« ピーマンの肉詰めディナー | トップページ | 三島先生、日本はこんな感じです。 »

2013年3月28日 (木)

和食だけどワインに合わせてみましたディナー

昨日は「とんび」(NHK 版)の後編を見ながらのディナーでした。

白菜と豚肉のスープ煮やら、大根のひき肉煮やら・・・ なんとなく「和」な感じですが、赤ワインに合わせました。

大根煮です。

Imgp4560

じっくり煮たので飴色です。

新玉ねぎはじっくり蒸し焼きにしました。

Imgp4562

塩とオリーブオイルを少しかけて、弱火でじっくり蓋をして焼きました。仕上がりにバルサミコ酢をちょっとかけました。新玉ねぎの甘味、最高。

Imgp4564

「とんび」で号泣。堤ヤスも内野ヤスとはまた別の「あたたかさ」があり、グー。アキラ役の池松壮亮君も、泣かせてくれました。「フレー!フレー!ア!キ!ラ!」「おとおおさああああん!」のとこ、すごい。

二人で泣いた後は、テレビで久々のホリエモンを見て感動。

圭子&亮一

|

« ピーマンの肉詰めディナー | トップページ | 三島先生、日本はこんな感じです。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和食だけどワインに合わせてみましたディナー:

« ピーマンの肉詰めディナー | トップページ | 三島先生、日本はこんな感じです。 »