« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

和食でシンプルディナー

昨日はゴーヤのおひたしやらキムチやらで簡単ご飯でした。

Imgp4963

困ったときの、「ウフ・マヨネーズ」。ゆでたまごを作るときは、沸騰したお湯の中でしばらくゆでた後、火を止めて鍋のふたをしめておき、余熱で仕上げます。ガス代を節約できます!

ご飯の後「ブルース・ブラザーズ」を見て、ものすごくびっくりしました。あまりにも面白いので。ずっと見たいと思っていたのですが、見る機会がなかったのです。とうとう見ました。みんな、とにかく、見て。すごいから。何もかもが、すごい。急に踊りだす人々もすごいし、レイ・チャールズが楽器屋さんの店長なのも、すごい。そして、ジェイクとエルウッドが、品がよいのです。そりゃあ、レストランでシャンパンを音をたててすすったりはするのですが、それでも、全体的に品がよい。トーストを工夫して焼くエルウッドのシーンなんて、特に品がよい。昔の映画は、本当に好きです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

レタスたっぷりディナー

昨日は亮一がスーパーで一個100円を切っている大きなレタスを買ってきていたので、レタスたっぷりのディナーでした。

昨日の朝「あさイチ」で紹介していた「ほたて貝柱と夏野菜の和風サラダ」をアレンジして、鯵の刺身で一品作りました。

Imgp4959

野菜のみじん切りを梅のソースで和え、刺身をのせ、その上に醤油、おろし生姜、オリーブオイルで作ったたれをかけました。混ぜてレタスと一緒に食べました。

鶏は塩コショウで焼き、レタス、トマトのサラダにのせました。

Imgp4961

野菜と肉を一緒に食べたらヘルシーですよね。

SANTIAGO の白で乾杯。

Imgp4957

昨日は銀座で髪をきれいにしてもらってご機嫌の圭子です!夏目三久ちゃんみたいにしてもらいました(また)。

さて(?)、Motley Crue ですが、今再び「Shout At The Devil」にはまっています。30年前のアルバムですが、今聞いても本当にすばらしい、の一言です。このアルバムの中の曲「Too Young To Fall In Love」という曲なのですが、みなさん、この曲のPV を見たことありますか?まったくもって、ストーリーが意味不明で、衝撃的です。アジアンな雰囲気な舞台なのですが、ストーリーの中でのモトリー・クルーの位置づけがようわからんのです。Youtube やらでぜひ見てみてください。(曲そのものはむちゃくちゃよいです。)

それにしても、自分が14歳のときに聞いていたアルバムを、44歳になっても同じように感動して聞いている事実。大人になったって、なんも変わってないな~ かっこいいものはかっこいいし、音楽が精神に与える影響力は不変なものだ。

ちなみにアルバムのタイトルにもなっている「Shout At The Devil」というシングルは、1997年に「Shout At The Devil '97」という曲にアレンジされて再びリリースされるのですが、この「'97」の方はあんまり好きではありません。元のおどろおどろしいのバージョンの方が好きです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

シチューでディナー

昨日は仕事が発生しなかったので、一日中勉強できました。午前のうちに、日本史の勉強で「大正の文化」まで進むことができました。

Imgp4947

こうやって、「麗子微笑」の絵もノートに描きつつ、まとめました。午後には犬養毅の暗殺あたりまでまとめ、夕飯の準備に移行しました。(やっと「昭和」です!!数か月前に飛鳥時代やらをやっていたときには、「近代」までたどり着けるか不安でした。あともう少しで参考書も終了できる!!)

暑いけど、心がつかれていたのでクリームシチューにしました。(「純と愛」のイトシクンに捧げる・・・)

Imgp4951

茹でたきぬさやをトッピングしました。

Imgp4949

亮一の帰り道でのお土産(から揚げ)があったので、ゴージャスになった!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

「リサーラ」買ってみました。

昨日はマルハさんの「DHA 入り リサーラソーセージ」を買ってきました。中性脂肪を減らすことができるようなので。味もおいしいし続けてみようかな。

「リサーラ」です。

Imgp4943

とても開けやすい構造なので、感動しました。魚肉ソーセージって、きれいに開けられないのもたまにありますが、「リサーラ」の場合非常に開けやすい。

Imgp4941

リサーラとプチトマトを卵と一緒に炒めました。ゴーヤと牛肉の炒め物も作り、スタミナをつけました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

「遥かな町へ」-親にも親なりの苦悩はある-

自分の年齢よりも若いときの親の写真を見ると、不思議な気分になる。親は常に年寄なのではない。親にも、20代の頃もあり、30代の頃もあったであろうに、その姿は実際には見たこともないし、記憶にも残っていない。

もし、タイムマシンに乗って過去の世界に戻り、今の自分よりも若いころの親を見たら、どういう気分になるだろう。この映画を見ていると、それが疑似体験できる。

主人公トマは中年の漫画家だ。(ちなみにこの映画は日本の「漫画」が原作になっている。)漫画のイベントへの参加のために遠くへ行き、パリに帰る途中で電車を乗り間違え、なぜか自分の生まれ故郷に行ってしまう。そこで、タイムトリップして14歳のころの自分に戻ってしまう。

14歳の自分に「外見」は戻るが、頭の中は中年の「今」のまま。トマは、自分の現在の年齢よりも若いころの親に会い、そして自分の現在の年齢よりも若い学校の先生と接する。幼馴染たちを見ても「すごい!みんな若い!」と驚き、現在の世界では疎遠になっているのだろうか、妹には一生懸命埋め合わせをするかのように、優しく接する。

トマは、ずっと自分の父親がある日突然失踪してしまったことを心の闇に抱えていた。今回14歳のころ(そう、父親が失踪した年だ。)に戻ったので、なんとかその悪夢を食い止めようとする。はたして過去は「修正」できるのか。トマの努力を私たちは祈りながら見ることになる。

子供のころ、親の悩みや苦労などは見えなかった。あるのは親に対する批判と反抗だけで、決して「共感」はなかった。しかし、考えてみれば、私が10代だったとき、親は今の私と同じくらいの年齢だったのだ。子供のとき、「40代半ば」の人なんて、悩みなんかあるわけない、と思っていた。自分の「青春」の悩みで精いっぱいで、親は「もう大人だし、いいな、のんきで。」と思っていたのだ。

しかし、自分が40代になり、それが全く誤解であったことに気づく。いまだに毎日を悩みの中で暮らし、闇は晴れそうにもない気分だ。もし自分より若い人間が「いいですね、大人だから、悩みなんてないでしょ?」などと言ってきたら、腹が立ってののしるだろう。「何を言う?いつまでたったって、人間は変わらない。君と同じように、私も激しく悩んでいるよ。」と。

トマは中年の頭で、自分よりも若い、苦悩する父親を改めて知ることになる。そのとき、きっとこう思うのだろう。「お父さん、あなたの気持ちはよくわかる。本当に、生きるのは、つらい戦いだよね。」と。

きっと子供がいる人がこの映画を見ると、より主人公の気分が理解できるのであろう。私は、子供はいないから、想像でしかないけれど、もし自分に子供がいて、子供が自分の苦悩を理解してくれなかったら、とても孤独感を感じるだろうし、逆に、自分の苦しみを理解してくれたら、本当に救われるんだろうな、と思う。親も親なりに、いろいろと悩みながら生きているんだ、ということが理解でき、この映画に感謝する。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

是枝監督おめでとう!

カンヌで是枝裕和監督の「そして父になる」が審査員賞を受賞したとのニュースが飛び込みました。いいニュースです!世界的な映画祭で日本の作品が賞を取ることが「普通」になってきました。

最近のご飯を一気に!

ある日の晩御飯。私がふらふらで使い物にならない状態だった日、亮一がイベリコ豚やポークソーセージなどを焼いてくれました。

Imgp4935

食べごたえのある肉でした。

Imgp4933

カプレーゼのトマトがむちゃくちゃ赤くておいしかったです。ジャガイモのガレットと(スーパーの)コロッケ、という「ダブル芋」でパワフルです。

ある日の朝ごはん。暑くてソーメンにしました。

Imgp4937

中央でどーんと存在感をアピールしているのは鯖缶です。

昨日は近所の大学の学生さんと共同で近所のゴミ拾いをするというイベントに参加した圭子&亮一。意外と多いのが、たばこの吸い殻。びっくりしました。どんだけ捨てられているんや!?と。車道と歩道の境目あたりに結構落ちていたので、歩いている人だけではなく、車から投げられたのかな、と思いました。掃除の後、家に帰り、数時間して、用事で外出したとき、朝掃除した場所にもう新たにタバコの吸い殻が捨てられているのを発見しました。まいった、まいった。ゴミを捨てても、それは自然に土に帰ったりしません。アスファルトなら、ゴミはそのまま居続けることになりますよね。ゴミ拾いをして、改めてそのことに気づきました。

昨日は、早朝起きて仕事、午前はゴミ拾い、帰ってから午後仕事、というしんどい日でした。夕方仕事がやっと終わり、死にそうになり、またごはんの準備は亮一がイニシアチブをとる、という結果に。いつもすみません・・・

Imgp4939

疲れたときは、すき焼きですな。ワインがすすみました・・・

ご飯のあと、フランス映画「遥かな町へ」を見ました。谷口ジローという方の漫画が原作(谷口さんもカメオ出演していました!)なんですと。いやああ、よかった。すごくよかった。主人公の若い頃のすがたを演じた少年の俳優が、少し若いころのクリスチャン・ベイルみたいだった。原作の漫画の方も読みたいな。日本の話がフランスの映画の原作になる、っていうのも、是枝監督の受賞同様、なんか、うれしくなります。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

沖縄!

昨日は友人邸に遊びに行き、たのしくおしゃべりしてきました。沖縄のお土産までいただいちゃいました。

Imgp4927

大好きなちんすこう!今日は朝からずっと机にへばりついて仕事をしております。ちょっと一息休憩させていただきます。

Imgp4931

ちんすこう with アールグレイ。たまりませんな。

天気がいいのに、外にも行けません。今から多分夜までぶっ通しで頑張らないと終わらない・・・過酷です。

しばし、妄想することにしました。(やっぱストレス解消には妄想が一番。)

思い切ってモトリー・クルーのラスベガス公演に出かけた私。ライブのあるハードロック・ホテル ラスベガスに泊まる私ですが、初めてのラスベガスに緊張気味。ライブを明日にひかえ、今日はバーでお酒でも軽くひっかけて、早目に寝よう・・・ カウンターで一人ジン・トニックを飲み、手元のニッキーの「ヘロイン日記」を開く私。ああ、何度読んでも感動するな。そうすると背後から「あ、読んでくれたの?」と、ニッキー本人が!!振り返ると、ボタンダウンのシャツとスラックス、というまるで「普通の人」のようないでたちで立つニッキー親分。

ニッキー: いやあ、今日は娘がボーイフレンド連れてベガスに来るっていうから、こんな恰好でさ。やっぱ初対面のときはボタンダウンだよね。

私:そ、そうですね。わあ、初めまして、日本から来ました、Keiko って言います。

ニッキー:日本のKeiko?あ、覚えてるよ、いつか事務所あてに僕の似顔絵を送ってくれたでしょ?Cool な絵だったよ。君って神様からのギフトがあるよ。絵、うまいよね。

私:いえいえ。それほどでも。

ニッキー:一人?横座っていいかな?

私:Sure! どうぞどうぞ。

ニッキー:ペプシもらえる?(注:バーテンに。)

私:明日のライブを見るためにはるばる日本から来たんです。でもラスベガスって初めてだし、一人だとうろうろするのもちょっと不安なので、まだホテルから出てないんです。

ニッキー:え?そうなの?もったいない。じゃこれ飲み終わったら、ちょっとぶらつきに行く?

私:え?いいんですか?明日の準備とかで忙しいんじゃ・・・

ニッキー:日本からはるばるやってきたcool なアーティストの君を放っておけないよ。あまりおそくまでは付き合えないけど、ちょっと散歩がてらに行こうよ。ね?

私:Thank you. ニッキー、私今夢を見ているみたい・・・

ニッキー:ははは!なんかおもしろいね、君。あ、ぼくたちのTシャツ着ててくれてるね。

私:ええ、このTシャツ、通信販売で買ったんです。「Girls Girls Girls」の。

(ベガスの夜は更けてゆく・・・)

もうそろそろ仕事に戻ろうと思います。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

Dave Lee Roth が東京に!?

昨日の朝の「あまちゃん」で大吉さん(杉本哲太)がスナックでヴァン・ヘイレンの「Jump」歌ってましたね!で、Dave Lee Roth 懐かしいな、と思い調べたら、なんと今東京に住んでいるらしいですぜ、だんな!どこかですれ違いたいものだ。

昨日はご飯をつくる時間がなく(自分のせい・・・)手抜きご飯でした。

Imgp4923_2

見て見て。冷奴の上には「きゅうりのキューちゃん」。どんだけ手抜きやねん??いり卵に、ちくわ炒め。亮一が買ってきたお土産のごぼうサラダ。すまんすまん、忙しくて(全て自分のせい・・・)。

毎朝「あまちゃん」に夢中です。特に今回は杉本哲太に完全にやられました。おもしろすぎる。昔々、横浜銀蠅の弟的存在でしたよね?あれからはや、three decades。感慨深いです。哲太のなんでも演じるすごさに、「和製ケヴィン・ベーコン」の称号をあげたい・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

追悼 Ray Manzarek

朝のインターネットのニュースでドアーズのレイ・マンザレクが亡くなったことを知りました。癌だったそうです。

私の人生の中で一番重要なバンドの一つであるThe Doors。ジム・モリソンの墓を見にパリのペール・ラシェーズにも行きました。今日は久々に「クリスタル・シップ」を聞こうと思います。高校のとき、この曲に何度救われたか・・・

まだアマゾンがないころ、通信販売でこの本を買いました。

Imgp4919

豪華な写真たっぷり、記事たっぷりの本です。「The Doors: The Illustrated History」という本。著者はDanny Sugerman(調べたら著者の方も2005年に亡くなっていた・・・)。「サイン入り」ということだったので高校のころ通販で買いました。著者と、ジム・モリソン以外のメンバーのサインがありました。

Imgp4921

レイ・マンザレクのサインです。R.I.P. Ray Manzarek.

自分が年をとっていくと、自分のあこがれの人(ミュージシャンや俳優など)が亡くなるニュースをどんどん見聞きするようになります。子供のころにはなかったことです。次第に、自分の家族や友達の死も体験するようになり、最終的には自分も死んでいくのでしょう。メメント・モリ。

体重が気になる圭子&亮一。先日はおかゆでディナーでした。

Imgp4913

おかゆって少量のお米で大量に作れるのでいいですよね。

昨日はぱりぱりに焼いたチキンでした。

Imgp4915

Lawry's Seasoned Saltを仕上げにかけました!

Imgp4917

SANTIAGO の白で乾杯。

昨日は映画「からっ風野郎」を見ました。1960年作品。三島由紀夫主演です。ヤクザの二代目「武夫」を演じる三島。家の中でも革ジャンを着ている武夫が超いかしています!若尾文子もむちゃくちゃ可愛いし、船越英二もかっこいいし、楽しめました。昔の映画はいいわああ。みんな品が良くて。

しかし、すごいことですよね。もうすでに大作家として評価されていた当時の三島が、映画に、それも、ヤクザ役で出ているなんて。今まで見た「動く」三島の映像と言えば、ときどきテレビで見る、市ヶ谷での演説シーンくらいなので、ファンにとってはたまりませんよ。笑顔の三島、銃をかまえる三島、ビールを飲む三島、デパートで買い物をする三島、などなど、ずっと見ていられて、至極の体験でした。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

カレーうどん(Lou Reedとともに)

昨日のテレビ旅番組で突然久しぶりに「Vicious」を聞いて、ルー・リードの「トランスフォーマー」を聞き直したくなり、必死で家を探したのに見つかりませんでした。持っていたのに!!多分大学時代に買ったので、もう20年以上前のCD です。それから何回も引っ越しをしたので、どこかの時点で紛失してしまったのかもしれません。「トランスフォーマー」のCD の中に入っている歌詞カード(とか解説が印刷されている紙)にゲイな感じの男の人の写真があって、その写真がむちゃくちゃ面白いのです。記憶の中の映像をひもといておりますが、ちょっと変なポーズをとっている男性の写真で、彼はTシャツとジーンズの姿です。そのジーンズの股間の部分が、ありえないほどのサイズの「おち○ち○」があたかもあるように盛り上がっていて、まあ多分、棒か何かがジーンズの股間部分に入っているのでしょうが、その写真がアルバムに流れているテーマ(どう思います?みなさん。私は「ワイルドな自由」というテーマを感じます。)ときちんと合っていて、うまいなああ、座布団3枚!と思ったものです。あの写真を見たいがために、しかたない、「トランスフォーマー」をもう一度買うか。

しかたないので今日は「ニューヨーク」を聞きます。

Imgp4911

このアルバムが出た後だと記憶しますが、ルー・リードが来日しました。大阪に来たとき、見に行きました。伝説の人が「ワイルド・サイドを歩け」を歌っているのを実際に見ることができて私は幸せ者です。「ニューヨーク」は1989年作品です。たぶん来日もそのあたりの年だったと思います。それから20年以上たち、ルー・リードは「伝説」で終わってしまっているのではなく、なんとメタリカと音楽を作ったりしています。一生死なないんじゃないんかな、この人は。

「ワイルド・サイドを歩け」って、いい曲です。安全で平凡な道と危険な道が二手に分かれていたら、怖くても危険な方を選ぼうって気分でいないと、ロックじゃないですよね。モトリー・クルーの「Wild Side」にも同じテーマを感じます。

ルー・リードとかヴェルヴェットとかを聞いてしまうと、もう午後仕事にならなくなってしまいます。酒をくれ、たばこをくれ、って気分になってしまいます。いかんいかん。退廃的になってしまっては。うどんを食べて元気を出して午後も頑張らねば。

Imgp4909

残りのカレーのリサイクルうどんです。今日は暑い!カレーうどん食べてさらに暑い!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「テネシー・ウイスキー」でした!!

ちょっと前に、ジャックダニエルについて書いた記事(下にリンクあり)で、ジャックのことを「バーボン」って書いておりました。失礼いたしました!よく考えたら、ジャックダニエルはテネシー州で作られているので、「テネシー・ウイスキー」でございます。バーボンはケンタッキー州で作られたものですもんね!これじゃまるでカリフォルニアのスパークリングワインのことを「シャンパン」て呼ぶみたいなミスです。謹んで訂正します!!

釜あげそうめんを食べ、そして歌い、本を受け取る朝。

先ほどYoutube をサーフしていたら(って、こういう言い方しますか?)、とんでもないの見つけたんですが、ルー・リードがメタリカと一緒に(音楽を)やってた!聞いてみると、結構よかった。うまくお互いのいいところを尊重しあっている感じでした。ルー・リードももう70過ぎているというのに、なんなんだ、このかっこよさは。政治家がずっと老けないのと同様、ロックの人々も、一般の人間とは違う年の取り方をするんだとつくづく思う。今の自分より、ルー・リードの方がある意味若い。雰囲気が。うちの父はルー・リードとおぼ同じ年ですが、ちょっと実家に帰った時に見る彼からはルーっぽさは感じられない。(うちのおやじも、結構元気ではあるが!)

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

え!?「Vicious」?

先ほどテレビ神奈川の「キンシオ」という旅番組を見ていたら、すごく意外な場面のBGM でルー・リードの「Vicious」が使われていて、かなり衝撃を受けた圭子です。立川志の吉氏の「志の吉土地こばなし」のコーナーのところで。なんで「Vicious」やねん!!?でも、趣味がいい。この番組今日初めて見ました。

旅の場面ではビートルズの「Here Comes the Sun」が使われていた・・・そして、「Across the Universe」も!趣味がいい!

この番組に出ているキン・シオタニ氏自身がこの番組の音楽を選曲をしているとのことです。で、キン氏について調べたら、1969年生まれ。わああ、同じ世代だ!

遅く帰った亮一にはじっくり煮込んだカレーをごちそうしました。

Imgp4907

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーモンソテーでディナー

昨日は昼間に町内会のスポーツイベントがあり、打ち上げで大量のから揚げをいただき、おなか一杯状態で夕飯タイムを迎えてしまいました。軽く魚をメインにしました。

Imgp4905

ああ、今朝の「あまちゃん」で、キョンキョンの歌う「潮騒のメモリー」の歌詞がカラオケの画面のように表示され、大笑いしてしまいました。「三途の川」とか妙な言葉が歌詞に入っていて、官九郎!最高。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

Happy Tomorrow (NiNa) ~追悼~

深夜、急にYuki の声を聞きたくなった。Youtube で探していると、なつかしの「NiNa」の「Happy Tomorrow」を見つけた。本当になつかしい気持ちになって、澄んだ声のYuki と Kate を聞いた。この曲を聞くと気持ちがよくなって涙が出そうになる。1999 年の作品だ。

1999 年私は人生の中で最も大きな失敗の一つをおかした。いまだにそのときの失敗を引きずって生きているといっても過言ではない。自分の愚かな判断ミスで、比較的満足していた仕事を捨てて、甘い言葉につられて別の会社に転職したのだ。今よりも、もっと自分のしたい仕事に近づける、そして、今よりも、自分の理想に近い「自分」になれる、と判断して、思い切って別の会社に移ったのだ。

そして、そこに入社してすぐ、甘い言葉を私に言い放った、そのまさに本人である会社の社長の豹変した態度に「驚く」、というよりもむしろ「恐怖」すら感じ、ああ、取り返しがつかない失敗をしたな、とあっという間に気づき、一年でその会社も辞めることになった。同業他社での転職だったし、狭い業界で、誰もが誰をも知っている世界だった。偉そうに辞めて転職して、すぐに負け犬のように退職した私は、(誰も他人のことなど気にもしないだろうに)かっこわるすぎる自分の状態を恥じて、その後は畑の違う業界に流れ着き、2000年以前にやっていた仕事の経験をあえて封印したような形で働いている。今でも、2000年以前のことを思い出すと鳥肌が立つほど自分に腹が立つ。いつか「たのしい明日」を待てるような人になって、過去を振り返って自分をこぶしで殴るような日々におさらばしたい・・・

私が「Happy Tomorrow」と出会ったのは、ちょうどそのころだ。当時やっていドラマの主題歌だったのだ。

Yuki の声は雲一つない空のように澄んでいる。Kate の声は、甘いリキュールのように、聞く者の心を溶かす。そんな二人がデュエットしているなんて・・・初めて聞いたときは快感で頭がおかしくなってしまう、と本気で思った。そして、そりゃ、音楽では命は救えないかもしれないけれど、この曲を聞いている間は、自分が空を飛んでいるみたいに、気持よくなるなあ、とつくづく感じた。この曲を聞いている間は、自分を責めることも忘れ、ただただ、空を飛べる、ルーシーみたいに・・・

そんな1999 年からもう14年もたっているのに、今でも、あのときほどではないけれど、あの年の自分の失敗がときどきフラッシュバックのように襲ってきて、自分が許せなくなる。振り返る暇があれば、そのときよりもよい状態に自分を持っていくなり、何も気にかけない「能天気な人」に変身するなり、なんらかの努力をすればいいのに。だけど、どうしようもないんだ。

今日はなんだか気持ちが重くなり、気分よくなりたいな、「たのしい明日」を想像したいな、と思い、何度も「Happy Tomorrow」を聞いた。そして、NiNa にかかわっていたミック・カーンのことを調べたら、東日本大震災があった年に、癌で亡くなっていた。52歳だったそうだ。あああ。もう一回Youtube で聞いて、そして、少し泣いてしまった。

Yuki と Kate の声は何度聞いても、最初のときと同じ感情をもたらしてくれる。二人の声が、「大丈夫。明日はいい日になるよ。」と、大げさではなく、淡々と慰めてくれる。

R.I.P. Mick Karn.

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

ファンレターを出そうと思います。

今日は亮一も出張でおらず、一人まったりと思う存分モトリー・クルーを聞いております。今日は「Theatre of Pain」を聞いております。ラズルに捧げているこのアルバム。メンバーは(いろいろとしんどい時期の作品だからでしょう)あまり好きではないそうです。私にとっては聞くと高校生のころの気持ちにすとんと戻れるので、特別な作品です。

ニッキーの似顔絵を描きました。ハリウッドにある所属事務所に送ろうと思います。かわいく描けたので思わずアップしてしまいました。

Imgp4901

「魂」はご存知、ニッキーの胸に彫ってある刺青の漢字。この漢字ならニッキーにも見てわかってもらえると思います。てへ!

ニッキーの顎の髭、セクシーでいいわ!今後もこのまま整えて生やしていてほしい。

これに手紙をつけて郵送しようと企んでおります。返事着ちゃったらどうしよう。「不倫」か?

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレー味ハンバーグディナー

昨日は、カレー粉を混ぜ込んだハンバーグにしました。

Imgp4896

カレー粉と中濃ソースをひき肉・玉ねぎの「ハンガーグたね」に入れました。

大根のステーキ。

Imgp4894

黒こしょうをたっぷりかけました。

缶詰の豆は便利ですね!

Imgp4892

プチトマトとチーズ、ベランダに植えているパセリも入れました。

Imgp4898

SANTIAGO で乾杯!

昨日「アルゴ」を最後まで見ました。あっぱれ、ベン・アフレック!(髭があった方がかっこいいね。)

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

鍋ディナー

昨日はあっさりと鍋でした。

Imgp4890

鶏肉、大量の豆腐、しめじ、春菊、長ネギ、型抜きした人参、大根が材料です。

Imgp4888

ご飯の後は映画「アルゴ」を半分だけ見ました。後半は今夜見る予定。ベン・アフレック、頑張っている!!

今朝は、「The Dirt」のトミーがjail にいたときのチャプターを読みました。ちょっと泣きそうになりました。あと、もう一つ泣きそうになるのは、ヴィンスがニッキーと大ゲンカをして、でも、大ゲンカの後に最高の友達になれたから、大ゲンカしたことを感謝していることを書いているチャプター。考えてみたら、モトリー・クルーのメンバーって、もうお互いが30年以上の付き合いなんですよね。途中で険悪な仲になったり、別れたり、仲直りしたり、いろいろあるでしょうね。なぐり合うほどの喧嘩をして、そして本音を言い合って、最強の友達になる。ここを読んだときも泣きそうになった。読めば読むほど、「人」としてモトリー・クルーを好きになる本です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

「とんでもない」映画、見ました。

昨日は魚肉ソーセージを「Lawry's Seasoned Salt」(ニッキーの影響・・・)で味付けしました。

Imgp4886

マッシュルームも一緒に炒めました。

昨日は「王様の涙」という激安ワインで乾杯。

Imgp4884

ジャガイモのチーズ焼きやらとともにおいしくいただきました。

ご飯の後「ストレンジャー」という映画を見たのですが・・・これが結構とんでもない映画でした。何がとんでもないか、というと、いわゆる予告編と本編の印象が全く違うのです!!予告編ではサスペンス色がむちゃくちゃ濃いのですが、映画そのものはのんびりした雰囲気で、さびれた町の再生化問題まじめに語っている映画でした。なんやねん、このギャップ??ちなみにコリン・ファースが主演ですが、ほかにも出演者の豪華なこと。「レクイエム・フォー・ドリーム」のエレン・バースティン(現在80歳!!)が出てますし、オーランド・ブルームも警官役で出てますし・・・しかし、ストーリーはあまり動きがなくて、終わり方も結構あっさりしています。予告を見るとかなりはらはらする雰囲気なのですが。ちなみに原題は「Main Street」。なんで「ストレンジャー」になるねん??予告を見ると、ほかの町から来たコリン・ファース演じる廃棄物処理会社の男が、あたかも「町の平穏さを乱す謎のストレンジャー」みたいであるように表現しているんですが、全然違うよ~別に怪しくもない、普通の人だって、コリン(の役)は。(「怪しい」と言えば、コリンがアメリカ人の役なので、いつものきれいなイギリス英語を話していないのが唯一怪しいポイント。)おかしいよ、この予告。とにかく何度も言いますが、まったりした話です。決してサスペンスではございません。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

悪魔の数字・・・

先ほどドラッグストアでワインなど買っている際、心の中で「Shout at the Devil」を歌っていました。そうして、レジでお金を払うときに・・・

Imgp4882

(写真はモノクロに加工しました。)

レジの方、明るく「六百六十六円です~」と。悪魔の数字・・・頭の中の音楽が、モトリーから急にIron Maiden の「The Number of the Beast」にかわりました。(この曲は名曲ですよね。ボーカルのブルース・ディッキンソン、ニッキーと同い年!)今日はむかつく(自分に、だが。)ことがたくさんあり、あまりよい日ではなかったのですが、この「666」で、さらに落ち込みました。とほほ。

明日は「777円」のレシートもらえますように!っと。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラブルにより深夜にスパゲティディナー

昨日は亮一がせっかく早く帰ってきてくれたのに、私が仕事でトラブってしまい、なかなかご飯を開始できず、結局食べ始めたのは深夜。本当に悪いことをした・・・以後気をつけねば。時間をコントロールするのって難しいですね。どれもこれも自分の完璧主義が悪い。完璧など求めてはいけないし、求めても無理なのに、周囲を顧みず没頭してしまう・・・今日は早目にご飯を食べられるよう努力しようと思います。

深夜ですがミートソースです。

Imgp4875

いつものSANTIAGO で乾杯。豚肉、ピーマン、パプリカ、大根の塩コショウ炒めをメインに、簡単ディナーです。

今日は抱えている仕事を無事納品して、燃え尽き症候群でニッキーの「Sixx Sense」を聞いていました。(HP のPodcast ですが。)

何度聞いても聞き取れない部分があり、必死で繰り返し聞いていて、やっとわかった単語があり、皆さんと共有したい!!(以下サイトに飛べるURLをはります。)

 http://www.sixxsense.com/cc-common/podcast/single_page.html?more_page=6&podcast=SIXX_podcast&selected_podcast=the_cure_for_a_hangover_0_1363713719.mp3

「St Patrick's Day Hangover」という回のトークなのですが、ここでニッキー達が二日酔いの対処法について話しています。で、ニッキー自身の対処法として、飲んだ翌日になにやら「ジャガイモ料理」を食べるといい、みたいに話しているところで、ジャガイモに何かソース(?)をかけて、ベーコンとマヨネーズと共に食べる・・・とか話しているわけです。その、「ソース(?)」の説明のところが何度聞いても聞き取れなかったのです。ちょうど「1分39秒」あたりで話している「ラウリーなんちゃらかんちゃら」というところが、わからなかったのです。10回ほど聞いていて、「Lawry's Seasoned Salt」だと気づきました!勝手に「ソース」だと思っていたのですが、調味料のことを言っていたのですね、ニッキー。そして、この「Lawry's Seasoned Salt」、うちの冷蔵庫にありました!運命だね、ニッキー。

Imgp4877

http://en.wikipedia.org/wiki/Lawry's_Seasoned_Salt (wikipedia のページもご参考までに!)

たしか亮一がアメリカ合衆国の某箇所に行ったときに、お土産で買ってきてくれたのですが、どうもどんな料理に使っていいかわからず、うちに来てだいぶたつのですが、あまり瓶の中身、減っていません・・・今後はニッキーにならって、二日酔いのときにジャガイモ料理にかけて食べてみようと思います。

圭子&亮一

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

急に暑い!

最近暑いですね。このあいだまで暖房をつけていたのに、下手するともうじき冷房か!?

昨日は遅く帰った亮一には一人で地味飯を食べていただきました。

Imgp4871

先日作った新生姜と豚ひき肉のハンバーグは残りを冷凍保存しておりました。こういうストックがあると楽ができます!

今日の圭子のランチはパプリカとツナの簡単パスタです。

Imgp4873

TシャツでもOKなくらい暑いですね。どこかでヘビメタのTシャツ売っている店探さないと。この情熱が高まっているうちに、モトリー・クルーのTシャツが買いたい!できれば「Shout at the Devil」時代のを!!こういうのって売っているんでしょうか?それともモトリー・クルーの公式HPやらから購入しないといけないのかしら??その辺のこと、若いキッズに聞きたいわ、おばちゃん。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEIC リスニング 「Part 3」の練習に、こんなんいかが?

もうだいぶTOEICを 受けていません。近いうちに受けないと・・・ 

最近狂ったように聞いているアメリカのラジオ番組の「Sixx Sense」のHPからのPodcast なのですが、「これって『Part 3』の練習にいいのでは?」と思うようになったんです。

このラジオ番組はモトリー・クルーのベースのニッキー・シックスがホストをしている番組で、アメリカで放送されているので日本では聞くことはできません。しかし、番組HP で、過去に放送したインタビューやらトークの一部をPodcast で聞くことができます。

私は単純にニッキー狂なので、趣味で日々聞いているのですが、聞けば聞くほど、language acquision のためにも有効に使えるのではないか??と思うようになってきたのです。

「Sixx Sense」のHPから「Media」に飛ぶと:

http://www.sixxsense.com/cc-common/podcast.html

過去のトークやインタビューのリストを見ることができます。インタビューはニッキーがインタビューしたアーティストの名前を見ることができますので、「誰のインタビューか」は明確にわかります。トークに関しては、短めのタイトルが表示されているので、実際に聞く前に「schema building」をすることができます。リスニングの練習の際は、「これって何のトピックか?」ということを理解してから聞くのと、全く何も前情報がない状態で聞くのでは困難さに差がでますよね。今から聞くのは「どんなトピックか」ということを前もって知っておき、「ああ、そういうトピックなら、こんな単語きっと出てくるだろうな。」と心の準備をしておいてからリスニングの問題を聞いた方が効果的に学ぶことができます。なので、このHPの「Podcast」のところのタイトルを見て、頭で少しそのトピックについて想像してから聞き始めると効果的だと思います。

TOEICのリスニングPart 3では、二人の人の会話を聞く、という問題が出ます。この「Sixx Sense」では、ニッキーと、女性DJ ケリー・ケイサム(ケイシー・ケイサムの娘さんです!)、および時々この番組のライターであるKyle Chrise が会話に入ってきたりしますので、時々「三人の会話」になりますが、あるトピックについて複数の人が短時間(Podcast ではだいたい2分半くらいのひとまとまりの会話を聞くことができます。)話しているのを聞いて、「結局どういうオチなんだ?」ということを聞き取る訓練になります。

TOEIC の問題では「ねえ、マイク、会議室ってもう予約しといてくれた?明日ニュージャージー支部のメンバー5人が午前来ることになっているよね?」「もちろん部屋はおさえてありますよ。」「ありがと。ミーティングの後のランチのこと、すっかり忘れてたわ。どこか今から予約できるレストランあるかしら。」「あ、その件ですが、近所のカフェでサンドイッチランチのデリバリーの手配しておきました。」(注:私の作ったフィクションです。)みたいなビジネスの場での会話が多いですが、「Sixx Sense」のPodcasts に入っているトークは、かなり高い割合で、下ネタです。でも、2分くらいのまとまった話を聞いて、「大まかな話の流れ」「細かい内容」を何度か繰り返し聞く訓練をすると、TOEIC の練習テキストについているCD のリスニングなんて「屁」くらいに楽になります。これ、絶対。

ちなみに、ニッキーはL.A.生活長い人です。ケリーはL.A. 生まれ。Kyle Chrise もペンシルバニア生まれですが現在L.A. 在住。なので、(私はあまり知識はありませんが)全員L.A.アクセントの英語で話していると思われます。アメリカ英語がずっと聞きとりづらいと思っていた私も、「Sixx Sense」を毎日濃く聞くことにより、「and」の「エアーンド」って発音に慣れました。L.A. 最高。ていうか、この番組、日本でも放送してくれないかえ??面白過ぎます。下ネタでも何の躊躇もなく話し込むケリー・ケイサムに乾杯。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

週末のゆっくりディナー

週末なので、ゆっくりとご飯を作ってくつろぎました。

昨日は亮一が鯛でアクアパッツァを作りました。

Imgp4859_2

アサリからもいいだしがでました。

Imgp4857_2

ジャガイモのガレットも亮一の得意料理です。

今朝はゴーヤのおひたしでした。

Imgp4861_2

かつおぶしが多くて、何がなんだかわかりづらいですがゴーヤです。

Imgp4863_2

健康的な朝ごはんになりました!

今日の晩は、昼間に見た「男子ごはん」で紹介していた「ヨーグルトサラダ」を亮一がまねっこして作りました。

Imgp4865_2

ヨーグルトにおろしにんにくを入れるとむちゃくちゃおいしいですよ!

これも最近見たテレビからヒントを得たのですが、豚ひき肉に新生姜のみじん切りを混ぜてハンバーグにしてみました。

Imgp4867_2

見た目は普通のハンバーグですが、中に新生姜がたくさん入っています。おいしくできましたよ!豚肉と新生姜、合いますよ、奥さん!

今日はワインコインワインの「FUEGO」で乾杯。ドン・キホーテのようなイラストがエチケットに描かれています。

Imgp4869

今日は散歩で遠くのスーパーまで行って、おいしいパンを買ってきました。普段行くスーパーと違ってそこは大きなスーパーです。品数も多く、ぶらぶらしているだけで楽しいので、たまに天気がいいときは散歩がてらに行きます。暑かったのでアイスクリームをそこで食べて帰ってきました。

ところで、ニッキーですが(「ところで」って・・・)、彼がDJ をしているラジオ番組「Sixx Sense」、日本で聞けないのかなああ、残念だなあああ、と思っていたのですが、番組のHP で過去のインタビューをいくつか聞くことができることを知りました。今日はLita Ford がゲストの回のを聞いていたのですが、いいなあ、と思いました。昔付き合っていた人の番組にゲストに呼ばれて、そこで自然におしゃべりができる、って素敵です。それはニッキーとリタがプロの音楽家として尊敬しあっているからできることなんだろうと思います。普通は別れた男女がこんなに楽しそうに話せません。二人が、出会ったころの話をしているときのげらげら笑いながら話す様子を聞いていて、かっこいいなと思いました。ニッキーファンの皆さんで、「Sixx Sense」を聞いてみたい!と興味のある方、ぜひ聞いてみてください。感動しますよ。

http://www.sixxsense.com/cc-common/podcast/single_page.html?podcast=SIXX_interviews 

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

カレーでディナー&朝ごはん

昨日は松坂桃李くんのCM の「ザ・ホテル・カレー(濃厚仕立て)」(ハウス食品)でカレーにしました。

Imgp4851

牛すじ肉を時間をかけてゆっくり柔らかくなるまで煮ました。おいしいカレーになりました!

そして今朝は、そこにご飯を入れて、リゾット風に。

大阪の自由軒のカレーみたいです。

Imgp4855

卵も入れました。

Imgp4853

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

400円切っちゃいました!

昨日スーパーで、うち御用達のSANTIAGO がな、なんと300円台だったのです!400円を切っていました。

Imgp4849

ステーキと合わせました!

ご飯の後、映画「フラッシュ・ゴードン」を見て盛り上がりました。かなり昔(中学生くらいか?)にテレビで見たのですが、そんなに昔に見たのに、ちゃんとタカ男軍団が空を飛ぶ姿だけは、頭にしっかりのと残っているんです。最近のどこまでが本物でどこからがCG なのかわからないほどの高度な技を使っている映画よりも、むしろ「かっけえええええ!」と感じてしまう、「フラッシュ・ゴードン」の映像。音楽のQueen も最高。映画「TED」を見て、もう一度「フラッシュ・ゴードン」見たいなああ、と思っていたのです。数十年ぶりに見て、改めて、いい映画だああ、と感動しました。「フラッシュ!ああああああ~」って叫んじゃいました。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

妻として・・・人として・・・終わっている・・・

最近は、ますます生活をコントロールすることが下手になっています。家でする仕事なら、自分の時間をコントロールできると思って始めたのですが、のめりこみすぎて、いつも夕飯を作るのが亮一が帰ってくる10分前。たいしたものを作れていません・・・

昨日は、茹で卵を作ろうとしたのですが、想定よりも亮一が早く帰ってきたので、あまり茹っていない状態で殻をむいてしまいました。意図的ではないのですが、温泉卵状態になっていました・・・

Imgp4845

キャベツとベーコンを炒め(小女子も入れました)、そこに「偶然に生まれた温泉卵」をのっけました。卵を崩しながら食べたらおいしかったので、結果良ければすべてよし。

Imgp4843

茹で鶏を作った時の汁でスープも作りました。簡単に本格的なスープができます。

あとは、柴漬けやキムチでごまかしました・・・

今朝、目が覚めると、亮一が自分用、プラス私のランチ用にお弁当を作っていました。いつも忙しくてランチはコーンフレークくらいしか食べる時間がない、とか愚痴っていたから、気を使ってご飯を作ってくれたのでしょう。

Imgp4847

ツナ入りの卵焼き、焼鮭、あとは柴漬けとザーサイですが、嬉しかったです・・・昼ごはんまで面倒をみてもらっている私って、なんなんだ!!!?人として・・・ 今日の夕飯に期待してくれ!亮一!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

おかゆでダイエット

連休中、ほぼ毎日亮一がおいしいごはんを作ってくれたのですが、どれもこれも高カロリー。ここらで少し低カロリー食にしないと、やばいです。昨日はおかゆのごはんでした。

Imgp4841

ニラ玉、豚肉とワカメの炒め物、ワカメスープ、冷奴、キュウリのザーサイ和え、などなど・・・ヘルシーにしてみました。

今日の「The Dirt」はミックのお言葉を。

"So I cut out the drinking. You can only stop when you want to stop." (p. 217)

(だから酒をやめたんだ。やめようと自分が思わない限り、やめられないもんさ。)

【出典】Mötley Crüe with Strauss, Neil. 2002. The Dirt - Confessions of the World's Most Notorious Rock Band. New York: HarperCollins Publishers.

「Dr. Feelgood 」の録音のためにカナダに移り住む前、しらふで作業するために、ミックがお酒を断つときの言葉です。

「only」という単語、名詞の前につけて「唯一の」という意味でしか普段使えないのですが:

例)I'm an only child.(私は一人っ子です。)

ミックの例のように動詞の前に「only」を置く用法がすっと使えると、流暢な感じになっていいですよね。

自分自身が決めないと、なかなか嗜好品ってやめられないですよね。意志の強いミックに乾杯。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

連休最後の豚肉ディナー!

豚肉って食べると元気になりますよね!昨日は亮一がステーキ用の豚肉をおいしく焼いてくれました。

Imgp4835

シンプルに塩コショウ味。おいしかったです。

熟したメロンが売っていたので、生ハムメロンにしました。

Imgp4837

これから暑くなると、こういう前菜がおいしくなります。

昨日はスーパーでワンコインワイン Beauvillon 買ってきました。

Imgp4839

連休最後の夜は豚肉で元気をゲットしました。そして食事の後、とんでもなくダークな映画「スリーパーズ」を見ました。ブラッド・ピットが若いころの映画です。いやああ、後味かなり悪い映画でした。心をずたずたにされました。いい映画ですが、怖くてもう二度と見ることができない。ケヴィン・ベーコンのあの「悪い顔」!!見ていて腹が立つほどでした。個人的にケヴィン・ベーコンが許せない。そう思わせるくらい、いい演技なんですよ。ケヴィン・ベーコンってこういういじわるな悪い役をやらせたら右にでる者ないですね。ここまで来ると、尊敬に値する。

私(圭子)の「The Dirt」の進み具合は・・・ かなり進みました。英語のいい表現を学べて一石二鳥!今回はニッキーのパートから。訳は私なりに訳させていただきました。

"Just a couple weeks after Brandi and I met, I had to move to Vancouver to record the Dr. Feelgood album, and the distance added more fuel to the illusion of being in love." (p. 222)

(ブランディと俺が出会ってすぐ数週間後だったんだけど、「Dr. Feelgood」のアルバムの録音をしにバンクーバーに行かないといけなかったんだ。で、この遠距離って環境が「恋に落ちている」っていう幻想をうまいこと煽ったんだよね。)

【出典】Mötley Crüe with Strauss, Neil. 2002. The Dirt - Confessions of the World's Most Notorious Rock Band. New York: HarperCollins Publishers.

ここの「fuel」の使い方を初めて知りました。「add fuel to」で「・・・を煽り立てる」という意味があるようです。fuel って「燃料」という意味でしか使ったことがなかったので、いい勉強になりました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

スンドゥブチゲディナー

今日はたくさん歩いて心地よく疲れました。夜は簡単に鍋にしました。

スンドゥブチゲです。

Imgp4829

豚肉とアサリを入れました。いいだしが出ましたよ。

Imgp4831

おいしかった~しめはおじやにしました。

デザートは柏餅。

Imgp4833

子供の日に乾杯。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片倉城趾公園にお弁当を持って行ってきました。

今日は子供の日。天気がよくてよかった!朝から(亮一が)お弁当を作ってピクニックに行ってきました。

JR 横浜線「片倉」駅からすぐの、片倉城趾公園です。

Imgp4813

公園には、彫刻がたくさんありました。どれもこれもかっこいい彫刻で!特にこの「アテネの戦士」というタイトルの彫刻、しびれますよね!ヘビメタのCD のジャケット写真にいいんでないかい?なんか、Quiet Riot のアルバムのジャケットでこんな感じのなかったでしたっけ?「Metal Health」??

こちらは「ダンシングオールナイト」という彫刻。

Imgp4815

のりのり!激しく踊っています。

水車小屋もあったりして、風情があります。

Imgp4817

いい天気なので、散歩できてよかったです。

ツツジもきれいでした。

Imgp4819

空の青さ、素晴らしい!

藤の大きな木がありました。

Imgp4827

自然の美しさ!

お弁当って外で食べるとおいしいですね。

Imgp4821

卵焼き、たこウィンナー、ピーマン炒め、ベーコン炒めに、鮭・たらこおにぎりです。から揚げは駅前のお惣菜屋さんで買っちゃいました!

久し振りの外出に、うちのマキちゃんも大喜び。

Imgp4825

「天気もいいし、お弁当日和ね!」

そうそう、今日は子供の日なので、菖蒲湯をエンジョイした日でした。

Imgp4811

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

鶏肉料理史上最高の味!

今日は勉強、仕事、リラックス、のすべてを満喫した日でした。料理は全て亮一が担当しました。ありがとう!

昼は和風パスタです。

Imgp4801


冷蔵庫にあった野菜を中心に。ツナも入れて、おいしく作ってくれました。

夜は、「永順のしあわせごはん」にインスパイアされた亮一がおいしく鶏料理を作りました。この本、集英社から出ている本で、結構昔の本なのですが、そぼくな料理がたくさん載っていて、結構うちでは参考にさせてもらっています。

「鶏とこんがり焼きマスタード風味」という料理、レシピにほぼ忠実に亮一が再現しました。

Imgp4803

見た目も本の写真とそっくり。マスタードが鶏肉ととても合って、びっくりするほどおいしかったです。白ワインに合いました。亮一は本を見ながら料理するときは、結構忠実にまねっこするタイプなんですよ。この鶏料理、私(圭子)が今まで食べた全ての鶏料理の中で、ナンバー1の味でした。粒マスタードと鶏がものすごくよいマリアージュで!!まいったぜ!

これも永順さんの本の中にあった「炒めトマトサラダ」を亮一なりにアレンジした料理です。

Imgp4805

玉ねぎとトマトを炒めた料理です。亮一はアボカドをプラスして作りました。これまたワインに合う!

先日買ったイベリコ豚のパテをクラッカーにのせました。一枚一枚食べながら塗るにはおなかが空き過ぎだったので、あらかじめクラッカーにのっけておきました。

Imgp4809_5

こういうのがあると、お酒が進んでしまうんですよね・・・

今日もSANTIAGO で乾杯。

Imgp4807

本日5月4日はモトリー・クルーのギター、ミック・マーズの誕生日です。Happy birthday to Mick Mars! 「Dr. Feelgood」のイントロのギターの音って、車のエンジンの音みたいですよね。ミック、背中をいたわりつつ、どうかこれからも長くエンジンみたいなcool な音で弾き続けてくれ!!

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚しゃぶディナー

昨日はアジア隣国に住むカナダ人の旧友と久々に再会して、亮一と三人でご飯を食べてきました。ここんとこ英語を話す機会がほぼゼロだったのに、なんとなく英語がスムーズに話せた(と、思う)のは、最近ずっとニッキーのインタビュー映像をYoutube で見まくっていて、リスニング力がアップしていたからかも。

あと、私の英語勉強法として、「妄想会話」というのがあります。英語でひたすら話しまくるのです、一人で。方法は、まずシチュエーションを設定します。(例①:「ニッキーと偶然道で会って、『あの、もしかしてシックスさんですか?ていうか、ニッキーって呼んでもいいですか?わああ、びっくりした。私、ファンなんです。』みたいな会話をする。」、例②:「ニッキーの本サイン会に本屋に行き、自分の番になったときに、どれだけ『ヘロイン日記』が自分に勇気を与えてくれたか、などを端的に語る。」、例③:「バーでいい感じになった人に、自分は今までいろいろと人生経験はあるけど、今この瞬間がもしかしたら一番幸せな瞬間かもしれない、あなたとこんなに楽しい時間がすごせて、みたいなことを語る。」などなど。)妄想なので、どんなに支離滅裂なシチュエーションでも構わないわけです。で、そのシチュエーションに応じて心に浮かぶいろんな心境を「日本語を介さずに英語でspontaneousに(ここが大事)話す」、というものです。まず日本語で考えて、それを英訳するのではなく、思ったとたんに話すのです。何度もやってみましたが、「話し相手」のセリフと「自分」のセリフを一人二役するのは、流れがスムーズにいかないので、開発した方法は、「相手のセリフ」は頭の中でぼんやり考えるだけで、話すのは「自分の応答」の部分だけにしました。そうすると、傍から聞いている人からは「あれ??」と思われるかもしれませんが、一人でぶつぶつ「空想の相手」と話している人、みたいな構図になります。

この「一人妄想会話」はもうすでに10年くらい毎日やっています。ほぼ毎日です。1990年代、イギリスに2年留学していたのですが、帰国後5年くらいは英語を頻繁に使う仕事をしていて、同僚にも外国人がいる環境でした。しかし、しばらくして英語を日常使わない環境に身を置くようになり、危機感を感じたあたりから開発した方法なのです。周りに英語圏の人がいないなら、自分の妄想で英語圏の人と日々会話するしかない、と思ったのです。

もちろん、相手がいないので、あくまでも自分の妄想通りに会話は進行するので、実際の会話のように「相手が言っている英語が即座に理解できない。」とか「難しいことを聞かれて、返答するのに苦労する。」ということは発生しづらいです。「甘い環境」での会話になります。それでも、なにもしないよりはずっといいと思います。今回も、カナダの友人と話していて、文章の構造が難しい文だったりすると、何度も「ごめん、言っている意味が分からないんだけど。」と聞き直してしまいました。実際の会話では聞き返しや確認などが不可欠ですよね。そんな瞬間もありましたが、妄想会話で鍛えていたので、会話を楽しむことができたと思います。

英語を話すとき、日本語を話すときとは違う舌の動きをしたり、口の周りの筋肉も結構使ったりするので、慣れていないと大変です。普段からスポーツ選手がトレーニングするように、妄想会話で口周りを鍛えておくと、いざと言うときに楽ですよ。あと、妄想会話のときでも、手を動かしながらアクティブに話します。臨場感を出しながら話すことにより、実際の「対人間」のときの会話のときにも実力を発揮することができます。

私たちが大好きなリンツのチョコをお土産に買ってきてくれました。うれしい!

Imgp4795

大事に少しずつ楽しみます!友人の来日中いい天気が続いてよかったです。

昼におなか一杯ピザ、パスタを食べたので、夜は軽く豚しゃぶにしました。

Imgp4793

「軽く」と言っても、しめはラーメンでしたが・・・

今朝は鮭定食。

こんにゃくのきんぴらを亮一が作りました。

Imgp4799

唐辛子で刺激的。

Imgp4797

納豆でパワーをつけました。

昨日は映画「ラム・ダイアリー」を見たのですが・・・あっさりとした映画です。だらだらと話が動いていく、というか・・・ 盛り上がりにかける、というか・・・ 特殊メイクがない、普通に美しいジョニー・デップを見ることができる久しぶりの映画なので、その点はいいのですが、なんかあっさりとし過ぎていて、見終わったときに不完全燃焼でした。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

衝撃の過去が!!

今日はSANTIAGO のロゼで乾杯でした。

Imgp4791

オクラの肉巻き、ゆでジャガイモのたらこ和え、春菊と牛肉の炒め物などなどで簡単にすませました。

今日のブログでガンズのことを書いていた記事を読んだ亮一が、「あ、ガンズ・アンド・ローゼズ、知ってる~」と。ええええ!!?亮一ははっきり言って、TOTO(懐かしい・・・)とかクリストファー・クロス(懐かしい・・・)を聞いていて、基本的にはメタルとかを経験しなかった世代。一番好きなのはピンクレディー、という、圭子にとっては謎のおっさんです。LA メタルに関しては、最近私が必死でモトリー・クルーを無理やり聞かせていて、今後どうやって指導していくべきか考えていたときに、青天の霹靂です。「なんで知ってんの!?」と問いただすと、1990年代に働いていた会社で、同僚(年下の女性)がガンズのファンで、亮一が当時、ロサンゼルスに出張する予定があり、「ガンズの新作をアメリカで買ってきてくれ。」と言われ、現地レコード屋で「Use Your Illusion II」を買ってきたそうです、亮一の記憶では。(「Use Your Illusion I」の方の記憶はないとのこと。)先ほどwikipedia でガンズのアルバムのカバーの画像を見て「そうそう、この青いやつ!覚えてる!」と言ってました。タワーレコード的なレコード屋で、山積みなので、あまり詳しくない亮一もすぐに見つけることができたそうです。青いジャケットが印象的だったと言ってました。

あまり知らなかったのですが、80年代前半から90年代にかけ、仕事でロサンゼルスに6回くらいは行った、とのこと。じぇじぇじぇ!!一番いい時期ですやん!街中でニッキーとかトミーとかとすれ違っていたかも!亮一、わかってるか!?君はすごい時代にLA に行っていたんだぞ!

これをきっかけに、今後はガンズも一緒に聞いていこうと思います。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

最近のごはんたちです。

最近のごはんを一気に紹介します。

ランチに納豆チャーハン作りました。

Imgp4783

豚バラ、人参、長ネギ、納豆で作りました。中濃ソースで味付けしてみました。おいしくできました~

夜は出張から戻った亮一とひさしぶり(と言っても一泊ですが・・・)に会いましたが、なんやかんや忙しく、メインは困ったときのひき肉オムレツ(卵は二つしか使わないので、完全に肉を覆えない・・・)です。

Imgp4787

ズッキーニ、玉ねぎ、ひき肉を炒めて、卵でくるみます(くるめていないが。)。ひき肉と玉ねぎの名コンビを卵という親分が優しくつつみこむ。そんなイメージです。若いヴィンスとトミーがどたばたしているのを暖かく見守るミック・マーズ、という感じですね。個性派のズッキーニはニッキー・シックス。

Imgp4785

時間がないときは、味噌汁に大量の野菜をぶち込み、栄養のバランスを取るのが工夫です。昨日は白菜をむちゃくちゃたくさん入れました。火を通すと「かさ」が減りますよね。

そして、昨日の味噌汁の残りは今朝の圭子のナポリタン朝ごはんのおかずとして君臨するのです。

Imgp4789

朝からカロリーたっぷりのごはんですが、食後落ち着いてから「Welcome to the Jungle」聞きながらエアロバイクをたっぷり漕ぎました。今日はGuns N' Roses な気分だったので。この曲のスピードに合わせて漕ぐとむちゃくちゃ気持ちいいです。ヴィンスの声も大好きですが、アクセルの声って、やっぱ、唯一無二って感じだな。独特。「人間の声」というより、「動物の叫び」みたいで、ときどき、どこから声出してんだろう、ってユニークな発声をします。ヴィンスが七味唐辛子なら、アクセルは柚子胡椒。どっちも刺激的で、どっちも好き。アクセル・ローズって歌うときに、文字で書くのは難しいのですが、独特な動きをしながら歌いますよね。左右に体を振りつつ足で独特なステップを踏んで。そんでもって長い髪におでこのあたりでバンダナ結んで・・・ああ、1980年代、いい時代だった・・・ モトリー・クルーがガンズをサポートに迎え87年にアメリカをツアーしていたこと、そしてニッキーとスラッシュの当時の仲良しな関係が「ヘロイン日記」に書かれていますが、モトリー・クルーとガンズを一緒に見ることができるって、すごいことだ・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

「月光の囁き」、そして「宇宙人ポール」-その他大勢なんて、どうでもいい、好きに生きればそれでいい-

「月光の囁き」。普通の恋愛映画ではない。主人公の高校生「拓也」と「紗月」は、剣道部に所属する仲良しだが、拓也は紗月の何もかも(ロッカーに置いてある体育のブルマーや、足についた泥さえ)を愛し、紗月は過酷な「拷問」を拓也に課す。何を命令しても、決して拒否はしない拓也。その究極な愛を、困惑しながらも、ある瞬間からは受け入れる紗月。

本作を安易に「SM 映画」とカテゴライズする人もいるだろう。私は「恋愛映画」だと思う、それも、非常によくできた、品質の高い恋愛映画だ。

主演の水橋研二。なんか見たことあるな、と思っていたら、この間までやっていた「純と愛」で、「里や」に泊まっていた客だ。この人、この映画で神がかりな演技を見せている。こういう役を演じてしまうと、その後の人生「普通」ではいられなくなりそうだ。大人になった彼の演技をもっと見たい。

スピッツの「運命の人」ほどこの映画のエンディングにぴったりの曲はない。運命のチョイスだ。気持ち良い曲と、気持よい二人の若者に、まるで高校生に戻ったような気分になる。ああ、こんなきれいな映画、ない。

人間は、この映画を見て、さわやかな気分になる人種と、この映画を見て、不快感を得る人種の2種類に分かれるだろう。私は前者だ。そしてそのことが原因で「変態」と呼ばれるのなら、喜んで呼ばれたい。変態で結構。「おしっこを飲め」と言ったらちゃんと飲んでくれるような人と、私は恋愛をしたい。「その他大勢」の人が後ろ指を指すなら、それはそれで、構わない。

「宇宙人ポール」。イギリスからはるばるサンディエゴのコミコンにやってきた二人の男。二人はいわゆる「オタク」だ。グレアムはイラストを、そしてクライブはストーリーを書く。あこがれのアメリカに来て興奮気味の「弥次喜多珍道中」的なRVの旅が始まる。

途中から二人のRVには、偶然出会った宇宙人ポールと、狂信的なキリスト教信者ルース(「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のクリスティン・ウィグ、最高。)が乗り込む。

ポールに関しては、最初はそんなにかわいく見えないのだが、人柄(「人」ではないが。)を知るにつれ、なかなかかわいく見えてくるのが不思議だ。声はセス・ローゲン。これがこの映画を大成功に導いている。「TED」のときもそうだったが、セス・マクファーレンの「声」がキャラクターに命を吹き込んでいたのと同様、今回もセス・ローゲンが北米(卑語、マービン・ゲイ、マリファナなど)をぷんぷんさせることで、いわゆる「宇宙人」のイメージからどんどん離れ、意外性を表し、映画を大成功させているのだ。そして、典型的な宇宙人イメージから離れて独自性を出すだけでなく、旅するイギリス人インアメリカ、の構図も、独特なアクセントになっていて、目新しさを表している。(クライブが、RV の外でバーベキューをしているとき、RV から出てきたポールに対し「Hello.」と話しかけるのを私は見逃さなかった。出会ってしばらくたっているのに、「Hello.」だ。決して「ハーイ!」ではない。)

乳首が三つあるキャラクターが出てくる小説を書く?あんたおかしいんじゃない?そんな声なんて気にしないでいい。UFO オタク?ダサい!そんな声も気にしなくていい。「大事な仲間には宇宙人もいます。」、って、どういうこと?普通じゃないよね?そんな声も無視しよう。その他大勢なんて、どうでもいい。好きなことを、好きなように、好きな人と一緒にしたらよい。自分の心の声を聞き、正直に生きれば、どんな環境でも、住みやすい「宇宙」になる。そんな壮大な世界観すら見る者に与える「宇宙人ポール」に乾杯。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »