« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

ルーへ。

ルー・リードが死んでしまった。自分が生きている間に、ルー・リードの死を経験するとは思わなかった。馬鹿な考えなのはわかっている。二回りも年上のルーが私より長生きするはずは、まずないことはわかっていた。それでも、私の中ではルー・リードは不老不死で生きると信じていた。顔に刻まれた皺がむちゃくちゃ深くても、肝臓を移植しようとも、ルー・リードが死ぬわけはないと勝手に信じていた。

高校生のときに、自分が生まれたころにリリースされたVelvet Underground を初めて聞いた。暗くて、きれいな歌を歌う人に、私は勇気づけられた。「まとも」な人間であることを強要するかのような世界に押しつぶされそうなとき、「まともなんて、くそくらえ。」と言って肩をぽんっと叩かれたような気がした。どれだけ息をしやすくなったか。

Velvet Underground を聞き、マルキ・ド・サドを読み、「まとも」じゃなくても生きていける勇気をもらった10代のころ。あのころ、ルー・リードの詩や、世の中のダークな世界できらきら光る宝のような小説、音楽に囲まれていたから、こんな年になるまで生きてこれた。こう思っている人は多いと思う。好きなアーティストが亡くなって、こんなに、何も手につかなくなるなんて、自分でも信じられない。ルーは「好きなアーティスト」なんて言葉では表せない。同じ病気を経験した友達、とでも言うか・・・ 曲を聞いていると、そして詩を読んでいると、勝手なことを言わせてもらうと、「友達」としか思えないのだ。

世界のルーに対するtweetを見ていると、みんな同じだ。みんな困っている。どうしたもんかな、と困っている。「友達」の死をどう受け取っていいかわからないで、困っている。

アルバム「New York」が出た後の来日公演に行くことができた。1990年か・・・ こんなに歴史のあるアーティストなのに、昔の曲はほとんどやらず、がんがんアルバム「New York」からの曲をプレイしていた。その時「ああ、ルー・リードは、『現役』なんだ。」と強く思った。昔のヒット曲をたくさん演奏した方が客も湧くし、本人も気持ちよくなると思う。なのに、最新作を中心にプレイする。闘っているんだな、この人は、と。大昔に見たライブなので、細かいことは覚えていない。ただ、みんなが喜ぶ「ワイルドサイド」はすごく終わりの方にやっとのことで演奏されたのだけは覚えている。昔の栄光に頼るアーティストなら、最初にこれをやるんだろうが・・・ ルーはおしまいの方に。そのとき私は20歳くらいだったと思うけれど、「やってくれるなあ。」と思った。将来おばさんになっても、絶対ちゃんとジーンズをかっこよく履いていたい、と思ったものだ。

Imgp6130


明日はHalloween だ。今、「New York」の「Halloween Parade」を聞いている。もうこれ以上、ルーは新しい曲を私たちに披露してくれない。でも、今までルーが生み出してくれたたくさんの作品を繰り返し聞いて、傷だらけの体を革ジャンで覆うように、自分を守るしかない。「まともなんて、くそくらえ。」と肩をぽんっとたたいてくれるルーのやさしい声に包まれて、平気な顔して生きていくしかない。

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「崖」は何だったんだ!!?

昨日はドラマ「ガラスの家」最終回。食事はミニマムに済ませ、テレビに集中できる環境を作りました。

メインはチキンフライ。鶏肉をおろし生姜、酒、しょうゆのたれにつけておき、衣をつけて揚げました。

Imgp6126

味がついているので、レモンだけかけていただきました。

具がたくさんの味噌汁。サツマイモの形に注目!

Imgp6128

サツマイモ自体がでこぼこだったので、輪切りにしたら、お花のよう!

さて、「ガラスの家」最終回ですが・・・ つっこみどころ満載。伝説になりますね。

①フランスの崖にばらばらに行ったジックンと黎さん。もしタイミングが悪くて会えなかったらどうなってたんだ!

②そもそも失業中のジックン。そして、最近高級感満点の花屋に就職したが、まだまだ新人の黎さん。フランスまですんなり飛んだけど、お金は大丈夫なんか!?

③急に選挙にめざめ、自分さえも立候補することを示唆する菊池桃子。常に前向きな菊池に乾杯。

④財務省にあっさりと辞表をだし、すぐにラブリン(愛之助)の秘書になり、失業期間ゼロをもくろむジックン。世の中そんなに甘くないぜ!

⑤ラブリンに無視され、行く先がなくなり、引きこもるジックン。一回の就職活動の失敗でそんなに落ち込まれたら、今の世の中の必死で仕事探している学生さんたちなどに笑われるで。落ち込みすぎ。肩、落としすぎのジックン。

⑥落ち込みつつも、部屋に塵ひとつ落ちていないジックンの家賃16万のマンション。整理整頓も行き届いているが、落ち込みながらもクイックルワイパーかけまくっていたことが示唆される映像。

⑦あんなに弱々しかった黎さんが、ジックンが弱くなると急に強くなる大展開。花屋に勤め、雑誌の取材も受け、安アパートの部屋にも無数の花瓶をそろえた黎さん。経済的自立をした女が強く蘇える姿をわかりやすく描いたこのドラマに乾杯。

⑧最終的に漁村で塾を開き、子供たちに勉強を教えるジックン。そんなジックンにどこかからつんできた野の花を持って応援する黎さん。なんで漁村やねん?そして、塾の名は「しおさい学習塾」。「潮騒のメモリー」へのオマージュか!?

⑨広い家に孤独にたたずむカズさん。夕日が目にしみる。よく考えたら、カズさん、かわいそう・・・

⑩最後まで「芥川賞作家」に見えなかった後藤に乾杯。

以上、笑いをありがとう。黎さん、幸せになれ!漁村で「美しき魔物」として目立ちすぎて漁師さんたちの家庭を壊さないように・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

困ったな・・・ RIP Lou Reed 再び。

気持ちが落ち込んできた・・・ 「Berlin」が、悲しく響く、この寒い部屋で。

Imgp6122

とてもダークな気持ちです・・・ 悲しいけれど、優しい、ルーの声。キャロラインが手首を切ったこの部屋で、「ああ、なんて気分なんだ。」とつぶやく、ルー。子供たちは泣き叫ぶ・・・ ああ、なんて気分なんだ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィンディナー

かぼちゃを使うと食卓がハロウィンっぽくなるかしらん?シチューにしてみました。

Imgp6115

冷凍のかぼちゃをシチューの中で煮ていたら、どんどん溶けてきて、最終的には全部溶けちゃいました!初めてかぼちゃシチューを作ったのですが、この状態で合っているのでしょうか??

昨日は朝の「あさイチ」っでレンコンが体によい、ということを特集していたので、早速レンコンを豚ばらで巻いて焼き、しょうゆで味付けしました。

Imgp6117

本当は全部豚ばらで巻いていたのですが、半数のレンコンは巻いている豚ばらがはがれてしまいました・・・ 調理中はがれた豚ばらは、圭子がつまみ食いしております。

Imgp6113

ワインですが、なぜかいくら丼。そして、かぼちゃシチュー。組み合わせがいまいち。でも、このスーパーワインで勘弁して!

Imgp6120

な、なんと近所のスーパーで398円でした。スペインワイン「バロン ロメロ」。軽い味なので、普段のご飯にちょうど良い!

今日はLou Reed の「Berlin」聞いて過ごしました。このアルバムは、「物語」なのです。悲しい物語なので、最後まで聞きとおすと、ものすごく落ち込みます。でもあまりにも美しいアルバムなので、また最初に戻って聞いてしまうのです。Lou Reedが亡くなって、今きっと、世界中で「Berlin」を聞いて、泣きそうになり、悲しくなり、そして、ルーのつぶやくような声に癒され、また泣きそうになっている人がいるんだと思います。

初めて聞いたヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲は「White Light/White Heat」でした。高校生のとき、ラジオでかかっていた。当時は「カセットテープ」の時代です。好きなラジオの洋楽番組は聞きながら録音テープを回していました。この曲も録音したテープを何度も狂ったように聞きました。高校時代ラジオから流れてきて出会った曲のいくつかには、その後の人生を変えるほどの影響を与えられたものもあります。「White Light/White Heat」もそうでしたし、プリンス・アンド・ザ・レヴォリューションの「1999」もそう。ロバート・ワイアットの「ビコ」もそう。天井と壁と床がどんどん自分に迫ってきて、押しつぶされるような気分になっても、それらの曲を聞くと、月並みな表現ですが、世界が広くなるような気持ちになり、一円もお金を払わなくても、贅沢な気分になり、何も恐れるものはない、というおおらかな気持ちになることも、その時に知りました。音楽の精神に対する影響力の凄さを、若い時分に教えてくれた人々の一人、Lou Reed。ありがとう、ルー。できれば私も、ワイルドな側を歩く人間でいつづけるよ。

Lou Reed のない世界は、月のない夜のようです。昼間は気づかないけれど、夜になり、その喪失に恐れおののく。月のない夜のような世界を、今後私たちは生きないとならない。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

表参道!

先週末、浮世絵を見に「太田記念美術館」に行ってきました。

Imgp6083

You will enjoy the great selection of ukiyoe art at Ota Memorial Museum of Art in Omotesando.

今、歌川国芳などのコミカルな作品中心の展示になっています。日本のMANGA って世界的に大流行ですが、国芳の絵を見ていると、「こういう絵も、絶対世界に受けるはず!!」と思いました。外国のお客さんもたくさんいました。

絵の中で、特に面白かったのが歌川広景の「青物魚軍勢大合戦之図」なのです。海の幸と野菜たちが闘っている絵で、それはそれは細かい。ソラマメには「空豆之進」なんて名前が書いてあるし・・・ 蛸はなにやら光線のようなものを出しているし。SF のようです。江戸時代、Coolです!

表参道から渋谷まで歩きました。途中、こどもの城で岡本太郎の像見てきました。

Imgp6087

夕暮れ時に、異彩を放つ、太郎の像。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のご飯です!

先日旭川の亮一のお母さんより、恒例の海の幸in Hokkaido が送られてきました。いつもありがたい・・・ 今回はいくらのしょうゆ漬けが入っていました!

Imgp6093

いくらと鮭の親子丼です。

Imgp6095

ありがたや・・・

ところで皆さん、香川県って「骨付き鶏」が名物だってご存知でしたか?先日香川に出張だった亮一がお土産に鶏(真空パックに入った状態)と鶏油を買ってきたのです。早速キャベツと一緒に焼きました。

Imgp6075

旨い。本当に旨い。

この日はナスのひき肉炒めも作ったのですが、ナスがとんでもない状態でした。

Imgp6073

あんた、誰?

できあがりはこんな感じです。

Imgp6077

オイスターソース味です。

Imgp6079

とにかく香川の鶏、皆さまもぜひ体験してみてください。

この日の朝は・・・

Imgp6081

おかゆとおでん。すっかり肌寒くなりましたね・・・

そしてこの日の朝は納豆がメインでした。

Imgp6089

二人分の納豆を一つのお椀に入れ、「ごちそうさん」スタイルでいただきました。

そしてこの日はタジンでディナーの日でした。

Imgp6103

キャベツ、もやし、豚ばら、トマト、にんにく、を塩コショウと酒少々で蒸しました。トマトがいい味だしてます。横のたれは、豆板醤、ごま油、醤油少々を混ぜたもの。

Imgp6105

大根を塩もみして、パプリカパウダー、いくらのしょうゆ漬け、オリーブオイルでサラダにしました。

これは亮一の一品。

Imgp6107

なんか写真ではよくわかりませんが、玉ねぎ、豚ばら、エリンギ、薄くスライスしたジャガイモをにんにくとアンチョビで味付けした炒め物です。むっちゃおいしかったです。ちょこっと仕上げに牡蠣しょうゆで味付けしております。

Imgp6109


この日もSANTIAGO で乾杯。

さて、今朝は、旭川から送ってきた新鮮なたらこ(紅葉子!)で亮一がおにぎり(自分用、プラス圭子のランチ用)を作ってくれました。

Imgp6111

真っ白ですが、塩握りではなく、たらこのおにぎりです!今日の「ごちそうさん」では西門さんのおにぎり弁当はなかったですが、代わりに私がおにぎりランチをして、おにぎりの地球上の±はゼロ、ということで。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIP Lou Reed

Lou Reed

March 2, 1942 - October 27, 2013

私の人生を変えてくれるような曲をたくさん作ってくれて、ありがとうございました。

Dscn0876

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

Washoku, or Japanese cuisine is wonderful!

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されそうです!イェイ!

そんな中、亮一がコンビニでとんでもないもの、買ってきてくれました。

Imgp6054

Look at this amazingly realistic Kanikama (SURIMI)!

Imgp6060

It is just simply amazing! Looks exactly like crab meat and tastes better than real crab meat! In addition, it's got cheese inside. It also has the mustard flavour. Just like heaven... You can get this SURIMI with cheese inside at FamilyMart (a convenience store franchise chain) in Japan now!

このカニカマ、世界に通用します!

昨日はこのカニカマとともに、こんなディナーを映画「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」を見ながらいただきました。ジャン・レノを見ていると、常に「ドラえもん」を同時に思い浮かべてしまう・・・ CMの影響です。

Imgp6058

茹でジャガイモをローズマリーと一緒に炒めました。芋とローズマリー、合うんですよね!

Imgp6056

カルビ肉で簡単にミラネーゼ。レモンをたっぷりかけていただきました。

圭子のコトレッタ・アッラ・ミラネーゼの思い出。大学時代、卒論のリサーチのために一か月ほどイタリアの数か所で暮らしてました。たしか、フィレンツェ→パドヴァ→ローマと移動したのですが、パドヴァに住んでいる時は安いpensioneに泊まり込み、夜は宿泊先の部屋でリサーチの書類をまとめ、昼はイタリア学生にアンケート調査などして動き回り、の繰り返しで、自由時間はほとんどなく、ご飯もpensione の一階にある食堂で済ませる、という日々でした。あまりメニューをいろいろ選んでいる余裕もなく、毎日ほとんどサラダ、パスタ、コトレッタ・アッラ・ミラネーゼの定食セットみたいなものを頼んでいました。しかし・・・ 毎日食べても全く飽きなかったのです!お皿いっぱいにどかんとのっているのにも関わらず、塩コショウ、レモンでさっぱりとペロッと食べてました。

一か月の途中は泣きそうになるくらい、しんどくて、風邪をひいて熱が出たりして、自由時間もなくつねに走り回り、大学4年の秋に一体私は何やってんだ、と時々茫然としながら、それでもなんとかリサーチをこなし、帰国前に、やっと自由時間ができて、仲良くなったローマ人の女の子に教会に連れて行ってもらい、そこでカラヴァッジョの絵を見ていて、いろいろあった旅だけど、やっぱ、来てよかった、とつくづく思った、という思い出があります。イタリアは、何回も行きましたが、滞在している最中はストレスが結構たまり、いやな思いもするのに、帰る直前になるとその不便ささえも愛おしくなり、帰国後はずっと「イタリア最高!」と思ってしまう不思議な国です。「わがままな恋人」、みたいな国ですね。

あと、パドヴァではパドヴァ大学の学生さんたちにアンケートにこたえてもらったのですが、教室で「自分はこんな研究をしている。みなさんに協力してもらえるとありがたい。」みたいな簡単な自己紹介とプレゼンのようなことをする機会があり、アンケート回収の後、「In bocca al lupo!」と言ってくれた生徒がいて、これも、うれしく思った瞬間でした。パドヴァの時期は体調を崩していて、できれば部屋で寝ていたい・・・ と思う日もあったのですが、アンケート調査の段取りなど、日本での担当教官の先生にいろいろ根回ししてもらっている中、私がサボったら元も子もないので、這うようにして大学に行った日でした。「In bocca al lupo!」というのは、文字通りには「狼の口の中に!」という意味で、「がんばれ!」という励ましの表現です。つらかった一か月でしたが、あの時ほど現地の人と触れ合うことができた旅をしたことがありません。いつか通訳ガイドになった暁には、恩返しのつもりで、日本に来た外国の方に役に立つようなガイドになりたいものです・・・

フィレンツェで泊まっていたpensione の部屋の壁の絵の写真が見つかりました。ダヴィンチでしょうか?

Imgp6071

22nd October in 1990 @Firenze

Imgp6052

出張から帰ってきた亮一と乾杯。

香川に仕事で行っていた亮一が、「なめたけ」を買ってきてくれました。

Imgp6062

なんと・・・

Imgp6064

松茸入り!

ご飯にのっけて今朝早速いただきました。

Imgp6066

天国!

しかし、雨の中スーパーに行ったら、またやってしまいました。

Imgp6069

二度目の「666」("The Number of the Beast!" by Iron Maiden)です。天国から、地獄へ!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

禁断のサッポロ一番ディナー!

昨日は亮一が出張で留守だったので、夜はラーメン!ジャンクな晩御飯でした。

Imgp6048

よく見てみて!スープが赤いですよね?これはサッポロ一番の「みそ」なのですが、分量の水を少し減らし、減らした分トマトジュースで補って作ったんです。ミネストローネみたいなおいしいスープになりました。しあげにオリーブオイル少し垂らしていただきましたよ。トマトのうまみで味が濃くなるので、スープの粉はちょっと残し気味で作りました。塩分控えめにもなるし、グッドな食べ方ではなかろうか?

朝晩はめっきり寒くなりました。最近は一人のときは「朝一人鍋」にはまっています。

Imgp6044

この日は冷蔵庫の残り物で一人鍋。レタスの残りまで入れちゃいました。つけだれに豆板醤をちょっと混ぜたりして、ピリ辛な味付けでいただきました。

この日の晩は、亮一が出発する前の日ですね。二人で安ワイン「Tatiara」で乾杯。

Imgp6042

この「Tatiara」(赤)が、うまいのなんのって。オーストラリアのワインです。

今朝は豆腐のあんかけ汁で朝ごはん。

Imgp6050

寒いので片栗粉でとろみをつける料理がうれしい・・・ このあんかけ汁には生姜のすりおろしをたくさん入れました。

ああ、昨日の「リーガルハイ」面白かった!堺雅人が半沢の時とは別人です。のりにのっている、堺雅人が。

そうそう、今週の「ガラスの家」ですが、な、なんと、大の黎さんファンの圭子と亮一なのに、日常会話をいそしんでいたら、見忘れていた!!10時32分ごろ、「話もひと段落ついたので、テレビでも見るか。」とスイッチを入れたら、黎さんが花屋にいた!!(つけたときのチャンネルがNHK であったことを不幸中の幸いとしよう・・・) 「じぇじぇじぇ!今日『黎さんの日』じゃん!?何私ら会話してんだよ!話してる場合じゃねえよ!」と興奮して残り10分ほど見ました。なんとしたことか!来週は最終回、という非常に大事なときに、私たちは「昼何食べた?」みたいな会話をえんえんとしてたのです・・・

で、黎さんの回想シーンで、昔カズさんの屋敷にみんなで住んでいたころの場面がありましたが、そこで、素晴らしい生け花(裕福なので、当時の黎さんはしょっちゅう花屋で大量の花を買い、生けていました。)の映像がアップになったのです。その花の生け方は、「Elle Decor」やらに出てきそうな、フランス風のスタイルで、ガラスの花瓶の水の中に小さい青りんごがたくさん入っていて、そこにきれいな花をたくさん生けていました。

「まあ、こんな、家のテーブルに飾るような花の中にリンゴとか埋め込んでさ、そりゃあ、金持ちはええわな。」とコメントしていた私に亮一が、「え?今の『梅』じゃない?」と。

梅じゃないから!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

緊急キャスティング会議~日本版『アンナ・カレーニナ』である『雁屋杏奈(かりやあんな)』を考えてみました!~

昨日の晩、寝る前に、急に「アンナ・カレーニナ」のキャスティングについて亮一と緊急会議を開きました。先日見たキーラ・ナイトレイ版がすごくよかったので、「もし日本でリメイクするなら、どうする?」という議題で、夜中盛り上がりました。

色々検討した結果・・・

タイトルは「雁屋杏奈~情念の女、鹿鳴館に散る~」に決まりました。明治の鹿鳴館が華やかだったころの華族社会を舞台に、ということに落ち着きました。

では練りに練ったキャスティングを!

  • アンナ・カレーニナ→ 雁屋杏奈(主人公、退助の若き嫁) --- 尾野真千子
  • アレクセイ・カレーニン→ 雁屋退助(政治家、熟年、真面目) --- 坂東三津五郎(10代目)
  • ヴロンスキー伯爵→ 柳原礼次郎(伯爵、将校) --- 玉山鉄二
  • アンナの兄 オブロンスキー→ 山内万吉 --- 佐々木蔵之介
  • オブロンスキーの嫁→ 山内イワ --- 永作博美
  • レヴィン→ 近藤寿太郎 --- 中尾明慶/柄本祐 (スケジュールによって、どちらか可能な方)
  • キティ→ 西園寺ミネ --- 忽那汐里/佐々木希(スケジュールによって、どちらか可能な方)
  • ベッツィ皇女→ 竹田宮桜子 --- 真木よう子
  • ヴロンスキーの母→ 柳原聡子(礼次郎の母、伯爵夫人) --- 樋口可南子
  • リディア→ 稲葉時子(退助の友人、伯爵夫人) --- 高畑淳子

※玉鉄に関しては、「八重の桜」でかなり軍服が似合っていたので決めました。

※佐々木蔵之介と永作ちゃんの夫婦のシーンはコミカルに演じていただきます。

※今回のキャスティングの条件は「杏奈役は『乳』も出してもらう。礼次郎役は『尻』も出してもらう」ということになります。キーラ・ナイトレイとアーロン・ジョンソンのような「イメージ風景」みたいなのでは、ありません。

※レヴィン役の俳優さんには、農場の若地主っぽい役がきちんとこなせそうなキャスティングにしてみました、が、中尾氏は今子育て真っ最中だし、柄本氏も引っ張りだこなので、どちらか撮影のスケジュールに合う方で、ということで。

※尾野さんは、「夫婦善哉」で色っぽかったので、決まり! 

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

「アンナ・カレーニナ」-役の幅を広げたジュード・ロウに乾杯!Viva 寝取られ夫-

あまりに面白かったので、今、トルストイの原作を読んでいる。面白すぎる、「アンナ・カレーニナ」。1873年頃の作品だ。100年以上の前の話だが、生き生きとしたアンナの生き方には参った。魅力的すぎる。

この作品は何度も映画化されている。今回は2012年のキーラ・ナイトレイ主演版だ。彼女が貴族社会の中、周りの目にさらされ、噂話の話題になり、窮屈に生きる世界は、舞台のセットの中で描かれ、対照的にレヴィン(私が今読んでいる新潮文庫の木村浩訳版では「リョーヴィン」だ。)が自然と共におおらかに地味ながらも幸せに暮らす世界はロケーションの中で撮影されている。この対比が、登場人物の心理を描く際に非常に効果的だ。他のバージョンの「アンナ・カレーニナ」をまだ見ていないので比較はできないが、本作の演出の仕方、大成功なのではないだろうか。

アンナは年上の夫で政治家のアレクセイ・カレーニンの貞淑な妻だ。かわいい息子もいるし、裕福だし、夫は厳格だが、決して悪い人ではない。何も不満はない人生を送っている。しかし、その平和な日々は、若き美男子(ああ、こういう人があらわれちゃうと、人生狂っちゃうんですよね!!)の将校ヴロンスキー(彼もたまたま「アレクセイ」。)と運命的に出会ってしまい、周りが見えなくなるような恋に落ちてしまってからは、ぐちゃぐちゃになってしまう。ぐちゃぐちゃになってしまうのだが、アンナは自分の意思でその愛の地獄に落ちていく、ほんの少し薄ら笑いを浮かべながら・・・

ヴロンスキーとの子供を妊娠し、夫を捨て、新しい人生を選んでも、1800年代の帝政ロシアで(いや、いつの世も、家庭を捨て、新しい男と新しい人生を始めるのは、ちょっと大変だ。)は、そう簡単にはうまくいかない。社交界で、完全アウェー化してしまうアンナ。人生を自由に生きる女に世の中は厳しい。アンナの兄は自分の子供の家庭教師と浮気して、奥さんを泣かせても、アンナのように「社会の敵」のような扱いは受けない。ちょこっと浮気して、すんなり妻の元に戻ることができる男に社会は優しいが、そのようにうまく世の中を渡れず、不器用に、若い男にのめり込み、夜も眠れなくなるかわいそうなアンナには、世間は冷たい。

きっとこの「女の浮気(アンナにとっては「本気」であるが・・・)」に対する世の中の厳しさは、帝政ロシアの時代も、現在の先進国でも、あまり変わっていないであろう。女は、個人差もあるであろうが、「ちょこっと浮気して、すんなり夫に戻る」なんて芸当はできない。不器用な私たちは、常に恐ろしい「世間」から仲間はずれにされる危険性と隣り合わせだ。

不器用なアンナは、結局自分の人生をのほほんと続けることはできなかった。しかし、そんなアンナが田舎の地主レヴィンに嫁いで地味ながらもほんわかした人生を送るキティよりも不幸だったなんて、誰が言える?!死ぬほど好きな人と短い間だけでも究極の愛を感じながら生きたわけだ。アンナのような幸福をほとんどの人間は味わえないまま長い人生を送るのだ。アンナがうらやましい。アンナは輝いていた。そう思う人が山ほどいるから、トルストイの原作はいまだに世界中で読まれ続け、この物語も映画化され続けるのだろう。

ところで、一昔前なら、ジュード・ロウこそがヴロンスキー役を演じていたのにな、とふと思った。ジュード・ロウは、「寝取られる夫」ではなく、「寝取る若い男」側の役者だった。今回は、薄毛(これはナチュラルなジュードの薄毛か?それとも若干かつらなどで禿度をアップしているのか?)で地味な、しかし、悪人でもない寝取られ夫を好演している。アンナとベッドをともにする前に、まるで調味料棚から砂糖壺でも出すかのように、無表情で避妊器具(あの箱に入っていたのは、何回も洗っては再使用した当時の「コンドーム」に違いない!!)の小箱を引き出しから出すジュードの横顔に感動した。これは、地味なおっさんの顔だ。「スルース」でSir マイケル・ケインの奥さんを寝取った男や「アルフィー」での女たらしの男の時とは別人だ!そんなジュードも40歳。このように、今までは演じなかったであろう範囲の役も選んでいけば、仕事の幅も広がるはず。偉いよ、ジュード。寂しい禿男のおっさんを、上手に演じましたね!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nirvana!

先ほどTokyo MX の「5時に夢中」のエンディングでNirvana が使用されていて驚きました。今、番組のエンディング曲に、Nirvanaを使うなんて!!!かっこよすぎる選曲。ちなみに曲は「heart-shaped box」でした。へい!うぇい!

昨日は「キユーピー3分クッキング」の小川先生の「坦々春雨」にインスパイヤされて、作ってみました。

Imgp6034

肝心の練りごまを買い忘れましたが、オイスターソースとラー油が味の決め手となり、かなりご飯に合うおいしいできになりましたぞ。厚揚げも入れてボリュームアップ。

ナスとプチトマトはマリネにしました。

Imgp6036

オリーブオイルとワインビネガーに漬けてます。

Imgp6038

これ、白菜の味噌汁に鯖缶を入れてみたものなんですが、結構おいしいですよ。うしお汁風。

Imgp6040

サツマイモごはんにしてみました!サツマイモLOVE!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

最近は和食が多いです。

ああ、寒い!秋を通り越して冬になったみたいです。皆様風邪なんてひかないよう気を付けてくださいませ。

最近のご飯です。

昨日は友人O嬢と昼間おいしいピザをいただいてきました!家に帰るとあったか夕飯を亮一が用意してくれていました。

厚揚げときくらげのあんかけ。

Imgp6026

生姜がたくさん入っていました。亮一がテレビの料理番組で見てインスパイヤされたそうです。

そして豚汁!

Imgp6024

どんだけ愛情たっぷりやねん!?

あったまりました~

Imgp6028

豚汁がむちゃくちゃおいしかった。

先日亮一が鎌倉野菜のおおのやさんでおいしい野菜のセットを買ってきてくれました。

Imgp6016

こういう野菜のセットってうれしいです。

キュウリは薄くスライスしておかかをかけていただきました。

Imgp6020

しょうゆをちょびっとかけていただきました。

Imgp6022

ある日の朝ごはんです。

そして、この日はシチューでディナー。

Imgp6018

ああ、冬は食べ物で身も心もあったまりたい・・・

今朝は昨日の晩見た「アンナ・カレーニナ」(キーラ嬢主演のやつです。)の影響か、洋風な気分でした。ロシア貴族のふりをしてパンをいただきました。

Imgp6030

朝ご飯は「ごちそうさん」を見ながら食べています。

そして、「ごちそうさん」を見ると、むちゃくちゃ納豆が食べたくなるんだよなああ。というわけで、昼は納豆と、豆腐のあんかけ汁で簡単に。

Imgp6032

むっちゃ粗食!でも納豆ラブだからいいの。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋の後は雑炊!

ちょっと時間が飛んじゃいましたが、前回アップしたときは朝ごはんに一人鍋でしたね。そのあとのランチはもちろん・・・

Imgp6010


ふふふ・・・

Imgp6012

卵雑炊!!鍋って本当にすばらしい。昆布を入れて煮たら、なんでもおいしくなるし、あとはご飯を入れればおじやになる。最高です。急に寒くなったので、こういう料理が今後増えそうです。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

西門さん!!

「ごちそうさん」で東出君が演じている西門さんに夢中な圭子です!できれば、結婚したい!無理なら、うちに下宿して!そして、私が杏ちゃんのように、毎日お弁当作ってあげますから!!下着だって洗濯してあげる!「あまロス」が少しずつ癒えています。西門さんの、おかげ。

さて、昨日も旭川から届いたじゃがいもを使って一品を。

Imgp5996

鍋に牛乳を入れてそこに薄切りにしたジャガイモとアンチョビのみじん切りを入れます。ことこと煮ると、どろっとしてきます。コショウで味付け(アンチョビで塩味があるので、塩はいりません。)します。グラタン皿に入れて、上からチーズとパン粉をのせて、オーブントースターで焼いて出来上がり。本当は溶けるチーズをのせたかったのですが、冷蔵庫に普通のプロセスチーズと粉チーズしかなかったので、それで作りました。プロセスチーズが溶けてくれなくて、ごろごろしています・・・

Imgp6000

昨日は亮一のお土産のコート・デュ・ローヌで乾杯。(「フランス土産」ではありませんど。仕事帰りに買ってきてくれたのです・・・)「Domaine des Bacchantes」ですって。エチケットの絵が、なんだかよくわからない・・・「丘」?「横たわる人間」?味は、時間がたつにつれてぐんぐんおいしくなりました。

Imgp6002

おいしかった~ そして、デザートは・・・

Angelina のモンブランです!今日はワインと甘いもんのお土産。なんか後ろめたいことでもあるんか!?

Imgp6004

やった~(また太るぜ・・・)!

今朝は「ごちそうさん」も見ず仕事に行ってしまった亮一です。行ってらっしゃい。私はのんびりと朝から鍋!

Imgp6006

寒い朝にゆったりと鍋。たまりません。

Imgp6008

ヘルシーな朝ごはんです!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

芋が来たぞ!

毎年この季節になると旭川の亮一のお母さんがじゃがいもと玉ねぎを送ってくださいます。助かります!北海道のじゃがいもと玉ねぎは、最高!

さっそく芋を食べまくっております。まずは定番のカレー。

Imgp5982

カレーがあれば、他のおかずはあんまりなくても大丈夫。

サラダにゆで卵のせようと思ったら、全然ゆだっていないうちに殻をむいてしまい、温泉卵的な状態に。

Imgp5984

最近はサラダにリンゴのスライス入れるのがマイブームです。

Imgp5986

カレーで大満足。

昨日も芋。アンチョビ味のポテトサラダにしました。

Imgp5988

マヨネーズにアンチョビのみじん切りを入れて、そこにゆでたじゃがいもを投入。簡単ですよ。

このマリネサラダはちょっと凝っています。玉ねぎをスライスして、レモン汁、蜂蜜、塩少々、オリーブオイルを混ぜた液につけて冷蔵庫に冷やしておきます。いい感じにしなっとしたら、それと生ハムとリンゴのスライスを混ぜてサラダにしました。

Imgp5990

さわやか~

Imgp5992

軽いディナーでした。

今朝はけだるく、ブドウだけの朝ごはん。

Imgp5994

「エマニエル夫人」を思い出します・・・ 彼女は朝ごはんにリンゴを切って食べていましたよね、オープニングで!朝けだるく果物オンリーの朝ごはんを食べると、あのシーンを思い出す・・・ R.I.P. Sylvia Kristel ...

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

黎さんへのオマージュ・・・

昨日の「ガラスの家」でのシーンで面白いのがありました。黎さんのアパートで、カズさん(父)、ジックン(息子)が鉢合わせになり(軽い修羅場!)、いったん部屋を出て、町をさまよう黎さんでしたが、その路上で見つけた茎のところから切れて落ちていたユリの花。それを拾い上げた黎さんは、アパートに戻り(さきほどジックンが水を飲むのに使用した)コップにユリをいけます。しばらくしたら、さっきまで路上でぐでっと倒れていたユリがしゃんとしてきました。それを見た黎さんの一言。

「あ、生きかえった。」

ふう・・・ 美しき魔物。黎さん。

そんな黎さんへのオマージュで、うちのでかく成長したポトスの先端部を切って、コップにいけました。

Imgp5980

ポトスが伸びて伸びて、床に這うまでに成長しました。先を切らせていただき、コップに栽培したわけでございます。黎さんの真似です。

さてランチはこんにゃくのうどん。

Imgp5964

味は、こんにゃくそのものですが、形態がうどんなので、うどんを食べているような気分になれます。

Imgp5976

こしのかなり強いうどんって感じかな。月見うどんにしていただきました!ヘルシー!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風、皆様気を付けてください!

昨日の晩から台風が活躍しています。皆様お気を付けください・・・

さて、最近のご飯たちを「美しき魔物 圭さん」が紹介します。

急に寒くなってきたので、アシ・パルマンティエ作りました。

Imgp5970

マッシュポテト部分を作るとき、牛乳がきれていたので、ヨーグルト少々で代用しました。軽い感じになり、おいしかったです。

Imgp5974

ひき肉も、豚と鶏を混ぜています。これまた、軽い感じ。

Imgp5972

この日もいつものSANTIAGO の赤で乾杯!

この日の朝は鮭アンド納豆。

Imgp5968

納豆、と言えば「ごちそうさん」。杏ちゃんの食べっぷり、あっぱれ。帝大生の彼と、いつか結婚、なのかな??杏ちゃん、友人の恋の手伝いをしたりして、でも、自分ももんもんとして・・・ ジェーン・オースティンの「エマ」のグウィネス・パルトロウ版を思い出します。

Imgp5966

おいしくいただきました!

おまけに、この間の3連休で深大寺に遊びに行った時の1枚を!

Imgp5960

深大寺に蕎麦を食べに行ったのですが、途中でおなかがすくだろうと思い、卵サンドとキュウリサンドを作って持って行ってました。深大寺の周りって蕎麦屋が多くて私には天国です!蕎麦大好き!

昨日の「ガラスの家」でも、菊池桃子先生のキラーせりふ「わたしをなめたらアキマヘンデ。」に、乾杯。そして、宅配業のユニフォームも「Very」の表紙並に粋に着こなす井川にも、乾杯!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

ぶりを無駄にはいたしません。

スーパーでぶり5切れパックをお手頃な価格で売っていました。いくら大食いな圭子&亮一でも「5切れはちょっと・・・」と躊躇しましたが、亮一が「残りは味噌漬けにしておいて明日焼いたらどうだろうか?」とナイスなアイデアを!思い切って5切れパックを買ってしまいました。

買ったその日は野菜と蒸し焼きに。

Imgp5947

キャベツ、シイタケ、ズッキーニ、プチトマトとともに、にんにく味で蒸し焼きにしました。バジルとオリーブオイル、少量のしょうゆで作ったソースもかけて、出来上がり。

Imgp5949

ぶりには赤ワインが合うと思います。

そして、残った切り身のぶりは、酒、味噌、砂糖、ごま油(これは、なんとなく、味にコクが出るかなと思って入れてみたんです。)を溶いたものを容器に入れて、そこに漬け込み、翌朝の朝ごはんにしました。味噌漬け、といっても、ゆるい感じの液体です。味噌をべったりつけるよりも、焦げ防止になるかな、と思って。

Imgp5951

グリルで焼いて、こんな感じになりました。漬け汁作りから焼くところまで、全部うちのアイデアボーイ、亮一が担当しました。

にんじんしりしりも亮一が作りました。本当はツナ缶を入れたバージョンが好きなのですが、うちのはごろもフーズさんのツナが、今回のヒスタミン問題の件で返品することになってしまい、今日は鯖缶で代用です。はふごろもフーズのシーチキンは大好きなので、早く問題解決するとよいな、と思います。子供のころからシーチキン大好きっ子だったので、これからも応援します!

Imgp5953

今朝は、どんよりとした気分でまったく活動意欲がない圭子です。すべての朝ごはんをせっせと作る亮一に乾杯。米の準備もしてくれて、ありがたい。炊きたてのご飯を食べることができました。ありがたい。(繰り返し。)

Imgp5956_2

うまいわ。和食。

さてさて、先日トライした、「キユーピー3分クッキング」田口成子先生ご紹介の「トマトハンバーグ」です。ハンバーグにトマトを混ぜて焼いたら、ふっくらジューシー。田口先生のレシピをまねっこして作りました。

Imgp5937

中身は・・・

Imgp5941

刻んだトマトが入っています。柔らかくておいしいハンバーグになります。

Imgp5939

この日は夏のように暑い日でした。白ワインに氷入れて飲みました。10月なのに、夏日。どうなっているのでしょうか・・・

さてこの日の朝ごはんは、白菜と長ネギのお味噌汁でした。

Imgp5943

この日もどんよりとした気分だった圭子は料理など一切の家事を拒否。味噌汁 was cooked by 亮一。いい旦那さんもらったもんだわ。がは。

Imgp5945

目玉焼きってハイになりませんか?黄身に何か気持ちをアップさせる成分が入っているような気がする・・・ ちょっと元気がないときは、私(圭子)は黄身に頼ります。白身はまあまあ、なのですが、黄身には脳内を祭り状態にさせる何かがあると、感じる。

【その他のハイ食品 (for me)】

●サッポロ一番 みそラーメン(インスタントラーメンの中で、「神」的。)

●各社のコーンフレーク(シュガータイプ)

●マヨネーズ(そのままなめてもグーです。)

●ケンタッキーさんとこのフライドチキン

●黄身(鶏の卵、のです。)

●ブルボン社の各商品

よく考えると、コーンフレーク以外、高カロリーのものばかりですな・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

朝からレモンパスタ!

あああ、冷凍ごはんがきれてる!朝からパスタです。

Imgp5934

最近「メイヤーレモン」にはまっています。オレンジ色の皮がきれいです。

粉チーズやバター、オリーブオイルをボールに入れておき、ゆでたてパスタをボールに投入したら出来上がり!簡単パスタです。レモンの皮をすりおろしてそれも入れているんですよ。さわやか!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Little Britain」を見ながらディナー

昨日はイギリスのコメディー「Little Britain」(シーズン1)を見ながらのご飯でした。

Imgp5932

キャベツとえのきだけをたくさん入れて、かさ増しをしたパスタです!

Matt Lucas って女装しているときの「かつら」と「メイク」がすごく合っている。美しい、とまで思ってしまう。肌がきれいなんでしょうね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

サツマイモLOVE!

昨日は蒸し暑かった!夏に戻って素麺食べたいな、と思ったら、一把しかなかったので、定食風にしました。

Imgp5922

素麺には、キムチ、キュウリ、ツナ、レモンスライスをのせて、めんつゆをかけました。

夜は一日ぶりに亮一と再会!

サツマイモグラタンにしました。

Imgp5928

ゆでたサツマイモの上に、炒めたベーコンをのせ、牛乳を少し入れて、溶けるチーズ、パン粉をのせて焼くだけ。味付けは塩コショウ少々。むちゃくちゃ簡単ですが、ほんのり甘いおいしいグラタンになりますよ。

グラタンと相性がよいとは思いませんが、昨日の「キユーピー3分クッキング」で紹介されていた「厚揚げの塩マーボー」を忠実にコピーいたしました!!

Imgp5926

「キユーピー」講師の中では一番穏やかな雰囲気の石原洋子先生。お姑さんにしたい女性ナンバー1(?)。

麻婆との相性がよいとは思いませんが、タコとプチトマトのパスタも作ってしまいました。

Imgp5924

ガーリックをきかせました。

いつものSANTIAGO で乾杯。ワインコインワインの中で、どんな料理にも合う最強のワインです。

Imgp5930

サツマイモ食べると幸せになります!

ところで朝の連ドラ「ごちそうさん」。子役時代は終わり、杏ちゃんになりました。子役時代のころ、学校でめ以子の隣の席だった女の子、むちゃくちゃ顔が塚地っぽくてかわいかった!!「昭和の子」って感じで。まんまるの顔で。性格もよさそうで。あの子をもう一度見たい!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

一人鍋、そして、ベルばら。

昨日は亮一が出張で不在だったので、ひっそりと「一人鍋」でした。

Imgp5904

白菜、大根、えのき、シイタケ、豚ばら、生姜。ああ、幸せ!

デザートは、「ベルばら」ならぬ、「ベツばらプリン」。

Imgp5906

池田理代子先生!

側面も見て!

Imgp5909

「お食事がお済みでもプリンはベツバラでございましょ?」とございます。王妃様!

こっちの側面も見て!

Imgp5912

「黒い騎士」(ベルナール・シャトレ)までもが印刷されている!「美味しさに躊躇はいらん!」オスカル様!

中身はこんな感じどす。

Imgp5914

モンブラン味でございました。うまい!ポリニャック伯夫人にも教えてさしあげなきゃ!

今朝は、昨夜の一人鍋のスープで雑炊を作りました。

Imgp5916

ふふふ・・・

Imgp5920

なかなかのお味です!鍋のその直後に食べず、翌朝「しめ」のご飯を食べることで、ダイエット効果もありますのよ。カンパン夫人にも教えてさしあげないと!

昨日の「ガラスの家」は、いきなりどんどん話が進みました。すんなりと家を出て、宅配業者(またもや!)に就職する黎さん。身のこなしも軽く、結構でかい荷物もひょいひょい運ぶ。パワフルウーマンか?

それにしても、オープニングがいきなり「楽しそうにベッドで会話するジックンと黎さん」の図でした。大事なとこ、飛ばしてんじゃないよ!NHKさん!

部屋を抜け出した黎さんを探しに町を走りまくる寝起きのジックンでしたが、走り方が、陸上選手みたいでした。ペースを冷静に守りながら淡々と走るマラソン選手みたいで・・・心の乱れがあまり見えなかった。

それにしても西郷さん(というか、藤本隆宏)、どんどんほっぺが膨らんできて、本当に西郷どんにしか、見えない・・・

圭子(alone...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

イエローも、かなりのうまさ!

またまた「いなば」のカレーをいただきました。昨日は「チキンとタイカレー イエロー」!

Imgp5901

ねえ、教えて、どうして?なんでこんなにうまいの!?答えて、いなば食品さん!

レモンが高血圧によいと聞きました。これからどんどん年を取るし、注意のためにもレモンを生活にどんどん取り入れたいです。

Imgp5899

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

レモンパワー!

昨日スーパーでニュージーランド産の「メイヤーレモン」という色の濃い(オレンジ色の皮!)レモンを見つけました。

Imgp5897

オレンジ色のかわいいレモンです。酸味の少ないレモンなので、サラダにスライスして入れてみました。

チキンは塩コショウ味でグリルで焼いて、バジルのソースをかけました。

Imgp5887

ソースにもレモン汁を入れました。バジルのみじん切り、おろしニンニク、オリーブオイル、レモン汁、少量の塩。さわやかなソースです。

Imgp5889

亮一の十八番、ジャガイモのガレットです。昨日はシイタケのソテーも添えました。

Imgp5891

アボカドにもたっぷりのレモン汁。昨日はレモンがたくさんのディナーでした。

By the way, またもややってくれました、ハーゲンダッツさん。

Imgp5845

紫いもです。

Imgp5849

味は、本当の紫いものようでした。まじにおいしい。いつも思うのですが、どうしてハーゲンダッツさんはこんなにいろいろなフレイバーを、おいしくアイスにできるんだろう!!?と。商品開発の方々は、このすごい技術が流出しないように、どこか高い塔にでも閉じ込められていたりして!?

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はとバス初体験!

昨日は初めてはとバスの英語ツアーに参加してきました。

まずは世界貿易センタービルの展望台へ。

Imgp5892

芝離宮が見えます!

お次は隅田川クルーズ。「道灌」という船に乗って40分のクルーズへ!

Imgp5862

隅田川沿いに浮世絵の壁画がたくさんありました。

アサヒビアホールとスカイツリーも見えました。

Imgp5866

外国人のお客さんたちはスカイツリーをがんがん撮っていました。

吾妻橋のところで船を下りて、浅草寺に。

Imgp5872

NHKの「ためしてガッテン」の撮影をしていました。

二天門のかっこいい二人。

左側の方は増長天。

Imgp5868

衣服のぶわっと風に舞っている感じが素晴らしいです。ヨーロッパの彫刻に負けないカッコよさ。

右側の方は持国天。

Imgp5870

目力がすごい。

浅草寺に、「暫」の像があるのをご存じですか?九代目市川團十郎の像です。

Imgp5874

「し~ば~ら~く~!」

アップで見ると、むちゃくちゃかっこいい。

Imgp5877

すばらしい。外国人ツアー客の方も写真を撮っていました。

Imgp5879

「SHIBARAKU STATUE」というサインでした。

最後は皇居へ。「二重橋」で写真を撮りました。

Imgp5883

こちらは「正門石橋」です。

この裏にあるのが「二重橋」。

Imgp5885

背後の方にある黒い橋。これが「正門鉄橋」(二重橋)です。ここは人気の写真スポットなのか、たくさん観光客がいました。

今回英語のツアーに参加したのは、実際のプロの通訳ガイドの方がどのようにガイドをするのか勉強のために見たかったからです。実際にツアー中にお話をさせていただくことができて、いろいろためになるお話をいただけました。今後のやる気アップになりました。これからも頑張って勉強していこうと思います。

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

納豆グラタンでディナー

昨日は竹輪とひきわり納豆、チーズを使ってグラタンにしました。

Imgp5841

竹輪を長さに対して平行に切ります。半分に切った竹輪が「入れ物」のような形になるので、上にくぼみができるように竹輪をグラタン皿に敷き詰めます。敷き詰めた竹輪のくぼみにひき割り納豆を置いていき、最後に溶けるチーズをかけて焼きました。納豆とチーズ、合いますよ!

Imgp5843

先日映画「ベラミ」(ロバート・パティンソン主演)を見ました。すごくよかった!あまりによかったので、原作も読みたいな、と思い、モーパッサンの原作を読みました。つくづくジョルジュは女の敵です!でも、(モーパッサン曰く)超美貌なので、悪者でも、仕方ないな、と諦めます。ジョルジュは美しき魔物・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

いなば、レッドも凄し。

今度はいなばの「ツナとタイカレー レッド」をいただきました。

Imgp5827

ツナもたっぷりはいっています。缶詰なのに、お店の味!ご飯を用意しておけば、いつでもタイ気分が味わえますぞ。

チキンは豆板醤、蜂蜜、酒、しょうゆ、のたれに漬けこんでおいて、グリルで焼きました。

Imgp5831

これも楽ちんレシピです。時間があるときに漬けこんで冷蔵庫に入れておけば、あとは焼くだけ。

Imgp5833

楽ちんなディナーでした。

デザートはブルボンの「ホワイトロリータ」です。

Imgp5835

先日映画「ダメージ」を見て、私の中のジェレミー・アイアンズ熱が高まっており、彼の「ロリータ」へのオマージュとして「ロリータ」をいただきました。「ロリータ」はジェレミー主演のもいいけど、古い方の白黒映画の方も好きです。

この日はこんにゃくをメインに。

糸こんにゃくのチャプチェ。こんにゃく売り場で見つけました。ソースも入っています。お肉と野菜を用意すれば簡単においしくてヘルシーなチャプチェが。

Imgp5837

エリンギ、豚肉、ピーマンを入れました。糸こんにゃくでも違和感なしよ。

Imgp5839

チャプチェあり、グラタンあり、お惣菜やさんで買ってきた大量の揚げものあり。はちゃめちゃですが、SANTIAGO の白で乾杯!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

黎さんは、「魔物」か??

NHKのドラマ「ガラスの家」が大好き。「あまちゃん」なき今、楽しみはこれくらいよ・・・

ますます感じるのが、「ジックン童貞疑惑」!斎藤工演じる財務省勤務の仁志。お父さんの再婚相手の黎さんに対するじっとりとした視線が、まるで思春期の男の子!!昨日の回ではとうとう、実家を出て一人暮らしを開始することを決意しました。不動産屋で見る賃貸マンションの候補物件のチラシに記載されている高額な家賃(16万とか!!)に「どんだけ給料もらってんねん。」と冷めたつっこみをしてしまいましたが、決めたマンションは隅田川沿いの高層マンションです。家に帰り、「義理の母」黎さんに「花火も見えるよ。すんごくいいとこに立ってんだ。」とはしゃぐ。もしや、黎さんとしたいのは、「一緒に花火を見ること」なのか!?まだまだうぶな工君に乾杯。

昨日の回では、ケヴィン・ベーコン色を封印して、ダークなサイドを見せてくれた弟役の永山絢斗。さああ、来週の火曜ではどうなる!?

それにしても、黎さんって、「魔物」か?毎日掃除機かけて、けなげに家事をこなし、朝ごはんはいつもボリューミーな料理をふるまう、よくできた「普通の人」です。さああて、外で働くぞ、と思い切って決めてきた勤め先は宅配業だし。なんも、「魔物」感ないよね。それに比べて、先日見た映画「ダメージ」のジュリエット・ビノシュ演じるアンナの魔物ぶりと言ったら!体型に関しては井川の方がずっとすごいです。この映画のビノシュは安産体型のずんぐりむっくり感もあるし、髪型に関しては、七三分けのサラリーマンみたいな不自然なショート。なのに、初対面から人の目を食い入るように見つめ、ハートをわしづかみにするテクニークを持っているし、勤め先もミステリアスなオークション会社(アンナはろくに働いていません。ちょこっとオフィスに顔を出したと思ったら、すぐジェレミー・アイアンズとあいびきするために外出しちゃいます。)。自宅はホテルみたいな生活感のなさ。アンナは決して掃除機とかかけません。黎さんを「魔物」「魔物」と表現するたび、「黎さんは普通の人じゃん!」と思ってしまう。

芥川賞作家のうざいジックンの幼馴染が、まさかの「応援」をしてくれて、もしやこいつ、いい人か?と希望も湧いてきました。「ガラスの家」、ほんま、さいこー!!

というわけで、「ガラスの家」を見ながら「美しき魔物」目指して、ヘルシーご飯食べました。

大根です。

Imgp5819

昨日は雨で買い物が面倒くさかったので、家にあった大根と冷凍ストックのひき肉で簡単煮物にしました。しょうがで豚肉を炒め、細切り大根も入れて炒め、水、酒、砂糖、しょうゆを入れて煮ます。大根の葉っぱも使いました。

Imgp5816

前日のカレーの残りもトマトジュースで伸ばしてスープ風にしましたよ。

このままで終わっていれば「黎さん」になれるのですが、物足りないので、高カロリーのおやつも追加しました。

Imgp5821

ペコちゃんは美しき魔物・・・

中身はこんな感じです。

Imgp5823

黎さんの白い肌のようなロールケーキです・・・

今朝は昨日の亮一のお土産の「ザーサイ」を使ってチャーハンにしました。

Imgp5825

チャーハンは美しき魔物・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

鯖缶カレーでディナー

冷凍庫の中に中途半端な量しか肉のストックがない!でも買い物に行く時間がない!あ、鯖缶がある!ということで、肉アンド鯖缶でカレーを作りました。

Imgp5812

カレーの上にはズッキーニ、かぼちゃ、アスパラのフリットをのせています。

Imgp5814

鯖缶が大好き。すでに加熱してあるのでそのままでも食べられるし、今日のように肉の代わりにしてカレーにもなる。毎日でも食べたい鯖缶ちゃん。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »