« クリストフ・ランベールに捧げるアシ・パルマンティエディナー | トップページ | ひょうたんやおかき、などなど・・・最近のご飯です »

2012年11月21日 (水)

高カロリーランチ

マヨネーズが好きです。ほぼ、なんにでもかけます。結構たくさんかけます。だから、痩せれません・・・

元気がないときは、好きなものを食べます。袋のインスタントラーメン、鶏のから揚げ、袋のインスタント焼きそば、あたりがそうです。そして、マヨネーズも私を元気づけてくれます。マヨネーズの甘酸っぱさに危険な魅力を感じます。

白菜、ブロッコリーをスパゲティと一緒にゆでて、炒めたソーセージ、シイタケ、ピーマンでナポリタンソース的なものを作りゆであがった麺、白菜と一緒に炒めました。

Imgp3585

目玉焼きものせ、粉チーズ、マヨネーズをかけてできあがり。すごい!B級グルメみたいです。どんだけ高カロリーやねん。

食後はなみなみとついだ紅茶。牛乳をたくさんいれるのが好きです。マグになみなみとつがれたミルクティーを見ると、イギリスに住んでいたころを思い出し、涙が出そうになりました。だんだん、あそこに住んでいたことが「実は夢だったんじゃないか?」と思われてきます。1995年のたしかお正月に日本を出て、向こうに2日に着いた、みたいな感じだったと記憶します。(その直後に地元を阪神大震災が襲うことになるとは・・・) 日本を出るとき、風邪で熱があり、「先が思いやられる」と心配していたのですが、ヒースローに早朝着いて、気持ちが引き締まっていたからか、すっかり熱も下がり、タクシーに乗り込み、オックスフォードのホームステー先を告げてドキドキしながら車中からイギリスの風景を見ていました。朝の中途半端な時間に家に着いたので、ランチでも朝ごはんでもないタイミングでしたが、迎えてくれたlandlady がチーズトーストと紅茶を用意してくれて、ソファーで座って彼女と話しながらいただきました。マグになみなみとつがれた紅茶との生活の始まりでした。

半年はホームステーしていたので、朝はもとから住んでいたブルガリア人学生、そして私と同時期に加わったスペイン人学生と三人で一緒に朝ごはんを食べたものです。毎朝紅茶を牛乳タップリで飲み、学校から帰ってからもリビングで紅茶を飲みながらテレビ。寝るまでの間にがんがん紅茶を飲んでいました。気楽に飲めるのには「電気ケトル」も一役買っていました。あっという間に沸騰するのです・・・

Imgp3587

最初の数カ月は英語との格闘でストレスが多い日々でしたが、あるとき英語がすっと耳に入るようになり、そして自信もついてきて、話すときもすっと英語が出るようになったときの感覚を今も覚えています。そりゃあ、生活していればいろいろな場面に合い、鍛えられるからでしょうが、一番は、「自信」という要素だったんだと今は思います。外国まで来て孤独と戦い、見るもの聞くものすべて外国語、という現場でも、負けずに生きているんだもん、俺ってすごい、偉いぞ、どこからでもかかってこい、という感覚を少しだけ身に付けた後は、躊躇せずに授業で発言したり、イギリス人とも気負いなく話せるようになったり、友だちも増えていったり、楽しくなったりしました。今思えば、文法的に間違っていたりむちゃくちゃな英語も話していたんだと思います。でも、今でも付き合っているイギリス人やほかの国の友だちができたのもこのころです。

今塾で、細かい細かい文法(自分でもときどき「これ、なんだっけ?」と思う難しい構文を含め)を扱う教材で子供たちに教えています。英語って実は、友だちを作るツールなんだよ、本当はパブでビールがんがん飲みながらいろんな国の人と本音トークを繰り広げるときのツールなんだよ、将来運命の人(外国人かもしれない)と出会うかもしれない、そのときに重要になるツールなんだよ、そして、文法の細かいとこに意識をしすぎることよりも、心に自信が生まれたら格段堂々と話せるようになる言語なんだよ、と本当は思っているのに、職場ではテスト対策、受験対策、文法強化対策の教材に支配されていて、ちょっと最近疲れ気味・・・ こんなん(文法)に縛られんでも、イギリス人の彼氏でも作ったらすぐに英語うまくなるで!と口から出そうになるぜ。なんちゃって!

圭子

|

« クリストフ・ランベールに捧げるアシ・パルマンティエディナー | トップページ | ひょうたんやおかき、などなど・・・最近のご飯です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高カロリーランチ:

« クリストフ・ランベールに捧げるアシ・パルマンティエディナー | トップページ | ひょうたんやおかき、などなど・・・最近のご飯です »