« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

リサイクルミートソースランチ&魅惑のハーゲンダッツ

昨日のランチは、おとといの亮一作トマトスープを炒めたひき肉と合わせて煮込んだミートソースでした。

Imgp3659

ちょっとニンニクおおめのスープがベースになっている・・・ 塾の子供たちよ。歯は磨いてはいるが、もしニンニク臭い先生だったら、許してくれ・・・

夜は疲れ切った私たちはとんでもないハーゲンダッツの季節限定商品にうっとり・・・

Imgp3661_2

岩のようなココアクッキーがアイスを覆い尽くす。すごいです、見た目。食べごたえあるし。考え出した人偉い。あくなき挑戦に、乾杯。

北海道の停電、今日には復旧予定とのことですが、影響を受けている住民の方も、復旧作業を進めている電力会社の方も、この寒さの中で大変な思いをされていると思います。一刻も早く平常の生活に戻られますように。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

トマトスープディナー

昨日は早目に帰った亮一がスープを作って待っていてくれました。寒い日にスープはたまりません。大量に作ってくれていたので、今日も続きで食べられそう。料理上手な亮一がうちに存在していて本当に助かる。いつもありがたい。

Imgp3651

スープの背後にはチキンソテーが。

SANTIAGO の白で乾杯。なんかストレスがたまる日々・・・ ワインの後には安いウイスキーと炭酸水でハイボールも作って飲んでしまいました。またもやウディ・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」見ながらのディナー。何回見ても面白い。レア・セドゥが「美しい人」のころよりもだいぶアダルトな雰囲気になっています。それにしてもこの映画の中でヘミングウェイやらフィッツジェラルドやら出てきますが・・・ きちんと読んでいない!ヘミングウェイは「日はまた昇る」しか読んでいない!フィッツジェラルドに関しては、「ギャッツビー」すら読んでいない!読まねば・・・

Imgp3652_2

ミッドナイト・イン・相模原、で乾杯!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

ミッドナイトすき焼きディナー

昨夜はウディ・アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」を見ながらすき焼きでした。

Imgp3648

トマトもすき焼きにしちゃいました~

夜おそめなので、しめのうどんは無し。肉、野菜、白滝だけにしておきました。久々の牛肉~

Imgp3647

たまりません。

映画の方も、よかった~。「大聖堂」でモードを演じていた女優さんが、ゼルダ役でした。ゼルダとスコットの「その後」を考えると少し切なくなります。映画の中の彼らは輝いていました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

カレーと「どん兵衛」に救われる日々

昨日は昼間に煮ておいたカレーでディナーでした。

Imgp3641

真ん中にあるのは、豆腐やらマッシュルームやらをグラタン風にしたものです。表面が焦げてしまいました。カレールーを発明した人に心からありがとうを言いたい圭子と亮一。

今日のランチは、体がだるく、簡単に「どん兵衛」とチャーハンです。「どん兵衛」は1976年に発売が開始されたとのことです。小学校低学年だった私ですが、うちの母親がこういうカップめんとか袋めんとかのインスタント食品をがんがん食卓に持ち込む人だったので、「どん兵衛」は子供のころを思い出す一品です。

Imgp3643

今日の「どん兵衛」はもち入りです。チャーハンは、小松菜と小女子で作りました。煎り卵をトッピングしてみました。

ところで・・・「スーパーチューズデー ~正義を売った日~」の中で、スティーブン(ゴズリング君)がダフィーのいるプルマンの選挙事務所に乗り込んだシーン(モリスの事務所をクビになった後)で、「変」なものが画面に映っているのです。このことについて詳しくご存知の方はコメントをくださると幸いです。ゴズリング君のむかって右の肩のあたりに、黒い革の手袋の手のようなものが映り、その物体に対し、ゴズリング君も一瞬「あれ?」という顔をして目線を動かします。しかし、どう見ても不自然な目の動きだし、その「手袋」の前のシーンでも後のシーンでも彼は黒い手袋はしていません。あの黒い手袋(のような物体)は誰の手??ダフィーも事務所内で仕事中だったので手袋はしていませんでした。スタッフさんの手が映っちゃった??

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

栗と和三盆ロール!

昨日は三溪園での紅葉散歩の帰りに横浜高島屋の「グラマシーニューヨーク」で「栗と和三盆ロール」買っちゃいました!

Imgp3637

大きな栗が入っています。存在感ありますね。

ロールは昨日食べきれなかったので今日の私のランチにも登場しました。

Imgp3639

スパムとセロリの炒め物で簡単にランチにしました。納豆の背後にグラマシーニューヨークが・・・

昨日、ジョージ・クルーニー監督作品「スーパーチューズデー ~正義を売った日~」を見たのですが、改めて、エヴァン・レイチェル・ウッドってどっしりした存在感あるなああ、と思いました。今回のロールケーキの中心部の栗のようです。映画の設定的には「10代」(いくらなんでも19歳にはなっているでしょうが。)、という若さ。大統領選の選挙スタッフのインターン生役です。選挙スタッフの中の上司的存在であるライアン・ゴズリング君とバーでいい感じになり、その後は彼の宿泊するホテルでさらにいい感じになる(実際のシーン自体はありません・・・)のですが、その翌日の彼女の態度、これは日本のどの女優がやることもできないほど大人です。かっこええ、エヴァン・レイチェル・ウッド。

劇中のフリップ・シーモア・ホフマンの腹が相変わらず出ていて・・・ちょっと心配。役作りなのであろうか、あの腹は。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

紅葉の三溪園に行ってきました!

三溪園に紅葉を見に行ってきました。横浜市の本牧にあります。国の名勝です。

外苑の方はまだ紅葉が始ったばかりという感じでした。

Dscn1186

池にはたくさんの鯉がいました。

三重塔は京都の旧燈明寺にあったものを移築してきたものとのこと。

Imgp3615

とてもきれいです。

Imgp3628

紅葉の葉っぱの間に見える三重塔のショットです。

内苑の方は、赤く染まった紅葉や、黄色い銀杏など、紅葉が見ごろ!

Imgp3632


上の写真は、旧天瑞寺寿塔覆堂で撮りました。赤と黄色のコントラストがきれいです!

Imgp3635_

とてもみごとな庭園です。いろいろな季節で訪れたいです。

Dscn1184

気持ちが穏やかになりますね。和の世界。

勘違いかもしれないのですが、三溪園敷地内で「純と愛」の「純のお父さん」(宮古島在住)をお見かけした気がするのです・・・ 顔がそっくりだった・・・ 間違いだったら失礼!!

The leaves are turning red in Yokohama!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマト鍋ディナー&リゾット朝ごはん

昨日はトマト鍋に挑戦しました。

Imgp3606

牡蠣、鶏肉、豚肉、セロリ、玉ねぎ、シメジ、ズッキーニ、ジャガイモ、アボカド・・・ なんでもかんでも入れて、トマト缶、ニンニク、コンソメ、牡蠣醤油で味付けしました!アボカドを鍋に入れたのは初めてなのですが、むちゃくちゃおいしかったです。信じられないくらいおいしかった・・・

Imgp3608

スーパーで見つけたペットボトルの格安ボジョレーヌーヴォーにて乾杯。

そして今朝は、前日の残りの鍋のスープでリゾットにしちゃいました!!

Imgp3612

卵も落としちゃいました。トマト鍋の直後にご飯でしめようと思ったのですが、朝に食べた方がダイエットによいかな、と思い・・・とにかくうまい。おいしいスープをご飯がすって、うまい。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

牡蠣グラタンであつあつディナー

寒い日々が続きます。牡蠣グラタンをつくりました。ホワイトソースは作るのがたいへんなので、生クリームで簡単につくりました。

Imgp3603

玉ねぎと小松菜、マッシュルームを炒めてしきつめて、そこに牡蠣をのせ、生クリームをかけました。そこに牡蠣醤油も少々いれました。チーズは、溶けるチーズとゴルゴンゾーラの二種類で。パン粉を少しのせて焼いて、表面をかりっとさせました。昨日はスーパーに加熱用の牡蠣がなくて、生食用の牡蠣で作りました。次回は加熱用牡蠣で作りたいです。

エスカルゴ風に、エリンギをにんにく、オリーブオイルで炒め、パセリバターも入れてできあがり。亮一作品です。

Imgp3604

ズッキーニも入っています。

Imgp3602

熱々グラタンと冷えた白ワインがたまらん!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

ひょうたんやおかき、などなど・・・最近のご飯です

今日は祭日。ゆったりとすごしております・・・

おとといの夜は遅くなってしまい、また早く帰った亮一がおいしいごはんを作ってくれていました。ありがたい・・・ 近所のドラッグストアで「生パスタ」を見つけたらしく、卵でカルボナーラ風にしてくれました。

Imgp3589

中心は、スパムと野菜の炒め物。深夜に高カロリー、という日々は続きます。

今朝はししゃもで朝ごはん。サラダにはいり卵をかけました。

Imgp3593

緑と黄色がいいコントラストです。

Imgp3591

朝ごはんは亮一が用意してくれました。(「純と愛」のいとしクンみたいや・・・)

亮一がお友達からいただいた「生あられ」と「乾燥瓢箪」です。

Imgp3595_2


この「生あられ」、フライパンで簡単にできます。煎ってすぐに食べると熱々でおいしいですよ!ひょうたんは中が空洞です。何か入れたい・・・ ちなみにこのお友達は、瓢箪を自分で育てているそうです。

Imgp3598

できあがったばかりのおかきです!

昨日映画「アイアンクラッド」を見ました。中世イギリス!!戦闘シーンがものすごくリアルで、テレビモニターから血が飛んできそうでした。ジョン王って全然知らなかったのですが、先ほど高校時代の山川出版社の世界史の教科書を見て、ちゃんと載っているのも確認しました。マグナカルタの時代を描いた映画です。(それにしても、ジョン王、最悪!!すごくいやな奴!)本当に、中世の暗い感じ、大好きです!!

ちなみに、ロチェスター城を守る人数の少ない仲間たち、の役の中に弓矢が上手な人がいて、「あれ、この人知ってる!」と思ってよく見たら、Mackenzie Crook でした!!イギリスのコメディー「The Office」でGareth役だったときはむちゃくちゃ弱そうなキャラだったのに、本作では立派に力強く城を守っていました・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

高カロリーランチ

マヨネーズが好きです。ほぼ、なんにでもかけます。結構たくさんかけます。だから、痩せれません・・・

元気がないときは、好きなものを食べます。袋のインスタントラーメン、鶏のから揚げ、袋のインスタント焼きそば、あたりがそうです。そして、マヨネーズも私を元気づけてくれます。マヨネーズの甘酸っぱさに危険な魅力を感じます。

白菜、ブロッコリーをスパゲティと一緒にゆでて、炒めたソーセージ、シイタケ、ピーマンでナポリタンソース的なものを作りゆであがった麺、白菜と一緒に炒めました。

Imgp3585

目玉焼きものせ、粉チーズ、マヨネーズをかけてできあがり。すごい!B級グルメみたいです。どんだけ高カロリーやねん。

食後はなみなみとついだ紅茶。牛乳をたくさんいれるのが好きです。マグになみなみとつがれたミルクティーを見ると、イギリスに住んでいたころを思い出し、涙が出そうになりました。だんだん、あそこに住んでいたことが「実は夢だったんじゃないか?」と思われてきます。1995年のたしかお正月に日本を出て、向こうに2日に着いた、みたいな感じだったと記憶します。(その直後に地元を阪神大震災が襲うことになるとは・・・) 日本を出るとき、風邪で熱があり、「先が思いやられる」と心配していたのですが、ヒースローに早朝着いて、気持ちが引き締まっていたからか、すっかり熱も下がり、タクシーに乗り込み、オックスフォードのホームステー先を告げてドキドキしながら車中からイギリスの風景を見ていました。朝の中途半端な時間に家に着いたので、ランチでも朝ごはんでもないタイミングでしたが、迎えてくれたlandlady がチーズトーストと紅茶を用意してくれて、ソファーで座って彼女と話しながらいただきました。マグになみなみとつがれた紅茶との生活の始まりでした。

半年はホームステーしていたので、朝はもとから住んでいたブルガリア人学生、そして私と同時期に加わったスペイン人学生と三人で一緒に朝ごはんを食べたものです。毎朝紅茶を牛乳タップリで飲み、学校から帰ってからもリビングで紅茶を飲みながらテレビ。寝るまでの間にがんがん紅茶を飲んでいました。気楽に飲めるのには「電気ケトル」も一役買っていました。あっという間に沸騰するのです・・・

Imgp3587

最初の数カ月は英語との格闘でストレスが多い日々でしたが、あるとき英語がすっと耳に入るようになり、そして自信もついてきて、話すときもすっと英語が出るようになったときの感覚を今も覚えています。そりゃあ、生活していればいろいろな場面に合い、鍛えられるからでしょうが、一番は、「自信」という要素だったんだと今は思います。外国まで来て孤独と戦い、見るもの聞くものすべて外国語、という現場でも、負けずに生きているんだもん、俺ってすごい、偉いぞ、どこからでもかかってこい、という感覚を少しだけ身に付けた後は、躊躇せずに授業で発言したり、イギリス人とも気負いなく話せるようになったり、友だちも増えていったり、楽しくなったりしました。今思えば、文法的に間違っていたりむちゃくちゃな英語も話していたんだと思います。でも、今でも付き合っているイギリス人やほかの国の友だちができたのもこのころです。

今塾で、細かい細かい文法(自分でもときどき「これ、なんだっけ?」と思う難しい構文を含め)を扱う教材で子供たちに教えています。英語って実は、友だちを作るツールなんだよ、本当はパブでビールがんがん飲みながらいろんな国の人と本音トークを繰り広げるときのツールなんだよ、将来運命の人(外国人かもしれない)と出会うかもしれない、そのときに重要になるツールなんだよ、そして、文法の細かいとこに意識をしすぎることよりも、心に自信が生まれたら格段堂々と話せるようになる言語なんだよ、と本当は思っているのに、職場ではテスト対策、受験対策、文法強化対策の教材に支配されていて、ちょっと最近疲れ気味・・・ こんなん(文法)に縛られんでも、イギリス人の彼氏でも作ったらすぐに英語うまくなるで!と口から出そうになるぜ。なんちゃって!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

クリストフ・ランベールに捧げるアシ・パルマンティエディナー

最近クリストフ・ランベールばかり見ています。「ハンテッド」、「サブウェイ」、「グレイストーク - 類人猿の王者 - ターザンの伝説」。昔のばかりですね。最近の彼も見たいです・・・

というわけで先週の日曜は久々にアシ・パルマンティエを作りました。笑顔の最高にキュートなクリストフに捧げます。

Imgp3576

黄金色!

Imgp3580_2

ひき肉と玉ねぎをいためたのが入っています!

キャベツ、エリンギ、シイタケ、ベーコンで炒め物を。

Imgp3574_2

おいしいベーコンだとほんの少しでいい味がでる!

モッツアレッラは冷奴風に、鰹節かけてみました。

Imgp3575_2

醤油もちょろっとかけています。

カリフォルニアワインRock brook(カベルネ・ソーヴィニヨン)に合わせました。非常にリーズナブルなのに、深みのあるワインでした。

Imgp3578_2

あたたまる~

昨日は昼から煮込んでおいたカレーと、タイマーでちょうど帰りの時間に炊き上がるように炊いておいたご飯で簡単にディナーです。

Imgp3582

うまかった!タイマーがあると便利!

ちなみに、「サブウェイ」の映画終わり際にあるメトロでのコンサート。あのときにバンドメンバーが着ていた衣装がサファリの恰好で、なんでやねん?と思っていましたが、これってもしかして、サブウェイのちょっと前の同じくクリストフ主演の映画「グレイストーク - 類人猿の王者 - ターザンの伝説」へのオマージュか!?「ターザン」の中でもサファリルックの登場人物がたくさんでてくるので・・・ふとそう思いました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サブウェイ」-無邪気な笑顔、パッパラパッパ・・・(涙)-

1985年作品。ああ、この映画を何度VHS でレンタルして見たことか。21世紀の今、美しいデジタル・レストア・バージョンのブルーレイで久方ぶりに拝見した。

なんなんだ、この、「いつ見ても輝いている」感!(80年代の)リュック・ベッソン、万歳。

美しいブルジョワ夫人エレナ(夢のように美しいアジャーニ)はフレッド(金髪で笑顔が子供のようなクリストフ・ランベール)をパーティに招く。そこで金庫を爆破して中にある書類を盗み出したフレッド。(理由は、「金庫が嫌い」だから。)その書類を取り返すためにフレッドと地下鉄で会うエレナと、フレッドを捕らえようとするエレナの旦那(富豪)の手下たち。映画の冒頭は、パーティから抜け出したフレッドやその追手たちがタキシードを着たままなので、非日常の匂いがぷんぷんしている。そして、同じくパーティから直行してきて書類を取り返そうとフレッドに会うエレナもまた、フォーマルドレスのまま。彼女が劇中に登場するシーンは、階段をかつかつと降りてくるアジャーニの脚、胴体、顔、と順番に見えてきて、アジャーニだとわかるときに「ひええええ、きれいいい!」と見る者を唸らせる。ここでフレッドがエレナの目を見て言うセリフ「着飾った君はきれいだ」のシーンは、何度見てもこの映画の中の(私の)ベストシーンだ。

話の内容は、単純である。エレナの旦那の追手から逃げるフレッドは、パリのメトロの地下に潜りこむ。(そう、映画の中身の大半は地下鉄の駅の中でのシーンなのだ!なので、タイトルは「サブウェイ」。)メトロには、そこに住み込んでいる不思議な人々がたくさんいる。ローラースケートですいすい自由自在に移動するジャン=ユーグ・アングラード(少年のよう!)や、花屋(ホームで小さな花束を売る)のリシャール・ボーランジェ、ドラムスティックを常に持っているジャン・レノ。彼らとの奇妙な生活の中、バンドメンバーを集めてメトロでのコンサートを企画するフレッド。バンドの演奏する音楽もとびきりいかす。

地下鉄の駅内の暗闇を蛍光灯を持って歩くシーンがある。このシーンでのフレッドが、80年代当時のレンタルビデオのジャケットの写真に使われていた。光る蛍光灯をライトセーバーさながらに持って立つフレッドの写真は、SF 映画を思わせる雰囲気だった。しかし、映画はSF どころか、とても古典的で、登場人物たちはやたらコーヒーを飲みたがり(ああ、フランス人たちよ!)、男は女に愛を語り、警察官は「ルパン3世」の銭形警部みたいなコートを羽織っている。

フランス映画の独特な雰囲気。それを一言でまとめるのは難しいが、一つのポイントは「登場人物たちに人生を楽しむ余裕がある」という点だと思う。たとえば、本作でも、追手から逃れて生きる状態とも思えない雰囲気をフレッドは醸し出している。地下鉄の中の迷路のような区域で楽しげに生活し、ときにはホームのバーにおいてあるシャンパンを豪快にあける。盗んだエレナの幼いころの写真を見てはにんまりして「これ、俺の女房なんだ。」と子供のように笑う。警察たちものんきだ。仕事はほどほどに、それよりも、おいしいコーヒーの方が大事そうな雰囲気。目の前のことに精いっぱいで、生活を楽しむ余裕なんて一ミリもない日本人(というか、筆者自身)にとって、このまったりした雰囲気がフランス映画の醍醐味なのだ。

この時代(80年代)、よいフランス映画が日本でがんがん公開されていて、とても幸運だった。いわゆるフランス映画ブームの時代で、本作や、レオス・カラックス作品、ジャン=ジャック・ベネックス作品を体験することができた。そういう時代に青春時代がすごせて、よかった、本当に。

子供のころ事故にあって以来、歌を歌えなくなったフレッドは、メトロ構内で念願のロックコンサートを開く。バンドが大盛況の中、無邪気な笑顔でフレッドは音程の外れた声で「パッパラパッパ・・・」とつぶやくように歌う。大好きなエレナにまた会えて、幸せいっぱいのフレッドが、小さく、誰にも聞こえないような声で、歌う。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

最近のご飯たちです

ボジョレーヌーヴォーのペットボトル入りの安めのを亮一がドラッグストアで見つけてきました。

Arts アーツ ボジョレー・ヌーヴォー2012 です。

Imgp3550

1000円しませんでした。

豆乳鍋に合わせました~

Imgp3548

暖まりました。

週刊文春のクドカンの連載でサンマのおいしさについて語られていました。記事を読みながら「今日はサンマだ!」と決意したものです。そんな日の夕飯は塩焼きサンマに赤ワインを合わせました。

Imgp3559

ワインと合うように、食べるときにちょっとオリーブオイルをかけました。

塩麹のサムギョプサル(スーパーでパックで売っていました)をカリッと焼きました。

Imgp3558_

これまたワインと合う!

パスタはブロッコリーと玉ねぎで。

Imgp3560

サムギョプサルを焼いたフライパンでパスタも調理しました。いい味が「のりうつって」パスタもごちそうに。

いつものSANTIAGO の赤で乾杯です。

Imgp3557

昨日の晩御飯はサンマディナーでした。

紙ナプキンにはマリリンが。

Imgp3562

珍しいですね。使うのがちょっともったいない!

今朝は、最近食べすぎでおなかがもたれていたので、おかゆで朝ごはんです。

Imgp3566

炊飯器でおいしいおかゆが作れる時代です。

Imgp3565

焼鮭やたらこ、いり卵などなどとともにいただきました。

今日のランチは、おこわです。よくわからなかったので、もち米と普通の米を混ぜて炊きました。シメジなどのきのこ類を入れました。

Imgp3569

もち米100%でもよかったかも・・・ もっともちもちしたのを食べたかった!

Imgp3570_2

おこわが大好きなので、自分でもおいしく炊けるようになりたいです・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

BEAUJOLAIS NOUVEAU! ディナー2012

ボジョレーヌーヴォー解禁!夜遅くでも、お祭りごとはやめられません。昨日も少し早目に帰宅した亮一がすっかりご飯を用意してくれていました。疲れ切った体にワインがきく・・・

前菜盛り合わせです。スーパーで買ってきたゼリー寄せや、アボカド、モッツァレラ、トマト、ピーラーでスライスしたキュウリなどなど・・・

Imgp3545

軽いワインにぴったりです。

養老ハム工房小林商会さんとこのベーコンと、旭川から送ってもらった玉ねぎ・ジャガイモのコラボです。亮一お手製のジャーマンポテト(風)の一品。

Imgp3546_2

仕上げにバターを入れてコクをだしています。

豚バラとシメジはしゃぶしゃぶサラダに。

Imgp3544_2

焼き肉のたれとマヨネーズをかけて簡単に味付けしました。

Georges Duboeuf のボジョレーヌーヴォー!今日は特別にバカラのグラスで乾杯です。

Imgp3543

こんな素敵なご飯を食べながらも、またもや昨夜も「ハンテッド」見て大盛り上がりでした。なんなんだ!この映画は!!意図はなんなんだ!?ジョン・ローン、クリストフ・ランベール、夏木マリなどなど・・・はこの仕事を「どう/なぜ
」承諾したのか!?この脚本の意図は!?島田陽子の甲冑姿が異様!ジョアン・チェンって「ラスト・エンペラー」で奥さんやってたよね、ジョン・ローンの。今回は敵味方だ!名古屋になぜ「忍者」が?いい感じのホテルなのに部屋の中は「ラブホテル」風!?などなど、本当に、ワイワイお酒飲みながら見るのにはぴったりの娯楽作品。この映画を見て「日本って面白い!行ってみたい!」と思った外国の人、たくさんいるかも・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

ベーコンが来た!ディナー&ランチ

昨日は注文していた養老ハム工房小林商会さんとこのベーコンが到着しました!仕事が休みだった亮一が料理して待っていてくれました。遅くに帰って、ご飯ができていると本当にうれしい気持ちになります。本当に助かりました。昨日も心身ともに疲労して帰宅したので、多分私が夕飯担当だった場合、二人で近所の遅くまで開いているファミレスに行こう、となっていたでしょう。

サラダにのせてみました。

Imgp3536

フライパンで焼いて、サラダにのせています。これとパンだけでも立派なランチになりそう。

鶏肉、セロリ、ナスをソテーに。

Imgp3535

ニンニクがきいています。

赤ワインに合うディナーでした。

Imgp3534

ご飯を食べながら、クリストフ・ランベール主演の95年の映画「ハンテッド」を見たのですが・・・

すごいB級映画だ!!

(サイコー!笑える!)

舞台はは名古屋。半導体会社社員のラシーヌ(ランベール)は出張で来日中だが、なぜか忍者軍団に追われるはめに・・・みたいな「とんでも」映画でした。原田芳雄様も出ております。夏木マリも、女忍者役で・・・ とにかく、すごい。

さて、今日のランチですが、またまたベーコンを使って、今度はチャーハンに。

Imgp3538

小女子とベーコンを炒めて作りました。みじん切りの小松菜も入っています。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

ナポリタンで朝ごはん

今日は仕事が休みの亮一に朝ごはんを担当してもらいました。

Imgp3529

うまいぞ!

「純と愛」見ながら朝ごはんでした。「べいべー」に違和感が・・・

Imgp3530


圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

「大聖堂」最終回ディナー

出張から帰ってきた亮一と、「大聖堂」の最終回のDVD を見ました。本当に本当に・・・「時代劇最高!!」と叫びたい。よいドラマでした。リチャードがウォルターの「耳」をえい!って剣でそいだときには「いいぞ~いいぞ~!」と叫んでしまいました。片耳だけでなく、もう片方もそいじゃえばよかったのに、リチャード。あと、前回まで幼かった、スティーブン王の息子、ユースタス王子が今回は大きくなっていました。その彼が・・・「劇団ひとり」そっくりな俳優!!一瞬合成かと思った。なぜか中世イギリスのドラマに「劇団ひとり」が!!みたいな!

最終回を見終わり、また人生の楽しみがひとつなくなりました。がちょーん。今回、ドラマの中でどんどん成長していくジャックにほれぼれしてしまいました。ジャックを演じるEddie Redmayne に心底惚れてしまいました。今まであまり意識していなかったんですが、このドラマを見て、大ファンになってしまいました。今度映画「Les Misérables」でマリウス役を演じるとのこと。楽しみです~ (私と)結婚して!エディ!!!

夕飯は、牛肉メインで。ステーキにグリーンピースと茄子を添えました。

Imgp3521

ナスは焼くときに粉チーズをかけています。香ばしいですよ。

オクラは豚肉で巻いて、焼き肉のたれで味付けしました。

Imgp3524_2

焼き肉のたれがあると便利です。

パスタはシメジとひき肉のミートソースなのですが、簡単に「トマトジュース」で作っちゃいました。トマト缶がなかったので、家にあるトマトジュースで代用したのですが、手軽に作れました。

Imgp3522_2

いつものSANTIAGO で乾杯。

Au Fin Palet のモンブランを亮一がお土産に買ってきてくれました。

Imgp3526

秋ってかんじですね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

希望を探して・・・朝ごはん

今週末も亮一は出張へ・・・ 朝ごはんを一緒に食べてから、出かけてしまいました。せっかくの行楽日和なのに、さびしいです。

アボカドと茹で鶏をマヨネーズと醤油で和えました。

Imgp3517


朝からおつまみ的な雰囲気・・・

あったかうどん(冷凍うどんのクオリティってむちゃ高い)とともに、いただきま~す!

Imgp3518

さて、今年の通訳ガイド試験、一次試験の合否結果により、圭子も亮一も

撃沈!!

いい加減、二次試験を経験したいものだ・・・ いつ二次試験を受けることができるのだ!!?私にしゃべらせてくれ!日本の良さを!!地理に関しては大丈夫だったのだが・・・ ああ!英検1級にもう少し早く受かっていれば、一次試験で英語が免除になったのに・・・ 来年に向け、日本史と一般常識(亮一の場合は英語・日本史・一般常識)を勉強しないといけないですが、今しばらく、落ち込んで、「勉強したい」という気分が湧き上がるまではぼーっとしようと思います。本当に、悔しい。学校に約一年通ったのに!!!一番悔しいのは、自分の非力さですが。

早く、モチベーションを高めたい・・・ 

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

ガーリックマグロディナー&和食で朝ごはん

昨日も早目の亮一がご飯担当してくれてラッキー。昨日は精神的にぼろぼろだったので、とてもじゃないけどご飯なんて作れない状態だったので、ほんまに助かりました。

刺身用のマグロをガーリックでソテー。

Imgp3509

パンチがきいています。

フランスワイン(白)で乾杯。CAVALIER というリーズナブルワインです。

Imgp3510

ペンネをたらこで和えました。全部亮一作です。

今朝は和食で朝ごはん。

Imgp3513

作っておいた茹で鶏にたたいた梅干しをのせました。

小松菜と油揚のスープとともにいただきました~

Imgp3514

ああ、朝ドラの「純と愛」。最近見ているとしんどくなる・・・ 純の実家も、愛の実家も、いわば、dysfunctional family。私(圭子)自身、超dysfunctional family 出身なので、もう、見てられない・・・ いつかすべてがうまく丸く収まるのでしょうが、結構きついです、見ていて。なんとかしてくれ。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

「昼下がり、ローマの恋」-イタリアに学ぶ人生の楽しみ方-

"Robert De Niro's waiting. Talking Italian... " (バナナラマ!)

本作では、イタリア語を流暢に話すデニーロを見ることができる。すごいなああ。役者魂。

と言っても、DVD のジャケットから受ける「デニーロとモニカ・ベルッチの熟年恋愛もの」のイメージは実際に映画を見た後には変わる。3部のオムニバスの最終話でのみこの二人の恋愛物語を見ることができるが、そのほかに2つの話が描かれる。デニーロ/ベルッチのお話は全体のほんの一部だ。

1話目はイタリア人青年男性の話、2話目はイタリア人中年(会社の定年前)男性の話、そして、3話目はアメリカ人歴史学者の熟年男性の話、という構成だ。3つの話に出てくる登場人物が、最終的には(若干だが)リンクする、うまい作り。共通事項は「ローマのアパート」だ。同じアパートの別の部屋に住む人々が意外な形でかかわる。

まあ、「イタリア」が舞台で、「男と女」がテーマ、となると、想像は簡単だ。日本に住む私たちとはかけ離れた感覚で愛を堪能する人々の狂乱。どうして私たちもこう単純に生きることができないのかな?と感じる。人生は短い、だから、愛し合おう。生き急いでいるようにさえ見える、イタリア人。(デニーロはアメリカ人、だが。)

例えば1話目の若い弁護士ロベルト。美しい彼女がいる。結婚目前であり、恋人とはなんの問題もない。しかし、仕事でトスカーナに出張し、出先で出会う女と恋に落ち、屋外でセックスしたり・・・「ローマに帰るのやめようかな・・・」という気分に一瞬なったりもする。この、恋に落ちるところがものすごく瞬間的で、屋外にテーブルと椅子を並べている典型的なイタリアの飲み屋(映画の中では、ロベルトの泊まっているホテルの食堂)で、近くの席にたまたま座っている二人が、ほんの少しだけ目が合い、この「ほんの少し」の間に「愛」が始まる。

日本でも、「あ、いい男がいる!」とか「この女いいな。」と思う瞬間はカフェ、図書館、電車の中、路上、などなどでいつでも発生しうるだろう。しかし、後先を考えず話しかけたり、急に見ず知らずの人と知り合いになったり、ということが起こりづらい。安全に、無難に生きることの方が大事だと多くの人が思っているからだろうか・・・ 生き急ぐイタリア人のそれに比べ、私たちの人生は問題のないものであろうが、「彩」の薄いものなのかもしれない。

滑稽にすら見える、3話の男たちの恋愛ざたを笑いながらも「ああ、イタリアという舞台に住む人々は本当にうらやましいな。」と心の中で嫉妬してしまう。

昔イタリアにいた時に、イタリア人の男の子とアルノ川沿いを歩きながら話した内容を今も覚えている。イタリア人の友人の家に泊まってたのだが、昼間の時間を友人の婚約者である彼が付き合ってくれていたときだ。「僕たちイタリア人にとって、『生きること』ってものすごく大切なんだ。楽しく生きることほど重要なことはないから。」と。20代のいまどきの男の子が、そんな「くさい」ことを真顔で言うのだ。生きることを大事にする。そして、人を愛すことで自分の人生をよりよくする。イタリアにいたとき「はっと」して、「そうだ、本当にそうだ。生きることを大事に考えよう。」と思ったのに、生活に疲れると、あのときの、アルノ川の「気づき」をすぐに忘れてしまう。いかん、いかん。(ああ、1年に一度くらいの頻度でイタリアに行きたい・・・心がカラカラだ。)

だから、たまには本作のような「生きることを楽しむ」というシンプルなことに気づかされるような映画を見ないといけない、のだ。

ところで、デニーロと愛を育む役の「イタリアの宝石」モニカ・ベルッチの体型がかなりボリュームアップしていて、松坂慶子様的になってきている・・・ちょっと心配!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい味噌汁って・・・ディナー

昨日は早く帰っていた亮一が鯖を焼いたり味噌汁を作ったりして待っていてくれました。

鯖、どアップ。

Imgp3505

家に帰るのはいつも遅いので、焼き魚なんて無理な日々でした・・・ ありがたい。

なんか「大戸屋」の定食みたい。

Imgp3506

本当に、ありがたい。暖かい味噌汁に救われました・・・ 毎日亮一にご飯作って待っていて欲しい。がは!今日は発泡酒ではなく、ビール。やった~

塾で中学・高校生を教えている圭子ですが、「うまくいかない」瞬間に、いつも頭で映画「Requiem for a Dream」のテーマ曲がかかります。あの、暗い旋律が・・・ ねえ、私が何か悪いことした!!?私は、とても、疲れています。普通に生活したいぜ。Sono stanca da morire.

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

いくらのトッピングたらこスパゲティでランチ

旭川から送ってもらったいくらの醤油漬け。いたまないうちに、猛スピードで食べています。プリン体が心配。

昨日はたらこスパゲティの上にものっけてしまいました。

Imgp3502

昨日から始まった昼のドラマ「幸せの時間」。過激すぎ!!先週までの「赤い糸の女」もすごくて、毎回大笑いしながら見ていました。ああ、昼ドラの品質の高さに乾杯。バブル期にトレンディードラマの女王(「もう誰も愛さない」!!)だった田中美奈子氏主演の今回のドラマ。神楽坂恵嬢も異様な役で参戦していて、豪華絢爛。見逃せません。(それにしても、花屋の男。変だろ!!急になじみのそれほどないお客さんちに花をプレゼントに持ってくるあたり、異常性たっぷり。)

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

北海道海の幸!オーストラリアの肉!

やっと昨日修理に出していたパソコンが戻ってきました。マザーボードの交換、という処理をしていただけました。さくさくうごくパソコン・・・夢のよう。

昨日は亮一の旭川のお母さんからたらこ(紅葉子!)、筋子などが届きました。出張中の亮一には悪いですが一足先に朝ごはんでたらこををいただきました。

Imgp3490

冷奴の上にオクラとおかかをのせていますが、そこに、同じく旭川から送ってもらった小女子ものせています。カルシウムがとれますね。

夜は出張から帰ってきた亮一をステーキでねぎらいました。寒い地方に、三日間行っていたので、過酷な生活だったそうです。まあ、肉でも食べなさい、ということで、オージービーフを焼きました。

Imgp3493

肉を焼いたフライパンで小松菜と舞茸も炒めました。

味付けゆでたまご(保存食で常備しとります)には、旭川から送ってもらったいくらの醤油漬けをトッピング。

Imgp3498

ありがたい・・・いくらなんて正月くらいしか自分では買えません。

昨日もいつものSANTIAGO の赤で乾杯。

Imgp3496

パスタは「ミートソース」です。先日お友達と三鷹の「わざや」というパスタやさんに行ったのですが、そこで食べたミートソースの衝撃的なうまさ!!濃い!奥深い味わい!いったい何が材料に使われているのだ!!?あまりの感動に、しばらく放心状態になるほど。私の作るミートソースは上記写真のように、赤いのですが、「わざや」さんとこのは、黒い感じ。ワインとか入っているのかな・・・三鷹付近にお住まいの方、ぜひお試しあれ。

デザートはハーゲンダッツ。この「Cookies シナモン&キャラメル」、見た目からして度肝を抜く!

Imgp3500

アイスの上に、クッキーの砕いたのがのっかっているんです。意外性満点。味も最高。やってくれたな、ハーゲンダッツ社よ。常に冒険心を忘れないあなたたちに乾杯。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »