« カツで勝つ!ディナー | トップページ | 地図も、自分で書いてみる »

2012年8月27日 (月)

どっと肩を落とす・・・ディナー

8月18日にアップした食事のとき以来、お酒を断っていた圭子と亮一ですが、昨日はガイド試験も終わり、お疲れ様ディナーをしました。

時間はさかのぼって、昨日の朝ごはんです。昨日は比較的遠くの試験会場(圭子:御茶ノ水の日大、亮一:芝浦工大)だったので、朝は早めに家を出ました。朝ごはんはちゃちゃっと冷凍うどん。

Imgp3140

昨日はものすごく寝不足で目が覚めました。やはり、想定したのですが、なかなか寝付けなかったのです。自分なりに、死に物狂いで勉強したこの数か月だったので、「これでもし全くできなかったら、今までの時間が無駄になる・・・」という気分になってしまったのです。寝ようと思うほどに目がさえ、困りました。なので、御茶ノ水までの道のり、爆睡してしまい、最後のしめくくりの勉強ができなかった!!(しかしおかげで試験中眠くなるようなことはなかった。)

そして、戦いの後・・・

どっと疲れました!!

この疲れは、先日の英検のときのものと違います。英検のときは、参考書などで勉強をしていたことが試験を受けている最中に「生きていた」感覚が強く、いわば、「やっただけのことはある。苦労は報われた。」という感覚がありました。合格か不合格かは結果を受け取らないとわからないけれど、感覚的には「悪い結果にはならないだろう。」と思えたものです。帰り道にちょっと自分にご褒美でおいしいコーヒーでも飲もう、という心の余裕も感じたし、「頑張ったんだから、あとは結果は神様に任せよう。」と素直に思えた。

しかし、通訳ガイドの試験のときは、毎度毎度、「ええ?!そこを攻めてくる?うそ~!!」という問題が入っているので、準備勉強したことがあまり試験問題に出てこないのです。自分の知識の薄さと準備不足なのかもしれないけれど、もうこれ以上ほとんど無理、というとこまで頑張ったので、「な、なんで・・・??これって『科挙』の試験だっけ?」という「とほほ」な気分になるのです。なので、帰り道に自分にご褒美、という気分には毎回なれません。帰り道に「私の人生には、はたして『意味』、あったんだろうか?」という気分には毎回なりますが・・・

そうそう。亮一は「英語」だけの受験でしたが、私は午前「英語」、午後「地理」の二科目の受験でした。午前の2時間の英語の試験で「ああああ、もうあかんん・・・」という心境になり、ランチを挟んだ午後のテストに対して気持ちを立て直すのに時間がかかってしまいました。毎回(今回4回目ですが)思うのですが、ヘビーな英語の試験を午前に行うのは、本当に、気持ちのダメージが大きいと思うの、私だけでしょうか??先に40分単位かつマークシートの社会の科目を済ませておいて達成感を得た後の方が、英語の長丁場に取り組みやすいと思うんだけど。まあ、順番はどうであれ、英語は毎度毎度、かなり重いです。血の気を失いましたよ。自分の力のなさに、涙!

帰りの電車でも死人のような顔をしていました。美人が台無し(笑)。

それでもお酒ぐらいは飲まないとやってられないので、ほぼヤケ酒のような状態で久方ぶりのワインです。

ステーキを焼きました。ゴーヤ、シイタケとともに。

Imgp3139

牛肉クン、久しぶりだったね。

ひき肉と生クリームでカロリー満点のソースを作りました。

Imgp3138

スパゲティちゃん、久しぶりだったね。

「24時間テレビ」の北斗見ながら「お疲れさ~ん!」ディナーです。

Imgp3137

ちょっと休憩したら、また歩き始めようと思います。

圭子&亮一

|

« カツで勝つ!ディナー | トップページ | 地図も、自分で書いてみる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっと肩を落とす・・・ディナー:

« カツで勝つ!ディナー | トップページ | 地図も、自分で書いてみる »