« 週末のゆっくりディナー | トップページ | 急に暑い! »

2013年5月14日 (火)

TOEIC リスニング 「Part 3」の練習に、こんなんいかが?

もうだいぶTOEICを 受けていません。近いうちに受けないと・・・ 

最近狂ったように聞いているアメリカのラジオ番組の「Sixx Sense」のHPからのPodcast なのですが、「これって『Part 3』の練習にいいのでは?」と思うようになったんです。

このラジオ番組はモトリー・クルーのベースのニッキー・シックスがホストをしている番組で、アメリカで放送されているので日本では聞くことはできません。しかし、番組HP で、過去に放送したインタビューやらトークの一部をPodcast で聞くことができます。

私は単純にニッキー狂なので、趣味で日々聞いているのですが、聞けば聞くほど、language acquision のためにも有効に使えるのではないか??と思うようになってきたのです。

「Sixx Sense」のHPから「Media」に飛ぶと:

http://www.sixxsense.com/cc-common/podcast.html

過去のトークやインタビューのリストを見ることができます。インタビューはニッキーがインタビューしたアーティストの名前を見ることができますので、「誰のインタビューか」は明確にわかります。トークに関しては、短めのタイトルが表示されているので、実際に聞く前に「schema building」をすることができます。リスニングの練習の際は、「これって何のトピックか?」ということを理解してから聞くのと、全く何も前情報がない状態で聞くのでは困難さに差がでますよね。今から聞くのは「どんなトピックか」ということを前もって知っておき、「ああ、そういうトピックなら、こんな単語きっと出てくるだろうな。」と心の準備をしておいてからリスニングの問題を聞いた方が効果的に学ぶことができます。なので、このHPの「Podcast」のところのタイトルを見て、頭で少しそのトピックについて想像してから聞き始めると効果的だと思います。

TOEICのリスニングPart 3では、二人の人の会話を聞く、という問題が出ます。この「Sixx Sense」では、ニッキーと、女性DJ ケリー・ケイサム(ケイシー・ケイサムの娘さんです!)、および時々この番組のライターであるKyle Chrise が会話に入ってきたりしますので、時々「三人の会話」になりますが、あるトピックについて複数の人が短時間(Podcast ではだいたい2分半くらいのひとまとまりの会話を聞くことができます。)話しているのを聞いて、「結局どういうオチなんだ?」ということを聞き取る訓練になります。

TOEIC の問題では「ねえ、マイク、会議室ってもう予約しといてくれた?明日ニュージャージー支部のメンバー5人が午前来ることになっているよね?」「もちろん部屋はおさえてありますよ。」「ありがと。ミーティングの後のランチのこと、すっかり忘れてたわ。どこか今から予約できるレストランあるかしら。」「あ、その件ですが、近所のカフェでサンドイッチランチのデリバリーの手配しておきました。」(注:私の作ったフィクションです。)みたいなビジネスの場での会話が多いですが、「Sixx Sense」のPodcasts に入っているトークは、かなり高い割合で、下ネタです。でも、2分くらいのまとまった話を聞いて、「大まかな話の流れ」「細かい内容」を何度か繰り返し聞く訓練をすると、TOEIC の練習テキストについているCD のリスニングなんて「屁」くらいに楽になります。これ、絶対。

ちなみに、ニッキーはL.A.生活長い人です。ケリーはL.A. 生まれ。Kyle Chrise もペンシルバニア生まれですが現在L.A. 在住。なので、(私はあまり知識はありませんが)全員L.A.アクセントの英語で話していると思われます。アメリカ英語がずっと聞きとりづらいと思っていた私も、「Sixx Sense」を毎日濃く聞くことにより、「and」の「エアーンド」って発音に慣れました。L.A. 最高。ていうか、この番組、日本でも放送してくれないかえ??面白過ぎます。下ネタでも何の躊躇もなく話し込むケリー・ケイサムに乾杯。

圭子

|

« 週末のゆっくりディナー | トップページ | 急に暑い! »

Study Skills 「勉強道」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC リスニング 「Part 3」の練習に、こんなんいかが?:

« 週末のゆっくりディナー | トップページ | 急に暑い! »