« ガンダム見てきちゃいました! | トップページ | Happy 66th birthday to David Bowie! ディナー »

2013年1月 8日 (火)

カレーでディナー

昨日は2013年初の出勤で・・・ ぼろぼろでした。昼間に作っておいたカレーのおかげでなんとか食べ物にありつきました。1週間、だらだら生活していたから昨日は本当にきつかったです。

Imgp3914

ひそかに正月の残りの「大根」まで入っています・・・

ジェニファー・アニストンが婚約者のジャスティン・セローに出会った映画「ふたりのパラダイス(原題Wanderlust)」を見ました。このジャスティンの役「セス」がかなりの鬱陶しい役で、大笑いです。いろいろ小ネタが満載で、新年から笑えました。初笑いです。

笑いながらも、いいセリフに出会いました。ジェニファー演じるリンダの夫のジョージのセリフです。夫婦ともに失業して、ニューヨークからジョージア州のジョージの兄の家に居候しに来ている二人。安定した仕事を持ち、「まとも」な生活をしている兄が弟のジョージをなじります。そのときのジョージのセリフ。

Who knows how many days any of us have on this Earth? I wanna fill mine with laughter, happiness and love.

名言でした。このセリフとともに、安定した兄の家での生活を捨て、奇妙なヒッピーコミューンに移り住むのですが・・・

いつ終わるともしれない人生、できれば笑いと幸せと愛で満たして生きたいですな。逆に言うとそれ以外の小さなことには関心を持たず、ひたすら人生を笑いと幸せと愛で満たすことに専念する。そういう生き方ができればいいんだけど。この映画のような幸せって、やはり「映画」の中でしか存在しないんだろうか。私もリンダとジョージみたいに生きたいな、と思いました。馬鹿笑いしながらも、結構真剣に。好きな人と好きな(まあまあ得意な)仕事をして、自分にほどほどの自信を持ち、まあ生活に困らないくらいに稼いで、贅沢はしなくても、時々ワイン飲みながら、ジェニファー・アニストンのコメディー見て馬鹿笑いする、という生活ができたら、人間はそれはそれは幸せに人生最後の日々まで生きていけるような気がするのです。

圭子&亮一

|

« ガンダム見てきちゃいました! | トップページ | Happy 66th birthday to David Bowie! ディナー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレーでディナー:

« ガンダム見てきちゃいました! | トップページ | Happy 66th birthday to David Bowie! ディナー »