« クリスマスチキンの残り骨でおいしいスープ朝ごはん | トップページ | しめは蕎麦でダイエットディナー »

2011年12月25日 (日)

Giovanni Segantini に魅せられた聖夜ディナー

Happy Christmas! 今日はセガンティーニというイタリアの画家をNHKの番組で紹介していて、なんてきれいな絵なんだろう・・・と感動しながらごはんをいただきました。

メインはポークです。亮一が炒め煮しました。オリーブオイル、しょうが汁、はちみつ、マスタードでマリアージュ。

Imgp3079

マスタードがきいていておいしくできました。

Imgp3078

干し柿が実家から送られてきました。干し柿は、チーズと合うんです!

Andes Valley というチリワインと合わせました。ほぼワンコイン。

Imgp3076

クリームシチューは具を小さく切ってから煮たので、早く出来上がりました。

セガンティーニの「アルプスの真昼」という絵、見てみてください。空の青がものすごいから!人生そのものも興味深いセガンティーニ。ぜひいつか美術館で見てみたいです。

圭子&亮一

|

« クリスマスチキンの残り骨でおいしいスープ朝ごはん | トップページ | しめは蕎麦でダイエットディナー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Giovanni Segantini に魅せられた聖夜ディナー:

« クリスマスチキンの残り骨でおいしいスープ朝ごはん | トップページ | しめは蕎麦でダイエットディナー »