« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

「内なる傷痕」-地球ではないどこかで-

この間、ルイ・ガレルの若いころの出演作品「これが私の肉体」を見て、ルイは本当に本当に神様の贈り物だなあ、と思った。この世のものとは思えない。あの目線はスクリーン越しでも人の心を焦がす。

この世のものとは思えない光景を映画の中で見た。今度はお父さんの方のガレルの作品だ。フィリップ・ガレル監督・出演作品「内なる傷痕」。1972年作品。

この映画を作っていた時、ガレル(父)はニコと愛し合っていたそうだ。学生のころから聞き続けているヴェルベット・アンダーグラウンド。彼らとともに活動していたニコ。ものすごく長いときを経て、ニコと当時愛を育んだガレル監督の作品、そしてガレルの息子のルイの作品と最近出会い、自分の20年が一気につながった感があり、個人的に感動している・・・非常に、個人的だが・・・

「内なる傷痕」には、これといったストーリーはない。幻想的(だが、最近の映画のようなCG 満載の風景ではなく、本当のロケで撮影した)な風景の中、「息ができない!」と苦しみながら叫ぶニコ。そしてそのニコを見捨て、どこかへ去っていくフィリップ・ガレル。二人が佇む自然の世界は、まるでほかの星の風景のよう。地球ではないどこか遠くの星で、苦しみの愛にのた打ち回るニコ。哀しげに、それでも歩くスピードを下げずにただひたすら立ち去るガレル。

劇中の全裸で馬を走らせる男も、かなり現実離れしている。弓矢を背中に背負い、長い髪を風になびかせて馬に乗る。その馬も、白馬だったかと思えば別の場面では黒い馬。何もかもが、幻想的。

ニコの歌声が、暑い今年の日本の夏の温度を一瞬下げてくれる。助かる。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

高野豆腐フライでディナー

恒例の、高野豆腐肉巻きフライです。

Imgp3162

うまいんだわ、これが。

SANTIAGO の白で乾杯です。

Imgp3161

本当に、高野豆腐肉巻きフライはおいしいので、おすすめです。コンソメスープで高野豆腐を戻し、豚ばらでくるんで、パン粉をつけて揚げます。ジューシーで、本当に、とんかつみたいになるんです。奥さん、おためしあれ!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラリンピック開会式!

美しすぎる・・・パラリンピックの開会式を見ています。イアン・マッケラン、かっこよすぎ・・・シェークスピアの「テンペスト」の中の言葉を引用して、開会式が夢のような演出で繰り広げられます。ミランダ役の方も、すごくいい!

朝からすごく感動してしまった・・・

昨日も遅めのご飯でした。簡単にカレーでディナー。

Imgp3158

遅くまで仕事をがんばった亮一には、特別に半熟ゆで卵をサービスしました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

イングリッシュブレックファスト風日本の朝ごはん

ベーコンの代わりに「がんもどき」ですが、朝ごはんはワンプレートのイングリッシュブレックファスト風に。

Imgp3156

久しぶりのトースト朝ごはんです。今日のジャムはアヲハタさんとこのです。ジャムはパンに薄く塗るのではなく、ぼこっとのっけて食べるのが好き!

昨日はフランス映画「Ceci est mon corps」を見ました。邦題は「これが私の肉体」で、英語のタイトルも「This is my body」です。意味深なタイトルに惹かれてレンタルしたのですが、このタイトルの「肉体」って、いわゆるキリスト教のミサで食べる「聖体」のことなんですわ。映画でもミサのシーン、ありました。なので、すごいタイトルですが、別に官能もの、でもなく、あまりにも「何も起こらない」ストーリーでぶったまげました!主演が18歳の頃のルイ・ガレルなので、私のように「ルイは目に入れても痛くない」派にとっては、見る価値があります。ルイの声が今よりも高い!男の子の声は18歳から20代後半で、こんなに変化するものなん??が、しかし、本当に、ストーリーは、「ない」のです・・・ジェーン・バーキンや、アニー・ジラルドなど、シャレにならないくらいの大物がばんばん出てくるのですが、ストーリーが薄い。一つ面白いシーンがあって、ジェーン・バーキン演じる映画監督が、家でお茶を飲むとき、南部鉄器の急須みたいなのでお茶をいれて、湯飲みで飲んでいるのです。監督のこだわりを感じました。ここで、あえて和の小物を映画に組み込むことはストーリーには全く関連していないのですが、「この女は家で和の茶器で茶をいれる女なのだ。」というコンセプトで考えたのでしょう。わけわからん映画でしたが、ディテールは見所満点。小さな妹たちと一緒に、車の中で子供の歌を歌うシーンのルイ・ガレルの愛らしさは見ものです。あ、そうそう、「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランちゃんも出ています。前衛舞踏ダンサー役。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッドナイト蕎麦ディナー

昨夜は亮一が仕事で午前様だったので、軽めに蕎麦でディナーです。12時をまわってからのご飯です。とほほ。

スーパーでさんまの竜田揚げを買ってきていたのですが、そのままでもなんなので、トマトソースの上にのせました。バジルものせたらなんかイタリアン風。

Imgp3152

さんまとトマトソース、合いますよ!

鶏肉はおろし生姜、おろしにんにく、醤油、酒、カレー粉少々に漬け込んでおき、から揚げにしました。

Imgp3151

焦げちゃったね!

蕎麦が大好き・・・

Imgp3150

「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」を昨日の深夜見ていてつくづく感じたのですが、SHELLYって稀有な存在だな、と。あの方は、女性に絶対嫌われない。そして、男性受けもよい。奇跡的な存在なんです。昨日なんて、すごい恰好で開脚していたのにもかかわらず、「SHELLYって爽やかだな・・・」とすら感じた。あの恰好をして「爽やかだ」と感じさせる存在は、現在SHELLYしか、いない。だが、一番の需要な点は、先ほども書いた、「女性に嫌われないオーラ」である。綺麗で、男受けする女は、時に女を敵にまわす。SHELLYは十分綺麗だ。だのに、なぜ人はSHELLYに「好感」しか持てないのか?男も女もとりこにするSHELLY。リーマンショック以降、疲れ切っている老若男女に対し、爽やかな風をふりまくSHELLY。今後も目を離せない、SHELLYから・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

あさりの酒蒸しディナー

あさりに含まれているタウリンは体にとてもよいと聞きます。昨日は酒蒸しにしていただきました。暑い日が続くので、体によいものを食べて、乗り切りたいです。

Imgp3146

遅めのディナーなので蕎麦にしました~

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

地図も、自分で書いてみる

昨日の通訳案内士試験、受験された皆様、お疲れ様でした!本当に、疲れましたね。試験会場が遠かったのもあり、また、試験の内容も濃かったので、あまりの疲労でほぼ倒れそうになりながら帰宅した私です。終わってしまったので、合否は運に任せようと思いますが、勉強中に準備したものを廃棄してしまう前に、写真、撮っておきました~

Imgp3142


以前下記のリンクでも書きましたが、

長風呂で暗記!

お風呂の壁に暗記したいことを(ラップに)書いて(貼って)おくと、結構頭に入るものです。主に英単語を貼り付けていましたが、最後の方は、地理の内容も貼り付けるようにしていました。

皆さん、地理、どのように対策をしていましたか?私は、本当に日本地理が弱く、自分の行ったことのない都道府県に関しては、日本のどのあたりにあるのかもよく把握していませんでした。父親が船乗りだったので、海沿いの町は転勤で住んでいたこともあり、少しは把握していたのですが、長野とか群馬など海のない県、結構弱くて・・・ あと、西日本に住んでいた時間が長いので、東北の方は行ったことがほとんどなく、これまた弱い。なので、勉強初期の頃はひたすら白地図に都道府県を書き込んだりして位置関係を学んでいました。

そのフェーズを過ぎた後は、自分の苦手な県の国立公園や国定公園、温泉や山、川などをラップに書いてお風呂に貼っていました。

利点には:

①自分で地図を書くことにより、都道府県の形が頭に入り、「群馬って人の横顔みたいな恰好だなああ。」とか、「石川県ってむっちゃ細長い!」という印象が強くなる。

②「十和田湖って何県と何県の県境にある湖だっけ?」とか、「『男鹿半島』と『牡鹿半島』はどっちが日本海側でどっちが太平洋側だっけ?」という、地理が弱い私の頭を整理できる。

③(既成の)地図を漠然と眺めているときより、川や山、温泉などの位置が覚えやすい。

ということがありました。経験者は語る、です。そして、これは「書く作業」の全般に言えることですが、自分で書いた時点で結構時間を使うので、貼る前にもうすでにある程度頭に入ることがよいと思いました。英単語のカード作りもそう。カードの表の裏に書くのは時間がかかりますが、書き終わった時点ですでにそれらの単語と「出会う」ので、既成の単語集を「眺めている」よりも、出会いの回数が増えます。暗記したいものとは数多く出会うことが必要だと思います。

地理に関しては、お風呂の壁のラップだけではなく、ノートにも地図を書いて、その地図の周囲に、駅の旅行会社のツアーのチラシやインターネットで検索して出てきた写真を印刷したものを切り抜いて糊で貼り付け、「パンフレット」のような勉強帳を作りました。(チラシはちゃんと読んで将来の旅行の夢を思い浮かべてから切り抜いたので、無駄にはしてませんよ~!)自分で「北海道」の形を手書きで書き、知床のあたりにはオオジロワシの写真、支笏湖のあたりには以前旅行で支笏洞爺国立公園に行ったときに自分で撮った写真を貼ったり、と楽しみながらノートを作りました。自分で輪郭を書いた地図の中に、国立公園や国定公園の場所に色を塗ったり、とこれまた手のかかるノート作りでしたが、手を使うことで「暗記したいものと出会う」回数を増やすことができ、有効でした。下の写真の例では、日光のあたりの地図を書いて、その周りに、東照宮に行ったときのチケットを張り付けています。

Imgp3144

「手作り」の資料作り、おすすめです。ノートに関しては、将来本当のガイドになれた暁には仕事道具になる可能性もあるぞ、という気概で作ってみると、単なる受験勉強に終わらず、モチベーションも高まるのではないか、と思います。苦手科目なので苦しい勉強でしたが、最終的には楽しみも見えてきたので、よかったです。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっと肩を落とす・・・ディナー

8月18日にアップした食事のとき以来、お酒を断っていた圭子と亮一ですが、昨日はガイド試験も終わり、お疲れ様ディナーをしました。

時間はさかのぼって、昨日の朝ごはんです。昨日は比較的遠くの試験会場(圭子:御茶ノ水の日大、亮一:芝浦工大)だったので、朝は早めに家を出ました。朝ごはんはちゃちゃっと冷凍うどん。

Imgp3140

昨日はものすごく寝不足で目が覚めました。やはり、想定したのですが、なかなか寝付けなかったのです。自分なりに、死に物狂いで勉強したこの数か月だったので、「これでもし全くできなかったら、今までの時間が無駄になる・・・」という気分になってしまったのです。寝ようと思うほどに目がさえ、困りました。なので、御茶ノ水までの道のり、爆睡してしまい、最後のしめくくりの勉強ができなかった!!(しかしおかげで試験中眠くなるようなことはなかった。)

そして、戦いの後・・・

どっと疲れました!!

この疲れは、先日の英検のときのものと違います。英検のときは、参考書などで勉強をしていたことが試験を受けている最中に「生きていた」感覚が強く、いわば、「やっただけのことはある。苦労は報われた。」という感覚がありました。合格か不合格かは結果を受け取らないとわからないけれど、感覚的には「悪い結果にはならないだろう。」と思えたものです。帰り道にちょっと自分にご褒美でおいしいコーヒーでも飲もう、という心の余裕も感じたし、「頑張ったんだから、あとは結果は神様に任せよう。」と素直に思えた。

しかし、通訳ガイドの試験のときは、毎度毎度、「ええ?!そこを攻めてくる?うそ~!!」という問題が入っているので、準備勉強したことがあまり試験問題に出てこないのです。自分の知識の薄さと準備不足なのかもしれないけれど、もうこれ以上ほとんど無理、というとこまで頑張ったので、「な、なんで・・・??これって『科挙』の試験だっけ?」という「とほほ」な気分になるのです。なので、帰り道に自分にご褒美、という気分には毎回なれません。帰り道に「私の人生には、はたして『意味』、あったんだろうか?」という気分には毎回なりますが・・・

そうそう。亮一は「英語」だけの受験でしたが、私は午前「英語」、午後「地理」の二科目の受験でした。午前の2時間の英語の試験で「ああああ、もうあかんん・・・」という心境になり、ランチを挟んだ午後のテストに対して気持ちを立て直すのに時間がかかってしまいました。毎回(今回4回目ですが)思うのですが、ヘビーな英語の試験を午前に行うのは、本当に、気持ちのダメージが大きいと思うの、私だけでしょうか??先に40分単位かつマークシートの社会の科目を済ませておいて達成感を得た後の方が、英語の長丁場に取り組みやすいと思うんだけど。まあ、順番はどうであれ、英語は毎度毎度、かなり重いです。血の気を失いましたよ。自分の力のなさに、涙!

帰りの電車でも死人のような顔をしていました。美人が台無し(笑)。

それでもお酒ぐらいは飲まないとやってられないので、ほぼヤケ酒のような状態で久方ぶりのワインです。

ステーキを焼きました。ゴーヤ、シイタケとともに。

Imgp3139

牛肉クン、久しぶりだったね。

ひき肉と生クリームでカロリー満点のソースを作りました。

Imgp3138

スパゲティちゃん、久しぶりだったね。

「24時間テレビ」の北斗見ながら「お疲れさ~ん!」ディナーです。

Imgp3137

ちょっと休憩したら、また歩き始めようと思います。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

カツで勝つ!ディナー

明日は通訳ガイドの試験。圭子と亮一はぎりぎりまで勉強をしております。前日なので、そろそろ勉強をひと段落させたいのですが、なかなか終わらせられません。「勉強ハイ」な状態。

カツで勝つ!

Imgp3130

ジュレとソースをダブルでかけました。

亮一がゴーヤをおひたしにしました。

Imgp3131

茹でると苦味は和らいでマイルドな味になります。

今日のDHA 食品はマグロの刺身&サバ缶と水菜のサラダです。

Imgp3132

明日は朝が早いので、早目に休みま~す!(でも「24時間テレビ」も見たい・・・)

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水菜サラダで朝ごはん

水菜とプチトマトのサラダ、鮭の塩焼きで朝ごはんです。

Imgp3126

「梅ちゃん先生」、お母さんが家出から戻って本当によかったですね。帰ってきていきなり、天ぷら。さすが、お母さん。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

稲庭うどんでディナー

遅めのディナーでした。つるつるっと稲庭うどんです。

Imgp3123

さわやか~

今日のDHA 食品は、鰹、鯵など、刺身盛り合わせ。

Imgp3124

早く涼しい秋になってほしい・・・ そうそう、9月29日で「梅ちゃん先生」が終わりだそうですね。どんな終わり方をするのでしょうか。お母さんとお父さん、早く仲直りして、キスくらいしてほしいですね。(ありえない・・・) 弥生さんと山倉が久しぶりに今日出ていました。山倉の異常っぷりにはいつも歓声を上げてしまう!異常キャラ!満島真之介最高。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーでディナー

暑い日が続きます。毎年、「去年よりも、夏がきつい・・・」と感じてしまうのです。このままだと、心配です。毎年、夏はぼろぼろな状態で・・・

暑いのでカレーにしました。

Imgp3120

昨日のDHA 食品は、アジフライでした!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

鯖でディナー

亮一です。圭子が猛暑対策と試験対策のため、DHA 満点の鯖の水煮缶を使ってパスタにしました。

Imgp3118_2

それにしてもお盆が過ぎたと言うのになんという暑さでしょう。

Imgp3117_2

日本上空の高気圧が強すぎて台風も本州には向かってこれないみたいですね。

爽やかな季節が待ち遠しい今日この頃です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピリ辛なす炒めディナー

昨日の「キユーピー3分クッキング」で「なすとひき肉のピリ辛炒め」を紹介してましたね。テレビに影響されやすい圭子です。私も豆板醤をきかせてひき肉となすの炒め物、作りました~

Imgp3114

なすが大好きです!今安くてうれしい。

キュウリも夏はたくさん食べたいですね。小女子とともに胡麻油で和えました。

Imgp3112_2

小女子とかジャコがあると、簡単に一品できて便利です。

そうめんでディナーでした。

Imgp3113_2

昨日のDHA 食品は「鯵の刺身」でした!頭よくなりますように・・・

ジャパンプレスの山本美香さんがシリアで亡くなりました。ずっと、たぶんこの方は私と同じくらいの年の方だろうな、と思っていました。昨日調べたら生年が私の一年前でした。そして、驚いたのが、山本さんが山梨県都留市出身で、都留文科大学文学部英文学科を卒業していることです。

私も、大学受験の時に都留文科大学文学部英文学科を受験しました。当時は(今はシステムが違うと思いますが)国公立の受験は、日程の関係上最高3つまで大学を受験することができました。私は大阪にある大学、名古屋にある大学、そして、都留文科大学を受験しました。運よく3つとも合格したとき、(英文学を専攻できるのは3つのうちここだけだし)「都留文にしようか・・・」ともかなり迷ったのですが、結局イタリア語を専攻する大阪の大学を選びました。でも、都留文のことはなんとなく、「もし都留文に行っていたら・・・」と、時々自分のパラレルワールドを考えていたんです。

忍野八海に行った時、「もし都留文に行っていて、そこで出会った人と結婚したりしていたら、私もこのあたりに住んでいたかもしれない。この自然豊かな場所で、子供を3人くらい生んでいたかもしれない・・・このあたりで自宅でECCジュニアの先生とかしてたりして・・・」とか夢想したり。なので、もし都留文に進学していたら、山本さんの一年後輩だったわけで、きっと学校ですれ違っていたと思うし、もしかしたら親しくなっていたかもしれない。影響を受けてジャーナリストになることを夢見ていたかもない・・・

山本さんは自分の命をかけて、報道の道を歩んでいました。そして、ものすごくきれいな方でした。本当に、本当に、お疲れ様でした。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

納豆豆腐ハンバーグでディナー

通訳ガイド試験がいよいよ近づいてきています。ラストスパート状態です。最後まで頑張ります!しかし、最近勉強で頭が一杯で、冷蔵庫の野菜が傷んでいたのに気づきませんでした・・・ごめんなさい、さようなら。(野菜捨てるの、本当に罪悪感です。)昨日は野菜がほとんどないディナー。とほほ。

昨日テレビを見ていたら、豆腐、納豆、ひき肉で作ったハンバーグを紹介していました。全部冷蔵庫にあったので、やってみました。

Imgp3108

玉ねぎとにんじんはみじん切りにしてレンジでチンして柔らかくしました。ボールにひき肉、豆腐、納豆、卵、パン粉、そして粗熱を取った玉ねぎとにんじんをいれて、成形して焼きました。ちょっと豆腐が多かったのか、柔らかくなってしまい、焼いていても形が崩れ気味。ケチャップでごまかしましたぞ。

Imgp3107

豆腐ハンバーグに、冷奴。どれだけイソフラボン好きやねん?さて今日から試験(26日日曜)まではマグロなど、DHA を含むものを食べ続けようともくろんでいます。頭がよくなることを期待して・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

「グッド・ガール」-監獄生活のような人生に、ようこそ-

アメリカの恋人、ジェニファー・アニストン。本作では珍しく、「田舎でくすぶった生活をしているぶかぶかジーンズをはいた主婦」を演じている。今まで見たことのないジェニファー。今までで一番の演技力を見せる。

ジャスティン(ジェニファー・アニストン)はディスカウントストアで働く30歳。客はほとんどいない。田舎町の店だ。夫のフィルはペンキ塗り。いつも同僚のババと仕事の後汚いシャツのままソファーでビールを飲むか、マリファナでぶっ飛んでいる。ジャスティンは自分の存在している環境を「監獄」のように思っている。望みのない日々の中、ベッドの中でいつもすやすや眠っているフィル。彼に背を向けて眠るジャスティン。

「ドニー・ダーコ」のころのジェイク・ジレンホールが、ここでも普通でない人を猛烈な存在感で演じる。ホールデン(本名「トム」)は、最初から「負」の匂いをぷんぷんさせている。ここでのジェイクは王子様のようなきれいな魅力ではなく、不気味な、それでも目を離せない、不思議な魅力を醸し出している。そして、「不幸」のオーラを大量に出している。小説を書き、自分に「ライ麦畑」の主人公の名前をつけている。職場の誰とも(ジャスティン以外とは)話さず、家庭では両親に存在を無視されている。ジャスティンのように、「一番身近な夫が一番自分を理解していない」という孤独感で、自分は死刑囚の監獄で生きていると自覚しているような人間にとって、これほど魅力的な相手はいない。

本作でのホールデンは、最初は大きな目をくりくりさせていて、「守ってあげたい」キャラだが、次第にそんなくりくりした目にも狂気の要素が混じってきて・・・ジェイク、こういう役本当に上手。松山ケンイチがやってもおもしろいかもしれない、ホールデン役。

このままテキサスの田舎で「囚人人生」を送り続けるのか、と半ば人生諦めていたジャスティンにとって、ホールデンはsaver of the universe になる運命だったのだ。二人は、予想を裏切らず、心と体を通わせるようになる。

この映画の中のすべての人は、望みのない世界で、なんとかしてそれを紛らわしている。夫のフィルだって、地味な人生をマリファナで紛らわして生きている。多くを望まず、このまま終わりまで乗り切ろうとしている。聖書勉強会を主催しているコーニー。彼は店の警備員だ。仕事を楽しんでいるとは思えない。暇な店で警備員が必要となる事件は起こらない。店の中の売り物のテレビを見て時間を潰す。店のアナウンスでとんでもないことを言ったり、レジで客に「サンキュー」の代わりに「ファックユー」とさりげなく言うシェリル(ズーイー・デシャネル!)。化粧品売り場に異動させられて、客にお化けのようなメイクをして憂さを晴らす。いつも不機嫌な顔。店の店長も、地獄の住人だ。彼が映画終盤でジャスティンに言うセリフ、「You're a good girl.」。これは、映画のタイトルにつながる。「この、『平凡』で『安定』している、何も刺激のない世界にようこそ。」彼はそう言っているように聞こえる。店長も、本当は、人生を劇的に変えたいのかもしれない。閑散とした田舎のディスカウントストアの店長ではなく、もっと刺激的な人生を歩みたいのかもしれない。そして、そんなこと、もう無理だ、ということも痛いほどわかっているのかもしれない。

平凡な安定した人生の中、気を抜くと、配偶者のことを「頭で考えることのできないブタ」呼ばわりするような生き方になってしまう。ジャスティンは私たちなのだ。ブタを捨て、人生を180度変え、羽ばたきたいが、羽ばたいた先の世界が天国とも限らないことも、私たちは知っている。本当のわずかな人しか、道を外さないだろう。「テルマ&ルイーズ」のように崖から猛スピードで車で空を飛ぶ人も、わずかだろう。私たちのほとんどは、交差点で一瞬のうちに、「正しい」道を選択する。しかし、それが正しい道なのか、地獄への道なのか、生きてみないとわからない。生きていきながら、確認するしかないのだ。

ジャスティンの罪のない夫フィルを演じるのがジョン・C・ライリーなのだが、こういう俳優は、本当に、ニーズがあるだろうな、と思う。人の世を描く様々な映画で、平凡な、多くを望まず、ビール飲んで人生を紛らわせているうだつの上がらない男は、スーパーヒーローに変身して世界を救う役よりも、500倍くらい多いからだ。世の中がジョン・C・ライリーに演じてもらわないといけない役で一杯だ。順風満帆。そして、同僚ババ(なんちゅう名前やねん)役のティム・ブレイク・ネルソンという俳優、この映画の中ではかなり気持ち悪いタイプの役であるが、俳優自体は名門ブラウン大を出て、ジュリアードでも学んだとのこと。すごい。しかし本作では気味悪いマリファナぶっ飛び男。こういう役も、ニーズが多いと思うので、やったね!ティム・ブレイク・ネルソン。今後も仕事、たくさん舞い込むぞ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れさんでそうめんディナー

昨日も暑かった・・・疲れ&暑さによるそうめんディナーでした。亮一が作りました。

Imgp3104

トマトと卵の炒め物、おいしかったです!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

アスパラ・高野豆腐巻きディナー&そうめん朝ごはん

昨日は豚バラで高野豆腐とゆでアスパラを巻いてフライにしました。

Imgp3102_2

高野豆腐はコンソメで戻しています。豚バラで巻いているので高野豆腐はまるで「とんかつ」のよう!

いつものSANTIAGO の白です。

Imgp3101_2

夏は白ワインが多くなります。

今朝は「梅ちゃん先生」とともに、そうめんで朝ごはん。とうとう松子姉さん、赤ちゃん生まれました!

Imgp3100_2

最近光男君の様子が変だったので心配していました。梅ちゃんといろいろ話して、悩みもなくなり、今後は仕事に集中できそうな感じだったので、よかったです。ちなみに光男を演じるのは野村周平君という俳優さんで、神戸出身なんだと。本当にきれいな顔で・・・こんな子が職場にいたら、本当にかわいくて仕方ないだろうな。てへ!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

「モンスター上司」V.S.「京都地検の女」-上司は選べない・・・でも、名取裕子の元で働きたい!-

大好きなジェニファー・アニストンが珍しく悪役を演じている、とのことで、ずっと楽しみにしていた「モンスター上司」をとうとう拝見した。原題は「Horrible Bosses」。

本作、悪役(上司たち)が本当に、よい!やられる方(部下たち)を演じる三俳優は、どうも地味な印象で、同じく「バディー系」の「ハングオーバー」に比べると、特徴が少ない。(三人のうち、ニック役のジェイソン・ベイトマンとカート役のジェイソン・サダイキスに関しては、背格好・醸し出す雰囲気も似ている。)だが、この「特徴の薄さ」が逆にhorrible な上司たちの異常さを際立たせてくれていて、うまく働いているのだ。

ニックは証券会社に勤めている。8年間、我慢、我慢の生活だった。すべては「出世」のため。やっとvice president に昇格することが見えてきたところだ。もう少しの辛抱、もう少しの辛抱・・・と、上司ハーケン(いつも異常な役がお得意の、ケヴィン・スペイシー様)の言うことをなんでも聞く。朝6時から夜中まで文句も言わず、働く・・・ 朝2分遅刻(遅刻と言っても「6時2分出社」だ。)しただけで、精神的ないじめを受けたり、見ていられない状態だ。

勝手なイメージだが「こんな目に合ってでも会社を辞めずに辛抱する、なんて、自由主義のアメリカ人の世界でもあり得るのか?すぐにでも転職しそうなものだが・・・」と最初は思ったが、ハーケンの言葉にはっとした。「辞めたくてもお前は逃げられない。俺の『紹介状』が必要だろ?そこに『こいつはアル中です』って書いてやるぜ・・・ケケケ!」(的なことを言う。)そうだ。転職には前務めていた会社の上司のletter of recommendation (reference) が必要だった!!このシステムがあるので、あまり変な退職はしづらいし、逆に上司とケンカするような退職の仕方をすると、その先の人生に影響する。ある意味、転職社会のアメリカの方が、「上司からの陰湿ないじめ」が生まれやすい環境なのかもしれない。

このハーケンという男が、本当に異常な奴で、職場だけではなく、家での妻との関係を見ても、まったくもって異常。狂っているとしか言いようがない。こういう異常な役を気持ちよさそうに演じるケヴィン・スペイシーに幸あれ。

他の二人も、とても仲良くしていた上司(ドナルド・サザーランド!)が亡くなってしまい、その息子の馬鹿男(コリン・ファレルがバカ殿みたいな役でこれまた最高)が跡を継ぐことになり、職場環境が暗転してしまったり、歯医者に助手で務めているが、上司の歯科医(ジェニファー!本作ではブルネットのウィッグで悪女を好演!ブルネットもお似合い)が異様なセクハラ狂で、彼女に股間を水で狙われたり、後ろから耳を舐められたり、と執拗なまでに嫌がらせを受ける。もう三人ともモンスターな上司たちに限界を感じ、次第に「殺意」を抱くようになる・・・

映画の終わりには、三人はどうにかこうにか自分の職場環境を改善することに成功するが、すかっとする爽快感はあまりない。もう少し、悪役たちが苦しむ姿も描き、「いい気味~!やったね!」という感情を味わいたかった。

「ハングオーバー」や本作だけではなく、アメリカ映画では本当に、「男数人の友達がつねに夜飲み屋に集合して情報交換したり愚痴を言い合ったりする」シーンを描くものが多い。たいがいが、「高校/大学時代の友だちだが、30過ぎても仲良くしていて、ずっとつるんでいる」という仲間たち(「1対1」ではなく、たいがい3人以上の友達)だ。この設定、アメリカ特有かもしれない。たとえば日本の場合は、ドラマや映画で男たちが飲み屋で飲む場面の場合、職場の同僚と帰りに一杯飲んで帰る、というシーンが主だと思う。(高校の頃の友達と会う、ということが地方から都会に出てきている人が多い中、難しいこともある。また、大学の頃の友達も、仕事のスケジュールなどで、それほど頻繁には会いづらい。)そしてフランス映画の場合は「男同士」で酒、というより、基本的に食事や飲みの環境は「男と女」が共存している。アメリカ社会の「バディーの結束」を重要視する文化、これだけ映画で頻繁に出てくるのだから、実際の社会でもそうなのかもしれない。とても興味深い。いろいろな映画において、アメリカの男たちがバーで話し合っていることがとても親密なこと(好きな女の子のこと、職場の上司のこと、心の悩みのこと)であるのも面白い。日本ではこのような話題を「ねえねえ聞いてよ。」と話し合うのは女の子である場合が多いような気がするから。

恐ろしい上司に身も心もずたずたにされるのではなく、「こんな上司と働けて、私は幸せ!」という環境もまた存在するはず。名取裕子主演のドラマシリーズ「京都地検の女」には、そんなうれしい匂いがぷんぷんする。

京都地検の検事鶴丸あや(名取!最高!)は、主婦的な感覚を大事に、難しいケースも独自の方法で真相を探っていく。彼女の周りには、井森という気まじめな事務官(大杉漣!)や、体格も元気もよいさばさばした見習いの川喜多事務官がいたり、と鉄砲玉のようなあやを暖かく見守り、あやも、周囲をうまく巻きこんでよい職場環境を作っている。

明るくて人情味もあり、仕事もできる上司がいて、まじめだけど暖かい同僚がいて、気持ちよくみんなが化学反応を与えながら働く、なんて夢のような話だ。実際の世界では「モンスター上司」のコリン・ファレルのように、馬鹿でどうしようもなく下品だが、「権力」は人一倍持っている人がいたり、理不尽な仕事を押し付けてきて自分は「お先で~す!」と退社してしまう人もいる。そして、失敗を部下になつりつける人なんて掃いて捨てるほど、いる。だからこそ、鶴丸あやは理想郷の中で理想の上司として、神のように君臨するのであろう。

ああ、名取裕子最高!名取の元で、見習いで働きたい!

ところで先日見た第8シリーズの第4話で斉藤慶太がはっとする演技を見せていた。重みがある俳優になってきた。驚きである。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜納豆ディナー

納豆、or fermented soybeans。納豆は夜食べるとよいぞ、と聞き、ときどき晩御飯にも登場します。昨日も遅めの晩御飯だったので軽めにしました。

Imgp3096

トマトの卵炒め、おすすめです!サラダでもおかずでも活躍してくれるトマトに乾杯。

昨日は「京都地検の女」の日でした。名取の部下になりたい!!鶴丸あや、最高!川喜多夏帆(久保田磨希さん、「大奥」のときよりかなりスリムになっているよね?)の役、やりたい~ 元重量挙げ選手で今は名取の部下。大杉漣のキャラもいい。ああいう上司、かっこよくてかわいくて、いいわあああ。あの職場で働きたい!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

夏野菜ディナー

ズッキーニ、トマト、オクラ・・・ 夏は夏野菜をたくさん食べたいですね。昨日は野菜中心のご飯にしました。お盆休みの亮一が中心に作りました。

チキンとトマトの煮込みです。完熟トマトを使って作りました。

Imgp3091

玉ねぎ、ズッキーニ、ニンニクも入っています。

パプリカにはご飯を詰め込んでオーブントースターで焼きました。

Imgp3093

冷凍ご飯をチンして、そこに粉チーズ、ゆでオクラを刻んだもの、マヨネーズを混ぜて、パプリカに詰め込みました。表面にも粉チーズをかけてからオーブントースターに。かわいい一品ができました。

コンソメのジュレはグラスに入れてみました。ミニトマトの刻んだものや、ゆでオクラも入れて爽やかな前菜にしました。

Imgp3094

夏の暑さをジュレで乗り切りたい!

ワカメは高血圧の予防によいと聞きます。毎日の食事に取り入れたいのですが、レシピが乏しいです。もっと研究したいものです。今日は玉ねぎ、ツナ、ゆでもやしとともにサラダにしました。

Imgp3092

洋風なレシピも開発したいです。

昨日はSANTIAGO の赤と合わせました。

Imgp3090


昨日は終戦記念日でした。加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を読み終わりました。おすすめです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

赤えびでディナー

スーパーでおいしそうな刺身用の赤えびを売っていました。刺身用ですがささっと火をいれて食べてみました。

Imgp3082

ニンニクで炒めて日本酒をさっとかけました。シイタケも一緒に調理しています。

ブリはグリルで焼きました。バジルを細かく刻んでオリーブオイルと牡蠣醤油少々と混ぜた簡単バジルソースをのせてみました。

Imgp3080

爽やか!

おいしそうなトマトを買ってきました。アボカドと一緒にフライパンで焼きました。赤いピーマンみたいなのは、「あまとう」という野菜です。

Imgp3083

野菜がうまい!

今日はイタリアワイン「ODYSSEY」に合わせました。ワインコインでした!

Imgp3079

蕎麦のペペロンチーノでダイエットにトライしました!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心太でダイエットディナー

亮一です。昨日はお盆休みで午後早目に帰宅した亮一がメインで作りました。

Imgp3072

涼とダイエットを兼ねて心太が今日は主食です。

Imgp3073_7
あさりを砂抜きして酒蒸しにしました。
こんにゃくの刺身、鰹のたたき、なすとえのきと豚バラの炒め物を添えてみました。

Imgp3071

圭子です。オリンピックの閉会式をNHK で見ました。イギリスが開催国だったからここまで見事な「ロックの祭典」ができたのだと思います。豪華すぎ!!The Who が「Tommy」からの「Listening to You」を演奏しているときに、大変しびれました。ほかにも、ブライアン・メイがむちゃくちゃ白髪頭なのですが、むちゃくちゃロン毛で、ただひたすらかっこいいのにも、感動。ペット・ショップ・ボーイズのとんがり帽子にも感動。会場全体で雄たけびをあげるブラーの「パークライフ」にも涙。一番の感動は、スパイス・ガールズの「Wannabe」。1996年の曲です。当時ヴィクトリアはまだ「ヴィクトリア・アダムス」でした。この曲はイギリスに住んでいた時に大ヒットしていたので、自分の青春のテーマソングみたいな感じなもので・・・思わず涙が出てきました。いまだパワフルなスパイスたちに乾杯!!

振り返ってみて、今回のオリンピックの最高な場面はやはり、吉田選手の「お父さん肩車」だったと思います!力強すぎ、吉田。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

名取裕子は最高!ディナー

今日は「名取デー」でした。昼間に松本清張の「聞かなかった場所」という小説をドラマ化したものをテレビで見ていて、「いやああ、やっぱ、名取最高」と感動していました。そして夕方亮一とともに近所の「コメダ珈琲店」に行ってまったりお茶をしていた際、店舗に置いていた女性週刊誌を見て、またまた「名取」の記事に遭遇。ドラマ「京都地検の女」の撮影時、名取氏が「女子会」をしきっていることや、そこで好評な料理などを紹介していました。そこに、うろ覚えですが、豚肉を茹でて、それをサンチュで巻いてたれをつけて食べるとおいしい、のような感じのことが書いてあり、「今日は名取にささげる巻き巻きディナーだ!」と強く誓った圭子でした。

(関係ありませんが、「コメダ」の店員さんのサービス精神のよさに、乾杯。)

「茹でた豚を巻く」ではパンチが足りないので、フライパンで胡麻油で焼いちゃいました。豚&牛(カルビ)です。

Imgp3067

こんがり焼いております。これを二種のたれでサニーレタスに巻いていただきました。

Imgp3066

右は豆板醤、ごま油、砂糖、牡蠣醤油をまぜたたれです。左は「黄金の味」!

今日はイオンでTOPVALU のワインを買ってきました。「Condor」というチリワイン。ワンコインです。

Imgp3065

蕎麦のペペロンチーノとにんじん&ズッキーニ炒めで健康的なディナーになりました。

80年代の名取裕子も最高ですが、最近の元気印の名取先生も、また別の意味で最高。とにかくきれい。オロナインのCM 懐かしい。名取フォーエヴァー!

圭子&亮一


| | コメント (2) | トラックバック (0)

チキンでディナー&素麺朝ごはん

高校野球で旭川工業高校が今まさに頑張っております。旭川出身の亮一は朝からテレビにくぎづけ。

昨日はチキンでディナーでした。魚焼きのグリルのところで亮一がこんがりチキンを焼きました。

Imgp3060

塩味です。出来上がりに、オリーブオイル、柚子こしょう、牡蠣醤油少々をまぜたものをちょっとかけました。鶏と柚子こしょうは本当に、合いますよ!

モロヘイヤのスープです。これも亮一が挑戦しました。

Imgp3059

ニンニクも入っています。スタミナ満点。

タコとセロリのニンニク炒めです。

Imgp3061

なんとなくスペイン風な一品。

今日はスペインのワインMONTELAGO に合わせました。ワンコインワインです。

Imgp3058

レタスサラダが目立っています。

今朝は素麺朝ごはん。

Imgp3057

旭川工業高校がんばれ!(現在延長戦中)

圭子&亮一



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

めかぶうどんでランチ

昨日はチキンカレーディナーでした。毎日でも食べたいカレー。モロヘイヤの炒め物とともにいただきました。

モロヘイヤと豚肉の炒め物です。

Imgp3050

モロヘイヤのねばねばが元気をくれそうです。

カレーは「ジャワカレー」と「トップバリュ」のルーを混ぜております。

Imgp3051

おいしいカレーができました。

今朝は鰯の丸干しで朝ごはん。

Imgp3048

頭も食べちゃいました。

Imgp3049

大根おろしも大量にいただきました。

ランチは冷凍うどん。めかぶと卵をのせてみました。

Imgp3047

ここにいろいろなものをさらにのせて、よく混ぜていただきました。

Imgp3046

プチトマト、みょうが、鯖缶、ねぎ、カニカマ (SURIMI) ・・・いろいろ混ぜるとおいしいです。冷凍うどんって本格的な味が楽しめます。

一気に三食アップしてみました!

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

巻き巻きディナー

人参を細切りにしてレンジでチンして、豚肉で巻いてみました。

Imgp3039

味付けは・・・「黄金の味」!!決まるんです。味がしまります!

完熟トマトを買ってきました。ナスを炒め、豚肉とトマトでソースを作り、スパゲティにかけました。

Imgp3038

ナスが今旬で安くてうれしい!ナス大好きです。

今日もSANTIAGO の白で乾杯。

Imgp3037

オリンピックの女子レスリングを見ながらのご飯でした。はらはらどきどき。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトルトを超えたレトルト!カレーはやっぱりハウス、ディナー&焦げ鮭朝ごはん

ハウス「ザ・ホテル・カレー」[芳香スパイス仕立て] をいただいちゃいました!レトルトですが、名前にもありますように「ホテル」の味!昨日は比較的涼しい一日だったのですが、迫ってきた通訳ガイド試験の準備勉強に行き詰まり(やってもやっても地理の温泉が覚えきれない!日本、温泉多すぎ・・・)、ご飯作る気がゼロだったので、スーパーでこの豪華絢爛なパッケージのカレーを見つけて思わず買ってしまいました。ハウスさんから今年の2月から発売開始されたばかりのカレーです。

Imgp3033

こういう高級感あるパッケージに弱い圭子です。青の色も濃い目で重厚感あり。(ちなみに「芳醇ワイン仕立て」の方はワインレッドのパッケージです。)箱の上部に王家の紋章のようなデザインのマークが。「THC」のアルファベットがデザイン化されています。「The Hotel Curry」の各語の頭文字ですね!

本当に、昨日の晩はご飯を炊いてサラダ作るだけで力尽きました。亮一に帰りにコンビニでから揚げも買ってきてもらい、なんとかご飯、いただきました。

Imgp3031

この艶!滑らかなカレーの海の中、泳ぎたいほど・・・ 感動する味でした。はっきり言って、自分では作れないですね、この深い味。

今朝は昨日レトルトで済ませてしまった罪悪感により、ちょと早起きして鮭を焼きました。

Imgp3030

鮭、ちょっと焦げてる・・・ 

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

かじきでディナー

昨日の昼の「キユーピー3分クッキング」で見た藤井恵先生の「かじきとミニトマトのレモンバターソテー」がかなり魅力的だったので、スーパーにミニトマトとかじきを買いに走って行った圭子でした。

バターとレモン汁でとろっと仕上がりました。

Imgp3026

藤井先生のアドバイスに従い、トマトを半分に切るときはトマトのヘタとお尻の真ん中を「横」方向に切る、という風にしました。そうするとトマト内のジュースがよく出て、おいしいソースになるとのこと。こういう「野菜の切り方のポイント」まで教えてくださる藤井先生のファンです!!

豆腐は海苔の佃煮をオリーブオイルでのばしたもの、ジュレ、ひき肉の炒めたものをのせました。

Imgp3027

豆腐は何をのせてもおいしいですね。

昨日もSANTIAGO の白に合わせました。

Imgp3025

昨日の夜も暑かった・・・ いつも冷房をタイマーにして寝るのですが、タイマーが切れると決まって目が覚める。しかし、一晩中つけっぱなしにすることにも抵抗を感じる。なのでタイマーが切れると一度起きてまたタイマーを数時間かけて、寝る、という体力を消耗する日々。昨夜は途中で目が覚めなかなか再度眠りにつくことが難しくなり、読み終わり寸前だった「めす豚ものがたり」をとうとう読み終わった圭子です!これって1997年に買った本なのですが、なぜか途中でやめていたんです。先日再挑戦したら、断然面白くなってきて、毎晩夢中で読んでいました。カフカの「変身」みたいですが、この作品は若い女性が豚になってしまう話なのです。豚になったときに、ドングリなどをバリバリと食べるシーンで、なぜかむちゃくちゃおいしそうなイメージが広がり、面白いです。土の上に直に寝て、その土の暖かさを体で感じるシーンなど、読んでいて自分が本当に豚になったような感覚になる。すごい話です。お勧めの本です。(「めす豚ものがたり」マリー・ダリュセック作。河出書房新社より。)

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

レタス炒めディナー&「きらきらひかる」朝ごはん

最近は帰りが遅く、朝家を出るのが早い、という生活が続いている亮一です。まともに会話もできないので、ストレスがたまります。そして、最もヘビーな問題は、遅くにご飯を食べると、二人とも体重が増えることです・・・軽めでおいしいごはんを工夫せねばなりません。

昨日はレタスが安かったので買ってきました。牛肉と胡麻油で炒めました。先に牛肉を炒めて、レタスは最後にちゃちゃっと入れました。

Imgp3019

塩コショウ、オイスターソース少々で味付けしました。

簡単な炊き込みご飯を作りました。米を洗って、炊飯器に分量の水、酒少々、牡蠣醤油少々を入れ、ツナ、油揚げ、梅干しをたたいたものを入れ、炊きます。

Imgp3018

おいしい~

軽めにしてみました。レタスだらけ。

Imgp3017


今朝も早朝に家を出てしまい、ヨーグルトだけ食べて行ってしまった亮一。私は「梅ちゃん先生」で梅ちゃんとノブのめでたい披露宴を見てから一人ワンプレートの朝ごはん。

Imgp3021

昨日の炊き込みご飯はラップして小分け冷凍していたので、再登場です。ハムエッグとレタスを添えました。

デザートはオレンジ。これは、江國香織の「きらきらひかる」へのオマージュということで。

Imgp3016

皿がガラス製でないのが残念です。「きらきらひかる」を読んでいたのって、自分も主人公たちの年齢くらいだったと思うんですよね。(平成9年の「十四刷」です、私の持っている文庫本。)ぎりぎり20代か・・・最近江國香織を読んでいない。40代になり、生活が、そして人生が「江國的世界」から離れすぎたからか。(昔も別に「江國的キャラ」ではなかったかもしれんが。)今、微妙な年齢になり、人生がんじがらめになってきた感がある今日この頃、朝オレンジでも食べて(できればシャンパンでも添えたいところだ・・・)一人気だるく、江國的世界に入ってみました。(映画版「きらきらひかる」の薬師丸ひろ子とトヨエツ、よかったわああ。筒井道隆も。)

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

東京スカイツリー、大きいぞ!

とうとう行ってきましたスカイツリー。迫力ありますね!

Imgp2989


下から撮ると、こうなります。青い空を背景に、美しいお姿です。It's Tokyo Skytree!

昨日は天望デッキまで登りました。(その上の「天望回廊」には行かなかったのですが、今度行ったときには行ってみたい。)天望デッキからの東京の姿をどうぞ。

浅草寺が見えます。

Imgp2992

五重塔、見えますか?

東京タワーも見えました。

Imgp2995

天気がよくてよかった~

スカイツリー自体の影が写っています。

Imgp2993

空がきれい!

「ガラス床」から下を見ました。

Imgp2991

ここは人気スポット。たくさんの人がガラスの上から写真撮ってました。

ソラカラちゃんには残念ながら会えませんでした!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピックで寝不足ディナー

おとといの晩御飯と昨日の晩御飯、ご紹介します!

おとといは、ウナギをスーパーで買ってきました。寝苦しい夜が続き体がへとへと。元気を出したいです。

Imgp2990

ゴーヤ炒めもいただきました。それにしてもウナギと赤ワイン、合う!

昨日は東京スカイツリーに行ってきました。初めて行ったのですが、半蔵門線「押上駅」から直接つながっていて、アクセスいいですね。昨日は日曜なので本当に人がたくさん!

ソラマチで「おおのや」を覗いてきました。おいしそうな、トマトのジュレが売っていたので、買ってきました。

Imgp3007


丸ごとのトマトです。白ワインのジュレで、本当においしかった!

昨日のメインはブリをフライパンで焼いた一品。亮一が作りました。

Imgp3005

ブリの皮が剥がれちゃいましたが、おいしい部分なので、もったいないので身の上にのせました。一緒に焼いたパプリカとシイタケ、かなり黒焦げ。

ゴーヤに豚肉を巻いて焼きました。

Imgp3006_2

夏にたくさん食べたいゴーヤです。

パスタはぺペロンチーノベースで、冷凍のエビとツナも入れました。

Imgp3004_2

昨日もSANTIAGO の白と合わせました。

Imgp3003

最近は、夜寝ていて、冷房が切れ、目が覚め、そのとき冷房をつけるついでにテレビをちょっとつけてみると、オリンピックが面白い状態で少し見て、また寝る、という寝不足の日々・・・今朝は目が覚めたときにちょうどフェンシングをしていて、見入ってしまいました。「ラ・セーヌの星」世代の圭子としては、フェンシング的世界に、むちゃくちゃ惹かれるんですよね~ そんな寝不足の日々でもありますので、おいしいもの食べて、乗り切りたいです。

同じくソラマチで、おいしそうなお菓子、買ってきましたよ!「東京下町シュークリーム スイートオーブン 」というお店で「金ゴマザクザクシュー」をゲット。

Imgp3010

外側の生地は名のごとく「ザクザク」していて食感がよく、中のクリームはなめらか。幸せになる味です。

昨日の「行列のできる法律相談所」における磯野貴理子のプロポーズ(受ける)状況の放映、について、怒り心頭!!いや、別に、若くてイケメンの男にプロポーズされている貴理子に対して怒っているわけでは、ない。(むしろ幸せになってもらいたい!)ただただ、テレビの構成に腹が立ちました。なに?あの連続する、CM 前の「この後すぐ」。その度に嬉し涙だか悲しみ涙の貴理子の映像と、共演者のしみじみした涙画面を垂れ流す。一回や二回ならまだしも、数えきれない回数あれをやられると、腹立ちしか生まれませんでした。しつこすぎや!!

肝心のプロポーズのシーンですが、貴理子が指輪を受け取る場面を、亮一が涙を流して見つめていて、驚愕しました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

またもや牛肉で朝ごはん

牛肉と玉ねぎを煮て、卵でとじました。朝から肉!

Imgp2975

ご飯にのせていただきました。

納豆もつけて、スタミナ満点朝ごはん。

Imgp2976

オリンピックの選手たちも頑張っています。暑いけどこちらも頑張っていきましょう!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

牛丼朝ごはん

昨日の柔道78キロ超級女子、杉本さんがキューバの選手と対決していたときの解説、「ツマキ」こと塚田真希でしたよね!!ツマキ、声が可愛い!そして、饒舌!

今朝は亮一は早朝からお仕事です。ものすごく早く家を出てしまい、ご飯なしで行ってしまいました。暑さをのりきってくれ!圭子はひとり、牛丼を作ってみました。

Imgp2970

玉ねぎと牛肉を生姜と甘辛く煮ました。仕上がり際に卵も入れて出来上がり。スタミナ満点です!

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

エバラでディナー

CM で観月ありさが息子にちゃちゃっと牛肉でごはんを作るって設定の役を演じているのを見て、あまりにおいしそうだったのでマネしました。エバラの「黄金の味」のCM です。牛肉とトマトをフライパンで焼いているCM!

Imgp2968

うちにも「黄金の味」があったので、トマトと牛肉を炒めてみました。ナスも追加しています。

確実に赤ワインの方が合いそうなメニューですが、暑いので白にしました。SANTIAGO です。

Imgp2967

昨夜はこんなディナーでした。

日は変わって今朝、「梅ちゃん先生」を見ましたが、このドラマの過激な進行に、本当に驚かされてばかりのこの数か月でしたわ・・・ 梅ちゃんとノブ。こうなったか・・・

何が「過激」かかというと、結構長いタイムスパンで「重要」だと思っていたキャラクターがあっけなくドラマから去り、結局最初からいるメンバーしか残らない、という展開なのです。途中に重要な役を演じていた真田(ひらたけ!)や松岡さん(大学病院の図書室で梅ちゃんと結構抱き合ったり、いちゃいちゃしていた・・・)など、松子や梅子の気持ちをぐっとつかんだ男たちはあっけなく「過去の人」となりました。弥生さんの初恋の人の坂田先生なんて、伝承で「死んだ」ことになっており、お亡くなりになったシーンすらない・・・ このまま医専での仲間たち(C 班のガールズ)とも再会しないままドラマが終わったりする可能性もあったりして。私としては、すべての登場人物に意味を感じたいです。もっと、ドラマの前半に出ていた人たちが、後半でも話にリンクするように作っていてほしかった。

これに対して、出てくる人が皆なんやかんやリンクしていている話を描いた映画がありました。その映画に関して書いた記事のリンク貼っておきます・・・ この映画は、登場人物同士の意外なリンクが激しすぎ、それはそれで不自然ではあったのですが。

「愛する人」-ナオミが幸せになって欲しい-

昨夜、「恋の罪」を再度見直し、水野美紀のオールヌードをもう少し有効に使うすべはなかったのか、というイッシューを深く考えていました。バスルームから裸で飛び出して、鳴っている携帯電話に答える、というシーンなのですが、不自然なのです。びしょびしょの状態なので、普通なら、携帯に触るんだし、手なり体の水分をよくタオルなどでふきふきしながらバスルームから出てきますよね。刑事という仕事柄、いつ重要な電話がかかってくるかわかりません。すっぽんぽんで電話受けても、メモとか取れないし(水野は刑事役)、変だよ。そんな中、亮一は「どうせなら、殺人現場(廃墟)での自慰シーンのとこで、全裸になってもよかったかもね。」と変な提案をしてきました。いやああ、それもまた、不自然だと思うで。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

アボカド&エビドリアでディナー

昨夜は亮一がドリアを作りました。

Imgp2963

冷凍のエビと、アボカドが入っています。アボカドは加熱すると本当においしいです。

Imgp2964

昨日は体調がよくなかったので、ご飯は全部亮一にしてもらいました。豚とナスの炒め物、サラダとともにいただきました。夏バテでしょうか。冷房のせいでだるいです。でも冷房なしだとさらに調子悪くなるし・・・ 困りました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

「恋の罪」-ふわふわと渋谷の街を浮遊する小林竜樹-

「恋の罪」はそれぞれの俳優の実力がものをいう作品だ。

話の内容(「東電OL殺人事件」をゆるやかにベースにしている、堕ちていく女の物語)そのものは、同じ園作品でも、「ヒミズ」や「愛のむきだし」や「冷たい熱帯魚」の方に惹かれる。「恋の罪」は、内容的には共感する部分がやや少ない、私にとっては。(キャラクターに強く惹かれたのは美津子の母親役だ。大方斐紗子が狂った母親を上手に演じている。)

「水野美紀がオールヌード」(①)だとか、「東電OL殺人事件がベース」(②)だとか、前情報があったもので、先入観を持ちつつ見始めたのだが、①に関しては、かなり短い時間しか全裸の場面はない。この冒頭シーンのヌードは、水野(演じる刑事)の「愛欲にまみれた不倫をしている夫も子供もいる家庭人」という設定を示すために必要な要素なのだろうが、彼女の「セックスにおぼれた状態」を示すのなら、実際のセックスシーンも、もう少し多目にあったらもっとよかったなああ。(それにしても水野の不倫の相手役が、かなり意外な役者!!)

②に関しては、実際の事件の被害者を「モデル」にしている役が劇中にあるわけで、実際の「事件」を下敷きにしているわけではない。この、「東電OL殺人事件の被害者をモデルにした役」である美津子を演じる富樫真が、すごい。男みたいですごい。狂気に満ちていて、本当にすごい。あっぱれな力量。見る者が地獄までついていきたくなるようなカリスマ性を持っている。普通の役をしたら浮いてしまいそうな女優だ。

ところで、渋谷の街を、まるでふわふわ浮いたような雰囲気で闊歩する謎の男「カオル」役の小林竜樹に関しては、この映画から得た大収穫の一つだ。「時計じかけのオレンジ」のアレックスのような帽子。そして本当に不気味な満面の笑み。村上龍の「インザ・ミソスープ」の表紙を思い出した、急に。

そして、そして・・・三人の主演女優たちの陰毛の恰好がみんな「海苔」みたいで、これがそろいもそろってそうなので、監督の園子温氏の指示か?!とも感じたり。

一番の驚きはマーラー流れる中の哀愁漂う放尿場面!もうこれだけで私は神楽坂恵に一生ついていく決意を固めた!(「卍」の樋口さんの放尿シーンもよかったが、この「平成の大放尿」はお見事としか言えない。)このあたりのシーンは「ベニスに死す」の匂いをぷんぷんさせる。男にぼこぼこにされ、鼻血を流しながらも恍惚と空を見上げる神楽坂嬢には、黒い汗を流しながら死ぬアッシェンバッハの匂いを感じた。

嵐のような勢いがある作品だ。それぞれの役者が光り輝き過ぎ、全体像をつかみづらかったが、私なりに受け取った本作のメッセージは「人は、地獄まで堕ちないと自分を照らすことができない」ということだった。スーパーの試食売り場でウィンナーを売る神楽坂嬢は、セックスの虜になったとたんに生き生きして、ウィンナーを客に勧める声すら元気印になったものだ。そして、挙句の果てにはさびれた町で5千円で体を売るようになる。蹴られても、決してふさいだ顔は見せない、地獄の花になって。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦ディナー

あ~暑くて暑くて、冷たいものばかり食べてしまう!蕎麦でディナーでした。

豚肉、エノキダケ、ピーマンを塩麹で炒めました。

Imgp2959_2

塩麹だけで、すごくおいしい!お勧めです。

Imgp2960_2

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »