!明日は恐怖の月曜日。

圭子&亮一

|

« 「愛のむきだし」-コリント書第13章の長回しシーンにおける満島ひかりの神々しさ- | トップページ | 納豆蕎麦でDIETディナー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイオリソースで気分はプロバンスディナー:

« 「愛のむきだし」-コリント書第13章の長回しシーンにおける満島ひかりの神々しさ- | トップページ | 納豆蕎麦でDIETディナー »