« 胃炎により、淡白な食事たちです。 | トップページ | いろいろと考えつつのディナー »

2013年1月23日 (水)

神経衰弱ぎりぎりの食事たち

こんにちは!圭子です。胃の調子が悪く、食欲があまりない(と言っても普通の人の2倍くらいはありそうですが・・・)状態が続き、おかげ様で正月休みで2キロ増えた分はこの1週間くらいで減らせました。がは!

最近の食事たちです。

ある日のランチ。ずっと昔にハンバーグをまとめて作って冷凍しておいたものを発見。調子があまりよくないので、がんがん包丁を使ったりする料理があまりしたくないです。こういう冷凍ものは便利です。

Imgp3992

ハンバーグは蒸らすときに溶けるチーズをちょっとのせました。目玉焼きは残念ながら黄身はつぶれるわ、半熟のフェーズを通り越して固くなるわ・・・で、あまり成功しなかったのですが、ワンプレートのかわいいカフェ風(?)でしょ?がは!

ある日の晩御飯。キャベツとエノキダケをたくさん入れて、スパゲティは実はものすごく少な目。なのにボリュームが出て得をした感じです。

Imgp3994

トマトジュースを使いました。あっさり味のミートソースです。

そして今朝は有働さんの「あさイチ」見ながらまたまたパスタ。

Imgp3996

舞茸、ピーマン、冷凍庫にあった豚肉、青ネギ、と冷蔵庫の整理風の材料でささっと作りました。味は少量のケチャップと塩コショウ。

食後に大好きなアールグレイ。紅茶の中で一番好きかも!ベルガモットの香りがたまらない。濃いめに作ってミルクティにして飲むのが好きザンす。

Imgp3998

「アール(伯爵)」って名前が気分をアップさせるよね。なんか勝手に貴族になった気分になるんですよ。単純です。朝アールグレイ飲んで「今日はなんていい天気なんだ、シムコックス(注:私の執事)。fox hunting でも行くか。サンドイッチ伯に連絡を取ってくれ。ああ、とびきりの日になりそうだな。ははは!」という気分になってしまいます。

昨日からアルモドバルの「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を繰り返し見て、ほのぼのしております。ドタバタしつつ、いい気分になる。有りえないほどのベタなドラマですが、「いいよなああ、生きるって。」て気分にさせる。カルメン・マウラの脚、きれい。バンデラスが現在の妻夫木君みたいです。若い!

圭子

|

« 胃炎により、淡白な食事たちです。 | トップページ | いろいろと考えつつのディナー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神経衰弱ぎりぎりの食事たち:

« 胃炎により、淡白な食事たちです。 | トップページ | いろいろと考えつつのディナー »