« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

夜桜宴会

こんにちは。亮一です。今年の花見宴会は週末の天気が不順だったので仕方なく昨晩挙行しました。

花見にはマキちゃんも参加するのが恒例です。靖国神社の屋台宴会スペースに行ってきました。花見期間中は22時まで宴会可能でした。

Imgp4602

かなり、葉桜です。

Imgp4599

亮一が準備して学校帰りの圭子と待ち合わせました。

料理は一所懸命亮一が準備しました。

Imgp4604

ワインも持ち込みです。タッパーウェアとサランラップ大活躍です。

Imgp4598

きのことパプリカのマリネ、圭子が準備してにんじんの肉巻きです。

Imgp4600
ちくわのキュウリ詰めです。

Imgp4601

焼き野菜のチーズがけと「たこウィンナー」です。

Imgp4603

豚肉の生姜焼きと焼きハム等でした。

ちょっと寒かったので、今年はまた天気がよい日にピクニックで再度チャレンジすることにしました。

亮一&圭子

追伸:圭子です。靖国神社に初めて行きました。鳥居がとても大きくて感動しました。今度は昼間に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見前、花見後のご飯です!

昨日は夜花見に行きました。(後でまた書きますね。)昨日の朝、ご飯を食べ、圭子は通訳ガイドの学校へ行き、亮一はその間お弁当を頑張って作り、夜待ち合わせ、という流れでした。

昨日は卵かけごはん。

Imgp4605

人参ご飯は小分けにして冷凍しておりました。汁物は前日の鍋の残りに牡蠣醤油を足して作りました。

そして今朝は、昨日の花見弁当の残りでオープンサンドイッチのブランチ。

サンドイッチのパンの残りを軽く焼いて、上にいろいろのせました。

Imgp4595

サンドイッチ用のパンは薄くてオープンサンドイッチに便利です。

キノコとパプリカのマリネです。お弁当用に亮一が大量に作ったものです。

Imgp4597

ワインにも合いますよ。

「ヤマザキ春のパン祭り」の白い皿、なぜか実家の親が送ってきました。さっそく使っちゃいました。

Imgp4593

パン祭り!

Imgp4591

ポテトサラダ、いり卵、キュウリ、ハム・・・ いろいろパンにのせてしっかり食べました。まるでピクニックのようなブランチです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

一人鍋ディナー

せっかく鍋を作っていましたが、亮一が遅くなってしまったので、先にいただきました~

Imgp4575

人参ご飯のおにぎりをつけました。人参のみじん切りを米と一緒に炊飯器に入れて、酒、牡蠣醤油少々を入れて炊きました。ただそれだけで、おいしい・・・

しめの「きしめん」?いえいえ。大根をピーラーで薄くスライスしました。

Imgp4577

うまいっすよ、大根きしめん。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

大根の葉っぱご飯でディナー

昨日は遅くに帰った亮一には一人で食べてもらいました。大根葉ご飯をどうぞ。

Imgp4573

大根の葉っぱはゆでて刻んでおきました。炊き立てご飯に混ぜて出来上がり。

遅い食事なのでヘルシーにしました。

Imgp4571

このキャベツスープで、先日丸ごと買ったキャベツ、食べきりました。今後も「野菜丸ごと買い生活」を続けたいです!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

三島先生、日本はこんな感じです。

今日のランチは豚肉、シイタケ、ブロッコリー、玉ねぎのパスタ。

Imgp4566

味付けは主にケチャップで。簡単に作りました。ピクルスはよくつかってておいしい状態です。

先日若松孝二監督の「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」を見ました。井浦新が三島とイメージが違う俳優なので、「どうかな。」と懸念があって、ずっと見てなかったのですが、思い切って見てみて「ARATA いいぞ!やりぬいたな!」と感動しました。演説のシーン、本当によくやりました。それにしても、寺島しのぶってなんにでもなる、すごい人です。この間見た「ヘルター・スケルター」でも、漫画の「羽田ちゃん」とものすごくイメージの違う寺島しのぶなのに、もう、完ぺきに「羽田ちゃん」になっていました。今回も、小柄で丸顔の実際の三島の奥さん(瑤子さん)とは全く似ていない女優さんなのに、しばらく見ていると、「まさに瑤子さんだ!」と思えるようになるのです。今後も寺島しのぶのカメレオンさに注目していきたいです。

というわけで、デザートはプリン。

Imgp4568

「ふたや、カップのふちで手や口を切らないようにご注意ください」とのこと。こんなところにまで、思いやりが。三島先生、いろいろ憂国されていましたが、日本にもまだ、このような美しい精神が残っておりますよ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和食だけどワインに合わせてみましたディナー

昨日は「とんび」(NHK 版)の後編を見ながらのディナーでした。

白菜と豚肉のスープ煮やら、大根のひき肉煮やら・・・ なんとなく「和」な感じですが、赤ワインに合わせました。

大根煮です。

Imgp4560

じっくり煮たので飴色です。

新玉ねぎはじっくり蒸し焼きにしました。

Imgp4562

塩とオリーブオイルを少しかけて、弱火でじっくり蓋をして焼きました。仕上がりにバルサミコ酢をちょっとかけました。新玉ねぎの甘味、最高。

Imgp4564

「とんび」で号泣。堤ヤスも内野ヤスとはまた別の「あたたかさ」があり、グー。アキラ役の池松壮亮君も、泣かせてくれました。「フレー!フレー!ア!キ!ラ!」「おとおおさああああん!」のとこ、すごい。

二人で泣いた後は、テレビで久々のホリエモンを見て感動。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

ピーマンの肉詰めディナー

東京ガスのCM で、久しぶりに実家に帰ってきた息子(永山絢斗)が、お母さん(高橋惠子)の作ったピーマンの肉詰め食べるの、ありますよね。あれ見るたびにピーマンの肉詰めが食べたくなる。昨日はうちの永山絢斗(亮一)を驚かせようと、作ってみました。

Imgp4554

肉6対豆腐4くらいの割合で作りました。なので、軽いです。ピーマンの形って「肉詰めでお願いしますね。」って向こうから言っているような形。

ピクルス、今回は自分でピクルス液も作ってみました。前回は市販の液を使いましたが、今回は米酢、砂糖、水、唐辛子、ローリエを鍋で沸かして、冷ましたところに大根とキュウリを入れました。

Imgp4556

数時間でできます。野菜がたくさん食べられるし、おすすめですよ!

Imgp4552

ピーマンの肉詰めの右にはゆで鶏サラダがあります。ゆで鶏を作ったときのスープはゆで鶏を保存する容器に一緒に入れてあります。これ、少し牡蠣醤油を足すとおいしいスープになるんですよね。

というわけで、今朝はこのスープにブロッコリーを入れて、おいしくいただきました。

Imgp4558

鶏のいいだしが出ています!

圭子&亮一

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

近所の桜、満開になっていました。

買いものにスーパーに行くと、通りの桜が満開になっていました。そんなに長くない通りに、数本控えめに生えている桜たち。

Imgp4546

本当に、満開。

Imgp4548

普通に通りに面している歩道に生えています。

Imgp4550

アップでどうぞ!

若いころはここまで桜に執着していませんでした。最近は、あと何回元気で見れるかな、というような感覚で春をむかえます。人生の折り返し地点を過ぎ、永遠に続くものはないのだ、と強く感じています。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコ!ランチ

味噌汁などのときに使っただし昆布。以前は捨てていましたが、今回は佃煮にしてみました!

Imgp4542

甘辛く煮ました。誰も褒めてくれないので自分で自分を褒めます。えらい!エコだし!財布にも優しい!今後はちゃんと取っておこう。

茄子の味噌炒めでランチです。

Imgp4544

お坊さんのランチみたいですな。

また、よく見るタイプの夢を見てしまいました。なぜかいつも同じ。学校の中にいて、次の授業が始りそうなのに、教室までたどり着けず(なぜか校内で迷っている。)、焦りながら廊下や階段を歩く、という設定です。非常に頻繁に、見ます。今いろんなことに焦っているのでしょう。(自覚しています。)あまりにリアルな夢なので、学校の建物の雰囲気とか構造(渡り廊下など)とかを思い出せます。何年も前に見た夢の中の学校も覚えています。なんでこんなに学校の夢ばかり見るのだろうか!!?そしていつもなぜ廊下で迷って該当の教室に行けないのだろうか!?フロイトよ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いとしクンにささげるクリームシチューディナー

「純と愛」。もうじき最終回、というこのタイミングで様々な困難ドラマを取り巻きます・・・

クリームシチューです。

Imgp4538

パンが焦げまくり・・・

今朝は焼うどん。

Imgp4540

朝からおなか一杯。

主人公に「もういや!」ってほどのストレスが降りかかる映画をいくつか書きます。私(圭子)はときどきこういう悲惨ものを見たくなるんですが、みなさんはどうですか?

「奇跡の海」(ラース・フォン・トリアー監督)・・・この映画は見ている最中に、本気で胃が痛くなりました。1996年、天気の悪い日にロンドンで見ました。見ている最中からずっと胃をさすっていました。とにかくすごいから。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(ラース・フォン・トリアー監督)・・・歌うビヨーク(「ビョーク」というより、「ビーク」と発音したい。ここはきちんと。)を堪能できます。お菓子の空き缶で貯金しよう、って気になります。

「ファニー・ゲーム」(ミヒャエル・ハネケ監督)・・・「卵貸してくれませんか?」って知らない人に言われても、絶対に家に入れちゃだめ!!

「ピアニスト」(ミヒャエル・ハネケ監督)・・・見終わったとき、自分の胸を思わず撫でてしまいます。血、出てない??

「レクイエム・フォー・ドリーム」(ダーレン・アロノフスキー監督)・・・誰も幸せになりません。

純と愛くんには最後には幸せになってほしい。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

麩でラスク風な一品を

今日は天気が悪くて寒い・・・ なんとか家にあるものでご飯を作ろうと思います。なんか甘いものが食べたい・・・ なにもない・・・ あ、「麩」があった。

Imgp4536

フライパンで麩を乾煎りして、そこに砂糖とバターを入れてみました。なんとなく「ラスク」みたいな味のものができましたよ。お茶に合います。何もない、でも麩はある、という場合におすすめ。

ところで「純と愛」。見てられないほどの不幸の連続。怖いもの見たさに毎日見ております。最終週の今、ある映画を思い出しました。ニコール・コッドマン主演の「ドッグヴィル」です。これでもか、これでもか、という不幸がニコールを襲うあの映画。でも映画では最後はどんでん返しがあります。「純と愛」でも、最後にどどーんと「復讐」はあるのか!?ここまで不幸なヒロインいたでしょうか、かつて。朝ドラだし、見た後「今日もがんばろう!」と思えるものの方が、いいと正直思う。どうか、最後くらい、いいことがありますように。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

春ディナー

今日も昨日のふきのとうを使って一品作りました。フリッターにしました。

Imgp4526

マッシュルームや茄子も一緒に揚げました。

ブロッコリーはチーズグラタンに。

Imgp4528

色が春らしい。

ホタルイカはベビーリーフとサラダにしました。

Imgp4530

ホタルイカ。春らしい。

ホタテはバターソテーにしました。

Imgp4532

肉厚!今日花見に行ったときに、近所の公園の近くに新しいスーパーができているのを見つけ、思わず入ってしまいました。行ったことのないスーパーに行くと新鮮な気分になりますね。

Imgp4534

そのスーパーでワンコインワイン「センシィ カント ビアンコ」を見つけました。おいしかった!

今日はレンタルしたNHK 版の「とんび」の前編を見ました。こちらも泣ける・・・ 今更ながら、親に感謝する気持が生まれてきます。口では言いづらいので、手紙でも書きたい気分です。昔々、父が転勤族だったので、高校受験をした年の春に転勤することになりました。一生懸命勉強して、その地方で行きたいと強く思う高校に受験しました。受験から帰ったら、「受かっていても不合格でも、どちらだとしても、転勤で○○県に引っ越さないといけない。受験前に言ったらやる気をなくすだろうと思い、今言う。」と父親に言われました。

子供ながら、命がけで勉強していたのに、です。吹奏楽部だった私は、その受験した高校でも吹奏楽部(吹奏楽が強い学校だった。)に入るのが夢だったし、何より、その高校の制服がとてもかっこよくて、ああ、これでは何のための人生だったのか!?とかなり落ち込みました。(今思えば、そんなことなんて大人になって味わった数々の挫折に比べれば「へ」のようなものですが。)で、結局合格していました。次の学校(転入先)に提出するため、どうしてもその高校の入学式に出て、入学したという証明書(のようなもの)を出してもらう必要がありました。入学式は、私一人だけ中学の制服。ほかのみんなはもちろん高校の制服です。で、一応、一年生として決まったクラスの教室に入って、一瞬だけ「高校一年生」をやり、その足で父の運転する車(高校のそばに停車)に乗って、別の県に移動しました。車で移動中、ほとんど家族は無言で、多分私は一言くらいだけ発言しました。「お父さんは私の人生をつぶした。」と。

転校先の市で、転入を認めてくれる公立の高校はいわゆる「あまりできのよくない子が行く高校」でした。受験で合格した高校の方がレベルが高かったので、もちろん、改めて受験する必要はなく、その転入先の高校に入りました。(その辺の手続きも親がやってくれたので、私はただ、流れにまかせて新しい土地の学校に「転校生」として入っただけです。)

何年も親には「あのとき私だけ寮にでも入れてくれて、お父さんとお母さんだけ引っ越してくれたら、もっといい人生だったかもしれない。」と嫌味を言い続けました。普通の公立の高校だし、「寮」なんてなかっただろうし、高校生で一人で暮らしながら勉強するなんてなかなかできることではないし、自分の言っていることはロジカルではないのは十分にわかりつつ、親を困らせようと、そう言っていました。

でも、私は転校して本当に「よかった」のです。というのも、その「あまりできのよくない子が行く高校」で、私はいつもテストで学年の上位1~3位くらいのところをうろうろすることができたのです。期末試験などの結果を廊下に貼りだす学校だったので、わかりました。さすがに悪い気分にはなりません。勉強に関し、自信を持つことができたので、高校三年間はマイペースで大学受験に打ち込むことができました。

それがよかったことだと気付くのは、大学に入ってからです。田舎の「あまりできのよくない子が行く高校」で自信を持った18歳の女の子はあっという間に自信を失いました。周りには有名私立高校から進学してきた子がごろごろいて、なおかつ、大学に入ってから新しく習い始めた外国語にてんやわんやで、一度は留年しかけるほどでした。(追試を受けてなんとか進級できた場面もあります。)高校のときは、自分がトップのエリアを走ることができる環境だったのでなんとかやってこれたのだ。できる人たちの集団を後ろからぜーぜー言いながら追いかけるのは、私の性格的にはきつい。そういうことにすぐに気づきました。なので、あの、高校受験後に父の転勤で別の地方に移動できたのは、偶然ですが、とても自分には「ラッキー」なことだったのです。

なのに、ことあるごとに、「あのとき○○高校に居続けることができたら、もっといい人生だったのに。」とひねくれて言っていた自分が情けない。そして、今となってはどこの高校に行こうとも、どこの大学に行こうとも、そんなの結局なんにも人生に関係なんてしない、ということもわかります。結局自分次第なのです。

「とんび」を見ていて、(自分は「親」になることはできなかったけれど、)なんとなく「親」の気持ちがわかるようになりました。「親」をやることも(きっと)大変なのです。一生懸命自分の子が毎晩遅くまで勉強し続けているのに、自分の仕事の都合で転校させないといけないということで、少なからずおやじも悩んだはずです。でもサラリーマンだし、転勤を拒否できるわけありません。娘にあんな嫌味を言われて、それでも育て続けた親を今は尊敬します。親が死ぬ前に、無礼を謝りたい、そして、偶然でも、転勤があり、私がリラックスした気持ちで3年間楽しく勉強できたことを感謝したいです。「とんび」よ、ありがとう。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春ごはん

亮一が仕事で日光に行ってきました。お土産に「ふきのとう」を買ってきてくれました。

ニンニクソテーです。

Imgp4502

ほろ苦い!春の味。

またまたアボカドのグラタンです。ゆで卵も入っています。

Imgp4500

アボカドをチーズで焼く、というのを結構頻繁に食べています。簡単に作れて失敗がないので。

豚ひき肉と「Diet こうや」を使ったミートソース。

Imgp4498

肉と「こうや」はほぼ同量。こうやって混ぜた方が、「こうや」100%よりも、自然な味です。肉も入っているので、普通のミートソースのようです。

昨日もSANTIAGO の赤で乾杯。この安さ(500円しません)でこの味。ありがとう、丸紅様。

Imgp4504

メインはオクラの豚肉巻です。

今朝は和食でした。日光の漬物を紹介します。

Imgp4506

レトロな紙袋。

中身も、レトロ。

Imgp4508

「日光ろばたづけ」です!大根の醤油漬け。

Imgp4510

うまい!でも結構しょっぱい!なので、少しずついただきます。

Imgp4512

キャベツは、ゆでて冷凍してあるので、それをレンジで解凍して鰹節と醤油をちょっとかけて簡単に一品作れます。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜レポート第一弾2013

今日は雨かと思っていたら、想定外に日中は晴れていたので、急きょ近所の公園に桜を見に行きました。お弁当を持ってじっくり、の花見はまた後日ということで、今日は軽めの花見を実行しました。

マキちゃんも一緒に行ってきました。

Imgp4524

「久しぶりの外出です!」

相模原の今日の状態、「八分咲き」って感じでしょうか。

Dscn1227

池の亀が集団で花見をしていました。

Imgp4520

近所の公園は、宴会とかをしている人もいない、地味な公園です。亀も人間もみんな静かに楽しんでいました。

Imgp4518

「今年は桜が開花するのが早かったですね!」

Dscn1226

I sakura sono bellissimi!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

カレーうどんランチ

昨日のカレーも食べきります!カレーを水と牛乳でのばして、牡蠣醤油を足して、「とろみちゃん」でとろみをつけました。

Imgp4496

カブの葉っぱを茹でて保存しておいたものも入れちゃいました。冷蔵庫のカブも食べきったぞ。冷凍庫に保存していたネギも入れて、和風に生まれ変わったカレーです。

ところで気になるCM。「バスマジックリン 泡立ちスプレー アロマ消臭プラス」のローズの香りのCM です。 水川あさみちゃんのです。これを見ていて、「わかる~!!」と思いました。単調な生活の中、洗剤の香りとかに、結構癒されますよね。まったくもって、大げさではなく、こういう「香りもの」で気分がアップされたり、しますよね。なのに亮一はこのCM を見た瞬間「なわけないよ!」(つまり、CM の水川ちゃんみたいに、風呂掃除用洗剤の香りくらいで、世界がバラ色になるなんて、大げさだ、という意味)と言いました。え!?なに、そのコメント。ここに、男性と女性の考え方(生き方)の違いがあるのかもしれません。男と女の深い溝を見た気持ちがしました・・・

ちなみに私は「漂白剤」に癒されます。茶渋がすっかりとれた後の快感・・・ すごく落ち込んでいる時や、やる気がないときは、コーヒーカップを漂白します。本来の目的よりも、自分の精神を調整するために漂白しているようなものです。結構頻繁に、漂白します・・・

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全て使い切る!

大根を一本で買う。キャベツを丸ごと一個で買う。そんな普通なことすら、あまりしていませんでした、今まで。なんとなく、「自信」がなかったのです。途中で傷んでしまうかも、とか、使い切れないかも、とか心配で。でも、今野菜が高いし、丸ごとで買った方が得なので、「野菜全部使い切り計画」で乗り切っています。大根は漬物、ピクルスでがんがん使い、昨日はカレーの「ジャガイモ代わり」で使いました。丸ごとで買うと、野菜を食べることが日課になる(なんとしてでも使い切りたいので!)ので、健康的になります。



Imgp4488_2


ご飯には、大根の葉っぱを茹でて刻んだものを混ぜました。ちなみにこのカレーは、二種類のきのこ(シイタケ、シメジ)を使っています。肉が入っていないのですが、味わい深いカレーになりました。

Imgp4490

真ん中のキャベツ炒めは、冷凍キャベツを使用しました。丸ごとキャベツは買った時に刻んでおき、一部は軽く茹でてから冷凍しました。冷凍キャベツを解凍して、ささっと炒めたら簡単に一品できます。

今朝は早朝から出勤してしまった亮一とは時間差でご飯を食べた圭子です。「純と愛」見ながら食べました。

Imgp4494

ヨーグルト漬物があると便利です。人参、大根、赤カブを漬けました。昆布と唐辛子も一緒に入れたんですが、漬物っぽくなっていいですよ。

昨日アダム・サンドラーの「ジャックとジル」を見たんですが・・・ すごい、アダム・サンドラー。一人二役(男女)。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

「春の雪」納豆ランチ

今日のランチは納豆スパゲティ。DVD で「春の雪」を見ながらの豪華な(気分の)ランチでした。

Imgp4486

納豆って万能ですね。ねぎ、シイタケ、黄人参を炒め、パスタと和えました。納豆はよく混ぜて上にのっけました。

「春の雪」。妻夫木・竹内チームはいい味だしています。原作とは違う展開の場面もありますが、この二人、本当に、美しい「清様&聡子」を演じていました。でも、二人が別れてしまう駅のシーンは、原作の方がいい。映画はドラマチックな演出をしていますが、原作のポーカーフェイスの二人の別れの方が、実はよっぽどドラマチックで・・・ どうでしょう?

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

あんかけうどんランチ

今朝の「ノンストップ」(設楽さんの番組)で紹介されていた「中華あんかけパン」、すごくおいしそうでした。でも、普通に「麺」にかけた方が食べやすいかな、と思い、亮一が冷凍うどんであんかけを作りました。

Imgp4482

むちゃくちゃうまい!キャベツ、シメジ、人参、玉ねぎ、豚肉が入っています。味付けはオイスターソースと牡蠣醤油、コンソメ、お酒など。とろみはいつもの「とろみちゃん」を使用。こういう「休日のお父さんの作るランチ」風な料理が得意な亮一です。

Imgp4484

朝はまったりと映画「エイリアン・バスターズ」を見ました。ベン・スティラーとヴィンス・ボーンが共演、って豪華すぎ!まるで天海祐希主演のドラマに、友人役で篠原涼子が出ているようなもんですよ。こんなすごい映画が日本ではstraight to DVD だったようです。ベン・スティラーのよさは、「彼がまじめであればあるほど、見る側からは面白く見える」という点だと思います。今回もひたすら真面目なスーパーの店長さんの役です。奥さん、とにかく見てみて。お下劣ではありますが、かなり笑えるから。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜えびパスタディナー&桜えびチャーハン朝ごはん

昨日は本当に暖かかった!春らしく、桜えびでパスタです。

Imgp4468

緑色は、カブの葉っぱです。

シシャモはフライにしました。

Imgp4470

カレーマヨネーズをつけていただきました。

Imgp4474

大根と赤カブはステーキに。下ゆでしてからオリーブオイルで焼きました。バルサミコ酢のソース(大根を焼いたフライパンにバルサミコ酢、少量の醤油、砂糖を入れて、煮詰めました。)をかけました。

Imgp4472

春らしいディナーになりました。

今朝はまたまた桜えび。昨日のパスタとほぼ同じ材料です。

Imgp4478

桜えび、カブの葉っぱ、卵で作りました。

ピクルスに赤カブを入れると、赤カブがさらに赤く変身。

Imgp4480

ピクルスがあると、野菜がたくさん食べられます。

Imgp4476

手前のチャーハンの右にあるのは、ヨーグルト漬物です。野菜がたくさんの朝ごはん!

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

「恋人たちのパレード」、そして「セカンド・カミング」-邦題が残念!-

原題は「Water for Elephants」。同名の小説が原作となっている映画だ。小説の方は「サーカス象に水を」という邦題だそうだ。ならば、映画の方もこの邦題でよかったのではないか?もし、「象」がタイトルにいるとなんとなくわかりづらいタイトルになるなら、まあ、たとえば「サーカスの恋」とか「サーカス小屋の愛」とか、なんとかならなかったのだろうか!?この「恋人たちのパレード」というタイトルはあまりにも意味不明だ。映画を見終わった後、誰もが思うだろう。「パレードなんてせんやん!?」と!

1931年、アメリカ。時代は「大恐慌」まっただ中。事情で大学を卒業できず、放浪しているジェイコブ(「人間」役のロバート・パティンソン!)はサーカス一座に入り、そこで動物世話係として働くようになる。サーカス団長のオーガスト(クリストフ・ヴァルツ)、その妻で美しい曲芸師のマーリーナ(運動神経がむちゃくちゃよいリース・ウィザースプーン)、そしてジェイコブは微妙な関係になっていく・・・

私はこの映画をなぜか、オーガストの気持ちになって見てしまった。この映画で彼は悪役を演じる。しかし、100%の悪役ではないのだ。使い物にならなくなったスタッフを走る列車から「投げ落とす」彼。ひどい「リストラ」の仕方だ。そして、妻と動物世話係ジェイコブの関係に嫉妬し、キレる彼。でも、オーガストもしんどいよな、という気分にさせるのは、やはり、人間臭い演技のヴァルツのおかげだ。リストラも、冷酷に、せせら笑いながらしているのではない。つねにサーカスの経営を案じ、心休まる暇もないオーガストを、私は「悪者」とは定義できない。そして、明らかに自分より外見も魅力的で、年も若く、自分にない魅力にあふれたジェイコブが、自分の一番の宝物である妻の心を奪っていることを冷静に受け止めることができないことも、十分理解できる。しかし、運命の恋に落ちたジェイコブとマーリーナもまた、悪くない。結局誰も悪くはないのだ。三人で幸せに暮らすことはできないので、「誰か」が不幸にならないといけない。

映画は、老人が昔々の自分の若いころを語り、次第に昔の時代そのものを描き、最期は現代にもどる、という「タイタニック」のドラマチックな方式を使っている。そうなのだ。邦題をきちんとしていたら、第二の「タイタニック」になっていてもおかしくない映画だ。「恋人たちのパレード」じゃああ、あかん。「パレードなんてせんやん!?」(2回目)

もう一作、残念な邦題の映画を見た。原題「California Solo」、邦題「セカンド・カミング」。映画を見終わってもなぜ、「セカンド・カミング」なのか、まったくわからない。そのまま「カリフォルニア・ソロ」で、いいのでは??ロバート・カーライル主演。

うまくいっていない男がいる。ラクランという。スコットランドからアメリカに移民してきて、今は農場で働いている。うまくいっていない。もう若くも、ない。昔いいとこまでいったミュージシャンだった。しかし、トラブルがあり、今は音楽活動からは身をひいて、農場でほそぼそとやっている。たまに町に出て、野菜を売る。家に帰ると酒を飲みながら、DJ (ポッドキャストで)をしている。そんな生活に自分で満足しているなら、いい。だが、問題は彼が「本当はこんなはずじゃなかったんだが。」という気分で生きていることだ。

ラクランがなぜ、今アメリカにいて、なぜもう音楽をやっていないのかが、映画の途中でわかる。非常につらい。でも最後には何か救いがあればいいのだが、それも、ない。なので、邦題の「セカンド・カミング」がなんとなく浮いてしまうのだ。

この映画の中で、ラクランはよく、苗字を誤った発音で呼ばれる。MacAldonich という名前なのだが、きちんと呼ばれないのだ。もうかなり長くアメリカに住んでいるし、永住権もある。でも名前をきちんとした発音で呼んでももらえない。いつまでたっても「よそ者」な気分だろうな。solo という言葉には「一人で」という意味もある。ラクランのこの「一人ぼっち」な気持ちをそのままタイトルに入れたらいいじゃないか。「California Solo」という原題のママで邦題にしたらよかったのにな、と強く思う。

それにしても昔々、「レ・ミゼラブル」を翻訳した方(黒岩涙香という明治の翻訳者の方)が日本語タイトルを「噫無情」にしたのって、最高にイカしている。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブの葉っぱ!

赤カブの大量の葉っぱをどうしようかと思いましたが、チャーハンに入れてみました。

Imgp4464

細かく刻んで胡麻油で炒め、ご飯とツナを入れてさらに炒めました。葉っぱ、捨てなくてよかった!

大量にあるので、残りはゆでておきました。今後味噌汁に入れたり、ご飯に混ぜたりしようと思います。

Imgp4466

カブの葉っぱ、今までどうしたらよいかわからず捨てていたんです・・・ もったいないことをした!今後は使い切ります。今まですまんことをした!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

キャベツの虜!

夕飯は遅く帰る予定の亮一とは時間差で食べちゃいました。そして、またキャベツです。

Imgp4459

ピクルスにはプチトマトも参加させました。キャベツはざく切りにして、塩コショウで炒める、というシンプルさ。でも、これが一番好き!

今日は一人「春の雪」を見ました。何度も見た映画ですが、時々無性に見たくなる・・・ 岸田今日子、最高。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツに追いかけられる・・・

買ったキャベツが新鮮なうちにおいしく食べたい、という焦りにも似た気持ちで、またキャベツ料理です。

Imgp4457

キャベツをスパゲティと一緒にゆでました。豚肉の炒めたものとあわせて出来上がり。キャベツはゆでると色が鮮やかになっていいですね。

昨日の「とんび」最終回で、一番シンパシーを感じたのは、照雲と健介。涙が出たのは、この二人が手をつないで歩いている後姿のときでした。照雲も、50年くらい、ひそかに悩んで複雑な気分にもなっていたのかもしれない。でも、ヤスのことを好きな気持ちも嘘ではない。こういう複雑な気持ちを持ちつつ、いつも穏やかな笑顔でヤスと仲良くしていた照雲。そして、新しくお弟が生まれ、その子は旭とお母さんの「本当の子」であり、自分は「父親とは血がつながっていない」という状態のジレンマ。気持ちを整理できず一人ぼっちで広島まで行っちゃうロンリーボーイ。でも、きっとこの複雑な気持ち、乗り切れるはず。照雲が笑顔に満ちたおっさんに成長したように。ああ、原作も読みたい、「とんび」。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜中心生活!

ピクルスを家で作りました。と言っても、ミツカンさんとこの「ピクルスの素」を使って簡単に。

Imgp4450

右側がピクルスです。大根、人参、キュウリ、パプリカを漬けました。左側はキャベツを塩昆布と胡麻油で和えた簡単サラダ。キャベツを丸ごと買ったので、なんとか使い切りたいです。

スープは亮一が作りました。町田産の赤カブを買ってきました。皮をむくと白カブになってしまうので、少し赤い皮を残したままコンソメで柔らかくなるまで煮ました。炒めた玉ねぎと牛乳、味噌も入れて、できあがり。

Imgp4446

ピンク色のスープの完成です!桜のシーズンにぴったりです。

ショウガ焼きもいただきました。

Imgp4448

疲れているときは豚肉が一番。

今年は桜が早い時点でピークを迎えそうです。花粉症のピークと重なってしまいそうで、怖い・・・ でも、花見はあきらめないぞ。

Imgp4452

野菜がたっぷりのご飯になりました。いつものSANTIAGO で乾杯。昨日は亮一はテストを受けに遠くまで行っていて、お疲れ様ディナーです。夜は「とんび」最終回を見ました。今回、野村宏伸のよさを再確認できた・・・ 役作りで髪の毛剃っちゃったそうですが、また伸びてきたらいろいろな役で見たいと思います。最後の方、「おとしゃん、さむいのおお?」とか、常盤さんの太陽のような笑顔をたくさん見ることができ、満足満足。これで日曜の夜の楽しみがなくなってしまいました(涙)。

今朝も野菜たっぷり。ピクルスやコールスロー、キャベツの塩昆布和えが中心の朝ごはんです。

Imgp4455_2

今日も人生を乗り切りましょう!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

鮭があれば幸せ!

昨日のランチは塩鮭のパスタでした。冷凍庫に旭川の亮一のお母さんから送ってもらった鮭がごろごろいます。ラップで一切れずつ包んで冷凍しておくと、結構長持ちします。パスタの具になりそうなものが冷蔵庫になくて「どうしたものか・・・」と悩んでいたら、「鮭でやってみよう!」と。

Imgp4436

冷蔵庫の掃除的パスタです。冷凍庫のシメジの残りやら、ピーマンやら、なんでもかんでも一緒に炒めました。鮭を入れて、出来上がり。亮一作。

Imgp4438

トマトジュースを使用しました。トマト味でおいしい鮭パスタのできあがり。

今朝は鮭をグリルで焼いて朝ごはん。鮭って便利です。

Imgp4444

ヨーグルトにはすりごまを入れました。

昨日の晩は豚しゃぶでした!亮一がキャベツでコールスローを作りました。鍋の箸休めにグー。

Imgp4440

いつもキャベツは4分の1とか半分とかで買っていたのですが、今回は一つまるごと買っちゃいました。全部きちんと使い切るために、今後はキャベツ料理が続きそう。

Imgp4442_2

鍋の中には大量の春雨が入っています。春雨のおかげで、しめのおじやなどは必要ありませんでした。餃子も入れたし・・・大満足!

昨日のご飯の後の「ナイトシアター」(勝手に命名)は「セカンド・カミング」という映画でした。原題は「California Solo」。ロバート・カーライル主演。むちゃいい映画だった・・・ なのに、なんやねん、この邦題!!?わけわからんよ。原題のママでいいやん?ロバート・カーライル、落ち着いたな。ていうか、いまだに「トレインスポッティング」のベグビーのイメージが頭にこびりついていて、「キレやすい」というイメージしかないんですよね。「トレインスポッティング」なんて17年前の映画なのに!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

高野豆腐フィーバー

最近見つけた「ダイエットこうや」を使って、鶏そぼろ風な一品を作りました。

Imgp4428

酒、砂糖、醤油、しょうが汁で「ダイエットこうや」を煮ました。見た目は鶏そぼろです。味もグー!

Imgp4430

最初は亮一に「ダイエットこうや」であることを言わずに食べさせました。そうしたら、肉ではないことにも気づきませんでした。味をしっかりつけたからでしょうか。

今朝も高野豆腐。お吸い物に豆腐の代わりに入れました。

Imgp4432

高野豆腐って体にもよさそうだし、料理にどんどん取り入れたい。

Imgp4434

もうじき桜も開花しそう!楽しみですね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

ノート作りを「楽しみ」に!

通訳ガイド試験に向け、「日本史」と「一般常識」をノートにまとめております。昨年「地理」の受験のとき、むちゃくちゃ使いやすかったので、今年もコクヨさんのキャンパスノート。

Imgp4426

この「ドット入り罫線シリーズ」のA4 のオレンジ(品番ノ-201ATN)最高。

私は、日本史に関しては、手間がかかりますが、お気に入りの参考書の内容を読んだ後、まとめる、という行為を地道にしております。まとめる際、自分でも簡単にイラストを書いて「楽しむ」ということもしております。

仏像とかは、自分でも漫画のように描いておくと、ぐんと親しみが持てるようになります。日本史の教科書や図録に入っている写真を、自分なりにゆる~く書いておくと、テストに出ても「あ、ノートに描いたあれだ。」と思い出しやすくなるのでは、ともくろんでいます。

Imgp4420

「空也上人像」も、こんな風に「ヘタウマ漫画」風に・・・ 口から出る「南無阿弥陀仏」の仏様がドカベンの岩鬼みたいになっている。

他にも、唐とか新羅、とか隣国の様子の地図、よく参考書に載っていますよね。手間ですが、それもラフな感じに書いています。コピーして貼り付ける、というよりアナログですが自分で書いた方が、親しみ深くなれるような気がして。

そして、ノートの中で、自分にリマインダーを残したい!というときは、自作のキャラ「れきしクン」に語らせます。

Imgp4422

れきしクンが私に、解説してくれるんです!

あ、ここにもれきしクンが。

Imgp4418

(れきしクンは、蝶ネクタイをしています。)

と、言うわけで、結局は「勉強している時間も楽しみたいな。」という欲望に忠実に、絵を描いたりキャラクターに語らせたりしています。

あと、ノートを作るとき、「合格したら、このノートをガイドのときにも仕事で使えるようなものにしよう。」と考えています。それくらい、自分で見ても楽しめる、そして感動できるものにしたいと思っています。

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

禁断の「ラーメンセット」ランチ

スーパーで気になる「サッポロ一番 麺の力」を買ってしまいました。今日は午前中は「ランチでラーメン食べるぞ!」ということを楽しみに日本史の勉強に励みました。

そして、ランチ。「麺の力 醤油味」をいただきました。ライスもつけてしもうた!

Imgp4424

ラーメンには玉ねぎ、青梗菜、卵を入れました。「セット」にしてしまった・・・ ちなみに「麺の力」はスープが味わい深く、大満足。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトデーディナー!

まずは下の写真をご覧ください。普通のミートソースに見えませんか?

Imgp4408

な、なんと肉は使っていません。スーパーで「ダイエットこうや」(旭松食品)を見つけました。大豆でできています。「あらびきタイプ」というのを買いました。ひき肉のような形をしているんです。なかなかよさそう。ひき肉の代わりにいろいろ使ってみたい。昨日はダイエットこうやと、玉ねぎ、エリンギ、トマト缶を使ってミートソースもどきを作りました。

アボカドグラタンです。

Imgp4410

米粉と牛乳でホワイトソースを作りました。玉ねぎとカニカマ(SURIMI)も入っています。アボカドも入れて、チーズをのせて焼きました。

Imgp4412

昨日は寒かったので、グラタンがぴったりの日でした。

デザートは亮一のお土産です。FLO のケーキ買ってきてくれました!

Imgp4414

「White Day」ってチョコに書いてあります!覚えていてくれたんだね。

チョコもおいしそうです。

Imgp4416

大満足!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

人参パスタでランチ

昼は手軽に人参のパスタです。すりおろした人参と小さく切ったエリンギをオリーブオイルで蒸し煮にしました。

Imgp4406

人参を蒸し煮にするとき、フライパンにスパゲティのゆで汁も少し入れました。人参って本当に甘いです!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーグルトで漬物ディナー

昨日は遅いお帰りの亮一は時間差で一人で食べてもらいました。ヨーグルトで漬物を作ってカレーに添えました。

Imgp4404

プレーンヨーグルトに塩を入れて、そこに大根と人参を漬け込みました。出来上がったらささっと洗ってお皿に。醤油を、少しだけかけて、あっさり味でいただきました。

カレーは鶏と大豆で。

Imgp4402_2

今年の花粉はすごい量で、参っています。目がかゆい。昨日亮一が床に仰向けに寝転がって目薬をさしていました。結婚して10年、「目薬をさす姿」を見たのが初めてで、なおかつ「仰向けでさしている人」を見たことも初めて。なぜ椅子に座って普通に目薬をささないのかを聞くと、どうも、寝転がらないとさせない、とのことなのです。本人いわく、目薬をさすことが人生であまり頻度がなく、苦手であり、さす場合はいつも寝て、上を向いてさしていたようです。椅子に座ってなんて、できない、とのことでした。たまたま私はこの10年亮一が目薬をさす衝撃的なシーンを見る機会がなかったようです。

にしても、じゃあ、子供のころから寝転がって目薬をさしていたのか!?きっとお母さんの膝の上に寝て、お母さんにさしてもらっていたのでしょう。そんな疑惑が見え隠れします。その辺に関してはあいまいな回答でした・・・

というわけで、オフィスで目薬をさすなんて無理、とのこと。今年の花粉症のひどさに、どう対応するのか!?座ってでも目薬をさせるような訓練をしたらどうか?と思うのですが・・・今後の亮一の動きに注目しています。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

カウリスマキに乾杯ディナー

昨日は車麩のフライを作りました。

Imgp4394

車麩二枚使いました。一枚を半分に切っています。ではなぜ「三切れ」しかない?出来上がりのときに一切れ圭子が食べたからです。

アサリの燻製オイル漬けの缶詰を使って、香ばしいボンゴレロッソを作りました。

Imgp4396

おいしくできました!

東京スカイツリーでまた亮一が鎌倉野菜を買ってきました。「おおのや」さんです。

Imgp4400

色鮮やかです。

SANTIAGO の白で乾杯。

Imgp4398

ご飯の後アキ・カウリスマキ監督の「ル・アーヴルの靴みがき」を見ました。とんでもなくいい気持になる映画です。びっくりしました。ここまで感動するなんて。見る人の気分をこれほどまでにあたたかくするなんて。映画のパワーに改めて驚きました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

車麩ラブ!

昨日は先日「キユーピー3分クッキング」で藤井先生がご紹介だった「車麩と大豆のトマト煮」を作りました。

Imgp4390

藤井先生はベーコンで作ってましたが、うちにベーコンがなかったので豚のひき肉で代用しました。車麩って見た目がかなり「肉」ですよね。なんかちょっと「トリッパのトマト煮込み」にも見えなくもない。車麩の食感大好きです。

昔超おいしくないトリッパをイタリアで食べたことがあります。若いころの学生貧乏旅行ひとり旅のとき、どこかの駅の構内にある、いわゆるセルフサービスのレストランだったかと思います。初めて食べてみて、おいしくなかったので、もうトリッパはやめておこうと思ったものです。でも大人になって、亮一と一緒にフィレンツェに行って、サバティーニに行ったとき、思い切って頼んでみたら、むちゃくちゃおいしかった・・・ それ以降はトリッパの大ファンになりました。サバティーニでは思い出があります。たらふく食べて、さあお会計というときに、手書きの伝票を見て、ちょっと多めにチップを渡し、「大変おいしかったです。」とか言いながら席を立ち、すたすた歩いて入口のところの店員さんと話していたら、給仕の人が追っかけてきて、「あ、チップ多すぎたかな。いいのに、お礼なんて。」と思いニコニコして振り返ると、「足りませんけど!!」と。な、なんと、手書きの数字、読み間違えて、払った金額はチップどころかそもそも不足しておりました。気を取り直してきちんと払い、出口で写真撮ってもらってBuona sera~と去りました。とほほ。でも大笑い。気取って店を出るつもりがドリフのコントです。その後、ホテルに戻り、バーでグラッパをしこたま飲み、また大笑い。圭子と亮一の青春の1ページです。

Imgp4388

亮一が帰りにコンビニでから揚げを買ってきてくれたので、豪華(?)ディナーになりました。

朝は昨日の車麩を温め直し、溶けるチーズをのせてみました。

Imgp4392

目玉焼きにはもみのりをかけております。

先日「ダークナイト ライジング」を見ました。アルフレッドみたいな執事がいれば、どんなに孤独な人生でも耐えていけそう・・・ それにしてもこの映画、出演者の豪華さに、参ります。クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アン・ハサウェイ・・・ 皆主役級の役者ばっかり!なお、今回出ているジョゼフ・ゴードン=レヴィット、「(500)日のサマー」んときとは別人のような強さ!俳優っていいなあ。作品ごとに別人になれるから。私たち一般の人間の場合は、あまり「日によって別キャラ」にもなれず、同じような日常を送らないといけません。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

昨日の晩御飯は久々の牛肉ディナー

今日は一日、どのテレビ番組を見ていても涙が出ます。あの震災から2年たちました・・・ 私の大好きなサンドウィッチマンのインタビューをネットやテレビで見ていて、いろいろ考えさせられます。風化させてはいけないな、と思います。

昨日は久々に牛肉を食べました。

Imgp4384

エリンギ、アボカド、春菊も一緒にフライパンで焼きました。

ジャガイモのガレットはもう亮一の得意料理になりました。毎回「うまあああい!」と声があがります(圭子の)。

Imgp4386

ニンニクが、入っているんですよ。ワインに合います。

Imgp4382

いつものSANTIAGO です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

花粉対策!

花粉症にはヨーグルトがよい!って聞きます。なのでヨーグルトの量をおおめにしております。

Imgp4380

今年は鼻水だけでなく、目のかゆみがひどい!この季節は化粧ができません。

レンタル中の「ヘルタースケルター」を見続けています。原作のファンとして、この映画化、大成功だと思います。エリカ様はリリコそのもの。彼女以外の女優では、無理でしょう。この映画以降エリカ様を映画やドラマの中で見ることができないのが残念です。こんな逸材いないよ。

こずえ役の水原希子も、全くもって、正解。人工的なリリコに対して、生まれながらの天然の透き通った美少女のこずえ。水原さんの神のようなオーラったらたまらない。

この「こずえ」って、岡崎作品の「リバーズ・エッジ」にも出ていますよね。この「リバーズ・エッジ」の方は、映画化は無理かな。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

バーベキューチキンでディナー

昨夜は、「キユーピー3分クッキング」で藤井恵先生が紹介なさっていた「バーベキューチキンスティック」を作りました。

Imgp4374

オイスターソースやケチャップ、おろし生姜やおろしにんにくなどなどがおいしいソースの材料です。ソースにチキンのスペアリブを漬け込み、冷蔵庫で寝かしておき、魚焼きグリルで焼きました。いくらでも食べられる!今度はもっとたくさん焼きたいです。

Imgp4376

紙ナプキンはアメリカン・フットボール。ドラマ「Glee」でフィンを演じているコリー・モンティスにささげます。フィンは高校のアメフト部でしたよね。で、フィン役のコリー・モンティスが出ているというので映画「恋するモンテカルロ」を先日見ました。セレーナ・ゴメス主演の映画です。コリー・モンティス演じるオーウェンという男の子が、「Glee」のフィンの雰囲気のまんま!素朴な感じで・・・ それにしてもこのコリー、今30歳だそうです。高校生の役を20代後半でやっていたわけですよね。すごい。

今日は亮一は出張に行ってしまい、一人さびしくチャーハンでランチしました。

Imgp4378_2

サラダセロリが冷蔵庫に残っていたので、豚ばら肉とセロリのチャーハンにしました。チャーハンの味付け、今日は中濃ソースでしてみました。むちゃうま!目玉焼きのっけて、満足満足。

ところで最近気になる俳優がいます。斎藤工君です!!もし独身だったら、絶対こういう人と結婚したい。結婚じゃなくてもいい、とりあえず、仲良くなりたい。(i.e. 付き合いたい。)私の好みにどんぴしゃ。でも、ずっと一緒にいると息が止まっちゃうかな。8時間くらいしか一緒に入れないかもな、という感じ。わかります??とにかく、いい男。いたるところで最近テレビで見る。今日見た映画「ヘルタースケルター」にも一瞬ですが、出ていました。今連ドラ「カラマーゾフの兄弟」でも見ております。彼の顔を見ていると、ある人を思い出すんだよね・・・そう。時任三郎!背が高いとこやら、声やら、雰囲気やら、顔やら、全部。テレビで彼を見るたびに、彼と実際に付き合っている状態を数秒妄想するのが、私の今の趣味です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

春らしいご飯たちです。

暖かくなりましたね!花粉はひどくて大変なのですが、気温が高いのはやっぱりうれしいです。

春を意識した食事を作っております。

グリンピースご飯です。

Imgp4362

ツナの炊き込みご飯を作り、冷凍グリンピースを熱湯で加熱したものを混ぜました。グリンピースを炊飯器に入れてご飯を炊くと豆の色が悪くなるので、きれいな色のゆでたてを混ぜました。

白菜と油揚、ベーコンのコンソメ煮です。

Imgp4360

最近白菜をたくさん食べております。

Imgp4358_3

かきたま汁にもグリンピース入れました!

ある日の朝ごはん。

Imgp4366_2

付け合せの大根と人参のサラダです。ピーラーで薄く亮一がスライスしました。軽く塩もみして、オリーブオイルと「ゆかり」をかけました。人参の色ってかわいいですよね。

Imgp4364_2

卵かけご飯をメインにいただきました。

昨日はお休みの亮一と一緒に早目の夕食をいただきました。

Imgp4368_2

ブロッコリーのスープです。亮一がフードプロセッサーで作りました。

チキンのオイスターソース焼きも亮一作。

Imgp4370

付け合せの野菜はちょっと焦げちゃいましたが、おいしかったです!

Imgp4372

ワインの背後にあるのは、ゴーヤのおひたしです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」-アメリカって大変!-

仕事も失敗し、体の関係だけの男と不安定な付き合い方をして、幼馴染の親友は結婚が決まり、どん詰まりの状態の「決してもう若くはない女性」アニーを描くコメディー。

タイトルが示すように、本作では「ブライズメイド」の風習が描かれる。日本人にはなじみのあまりない伝統で、花嫁の姉妹や友だちなどが結婚式において花嫁の付添人をする。アメリカの映画でよく見るあの、おそろいのドレスを着た女性たちだ。てっきり結婚式で花嫁と一緒に立つのが役目だと思っていたのだが、それだけではない!この映画で知ったのだが、結婚式の前のブライダルシャワーの企画をしたりとか、どんなおそろいのドレスを着るかを決めたりとか、かなり積極的に式の準備にかかわらないといけない。まあ、日本だと二次会の企画くらいは友だちがしたりすることもあるだろうが、基本的には招待客は式に出席してご祝儀を渡したり、個人的に新郎新婦にプレゼントを渡すだけなのが一般的だろう。本作を見て、アメリカっていろいろ大変なんだな、と強く感じた。

女の一生は、山あり谷ありだ。アニーが、親友リリアンが結婚することを聞いたときの表情が物語る。すごくうれしい。でも、ちょっぴりさびしい。自分がうまくいっていない時でも、友だちは人生最高の時を迎えることだってある。相手も自分のステータスとシンクロして「落ちたり上がったり」することはめったにない。自分が失業中にも親友は素晴らしい仕事を得るかもしれないし、自分が結婚したくてしかたないまま独身を貫く羽目になっているタイミングででも、親友の結婚式を仕切る役目を背負わないといけない場合もある。こういうことはたぶん、一生続く。自分が家族の介護でどっと疲れているときに、親友は健康な家族と行った海外旅行の絵葉書を送ってくることも、きっとあるであろう。そして、逆の場合(自分がうまくいっているときに、親友はどん底の状態)だってあり得る。子供の頃は、そのあたりがフラットだ。小学生、中学生の頃、「私は介護で大変なのに、あの子は遊んでばかりだ。」という不公平さはそれほどないだろう。こういう「状況の不公平さ」は大人になればなるほど、頻繁になるはずだ。

というわけで、大人の女の友情は、うまく育てるのが本当に大変だと思う。でも、絶望はしない。この映画のように、「山あり谷あり」の中でも、神様は頑張る人を見捨てたりしないんだ、と思える瞬間もあるはず。本作は、お下劣なシーンもかなりあるし、基本的には腹を抱えて笑いながら見るコメディーだ。しかし、上記のような「状況の不公平さ」にも負けない主人公アニーや、その他のブライズメイズたちの「不条理になんて負けずに立ち上がってやるぜ。」という心意気も見せてくれて、単なるコメディーを超えた、清清しさの要素もたっぷりある。意外と(と言ったら失礼だが)、感動もしちゃったりする作品だ。

それにしても、こんなところであなたと再会できるなんて!と驚いたのが、マット・ルーカスだ。アニーとルームシェア(それも、そのルームシェアに本当に妹かどうかわからない彼の妹も含まれていて、謎めいている!)しているギルを本当に、本当に、リアルに演じている。(ルームシェア相手の男で、こういう人いそうだ、と思わせるのだ!!)ギルと妹の関係は、怪しすぎて最高だ。このマット・ルーカス、「リトル・ブリテン」というBBC のコメディで一人何役もしているのだが、すべて「あるある」なのだ。たとえばコギャルのヴィッキー。こういう不良少女、いるよなああ、というキャラクターを小太りの30代のマットがリアルに演じる。今後も映画の中で一生忘れることのない役を演じ続けてくれ、マット!

そして、クリス・オダウド。この人がいると、映画が「あったかい」ムードに包まれる。最高の笑顔だ。彼の演じる警官が、すごくいい。何がいいかと言うと、夜中のコンビニ(正確には「酒屋」だが。)でミニ人参のパックを買って「多すぎるからシェアしよう。」とアニーに言うわけだ。人参を夜中にコンビニで買う人に、悪い人はいない。とても素晴らしい場面設定だ。このシーンは大好きだ。

アニーを演じるのはクリステン・ウィグ。どこかで絶対見たことがある、と思って調べると、いたいた。まずは「ローラーガールズ・ダイアリー」でのマギー・メイヘム。いい味だしてた。そして、ライアン・ゴズリング主演の「幸せの行方...」にも出ていた!印象的なシーンがある。彼女が、キルスティン・ダンストと一緒にレストランで食事をするシーンだ。キルスティンのクレジットカードが使用できない状態で、ウェイトレスと気まずくなっている。そんなキルスティンをじろじろ見る周囲の人々に対し、「Eat your salad.」とキッとした目で言い放ったローレン。このローレンをクリステン・ウィグが演じていた。このセリフには、「鬼龍院花子の生涯」の「なめたらいかんぜよ!」に通ずるものがある。シリアスな役からコミカルな役までマルチにこなす最高に輝いている女優だ。今後も目が離せない!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

ケチャップで、いろいろ考えるランチ

今朝の「あさイチ」でおいしそうなオムライスを紹介していました。卵もないし、鶏肉もなかったのですが、ケチャップブームな私。とりあえずケチャップでご飯炒めました。

Imgp4354

ケチャップ、で思い浮かべるのはいつも「コインロッカー・ベイビーズ」。ケチャップご飯のシーン、いいですね。うちに1980年発行の第一刷のハードカバーがあります。村上龍と言えば、「コインロッカー・ベイビーズ」です。それ以降の村上龍は、あまり読んでいないです。

この小説、映画化のうわさもありますよね。私の中で、ある時点からか、アネモネは栗山千明なんです。もちろん、高校生の頃この小説を読んでいたときにはまだ栗山千明はいなかったので、頭の中で映像化するときは大きな目の恐ろしくきれいな女の子を想像していたのですが、栗山嬢を見た時、「アネモネだ。」ってすぐに思ったんです。私だけかな?もし本当に映画化されるなら、絶対に見たい。栗山さんでお願いしたい!作品中のアネモネと年齢は合いませんが、栗山さん年齢分かりづらい方だから、なんとかなると思う。

Imgp4356

(本当に、カッコイイ装丁です。表紙を見ているだけで、興奮します。)

ダチュラ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のご飯です。

ひな祭りにチキンライスを食べて、また自分の中の「ケチャップ熱」が高まった圭子です。ケチャップには何かドラッグ的なものが入っているような気がする・・・ 時々無性に食べたくなる味。

昨日はランチにナポリタンを作りました。

Imgp4347

ケチャップの海で泳ぎたい・・・

昨日の晩は鯖缶でカレーを作りました。

Imgp4352

ジャガイモに見えるのですが、ジャガイモではありません。大根です!鯖&大根で、なんとなく和風なカレーになりました。鯖缶って安いときにたくさん買っておくと、いろいろなおかずに使えて便利です。鯖缶だけで一ケ月暮らせそう。(あきるか!)

Imgp4350

プチトマトにはオリーブオイルをかけた後、「ゆかり」を振り掛けています。

昨夜は映画「キング・アーサー」を前半部分まで見ました。いやあああ、地味で地味で・・・ キーラ・ナイトレイが出てくるまで、むちゃ地味。なんかNHK 「平清盛」か、ってくらい、画面も暗めだし。大好きなんだけど、クライブ・オーウェンってちょっと地味なんだよねええ。円卓の騎士たちも、地味。騎士の中に、昔ヘンリー8世役をテレビ映画(「キング・オブ・ファイヤー」ってどんな邦題やねん。)でやっていたレイ・ウィンストンがいるのはうれしいが。後半、ちょっとド派手にやってくれよ、アーサーたちよ。

圭子&亮一

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

ひな祭りディナー

昨日はひな祭りでした。パーティー風のご飯にしてみました!

Imgp4335

「関東のひなあられと関西のひなあられって、全然違うわね!」

ひな祭りと言えばちらし寿司なのですが、ワインも楽しみたかったので、あまり「酢」がきいたものもどうかなああ。「あ、チキンライスはどう?」という亮一の提案に大賛成。

「菱餅風に、ひし形にしてみたら?」と言われましたが・・・

ひし形になんてどうやってするねん!!?

Imgp4333

セルクルで丸い形にしました。プチトマトとグリンピースでお花のようにしてみました。

マッシュルームとブナピーのマリネです。

Imgp4339

バルサミコ酢で作っております。

カルビ肉でコトレッタ・アッラ・ミラネーゼ風に。

Imgp4337

本来は仔牛で作るものですが、うちはいつも手に入りやすいカルビ肉をたたいて使います。

エビとオクラをアヒージョのようにタップリのオイルで料理してみました。

Imgp4343

冷凍のエビで簡単に作りました。

昨日はモンテフリオというリーズナブルなスペインワインに合わせました。

Imgp4341

そして、お楽しみのデザートは・・・

「すあま」です。

Imgp4345

見た目が越前さんとこの「かまぼこ」そっくり!圭子は「すあま」を今回初めて食べました。亮一は子供の頃によく食べたって言ってました。調べましたところ、東日本で一般的なお菓子とのことですね。圭子は西日本育ちなので、なじみがありませんでした。かまぼこみたいなルックスですが、もちもちしておいしい!

越前さんと言えば、「泣くな、はらちゃん」ですが、このドラマを見ていて、忽那汐里って「オスカー三人娘」の中で一番頼りがいがあるな、って思いました。将来的にこの子は重要な存在になる、と思います。この「悪魔さん」の役は彼女じゃないと成り立たない。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

春一番!

花粉が・・・ 今年も鼻水、くしゃみ、目のかゆみがひどい時期をむかえました。圭子と亮一です。春一番も吹き荒れ、花粉もとびまくっています。

最近のご飯です。

菜の花で春らしく。

Imgp4325

茹でて、じゃこベースのドレッシングを少しかけました。

アボカドはちくわとともに、チーズ焼きに。

Imgp4323

アボカドとチーズ、合います!

しめじはたらこと炒めました。

Imgp4319

たらこを酒でほぐしておいて、炒めたしめじに回しかけ、さらに炒めたら出来上がり。

Imgp4321

ランチョンマットもペーパーナプキンも緑。春らしくセットしてみました。

ある日の朝ごはん。目玉焼きがつぶれまくり・・・

Imgp4329

くやしい。ぱくっと黄身を食べるのが好きなのに・・・ しかたない。パンですくって食べましょう。

Imgp4327


パンは、ポンパドウルさんの「男爵」です。男爵ってのが、いいですね。無骨な感じで。「伯爵」でもなく「公爵」でもなく、男爵。

今朝は和食で朝ごはんです。目が覚めると亮一が作る味噌汁のおいしい匂いが部屋に漂っていました。

Imgp4331

納豆、卵焼き(じゃこ入り)、サツマイモのチーズ焼き、紅葉子・・・ おなかいっぱいです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »