« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

十朱幸代へのオマージュディナー

暑くてどうにかなりそうです・・・またもやそうめんでディナー。そうめんのつゆにツナを入れて食べるのが好きです。80年代の「はごろも」の十朱幸代のCM にインスパイヤされて以来、20年以上、「そうめんにはツナ」ブームが続いている圭子です。この組み合わせが当たり前のようになっている私。そんな食べ方に同調してくれているのか、しかたなく付き合っているのか、亮一は何も文句を言わずにこのメソッドに従ってきてくれています、10年ほど。実際のところ、この「そうめんのつゆにツナ」に関して、心からagree しているか否かをいつか機会があれば聞いてみたいです。

ピーマンはさっと茹でておひたしにしてみました。

Imgp2955

ピーマンって野菜の中でもほぼ1位くらいに好きです。

ああ、日本にそうめんがあってよかった。

Imgp2956_2

ちなみに、何が何でも「揖保乃糸」じゃなきゃいや!ここはブランド志向で。

先日とうとう「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」を見ました!大好きなスティーヴン・フライがシャーロック・ホームズのお兄ちゃん役で出ていて感動!映画「オスカー・ワイルド」で「恋人同士」の役を演じていたスティーヴン・フライ(オスカー・ワイルド)とジュード・ロウ(アルフレッド・ダグラス卿)が同じ画面にいる姿を久方ぶりに見ることができて、これまた感動。それにしてもロバート・ダウニー・Jr. が中年になってどんどん輝きを増している事実にあっぱれ。苦難を克服した人は、演技に深みがあります。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

ジャワカレーでディナー

昨日は仕事で山梨に行っていた亮一です。桃狩りに行っていたそうです。

Dscn1160

立派な桃です!

夜は辛めの「ジャワカレー」でディナーでした。遅くに帰った亮一には悪いですが、おなかが空いていたので出来立てのときに先に食べてしまった圭子です・・・

Imgp2952


夏はカレーの頻度が高いです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

オリンピック「ボンド見逃し」朝ごはん&一日遅れの「丑の日」ディナー

昨日は朝起きたらすでにオリンピック開会式の途中でした。朝ごはんを食べながらダニー・ボイル監督の演出したセレモニーを見ていました。

Imgp2944

開会式ではイギリスの歴史が興味深く描かれていましたね。中世の様子や産業革命・・・ 花火もきれいだったし、本当によかった!し、か、し・・・後で知ったのですが、どうやらダニエル・クレイグとクイーンの「芝居」があったようですね!この部分は見れていません!パラシュートでオリンピック会場に舞い降りたボンドと女王。どんな様子だったのでしょうか!?

昨日は学校に行っていた圭子と亮一。帰宅後、ちょっと遅れましたが土用の丑の日の「翌日」のスタミナディナーということで、スーパーのウナギを赤ワインに合わせました。

Imgp2949

スーパーのウナギでも満足満足。私は電子レンジで温めます。そのときにお酒をちょっとかけてラップをして温めるとふわっとしておいしいですよ。

ペンネは、生クリームベースのソースでいただきました。

Imgp2950

ソースには、溶けるチーズを少々入れております。カロリー高め!

SANTIAGO の赤に合わせました。ワンコインです。輸入は丸紅さん。このワインって何に合わせてもおいしい。奇跡です。

Imgp2948

毎日暑くて、どうも不調です。ウナギとか肉とかパワーの出るものをたくさん食べて、乗り切りたいです。

圭子&亮一


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

驚愕!「ニュースウオッチ9」ディナー

明日はオリンピックの開会式を見ることができますね。日本の選手がたくさんメダルを取りますように!豚肉を揚げてみました。「カツ」と「勝つ」をかけました!

Imgp2940

生姜焼き用の薄い豚肉2枚に溶けるチーズをはさんで揚げました。チーズが溶けて、ほら!おいしそうでしょ!?

パプリカはマリネにしました。

Imgp2939

電子レンジでチンして皮をむいてからマリネにしています。

パスタはズッキーニとツナで。

Imgp2938

ズッキーニは夏にたくさん食べたいです。

FRONTERA の白に合わせました。

Imgp2941

今日の「ニュースウオッチ9」(NHKのニュース)で、メインキャスターの井上あさひさんと、お天気コーナーの井田寛子さんの衣装がかぶっていた!!上半身(ブラウス)は濃いオレンジ色のひらひらしたデザイン(素材も似ていた)、下半身は白・オフホワイト系。お天気のコーナーでは二人が画面の左右に立ち、線対称な立ち位置!どうしたらよいのでしょう!ニュースを見ながら衝撃が走った圭子と亮一の食卓。お天気の内容はほとんど耳に入らず、ただただ画面を見つめていました。ここまで似たような衣装になったわけは??お互いに「今日あさひさん何着るの~?」「私、このブラウスにしようと思うんだ。寛子さんは?」「私はこの上下でいくんだ~」「わああ、かわいいい!」・・・みたいな打ち合わせはないのか!?

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

猛暑!そうめんディナー

暑い!本当に暑いです!夜ですが、そうめんでディナーです。

Imgp2932

いろいろ添えてみました。ゆで鳥、オクラ、トマトスライス、生姜、青ネギなどなど。

皆様、「梅ちゃん先生」の最近の急展開、ついて行ってますか!!?私は激しい話の流れに、かなり驚いています・・・ メンバーの中では野島静子役の木村文乃が好き!坂田医院の受付で、いつも同じ格好(白衣)で立っているだけなのに、何?あの色気は。あの恰好(寸胴に見える、だぼっとした恰好)は、着る人によってはかなり老けて見え、太って見えるはず。なのに木村文乃が着るとかなりセクシーなのです。アンニュイなしゃべり方だし・・・出演メンバーの中で、「大人」の雰囲気を持っているのは彼女だけのような気が。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

マヨラーからの緊急ニュース!

こんばんは!

7月24日に以下の記事で:

トマトカレーでディナー (このリンクで記事に飛びます。)

「キユーピー」のCM の福山雅治氏の背景の映像が知床五湖に映る羅臼岳みたいに見える・・・と書きましたが、どうも気になり、キユーピー様に問い合わせちゃいました!(気になったらどうにもならなくなる性格!)そうしたら迅速なご回答をいただきました。な、なんと 、水面に綺麗な山が映っている画像は、ニュージーランドのGlenorchy Lagoon というところで撮影されたそうです。「知床五湖」って・・・国が違うし・・・でも、写真だけ見ると、なんとなく似ているんです。ニュージーランドの方にお聞きしたいな。「うん、似てる似てる。」って思うのだろうか・・・

キユーピーのマヨネーズならちゅうちゅう飲めちゃう!ってくらいのマヨラーです。カロリーは高いんでしょうが、マヨネーズなしの人生は考えられません。

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

トマトが主役のディナー

今日は亮一は仕事なので一人でディナーです。「ドラゴン・タトゥーの女」のフィンチャー監督のコメンタリー見ながらご飯です。英語の勉強になるの~、コメンタリーは。

それにしても、リスベットの「復讐」シーン、何度見ても最高にすかっとする!!このときのリスベットのメイクが「ブレードランナー」のプリスに似てるな、と思っていたら、監督のコメンタリーにより、やはり「ブレードランナー」をヒントにしているそうですね。かっこよすぎ、リスベット。

トマトが主役の夕飯です。味噌汁の具もトマト、そして牡蠣醤油少々とオリーブオイルをさっとかけたトマト。トマトは「おかず」にもなりますね。

Imgp2928

鶏肉は昨日のカレー用に買っていたのですが、残りは生姜をおろしたのと醤油、酒少々、オリーブオイル少々を混ぜて、冷蔵庫にマリネしておきました。それを焼いただけ。味付けしておくと簡単に食べられます。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヒミズ」-私たちには腐るほどの道がある-

壊れた家の子。親から「お前なんて生きていなくてよい。死んでくれ。」と言われる子。住田(染谷将太)と茶沢景子(二階堂ふみ)はクラスメート。二人ともそれぞれ悲惨(と簡単には言えない)な家庭で生きる。

人は大概の場合、生まれたときは周りのみんなから愛情を降り注がれる。周囲(主に「親」)の愛がずっと継続する人は幸せだ。そんな人は親から「死ね。」と言われた後の自分の顔を鏡で見ることなどないだろう。住田は、父親から「死ね、そうすれば、保険金がおりる。」と何度も言われる。鏡を見ながら涙を流す住田。折り合いがつかない、というのはこのことだ。

親からきちんと愛をもらえないと、「もうどうせ何をやってもうまくいかない。」という気分になる。たとえば今貧乏でも、頑張って働けば買いたいものは買える。今太っていても、頑張ってダイエットしたら痩せることはできる。今モテなくても、身なりをこぎれいにして、社交的な性格になれば、モテるようになるだろう。今勉強ができなくても、一生懸命工夫して勉強したら、成績も上がるだろう。しかし、「親にきちんと愛されなかった。今も愛されていない。」という事実は、子供の方が努力しても、どうにもならない。

私にはこの感覚がよくわかる。茶沢さんの母親のように、娘に死んでもらうための絞首台を夫とともに作るような、そこまでいかれた親ではないが、私の母もやはり、この世にたくさんいる「子供なんて生むんじゃなかった。」と思ってしまったり、また、それを直接子供本人に言ってしまうタイプの人だった。友だちが「お母さんになんでも相談事をするよ。」とか「お母さんと旅行に行った。」とか言うのを聞くのは子供のころからしんどかったし、今でも正直しんどい。そのあたりの「母子仲良し」経験は得ることができないからだ。死ぬ思いをして稼いで自力でダイヤの指輪を自分のために買うことはできるかもしれない。(いや、ダイヤは高いか・・・)しかし、自分の母親と仲良くすごし、母親に愛してもらう、ということはお金では買えないので、私には一生無理だ。そんな「どん詰まり感」の、それも強烈なやつ、に日々窒息しそうになるのに、住田や茶沢さんは泣きごとを言わない。

そう。劇中、茶沢さんは「実はね、私の家も崩壊しててね。」などと住田に言ったりしないのだ。自分の(かなり強烈な)状況については何も語らず、ただひたすら、テンション高めで「住田君には私がついているから何も心配いらない!」と、寄り添う。この二人は「僕たち『不幸な者同士』だから、傷を舐め合いながら生きましょう。」という方法を持たない。住田も、自分の口から泣き言は言わない。母親に捨てられ、父親には死ねと言われても、泣き言は言わず、「ちゃんとした大人になりたい。」と望んでいる。

そこがこの二人を、この映画を、終盤までずっと輝かせているのだと思う。

「お前には腐るほどの道があるのに・・・」というでんでんのセリフが一番よかった。閉塞的な気分にさせる数々のものによって、ときに私たちは「道がない」と感じる日もある。だから、いつか誰かに刺されて死ぬであろう(でんでん演じる)金子の言葉が光る。マクベスの「きれいはきたない、きたないはきれい。」みたい。きれいな顔して「頑張れ!元気出せ!震災に負けるな!」って言っている劇中の中学教師よりも、えげつないサラ金経営者の金子の言葉の方がずっときれいだ。

園監督の他の作品で強烈な役を演じていた方々に「再会」できて、うれしい悲鳴なのだが、好きな人が出てくるたびに気持ちが一瞬止まってしまう。「あ、でんでんみっけ!」とか「吹越さんと神楽坂嬢は今回はどうも仲良しのようだな。」と気持ちが映画から離れてしまうのだ。黒沢あすかさんにしても、そう。ちょっと「いつもの仲間たち」が多い。ティム・バートン監督作品に嫁のヘレナと親友ジョニー・デップがいつもいるようなものなのかな。やはり働きやすい人と一緒に映画作る方がやりやすいからなのかもしれない。

津波によるがれきの風景。ただただ流れるモーツァルトの「レクイエム」。繰り返されるヴィヨンの詩。若い二人はこれからも、傷を舐め合ったりせず、未来へ向かって走り続けるのだろう。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトカレーでディナー

昨日は完熟トマトがおつとめ品でたくさん売っていたので、カレー用に買ってきました。先日「キユーピー3分クッキング」で小川聖子先生がトマトのカレーを紹介していて、ずっと食べたいと思っていたので挑戦してみました。

Imgp2925

鶏肉に小麦粉をまぶしてからフライパンで焼きます。この小麦粉のおかげでルーを使わなくてもトロっとします。完熟トマトのうまみでおいしいカレーになりました。

Imgp2926

「キユーピー3分クッキング」のとき放映される福山雅治の出てくるキユーピーハーフのCM。ここでキュウリを食べる福山氏の背景の映像の山とその山がくっきりと映っている湖の湖面。これが知床五湖に映る羅臼岳(知床富士)みたいに見えるんですが、違うかな・・・ちょっと山の形が違うか??この山どこの山か知りたい!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

ザ・ニンニクディナー

昨日の「サンデー・ジャポン」で恵比寿ガーデンプレイスでのニンニク料理イベントについて紹介していました。ニンニク中心の料理にしようと決めた次第です。

チキンと野菜の蒸し焼きwith ニンニク。亮一がニンニクをたくさん使って作りました。

Imgp2922

鶏肉、えび、帆立、ズッキーニ、パプリカ、エリンギ、ナス、セロリを蒸し焼きにしています。味付けに塩麹を少々。

SANTIAGO白に合わせました。

Imgp2921

パスタもペペロンチーノ。ニンニクたっぷり。

ご飯の後「ドラゴン・タトゥーの女」(ハリウッド版の方)を見ていたのですが、ロビン・ライト・ペン、って離婚して「ロビン・ライト」にもどってますね・・・ 人生いろいろ。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

形は悪いが味に問題はないぞフリッタータディナー

昨日はズッキーニのフリッタータに挑戦しました。うまく形を作れませんでしたが、味はおいしかったですよ!

Imgp2918_2

ズッキーニを薄くスライスして炒めておきます。卵液に粉チーズと炒めたズッキーニを入れて焼きます。うまくひっくり返したらきれいなフリッタータになったのですが・・・ぐちゃぐちゃになってしまいました。横は牛肉とオクラのオイスターソース炒めです。

SANTIAGO の赤で乾杯しました。

Imgp2917_2

昨日の晩は映画「ヒミズ」を見ました。中途半端な生ぬるい映画ではなく、目がただれるほどの涙を出させる映画です。演じている俳優たちの気迫が痛いほど伝わってきて、気を失いそうでした。第68回ベネチア国際映画祭で主演の二人はマルチェロ・マストロヤンニ賞をとったとのこと。体がえぐられるようなつらい話でしたが、最後に希望の光が見えるので、「生きよう」という気分になる映画です。

今朝はモズクで朝ごはん。亮一がショウガを千切りにしてモズクにのせてくれました。

Imgp2916

昨日に引き続き、卵が中心のメニューです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

なんちゃってタイ風バジルひき肉ごはんでランチ

タイ料理屋さんでひき肉を炒めたのにバジルが入っているの、ありますよね。ごはんにのせて、目玉焼きも添えられているメニュー。「ガッパオ」と呼ぶのかしら?なんとなくそれ風なものをありあわせの材料で作ってみました。

Imgp2912

ナンプラーはなかったので味付けは酒、牡蠣醤油、オイスターソースです。ベランダからバジルをつんできて入れました。

今日は涼しいので冷房なしですごせるのでうれしいです!

今朝は通訳ガイド試験に向け、午前一杯地理の復習をしていました。改めて、京都の金閣、銀閣について調べていたときに、臨済宗相国寺派のHP (FLASH 版)を見る機会がありました。相国寺、金閣、銀閣それぞれの見るべきポイントやアクセスなどが紹介されているサイトなのですが、今まで見たどのHP よりもクールなデザイン!!音も入っているのですが、すごくいい音。もう金閣、銀閣なんて久しく行っていません。昔関西に住んでいたとき、友だちが今出川の方に住んでいたので、たまに家に遊びに行ってたのですが、そんなときも銀閣にまでは行かなかったな。最後に金閣・銀閣を見たのって、修学旅行のときかもしれない・・・ HP を見て、急に京都に行きたくなりました!

(以下URL から臨済宗相国寺派のHP へ飛べます。普通のHTML 版へのリンクもあります。)

http://www.shokoku-ji.jp/

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

ジュレでさわやかディナー

今朝の「はなまるマーケット」で様々なジュレ料理を見て「今夜はジュレに決まりね!」と興奮状態の圭子と亮一でした。

我が家の「ジュレ王子」亮一が可愛いジュレの前菜を作りました。

Imgp2909

ガラスのコップに入れております。中には、半熟卵、コンソメジュレ(粉ゼラチン使用)、プチトマト、キュウリのスライスが入っております。

食べ進めていくと・・・

Imgp2904

卵登場!!

ジュレはまだまだ続きます。「新進 ちょい足しジュレ生姜」というおいしそうなジュレをスーパーで見つけました。サーモンの刺身にかけてみました。

Imgp2910

涼しげです。ジュレの調味料、初めて買ったのですが、いろいろなものにのせれそうです。

チキンはオイスターソースで。

Imgp2908

柔らかく蒸し焼きにしました。

卵を洗ってそのまま冷凍庫で冷凍する方法を亮一がテレビで発見したそうです。凍った卵は水で洗うとさっと皮がむけるそうです。その卵を・・・

Imgp2907

サラダの上でおろしていくと・・・

Imgp2906

ミモザサラダみたいになります。(ただ、かなり卵が冷たいそうで、亮一は手が凍りそうな状態で悲鳴を上げながら卵をおろしていました。終わった後手を触ると、かなりの冷たさに、どんびき!皆さんきをつけてくださいね。)

今日もSANTIAGO の白で乾杯。

Imgp2905

今日は亮一が休みだったので、とても健康的な時間に夕飯が食べられました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すき焼きディナー&「はなまる」朝ごはん

昨日は夜遅くに帰宅した亮一と、深夜のすき焼きディナーでした!

Imgp2890

夜遅すぎ!お祝いディナーですが、ワンコインワインSANTIAGO で乾杯。

今日は亮一はお仕事お休みです!普段家にいない時間帯にうろうろしています・・・「梅ちゃん先生」を見てからごはんです。

Imgp2893

「はなまるカフェ」でおいしそうなジュレ料理を多数紹介していました。亮一は粉ゼラチンを使ってジュレを作るのが大好きなので、いろいろアイデアをゲットでき、嬉しそうでした。

今日も暑くなりますので、みなさん、水分ちゃんと摂ってご自愛ください!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

二次試験を振り返ってみて・・・

英検1級の二次試験の結果が出ましたね。ダメもとで挑戦しましたが、無事合格でした。83点でした。運がよかったと思います・・・

まだ二次試験対策をしていた時期から間がないので、記憶に残っている勉強法に関して書きます。効果があったと思うものと、失敗だったかも、と思うものの両方載せます。今後受験する方に、参考になればよいな、と思います。

【効果があったと思うもの】

①Youtube で英語圏の人のインタビューを見る。

ハンパないくらいの数のインタビューを見ました。気に入ったインタビューは何度でも繰り返し見ました。日本語字幕なしなので、なるべく理解しやすいように、女優さんのインタビューをよく見ました。(女性の方が男性の話者よりも英語がクリアに発声されている=聞き取りやすい、と感じたので。)以下、私が結構な回数閲覧した番組です。

「Late Show with David Letterman」

これはDavid Letterman という司会者のインタビュー番組で、女優、男優がゲストでスタジオに呼ばれ、リラックスしたムードで話が進みます。スタジオの観客の「がははは!」という笑い声もあり。この人、「みのもんた」的存在か?すごく相手から話を引き出すのがうまい。(当たり前ですね、プロなので。)ゲストの女優たちは大概むちゃくちゃ丈の短いドレスで来ていてセクシーです。下着見えそうな状態で椅子に脚を組んで座るのが伝統のようです・・・

なお、この番組CBS がアップしているので、きれいな画像でクリアな音声でインタビューが閲覧できます。

「The Ellen DeGeneres Show」

女優のEllen DeGeneres が司会のトークショーです。はじけている感じで、見ていて元気になります。こちらも、エレンのショー自体が過去のインタビュー画像をアップしているのを見ることができます。クリアな動画で英語を勉強できます。このエレンという女優がすごくゲストとの掛け合いがうまくて、アメリカ版黒柳徹子先生みたいですよ!

「This Morning」

アメリカの番組ばかりじゃなんなので、イギリスの番組も。ITV というテレビ局の朝の番組「This Morning」。これもYoutube でITV がアップしている動画があります。この番組、男性と女性の司会がいて、リラックスしたムードでソファーに座ってゲストを迎えてインタビューしたり、料理のコーナーがあったり、と「はなまるマーケット」的。この「二人の司会にインタビューされる」という設定、英検1級の面接と似てますね。質問を受け、答える、という基本的なインタビューでの行為を学べます。ITV がアップロードしている動画なので、見やすいです。なお、レシピの映像では、料理の工程の説明を聞き取る訓練ができます。作業の段階をわかりやすく話す技って、英語でプレゼンするときにも使えると思います。なので、英検の面接でのスピーチにも使えるのではないか、と思うんですよね。

②TED を見る。

http://www.ted.com/ 

ここでは、18分という時間制限のある環境で、意味のあるアイデアをプレゼンする、というチャレンジングなことをプレゼンの達人たちが行っています。無料でこういう動画を提供しているのって、本当にすばらしい団体です。教育界のケネス・ブラナー(って勝手に私は呼んでいる)、Sir Ken Robinson のスピーチ、何回見たかわかりません。最高です。

③テソーラスハウス(渋谷にある英検1級対策の学校)の「二次直前模擬クラス」に参加する。

試験の直前に一回だけ参加しました。(一回でも参加できるクラスでした。)二次試験を一度も受けたことがない私にとっては、本当にリアルな予行演習ができました。ぶっつけ本番でトピックカードを見て、自分の話すべきトピックを選び、スピーチを構成して、スピーチを話し、質疑応答まで進む、という実際の試験と同じ進行での体験を得ることができました。これは自学ではちょっと無理ですよね。

④「クローズアップ現代」を見る。

この番組を見て、気になることをメモし、その話題でタイマーで図って2分とにかく何か話してみる、ということを何度もしました。番組の取り上げる話題は、ものすごくHOT なので、スピーチの題材としてはかなりイケていると思います。

なお、上記①では、「面接で、ネイティブと話すときに、どうふるまうか」のヒントを得ることができます。たとえば、ちょっと答えるのが困難な質問をされたときに、沈黙はできないけど何か返さないといけない、というシチュエーション、インタビューではありますよね。試験の面接でもあるはず。David Letterman などの司会者の質問にどう女優(男優)が応対するのかを見るのはとても勉強になりました。そして、適度なボディ・ラングエッジも学べます。

②のTED では、もちろん、スピーチの構成が学べます。プレゼンでは観客の注意を得るためには冒頭でプレゼンのクリアな方向性を語り、「あ、この人の話面白そうだ!」という気持ちにさせることが大事だと思います。英検の2分間スピーチでも、まず最初に「私は○○に関しては、強く○○○だと感じています。そのことについてこれから理由を述べつつ皆さんにお話ししますね!」とはっきりと自分の立ち位置を示します。その後で、「私の申し上げたいポイントは2つあります。一つ目の論点は・・・」と観客へ「道しるべ」を見せます。

このような「観客を飽きさせず、迷子にさせず、自分の意図することを明確に話す。そして、適切な例を用いて自分の論理を正当化する」という話法はTED のプレゼンを見ているとよく学べます。TED は字幕を表示させる機能や、自分の好きな言語でプレゼンの翻訳を表示させる機能もついています。

【あまり成功しなかったこと】

二次対策の勉強時間が限られている(一次合格から二次試験まではあまり時間がない)ので、焦ってしまい、最初のころは、とにかく「予想問題集などに掲載されているトピックについてPC でエッセイ方式でスピーチ原稿を打ち込み、それを音読して暗記する」ということをしていました。がちょーん。無理でした。まずエッセイを書くこと自体、時間がかかりすぎです。それに、トピックも、問題集などに載っている様々なジャンルのものに手をつけて、途方もない気持ちになりました。

結果、対策としては、自分の得意なジャンルである「教育」そして、自分の興味のある「医療・老後・高齢化」というジャンルにしぼり(絶対このあたりから何かは出るはず、と期待して)、予想問題集などからそのトピックを選びました。そして、2分相当のエッセイを準備するのではなく、「論点だけを箇条書きにする」ことにしました。

例えば、「日本で夏時間を導入するのはよいか悪いか」というトピックだとすれば、

結論「悪い」

理由1「日本はほぼすべての家電にコンピュータが入っている。つまりは『時刻』が入っている。年に2回も調整するなんて、面倒だ。無理無理。」

理由2「昼の時間が長くなると、時間のコントロールできないタイプの子供はいつまでも外で遊ぶ。非行などの問題になるかも。」

と簡単にメモ(可能なら英語で)を作り、そのメモを見ながら2分タイマーでスピーチをする練習をする、という風にしました。エッセイをまるごと暗記、というより、訓練になってむしろよかったと思います。

なお、予想問題集で「このトピックについて考えよう」と思っても、全く自分の意見が浮かばないときは、私は「eHow」というアメリカのご意見・ハウツーサイトをよく参考にしていました。

http://www.ehow.com/

例えば、「juvenile delinquency」(若者の非行)の問題に関し、どんな対策があるかな?と思って、識者の意見が知りたいな、と思ったら、eHow の画面のsearch のところに"juvenile delinquency"と入力して検索してみます。関連した記事のリンクがたくさん表示されるので、読みやすいものを探して読んでみます。「ああ、非行に対する対策はこういうのがあるのか~ふ~ん。」と自分も話しやすい(共感できる)アイデアを選び、そのポイントで2分話してみる、という方法をとってみました。この「eHow」では教育やしつけに関する話題が多数取り上げられていたので、アイデア不足のときはよく閲覧していました。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロールケーキでひとまずお祝い(英検1級二次試験、受かってました!!)

本日午後3時ごろから英検のホームページで7月8日受験の二次試験の合否チェックが可能になりました。またもや家康公の日光お守りなど守り神「総動員」でパソコンに向かい、手に汗握りながらチェックしたところ・・イイェエエイ!合格していました!

面接当日は、自分が少しでも痩せて見えるデザインのブラウス&パンツ(「勝負服」)で戦闘モードに入りました。そして、道に迷うリスクをヘッジしてものすごく早く家を出て、かなり前から会場(神田外語学院)付近に到着し、待ち時間長くて余計に緊張し、何回もぶつぶつと自己紹介(関西育ちですから、ジョークの一つ二つは入れようと、リハーサルには余念ない私。)を身振り手振り練習しながらも、顔は固まっている状態で受け付け開始を待ち、本番では武士のように腹を決めて(?)姿勢を正して「勝負」に出た私・・・今思えば笑えることばかりですが、本人は必死でした。

ああ、ホッとしました。仕事を3月末で辞めて以来、ほとんど毎日勉強しかしていなかったから・・・ 何か「うまくいったという感覚」が欲しかったのです。しばし、自分にご褒美、ということで、近所のダイエー系列のスーパーにいつも置いている「Plecia」さんという会社のロールケーキを頬張りました。

Imgp2888

「至福のしっとりクリームロール」です。
http://www.plecia.co.jp/html/products/lineup/chilled/RllCrm/RllCrm.html

いやああ、まじに、「至福」なのです。(週に一度は買ってしまう。)が、さすがに4切れ一人で食べたら病的なので、残りは後程亮一とシェアしようと思うのであります。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレッシュトマトのドライカレーでディナー

三連休最終日の昨日の夜は、ドライカレーにしました。

Imgp2886

トマトを刻んで入れました。豆も入れました。いろいろな食感があり、おいしいドライカレーです。ショウガもたくさん入れたので、体によさそうです。

Imgp2885_2


普通のカレーも好きですが、ドライカレーはもっと好き!夏はやっぱりカレーですね。

「私だけのハッピー・エンディング」を見ました。キャシー・ベイツがケイト・ハドソンの母親役を演じて演じていました。ケイト・ハドソンの貫録とキャシー・ベイツの恰幅のよさ。本当の親子のようでしたわ。この映画では病気になってしまったキャリアウーマン、マーリー(ケイト・ハドソン)と、病院の先生ジュリアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)が仲良くなります。あらためて思ったのですが、ガエル・ガルシア・ベルナルって、はにかんだ微笑み、体の細さ、などなどから「堺雅人」を思い出しませんか?でも、本作では全裸でヨーヨー遊び(!?)をする、という大胆かつ笑えるシーンもあるガエル・ガルシア・ベルナル。堺雅人ではありえないか・・・

ま、堺氏に頑張って脱いでもらうとして、日本版「私だけのハッピー・エンディング」を撮る場合、マーリー役はどうしましょうか。ケイト・ハドソンみたいな人いますか?ずっと感じていたのですが、どうしてケイト・ハドソンはどの役でも肝っ玉の据わった強い女なんでしょうか。本人がそういう性格なのかな・・・決して「かわいくて守ってあげたい対象」というのではなく、もっとワイルドな感じで、強くてきれいな感じなので・・・ああ、米倉涼子しか思い浮かばない!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

冷しゃぶサラダディナー&納豆朝ごはん

昨日は冷しゃぶサラダにしました。

Imgp2874

茹でた豚肉は焼き肉のたれ、オリーブオイル、牡蠣醤油少々を混ぜたソースで味付けしました。たくさんの野菜(キャベツ、キュウリ、ミョウガ、パプリカ、トマト)の上にのせていただきました。

亮一が作ったニンジンシリシリです。

Imgp2873

シメジも入っています。

チンしたご飯、アボカド、カニカマ(SURIMI)、チーズ、牛乳、でドリア風の一品を作りました。

Imgp2871

中はこんな感じです。

Imgp2869

加熱したアボカドは最高!

ネロ・ダーヴォラ種のワインに合わせました。

Imgp2870

昨日は暑かったので、ハイボールも飲んでしまいました。スーパーのお酒売り場でなぜかストーンズのロゴを発見。

Imgp2872_2

どうやら結成50周年記念で出ているみたいです。これはファンならとりあえず手に取って、買ってしまうと思うし、すごい売り上げになるのではないでしょうか!!?

今朝は納豆で朝ごはん。

Imgp2868

昨日の豚しゃぶのときのゆで汁をとっておき、今朝はそれをかき玉汁にしました。豚をゆでるときに生姜も入れておきました。いいダシが出ています。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原北公園にアジサイを見に行きました!

暑いけれど部屋の中にこもってばかりでは体によくないので、昨日は散歩にでかけた圭子&亮一です。相模原北公園にアジサイを見に行きました。JR橋本駅からバスで行ってきました。

まだきれいなアジサイがたくさん見ることができます。まずは白い華麗な「アナベル」というアジサイ。

Imgp2878

先日見た映画「永遠の僕たち」の女の子と同じ名前です。

たくさん咲いていて迫力がありました。

Imgp2879

白いアジサイは初めて見ました。

青のアジサイもきれい。

Dscn1153

涼しげな色です。

変わった形のアジサイも見つけました。

Imgp2881

花が小さいのです。可憐です。

ガクアジサイも好きです。

Dscn1155

自然のものとは思えない。花ってすごいですね。どんなデザイナーさんもこんなきれいなデザイン、できないはず。

こんな色のドレス欲しい・・・

Imgp2880

ワンピースでこんな色だと、すごく涼しげな雰囲気になりそうですね。

公園内には、ハーブのセクションもありました。ラベンダーの近くでは風が吹くといい香りが漂い、本当に癒されました。

Dscn1157

ラベンダーの前には大量なローズマリーも植えられていました。

Imgp2877

鼻を近づけて香りを嗅いで、ローズマリーにも癒されました。

そして公園内にはバラのセクションもあるのでした。本当に、いろいろ楽しめて穴場な公園!!

Dscn1158

ピンクのバラです。

花の王様って感じですよね。

Imgp2875

ちなみに市立の公園なのでもちろん入場無料。広い公園なので散歩にも快適。お勧めです!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

イカワタ炒めディナー&とろろ朝ごはん

昨日は学校で忙しかった圭子です。家に帰ると亮一が白ワインに合う料理を作っていてくれました。

前菜はコンソメジュレ。

Imgp2832

枝豆をトッピングしています。夏らしい。

イカワタでズッキーニなど野菜を炒めました。

Imgp2831

Love イカワタ!

パスタは冷製パスタです。

Imgp2833

具はアボカドです。亮一のオリジナルだそうです!おろしニンニクがきいています。

モンテマールの白と合わせました。ワンコインワインです。

Imgp2830

夏らしい献立です。

今朝は夏バテぎみなのでとろろをすっていただきました。

Imgp2829

大根おろしもたっぷり。健康的な朝ごはんです。

圭子&亮一


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

肉ディナー&野菜朝ごはん

昨日は牛肉とシメジ、ブロッコリーのパスタでした。亮一作品です。

Imgp2821

おいしくできました~

豚肉はパプリカと炒めました。

Imgp2820

ここにもシメジが。(シメジが安かったのです・・・)

いつものSANTIAGO の赤で乾杯。400円台のワインってのは庶民の味方ですね。

Imgp2822

寝ている間、ものすごい雨の音で目が覚めました。神奈川県も結構降ったようです。九州、大変なことになっています・・・ ニュースで川の水の恐ろしい流れを見て、ただただ恐怖でした。自然は怖いですね。

今朝はレタスを鯖缶でサラダにしました。バルサミコ酢をかけてすっきりと。

Imgp2819

目玉焼きは無残にも二つとも作成の途中でくずれました。てへ!

圭子はずっと興味があるのに読んだことがなかったジュネ(Jean Genet) を、昨日とうとう買っちゃいました。まずは「花のノートルダム」から。中条省平さんの新訳です。なんかwikipedia で調べたら、この中条さんの著書には、「フランス文学翻訳(バタイユとか!)」、「三島由紀夫」「映画」「漫画」と、私の大好きなキーワードがうじゃうじゃ。浅草キッドとの共著まである。はまりそう。まずはジュネが獄中でしたためた「花のノートルダム」を読まないと。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

「春との旅」V.S.「永遠の僕たち」-メメント・モリ-

死んだらどうなるんだろう。いや、それより、死ぬ前苦しむんだろうか。そんなことを時々考える。震災を機に「死」を考えることが多くなった人も多いのではないだろうか。

「春との旅」はおじいちゃんと孫娘のロード・ムービーだ。北海道の漁村の娘春(「梅ちゃん先生」で梅子の親友役を強い目力で演じる徳永えり)は学校での給食の仕事を失う。東京に出て仕事を探したくても足の不自由な祖父(仲代達矢、これまた目力強し)の世話をする人がいなくなる。二人は忠男を居候させてくれそうな親戚を巡る旅に出る。

北海道から宮城県に向かう二人。(終盤でまた、北海道に戻るが。)折り合いの悪かった兄弟(姉も)と対面しつつ、皆それぞれ事情があり、誰も忠男の面倒を見てくれるひとはいないことがわかる。そんな中、春は、「ずっとおじいちゃんと一緒にいよう」と静かに決意する。

本作では、震災前の東北の活気のある姿を見ることができる。春と忠男がおいしそうに食べる気仙沼のフカヒレラーメン。忠男の姉(淡路千景さん、今年亡くなったそうだ)が女将をする鳴子温泉の老舗旅館。JR仙台駅前の雑踏。このような「生活」を一瞬で奪った自然の恐ろしさを再度考える。

現代社会のいいところは、医学の発展により、昔は助からなかった病気も治り、人はものすごく長生きになったことだ。人生60年だったころには味わえないほど、たくさんの喜びを得ることができる。しかし、昔の人が味合わなかった苦悩を味わう機会も得てしまった。年を取り、体も不自由になり、自分一人では生きることもできず、唯一の身内である孫の将来をしばってしまうことになる忠男。でもそれは忠男のせいではない。「長く生きちゃってごめんね」という気分にさせるような社会なんて、おかしいのだ。おかしいが、今の社会(そして、今後はもっと高齢化が進む)で、人が気分よく死ねるようになるのは、無理な相談なんだろうか。足を引きずりながらも、それでも前を向いて歩く忠男の姿は、明日の自分だ、という気持ちがしてならない。

それにしても、「元漁師」に見えづらい仲代達矢だった。孫に甘えて少しお茶目なしぐさをしたり、わがままばかり言って「疲れた疲れた」と言う割には毎度毎度の食事を猛烈な食欲で米粒残さず食べる忠男を好演していたが、インテリ風のメガネ、そして明らかに仕立てのよいコート(オースチン・リードか?)を着ている彼は、まるで大学の教授だ!威厳がありすぎ。教授、もしくは「マクベス王」にしか、見えない・・・

同じく「死」を描く「永遠の僕たち」を見た。ガス・ヴァン・サント監督の最新作。

知らない人の葬式に紛れ込んで参加するのを趣味とする主人公イーノック。(演じる俳優が、なんか誰かに似てるなああ、とずっと思っていて、最後まで見て「デニス・ホッパーに捧ぐ」とあり、あああ!デニス・ホッパーだ!と思った。似てる似てる。苗字も「ホッパー」だし、調べたら、息子さんだった。)この設定、「ハロルドとモード」を思い出させる。まあ、他人の葬式に顔を出すなんて、普通では考えられない。そういう考えられないことをしないと生きていけないのだから、イーノックには何か過去があるはずだ。

そんな彼がある葬式で、かわいい女の子アナベルと出会う。(演じるミア・ワシコウスカがものすごくかわいいショートカットでよい。)彼女は余命3か月なのだ。

出会った時点で3か月という時間的制限がある。この3か月はとことん楽しもう、ということで、最初は友達だった二人はだんだん恋人になり、時に小さな喧嘩をしながらも、忘れられない思い出をたくさん作り、数えられないほどのキスをして、「死」を準備する。

イーノックはアナベルに出会うまでは、友だちは一人しかいなかった。「ヒロシ」という名前の幽霊だ。ヒロシは神風特高部隊のパイロットだった日本人。とっくに死んでいるが、イーノックにしか見えないという状態で、地上にいる。加瀬亮がきれいな英語をあやつり、イーノックの「心の友」を静かに演じる。

アナベルは病気であり、その病気がとても重いこともしっかりと自覚している。なので、残された短い時間を嘆き悲しむのではなく、好きな人とたくさん楽しい時間を過ごそうと努力をしている。私たちは、ほとんどの場合、「あと○○か月(○○年)で死ぬ」というタイムリミットを知らない。知らないので、無駄に人と争ったり、自分を苦しめたり、将来を不安に思ったりする。無駄な時間をかなり長いこと過ごした結果、何の準備もなく突然病気になってしまったり、時には、何の準備もなしに死んでしまうこともある。アナベルのように、腹をくくって「精神的な万全の準備」ができればいいんだけどな。死を恐れず、死を意識しつつ心を準備態勢に持っていく、そしてなるべく周囲の大事な人々とは楽しい時間を意識して過ごす、という方法を身に着けること。これがあと数十年の余生で行うアクションポイントの第一位にすべきことかもしれない、と強く感じた。

この映画はビートルズの「Two of Us」で始り、NICO の「The Fairest of the Seasons」で終わる。涙は出るが、決して悲しい映画では、ない。ガス・ヴァン・サント万歳。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ばてカレーディナー

暑さが苦手の圭子&亮一。二人とも道産子の血が流れているからでしょうか、本当に夏が苦手です!!寝るときは冷たい枕(ゲル状のものが中に入っている、冷凍庫で冷やす枕)をして寝ています。そして、二人とも「あせも」までできるほどの汗かきなので、和光堂の「シッカロール」は欠かせません。(赤ちゃんか!?)体質が似ていてよかったです。(片方が異様な汗かきだと、夏はケンカになっていたかもしれない・・・)

というわけで暑い日々はスパイシーなものに走ってしまいます。昨日もカレーでした。

Imgp2814

浴衣のイラストのナプキンで涼しさを感じてみました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

そうめんあっさりディナー

昨日はそうめんでディナーでした。ベビーホタテの醤油炒めや、ゆで鳥、キュウリ、オクラなどなど・・・いろいろ添えていただきました。

Imgp2812

ご飯を食べながら、Gus Van Sant 監督の「Restless」見てました。加瀬亮が「ヒロシ」(圭子のおやじの名前と一緒や!)という役で出ています。今回加瀬氏が英語で演技しているのを初めて見たのですが、「日本人が英語を話していることにより、こっちがそわそわ気になって、話の流れをつかみづらくなる」という現象が全くなかったです。神風特攻隊だったけれど、今は幽霊としてさまよっている人、というかなり特殊な役どころです。このように、特殊な立場の設定でなくても、普通にアメリカのサラリーマンの主人公の役、とか主人公の友達の役など、できてしまうかもしれない。英語を話しているときの力の抜け方がよかった。今後もいろいろな仕事ができそう。加瀬亮は子供の頃ワシントン州に住んでいたそうです。

この映画、ちょっと「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」を思い出させます。葬式通いが趣味の主人公の男の子が出てくるあたり。Gus Van Sant いいわ~!!「My Own Private Idaho」もよかった。昔の Gus Van Sant 作品をまた振り返ってみたい気分です。

今日の熊本・大分の雨、大変なことになっているようです。熊本・大分の皆様、気を付けてください。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

パプリカの冷製パスタでディナー

昨日はNHKの「あさイチ」でラ・ベットラの落合シェフがおいしそうなパプリカの冷製パスタを紹介していました。さっそくマネっこしてみました。

Imgp2810

パプリカが甘い!魚焼きグリルでパプリカを表面が黒くなるまで焼きました。そうすると皮がするっと取れます。マリネするときにバルサミコも入れました。暑い日が続きます。冷えた麺はいいですね。

Imgp2809_2

冷たいスープも添えました。SANTIAGOの白で乾杯。

ところで先ほど「梅ちゃん先生」を見ていましたが、最近の弥生さんはメークがちょっとほんわかしている。世良公則演じる坂田先生に「ほの字」なのでしょうか。その弥生さんを演じるのが女優の徳永えり氏です。この方の「春との旅」を昨日見ました。この映画で仲代達矢さんの孫役を演じています。高齢化社会というものを強く考えさせられた映画です。徳永えりって人は、すごい女優だなああ。彼女の演じる弥生さんは、「梅ちゃん」の中でも、信頼できる人ランキング一位のキャラだと思います。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

辛口&中辛混合カレーディナー

昨日は昼に「キユーピー3分クッキング」で藤井恵先生(好きなんですよねええ!可愛い!料理紹介わかりやすい!)の紹介していた「なすとピーマンの肉みそ炒め」があまりにも魅力的だったので、マネっこして作りました。

Imgp2804

ナスを結構しっかり炒めて焼き色をつけるのがコツとのこと。しっかり柔らかくなるまで炒めました。

肉みそ炒めと白ご飯、という組み合わせもよいのですが、スーパーのカレールー売り場をうろついていたら、急にカレーも食べたくなりました。いつもは「TOPVALU」の「旨み&コク カレー 中辛」派なんですが、なんかリッチな気分を味わいたい、と思い、「S&B」の「フォン・ド・ボー ディナーカレー 辛口」買っちゃいました!!いつもよりもちょっと高めのカレールーを買うだけで、気分が全然違う。「フォン・ド・ボー」っていう響きに酔ってしまいます・・・

いろいろ混ぜるとカレーはおいしくなると思い、うちに残っていた「TOPVALU」のカレールーと「フォン・ド・ボー ディナーカレー 辛口」を混ぜて作りました。

Imgp2805_2

日本だと「夏はカレー!」とか「冬は鍋!」とか、季節によって食べたくなるものありますよね。こういう食べ物のイメージ、外国でもあるのでしょうか?

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

英検二次試験お疲れさんディナー

終わった~!(達成感by 圭子)

今日は英検1級二次試験。短い間ですが、自分の少しでも親しみの持てるトピックで練習を重ねてきました。100円ショップで買ったキッチンタイマーを使った練習です。外出中も持参し、電車の中や喫茶店で二分はかってはぶつぶつスピーチを言う(ピピ!っと二分たったら鳴るので異様な人かつ迷惑な人です)という日々を過ごしました。今日は午後二時からの試験でしたが、早目に会場エリアに着いても全くランチを食べる気分の余裕はなく、カフェでアイスコーヒーを飲んで、やはりキッチンタイマーで時間をはかってはぶつぶつ、の変人状態でした・・・

試験が始まるまでは緊張で失神しそう(一次試験のときと同様)でしたが、いざ試験の部屋に入ると、度胸が出てきて、思いっきり楽しむことができました。昔バンドをやっていたときと同じです。ライブが始まるまでは吐きそうなくらい緊張するのに、ステージに上がってしまったらもう何も怖くなくなる。私はやっぱり、じっと机に座って事務員(最近までやっていた仕事ですが)する、というのは向いていないのかもしれない。「瞬発力」しかないので、8時間も「いい恰好」ができないし。短時間でぱぱっと何かプレゼンするのが、やっぱり好きなのかもしれないな~、と将来の仕事を考えるきっかけになった一日でした。

合格か不合格かは神のみぞ知る、です。少なくとも、全く完ぺきではありませんでした。それでも、久しぶりに外部の人と英語でおしゃべりをできて、楽しかったです。(3月に失業してから、日々しゃべる相手は亮一か、スーパーのレジの人くらいだけだったので。とほほ。)

試験の後は、やっと落ち着いてご飯が食べられる!と思ったのですが、ビジネス街の会場なので、結構お休みの店も多く、結局大好きな立ち食い蕎麦の「小諸そば」で一人蕎麦をすする圭子。立ち食い蕎麦マニアなのですが、「小諸そば」がやっぱ一番!

今日は今までずっと禁欲的だったので、久しぶりにスパークリングワインに合わせてお祝いしました。

Imgp2800

チキンを蒸し焼きにしました。ローズマリー、オリーブオイル、ニンニク、水、塩コショウで調理。仕上げにバジルをたっぷりのせました。亮一の力作です。

Imgp2799


今日はサラビベ辛口に合わせました。

ナプキンは亮一のお土産のアルファベットのイラストのです。

Imgp2801

ちゃんと熊(bear)の絵の下には「B」が。その他のイラストも、その絵を示す単語のキャピタルレターが近くにあって、知育風?

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

「卒業」V.S.「アクロス・ザ・ユニバース」-人生の背後にはいつも音楽がある-

ダスティン・ホフマンが30歳にして、「大学は出たものの・・・将来は、未定」の揺れ動く若者ベンを演じた1967年作品「卒業」を久々に見た。(今と比べて)ものすごく若いホフマンではあるが、しゃべり方、歩き方、雰囲気があまり今(70代半ば)と変わらないのが興味深い。小柄でアクティブな方なので、今も「ベン」時代とそれほど変わらない。

大学を卒業して、将来有望(だと周囲には言われているが、自分は何を将来していいか見えていない)のベン。自分のお祝いのパーティに来ていた、幼馴染のエレーンの母親であるロビンソン夫人(アン・バンクロフトがイケている!むちゃくちゃ熟女パワー、と思ったら当時まだ36歳だ。現在の36歳よりも、当時の36歳は大人っぽく見える・・・)に突然迫られて、戸惑っているうちに、自分からもロビンソン夫人にコンタクトをとったりするようになる。次第に二人はホテルで密会する仲に・・・

この映画を初めて見た時は、エレーンの方が年齢的にも自分に近く、ロビンソン夫人に対するシンパシーは感じなかったと記憶する。今ではロビンソン夫人の方が自分にものすごく近しい世代だし、自分が好きになった若い男が自分の実の娘と付き合うようになることの苦悩、嫉妬の方が断然想像しやすい。

映画もそうだが、文学も含め、長期に渡って接することができる名作の場合、そのときそのときの自分の状態や年齢によって感じるポイントに変化が出てくることが面白い。大学生の子供がいてもおかしくない年齢になり、ロビンソン夫人に自分を投影するような日がくるとは・・・

少し前に「(500日の)サマー」を見ていた時、サマーが劇中「卒業」(のラストシーン)を見ながらおいおい泣いているシーンがあり、気になったので、もう一回きちんと「卒業」を見ないと、なぜサマーが泣いているのかわからないな、と思っていた。サマーは決して「ベン、エレーン、よくやった、おめでとう!」と感動しているようには見えなかったから。

「卒業」のラストは、最後の最後まで見ると、とても暗い気持ちになることがよくわかった。(この辺の読み取りは、若いころ見た時にはできていなかったかもしれない。少なくとも、こんな後味の悪い終わり方だとは記憶していなかった。)ベンは愛するエレーンが結婚式をあげている最中の教会に乗り込み、彼女を花婿から奪う。エレーンも、待ってました、とばかりに彼と一緒に逃げ出し、二人はちょうどそこまで来ていたバスに乗り込む。行先もわからずに。乗り込んだバスの乗客は、老人ばかりだ。ウェディングドレスのエレーンと、きたない身なりのベンは、興奮状態で後部座席に座る。最初は「やった~!イェー!」とばかりに朗らかな二人だが、乗客老人軍団からの冷たい視線を浴び、なんとなく自分たちも「あれ、もしかして僕たち道を誤ったかな?」と不安な気分になるのだ。さっきまで大喜びだった二人は、一瞬のうちに将来の不安に満ちたなんとも言えない顔をする。そして、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」が流れる中、映画は終わる・・・ 後味悪すぎ!!

サマーは「今は楽しくても、いつかこの楽しさも終わる日が来るに違いない」と目に見えない不安を感じて泣いていたのかもしれない。

この映画はサイモン&ガーファンクルの曲で彩られている。テーマ曲は「サウンド・オブ・サイレンス」だ。沈黙に音を感じるほどの、静けさと孤独。ベンの不安な未来と、悲しげな曲がよく合っている。

同じく、同一アーティストの音楽が映画を彩る映画「アクロス・ザ・ユニバース」を見た。演じる役者たちが吹き替えなしでビートルズの曲を歌いつつ話が進んでいく奇跡的な映画だ。

この間ウディ・アレンの「人生万歳!」で出会ったエヴァン・レイチェル・ウッド。もっとこの子が見たいと思って借りてきた本作だ。

エヴァン・レイチェル・ウッドの演技を見ていて思い出す言葉は、「頼りがい」だ。どっしりしている。本作ではリバプールから実の父親を捜しにアメリカにやって来たジュード(!)という若者と恋に落ちるが、それでも、自分の道(学生運動団体での活動)にも妥協しない女の子ルーシー(!)を好演している。この「どっしり感」はどこから来る?と思って調べたら、バイセクシャルで、テコンドー黒帯だそうだ。なんでもありで、よい。

それにしても、一番驚いたのは、「ビートルズの曲の歌詞だけで、物語が成り立っている」ということだ。どのようにしてこんな驚異的なことが可能になったのか??ジュリー・テイモア監督よ!!かなり「歌詞」と「物語の進行」「登場人物」をマッチさせるのに、時間と頭脳が必要なはず。映画が先にあり、その内容に合う歌詞で新たに曲を作成する、というやり方の逆なのだから・・・ そして、きちんとつじつまが合っている進行に仕上がっているので、もう、あっぱれ、としか言えない。

役柄的にはあまり中心にはいないが、プルーデンス(!)という役の女性がいる。彼女が「I Want to Hold Your Hand」を歌うシーンの字幕で、あらためて、この曲の意味を理解した。実際はテンポのよい曲だが、劇中ではスローにアレンジして歌われていて、場面にも合っている。「I Want to Hold Your Hand」はなぜか「抱きしめたい」という邦題だが、今回よくよく歌詞を噛みしめてみて、「人を好きになったら、『手』を握りたくなる」という感覚は確かにあるな、と再確認した。何か特別の感情を誰かに持った時、その相手と手をつなぎ、つながりたいという本能、あるものだ。

ラストの「All You Need Is Love」からの流れで、曲の最後の方での「She loves you, yeah yeah yeah...」が歌われるあたりは、物語の進行にどんぴしゃで合っていて、監督に座布団を何枚かあげたい気分になる。

音楽がなくても、人は死なないであろう。だけど、音楽がこの世から消えたら、この世は灰色になる。音楽があるから世界は七色だ。そんなカラフルな幸せの中、ルーシーはダイヤモンドとともに空の上で微笑んでいる!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタミナうな丼でディナー

昨日は夏バテなのか、あまり食欲がなかった圭子と亮一です。元気をつけるために、うなぎを買ってきました。

Imgp2795

薄焼き卵と小女子も一緒にご飯にのせました。

Imgp2794

トマト納豆、ズッキーニのひき肉炒め、冷奴・・・ヘルシーディナーです!

昨日昔懐かしい映画「卒業」を久しぶりに見ました。この映画、ものすごく昔に見たきりだったので、ラストのベン(ダスティン・ホフマン、若い!)とエレーンの教会からの脱出シーンしか覚えていなかったのですが、結構ほかにもいろいろエピソードがあったのだなああ、と再確認しました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

塩麹漬けポークディナー

昨日は豚肉を塩麹に漬け込んでおいてからフライパンで焼きました。漬け込むとき、ローズマリーも少々入れました。

Imgp2791

肉が柔らかくなりました。

Imgp2790

疲れた時は豚肉が食べたくなります!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

上の空のかつ丼ディナー

昨日は「映画」コーナーでも書きましたが、渋谷のシアターイメージフォーラムで「愛の残像」見てまいりました。圭子です。

映画館の大きなスクリーンでルイ・ガレルを堪能できて、本当に幸せだった。108分の間、ルイは私のものだった・・・

この人の魅力はなんなんでしょう。まずは「髪」ですね。ぐちゃぐちゃ。くるくるの巻き毛。無造作に乱れた髪をかきあげるとそこにはレディーキラーの瞳。この人は今、18歳年上のヴァレリア・ブルーニ・テデスキと付き合っているんだと。いいねえええ。ルイがエヴァ・グリーンと付き合っている、とかだと、「け!」っとなるけど、こういうのはもう応援するしかない。いい男だ。あっぱれルイ!

私のルイは、「声」もいい。ルイ同様、見ているだけでボーっとする俳優に、ブノワ・マジメルという人がいますが、いかんせん、この子、声がちょっと高いのよね・・・黙ってたら好きなんだけど。

というわけで、ルイ・ガレルと渋谷で「逢い引き」してきて、かなり疲労してしまい、気もそぞろで帰りの乗り継ぎ駅の揚げ物屋でとんかつ一枚買ってきて、夕飯は簡単に「かつ丼」です。

Imgp2786

もう、かつ丼を煮る、くらいしかできません。ルイで頭が一杯。「愛の残像」の中でキャロルが、ルイ(演じるフランソワ)に「うちに来て」と言っても全然来てくれなくなり、そのあと精神がおかしくなるところがあるのですが、まあ、その感覚ですな。ルイと離れ離れになり、気がおかしくなり、かろうじて玉ねぎをスライスしてかつ丼を煮る私。何も知らない夫(亮一)は、無邪気にかつ丼に舌鼓。

Imgp2787

嗚呼!ルイにも食べさせてあげたい!Aimez-vous la cuisine japonaise? Voila! ルイ、かつ丼どうぞ!J'ai regardé "La frontière de l'aube". Louis Garrel est magnifique!!

白黒映画の中、彼のほっぺのほくろまでもがセクシーでした。

フランス映画を見ていて思うのは、「フランス人は宇宙人だ」ということです。彼らはちょっと違うところで生きています。彼らにとっては、「愛」が最重要なのだと思います。滑稽なくらい、愛に振り回され、ときにボロボロになりながらも、レストランで向かいに座り、お互いの手を触りながらごはんを食べるわけです。愛が始まる際に、「この人の年収いくらだろう?」とか「独身か?」とか「仕事何しているんだろう?」とか勘ぐりあうのではなく、目を見つめ、「何か」感じるものがあれば、そのまま愛し合い、愛がなくなれば、カフェで残酷な別れの苦しみを味わい、ボロボロになりながらパリをさまよい、そしてまた、めくるめく愛と出会うのでしょう。というのが私のフランス人のイメージ。でもそういう映画一杯見たし、あながち間違っていないかも。フランスが、ここまで男女の愛を重要視する文化を持つようになったいきさつはなんなんだろう?久々にフランス映画見て、いろいろ考えさせられました。

ちなみに、亮一にもYoutube にアップされていた「愛の残像」の予告編を見せてあげたのですが、「ふ~ん」だけでした。け!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

「愛の残像」V.S.「ゲルマニウムの夜」-家族対決!-

渋谷シアターイメージフォーラムにて「愛の残像」を見てきたところ、である。雨の渋谷、平日夕方の渋谷。ゆったりした座席の中、まったりとモノクロのパリの中に忍び込んで、悲しくも美しい恋の世界を堪能できた。

ルイ・ガレルはフィレンツェ、ミケランジェロ広場のダビデ像を思い出させる。くるくるの巻き毛。美しい裸体。ベルトルッチの「ドリーマーズ」で披露した、後姿のお尻はダビデ像のお尻をほうふつさせる。そんなガレルの美しさが、本作での「白黒」の世界で、際立っている。

この人(ガレル)は、神様から「好きにしなさい。お前は好きにするがいい」と許可を受けたかのように、世の女たちを狂わせる。ほかの誰にも許さないけど、ガレルには何をしてもいい、という許可証を神様は渡したに違いない。こんな目をして、こんな歩き方をして、こんなしぐさで世の中をうろうろされたら、「被害者」は増えるばかりだ。ガレルに、気持ち的には、殺されてしまった女性はごろごろいるに違いない。彼の魅力に打ちのめされて、ただ、床をのたうちまわって息をひきとりそうになる感覚。どうか殺さないで、ガレルよ。その視線で、私を殺さないで・・・

女を狂わせるガレルが、わがままに、自分勝手に、女を地獄に落とすフランソワを演じる。彼はカメラマンだ。女優のキャロルの撮影をするために、彼女のアパルトマンを訪れる。人妻のキャロルと、美しいフランソワは、ほどなく恋愛関係を持つが、あっという間に始まった恋はあっと言う間に終わる。愛がなくては生きていけないキャロルは生きるのを、やめてしまう。

時間がたって、キャロル(炎のような女。太地喜和子系)とは正反対のタイプの「あっさり女」と付き合うようになり、彼女が妊娠。フランソワの人生は、はたして「あっさりとした幸せ」に向かうのか・・・

本作の監督はルイ・ガレルのお父さんのフィリップ・ガレル。自分の息子をここまで絵のように美しく撮るなんて・・・驚異的だ。ちなみに、白黒の画面の中、時代がわかりづらい服装(トラディショナルなスタイルのジャケットやシャツ)の登場人物、なおかつ携帯電話を使用する人は誰もいない・・・ということで、てっきり「60年代の悩める若者たち」を描いているのかと思っていたら、作品の途中で「ある人」の墓標のアップになるときに、この映画の舞台が現代であることを知り、衝撃的だった。白黒のパリ。白黒の画面の巻き毛の若い男。現代を描きつつも、普遍的なイッシューである「愛する人と幸せに過ごし続けることの困難さ」を美しく語っている。

同じく「親子・家族」がコラボしている作品「ゲルマニウムの夜」を見た。監督は「まほろ」の大森立嗣氏。彼の父親の麿赤兒氏と、弟の南朋氏がうまく絡み合っている。「この家族すげえな!濃い!」と感動。

主演の新井浩文、役の幅が広いな~。本当に、こういう人をversatile というのだろう。「ジョゼ虎」のときに、池脇千鶴ちゃんにこれでもか、という「愛のこもった悪態」をついていた新井。そして、「モテキ!」では意外にポップな役もこなす新井。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」では、見るものを本気で「あんたみたいな人、大嫌いだ!」と思わせる役を気持ちよさそうに演じた新井。そして、本作では、石橋蓮司演じる神父の性欲処理、鶏小屋の糞掃除、若き犠牲者少年の精神を救う「よきお兄さん」、などなど、これまたいろいろな顔を見せる「朧(ろう)」という青年を、すごい目で演じる。この人の目、本当に、いい。新井浩文が主役の映画が今後もっともっと見たい。誰にも演じることのできない、難しい役を演じる新井を、どんどん見たい。

本作の中で、山本政志演じる修道士が出てくるシーン(あまり多くはないが、重要ポイントに出てくる)が好きだ。この人と朧との会話のシーンは、悲惨なことが多いストーリーの中で、気持ち的に救われる。どんな地獄の中にも、こういう天使のような人はいるものだ。山本政志が天使のような風貌をしているわけではないが、明らかに、朧にとっては掃き溜めに鶴的存在だ、この修道士は。

ちなみに山本政志氏は映画監督であるが、この方の「ロビンソンの庭」というとんでもなくすごい映画がある。大学のときに大阪で見た。1987年。そのとき、「町蔵すごいなあああ!」と感動したが、そんな町蔵も今では芥川賞作家だ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆玉三郎でディナー

「男前豆腐店」さんの「枝豆玉三郎」です。

Imgp2782

「男」の文字が浮き出ます・・・昨日も遅いディナーだったので、豆腐や納豆など健康的なものを中心にいただきました。

ズッキーニ、パプリカをひき肉と炒めてオイスターソースで味付けしました。

Imgp2781

オイスターソース炒め、が最近のマイブームです。

Imgp2783

今日は雨がひどくなりそうですね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

「クローズアップ現代」で現代を研究!

英検二次試験が来週に迫りました。今頃1級スピーチの準備をされている方も多いはずですね。私は今回の試験は、本当に、「どんなもんか体験する」ことを目的にせざるを得ない・・・

あまりにも、未知の世界なので、その場で自分がどういう状態になるか全く想像できないから!!

部屋に入り、試験官にあいさつをして席に座り、挨拶・自己紹介・ちょこっと会話。そしてトピックカードを見て5つのトピックから一個トピックを選び、スピーチ構成を頭で考える。(この間1分。メモは取ってはならない。)そして、2分でスピーチをする。そのあと、5分ほど質疑応答。

どんだけ恐ろしいテストなんだ!!?

この数週間、新聞を読んだり、過去の英検面接トピックを調べて、自分にとって少しでもとっつきやすいジャンル(「教育」「高齢化」など)に関して「書いて」みて、キッチンタイマーを使って2分はかってしゃべってみる。ということは少しはやってみたのですが、「5つのトピックを表示されたカードを見た瞬間、頭が真っ白になって、どのトピックを選んでいいかわからなくなったらどうしよう」というissue に関する解決策はみつかりません。なおかつ、「もし『これでいこう』というトピックを選択しても、1分の準備時間の間に『導入→本体→結論』という構成を頭で作れるのか」というissue に関しても解決策がみつかりません。

なんとなく、「運」が良ければなんとかなるかもしれないし、「運」が悪ければどうにもならないかもしれない、という気すら、するんですよね。

こんなときに、いろいろネットで調べていたら「NHKの『クローズアップ現代』が英検1級のスピーチ準備に、結構いいぞ」という情報をたくさん得ました。この番組、外国人ゲストのときは国谷裕子さんのカッコイイインタビューのとこを英語で聞いて、英語表現も学べるし、トピックも、英検で扱われそうなissue が満載。今まで働いていたときは、夜7時半に家にいることなんてあまりなかったので、めったに見ることもできない番組だったのですが、ここんとこ、引きこもりの私は、一人集中してテレビを見ることのできる時間帯です。遅ればせながら、最近は月曜から木曜は、「クロ現」で「現代」を研究しています。(なお、「クロ現」のホームページでは、過去の放送の内容も確認できますし、番組の一部を動画で見ることもできます。生で見れない方も、ネットで気楽にエッセンスをゲットできますよ。あ、でも、「録画」で見れる方もいますね。うちはテレビの録画機能がないので、テレビは「生」オンリーなので。てへへ!)

以下、「クロ現」を英検1級スピーチ対策に使うbenefit を考えてみました。

①「クローズアップ現代」は短い番組なので、集中力をキープしながら見ることができる。

毎日1時間の番組を見て、それを勉強のネタにする、となると、ヘビーですが、30分弱の番組、それも毎回1トピックをシンプルに扱う番組なので、集中して番組を見ることができます。

②現代社会を扱っている。

たとえば先週は、民間企業の宇宙開発参入というトピックや、社会インフラを襲ってくるサイバーテロに関するトピックを扱っていました。このあたり、そのまんま「5つのトピック群」に入っていてもおかしくないようなissue ですよね。今日の放送も、「TED」というプレゼンのグループのクリス・アンダーソン氏が国谷さんにインタビューされていました。価値のあるアイデアが世界に広がっていけば、何か世界がいい方向に向かうんじゃないだろうか?ということを話していて、なんか、俺もカッコイイプレゼンできるように、TED のプレゼンターたちの爪の垢煎じて飲みたいぜ、という気持ちになった人、きっと多かったですよね?インターネットの力ってすごいな、素晴らしい品質のプレゼンが、家でパソコンで見れる。そして(よい)影響を受けた無数の人たちが「未来はそんなに暗くない」と(よい)影響を受けることができる。あ、このような話題(「よいプレゼンの要素とは?」など)も、「英検二次5トピック」の中に入っていてもおかしくないぞ、と思いました。英検の試験のトピック群に含まれる可能性があるトピックに出会えるのもメリットですが、そもそも「世の中について考える」という機会を得ることが最も大きなメリットですけどね。

③扱われた題材で、2分話したら、いい予行演習になる。

番組を見ながら、気になった言葉をメモしておき、後でインターネットで英語のサイトを中心に検索してフォローアップしておき、「英検二次対策ネタ帳」にまとめたら、いい勉強になるのでは、と思いました。2分くらい話せるだけのスピーチ原稿を作成できたらよいのですが、もうここまで試験が近づくと、時間もあまりありません。余計に焦ってくる気がします。気になる表現を「単語レベル」でも、「短文レベル」でも箇条書きにして、それをもとに2分間自分なりに話してみる、という訓練をするくらいがちょうどいいかも。こんなことでも、心を穏やかにするためには十分よい薬になるかもしれません。

というわけで、落ち着いていきましょう!(と、自分にも言い聞かせております。あがり症なので。)

では、心を癒す薬に、日散歩中に見つけた美しいアジサイをどうぞ!

Hydrangeas are in full bloom in my area!

Ca390803


圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーキで素敵にディナー

昨日は久々にステーキでディナーでした。

Imgp2777

ズッキーニ、エリンギ、パプリカも添えて、バランスよくいただきました。

ペペロンチーノ!

Imgp2776

今日はいつもより多目にゆでてしまった・・・

SANTIAGO赤で乾杯しました。

Imgp2775

今朝の「梅ちゃん先生」のオープニングのSMAPの歌、いつもと違っていた!!いつもキムタクから始まって中居君・・・と流れていく順番が、香取君→中居君・・・という風にスタートが香取君でしたね。梅ちゃんのお父さんがちょっと心配。糖尿って急に倒れちゃうこともあるんでしょうか。お母さん(南果歩)の「お父さん甘いの好きだから・・・」というセリフに、「??」と思ったのは私だけ?お父さん役の高橋克実が甘いもの食べているシーンなかったぞ!!実は甘党だったのか?お父さん。

最近の「梅ちゃん」では、医専のころのガールズ仲間が全然出てきませんが、そのあたりが気になります。弥生さんは同じ大学病院で勤務しているから毎回のように大学の食堂やら廊下で見かけますが、進路がばらばらになったほかの三人のガールズ、無事に頑張っているか、そろそろドラマに出てきてほしいです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

残り物アレンジランチ

昨日の深夜食べた「トマトカップグラタン」ですが、トマトに詰めたご飯の残りをドリア風にしました。

Imgp2770

トマト、ゴルゴンゾーラ、ご飯、のフィリングに、溶けるチーズをのせてオーブントースターで焼きました。

雨が降ってきましたが、レンタルDVD返しにいかないといけない!先ほどまで「アクロス・ザ・ユニバース」見ていました。ビートルズの曲だけで、物語が成立していた・・・すごいアイデア。ビートルズの歌詞って普遍的ですね。いろいろな人生の場面にピタッとくる曲ばかり。時代が変わっても、ビートルズの歌詞にピタッとくる瞬間は世界中のいろいろな場所で発生するでしょう。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日会ディナー(ギリシャ風?)

昨日は亮一の誕生日でしたが、飛行機のディレーなどもあり、残念ながら、誕生日の日の夜12時をまわってからの帰宅でした。すでに誕生日は数分過ぎてしまいましたが夜中にも関わらずワインディナーをしました。

メインはチキン。塩こしょうしてから小麦粉をつけて、カリッと焼きました。仕上がりに、ゆずこしょうと醤油を混ぜてかけました。トマトのカップには、くりぬいた分のトマト、チンしたご飯、ゴルゴンゾーラチーズを混ぜて入れて、オーブントースターで焼きました。ロンブーの淳が「知りたがり!」という昼の番組で紹介していたレシピです。彼の料理、センスありますよね!

Imgp2764

ゴルゴンゾーラ、大好き!

ラタトゥイユは前日から作っておき、冷蔵庫で冷やしておきました。

Imgp2765_2

ナス、ズッキーニ、玉ねぎ、エリンギで作りました。

豆腐は水切りしておき、フライパンでこんがり焼いて、その上にケチャップ、マッシュルーム、コーン、溶けるチーズをのせて蓋をして出来上がり。

Imgp2763_2

おつまみにおすすめですよ!パセリなど青いものをのせてもいいかも。

デザートはいつもの淵野辺の「おかしの家」!

Imgp2761

昨日は「ティラミス」(右)と「プリン」(左)をいただきました。

プリンの器に注目!

Imgp2760_2

うさちゃん!可愛いカップなので、今度「プリンエル」作るときに使ってみよう!

昨日はビニャ・アルバリ(アイレン種)と合わせました。きりっと辛口。

Imgp2762

夜中にご飯・・・ 遅くにご飯を食べるのは「体に悪いなああ」とちょっと罪悪感を感じるのですが、そんなときは「今日はギリシャ人の日」と考えるようにしています。ギリシャ人は夕飯スタートがむちゃくちゃ遅い、と聞いています。今日はギリシャ人だし、そして、今日は亮一の誕生日だし・・・朝まで盛り上がろう!と言うことで、乾杯!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »