« 新じゃが、煮てみましたディナー | トップページ | ポリープ大丈夫でしたディナー »

2012年6月 7日 (木)

ぶっかけ素麺でランチ

亮一の大腸検査準備の便乗ダイエットで、若干痩せた感じ。うれしい圭子です。ランチも軽めに素麺です。

Imgp2587

揚げ玉の右横は瓜の漬物。いり卵やはんぺん、オクラ、たらこ、となんでもかんでものせて麺つゆをかけていただきました。しかし、このままどんどん痩せてシャーリーズ・セロンみたいになっちゃったら困る~。J'adore. Dior... すたすた・・・(歩く私)

(いや、別に困らんが、まずならんだろう・・・)

今朝シュールな夢を見て身が覚めました。デヴィッド・リンチ風の夢で。以下敬称略。ロンドンの石田えりのフラットを訪れる私。(私と石田えりは友人 in my dream)トイレを貸してもらっている私。トイレに座って用を足していると、なぜかトイレットペーパーがことごとく濡れている。石田えりにそのことを言うと、トイレ(トイレとお風呂が一緒になっているバスルームです)のドアを開けて入ってくる石田えりと、その友人(「え?お友達もいたの?」と驚く私。まだトイレに座っている状態です)が何か話しています。「なんかやりづらいな・・・」と思っていたら突然同じレイアウトのトイレ(同じく、トイレとお風呂が一緒になっているバスルーム)に座っている私。便器の位置やシンク、バスタブなどの配置は同じなのに、何かが違う。そう、壁の色やタオルの色、様々なもの(トイレに置いてあるもの)の種類が違う!なぜか私は石田えりのフラットから、石田の横にいた彼女の友人(で、同じフラットの別の階に住む人)の家のトイレに空間移動(時間移動か??)しているのです。トイレに座ったまま。そして、色使いの違うバスルームにも、石田と彼女の友人が同席している。そして彼女たちは「やっぱりね。この人そういう人(幽霊?)だから」とこそこそ話しています。私が空間移動できることを確認し、「この人(圭子)は通常の人間ではないからこういうことができるんだよね」ということを言っているようなのです。はっきり言って、トイレで用を足しつつこそこそ話をされて、非常に立場が悪い私は「きゃああああ」と叫びながら空中に浮かびました。そして、石田えりの友人のフラットのバスルームの天井をすり抜け、その上の階、そのまた上の階、とどんどん天井をすり抜け(痛くもかゆくもない)、フラットの建物の一番上の屋根裏の階まで上がってしまいました。その階の窓から見下ろしたロンドンの街並み、そして地上を行き来する人々、車の映像。怖かったです。一番怖かったのは、さっきまでいたトイレから、別の色使いの(石田の家の方は暗い寒い感じのブルーが基調の色。彼女の友人のトイレはあずき色やグリーンなどがとてもいい感じに使われていた)バスルームに、便器に座った状態のまま、一瞬で移動したときの感覚です。「ツィン・ピークス」とか「マルホランド・ドライブ」の感じ。そして、屋根裏からのロンドンの光景はティム・バートンの「スウィーニー・トッド」みたいに、暗い感じでした・・・

しかし、「ロンドン」「石田えり」「トイレ」というのが気になる。ロンドンは最近オリンピックやらDiamond Jubilee のことやらでよくテレビで見ていて印象に残っているのはわかる。そして、亮一の「大腸検査」にかかわっている私の無意識感情の中に「トイレ」が存在しているのも、わかる。しかしなぜ、「石田えり」が!?すげええ、不思議です。

圭子

|

« 新じゃが、煮てみましたディナー | トップページ | ポリープ大丈夫でしたディナー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶっかけ素麺でランチ:

« 新じゃが、煮てみましたディナー | トップページ | ポリープ大丈夫でしたディナー »