« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

めりはりディナー

今週は、激しく食べる日と、地味に済ませるダイエットデーとの落差が激しい週でした。

まずは「激しい日々」。ステーキでパワーをつけた日です。

Imgp6659

アボカドとエリンギもいっしょに焼きました。

八丈島土産の明日葉は、ツナと和えました。

Imgp6657

大好きな味!明日葉。

Imgp6661

SANTIAGO 赤は何にでも合います。

この日も「激しい」日。工夫しておいしくいただきました。

Imgp6671

トマトを半分に切って、断面にアンチョビ、チーズをのせ、オーブントースターで焼きました。チーズが溶けたころ、パン粉も少しのせて、さらに焼きました。簡単なおつまみです。

Imgp6673

トマトを焼いている間に、もやし、ブロッコリー、玉ねぎ、豚ばらをタジンに重ねていき、蓋をして蒸し焼きにしました。何かと同時進行で調理できるので、タジンは忙しい夜に大活躍。この日はSANTIAGO の白で乾杯。

さあ、今度は「地味」な日々。この日はおでんでディナー。

Imgp6663

前の晩に一度煮ておいたので味がしみております。

最近糸こんにゃくにはまりまくっている圭子です。

この日のご飯には秘密が・・・

Imgp6665

実は、結構な量の糸こんにゃくが入っています。米は普通にといで水を分量分炊飯器に入れておきます。そこに、一度ゆでて、乾煎りし、細かく切った糸こんにゃくをのせて、炊きます。出来上がりを食べると、違和感ありません。普通に「ご飯」です。ご飯は2合炊きましたが、糸こんにゃくはパックの半分を使用しました。糸こんにゃくの割合、もっと増やしてもいいかも。

これでもか。またもや糸こんにゃく。

Imgp6669

豚ひき肉と一緒にピリ辛味で炒めました。豆板醤と牡蠣しょうゆで味付けしております。

Imgp6667

前日のおでんの残りに豆腐を足して、汁物の代わり。ノンアルコールでダイエットの日です。

とうとう正式にMotley Crue の解散が発表になりました・・・ 公式HPで解散プレスコンフェレンスの動画を見ることができます。すでにFinal Tourの北米のスケジュールは発表になりました。日本には来年、でしょうか。All Bad Things Must Come to an End か・・・ 解散コンサートは絶対に行こうと思います。ものすごく寂しいです。寂しくなります。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島、「るにん」の舞台です!

先日仕事で八丈島に行ってきた亮一が、写真をたくさん撮ってきてくれました。映画「るにん」の舞台です。(すごくいい映画!奥田瑛士万歳。)

Dscn1341

荒波の向こうに見えるのは、「八丈小島」です。

Dscn1339

ワイルドな風景。

Dscn1334

私も行ってみたいな~

Dscn1335

きれいな空です。

Dscn1337

松坂慶子、すごくよかったです、「るにん」にて。

お土産は明日葉と唐辛子でした。

Imgp6655

明日葉はゆでてツナ、マヨネーズと和えて食べたらむちゃおいしかったです。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

「ムービー43」V.S.「ペーパーボーイ 真夏の引力」-ここまでやるか!?-

恐ろしい映画を見た。「ムービー43」。何が恐ろしいかというと、これほどのビッグネームの俳優たちが、なぜに、これほどのお下劣映画に、こんなに大量に出ているのか、という点で、恐ろしいのだ。そして、このオムニバス映画のそれぞれのエピソードが、考えられないほどに、お下劣で・・・ 内容的にも、恐ろしい。実験的な映画だ。

10個ほどのエピソードの中で、一番印象的だったのは、ヒュー・ジャックマンとケイト・ウィンスレットのものだ。これは、とんでもない。キャリア・ウーマンのケイト演じるベスと、ヒュー演じる成功者デーヴィス。二人はブラインドデートでレストランに行く。レストランに着いて首に巻いていたスカーフをはずすと、なんと、デーヴィスの首ののど仏のあたりに、睾丸がぶらんぶらんとぶら下がっている。(シュールな映像だ。)戸惑うベス。周りの店員は和やかに二人を迎える。(このレストランはデーヴィスの行きつけの店だ。)客たちも特に驚いてはいない。自分だけがこの異常な状態に戸惑っている、という不可思議なシチュエーションを、顔の表情で多彩に演じるケイト・ウィンスレット。この女優は、こういうことをやらせたら、天下一品だ。それにしても首から睾丸って、そこまでやるか!?なぜそこまでやる!!?

この映画は下劣だ。私は決してこういうタブーに挑戦した映画が嫌いなのではない。たとえば、パゾリーニの「ソドムの市」という映画がある。排泄物やら拷問やらのオンパレードだ。そんな異常な世界の中、ラジオから流れる曲に合わせ、静かにダンスを踊る兵士。そこには芸術の美しさがあった。芸術があれば、どんなタブーも受け入れる、しかし、「ムービー43」には芸術がない。変な話がどんどん続けざまで描かれるお下劣版「デカメロン」てな感じだ。

ハリウッドで戦うには、限界に挑戦することが必要なのかもしれない。昔「モンスター」で体重を10キロ以上増やし、顔も特殊メイクでたるませて、その結果オスカーを獲得したシャーリーズ・セロン。「ザ・ファイター」では毛を抜き、歯並びまで変えてコカイン中毒者を演じたクリスチャン・ベール。つけ鼻でヴァージニア・ウルフを演じ、オスカーを獲得したニコール・キッドマンもいた。そんなニコールが、今度は放尿シーンまでこなした映画「ペーパーボーイ 真夏の引力」を見た。

1960年代の、まだ、黒人が「ニガー」と呼ばれていた、人種差別の色の濃い時代のフロリダが舞台である。新聞配達のジャック(ザック・エフロン)、彼が恋する年上の女シャーロット(ニコール・キッドマン)、ジャックの兄で新聞記者でもあるウォード(マシュー・マコノヒー)、そして、獄中にいるシャーロットの婚約者ヒラリー(ジョン・キューザック)。ヒラリーは果たして殺人を犯したのか否か。冤罪を信じるシャーロットたちの調査や、ジャックの恋をねっとりと描く。

ニコール・キッドマンがすごい。この人はもう、ある時点からなんでもやるようになった。前述のつけ鼻もそうだ。「誘う女」あたりから勇敢になってきた。今回は、クラゲにさされたザック・エフロン演じるジャックにおしっこをかけて応急措置するシーンがあるが、吹き替えではないそうだ。あなたはカメラが回る中、たくさんの人が周りを囲む中、いいタイミングで放尿できますか?私にはできません。ニコールはすごい。プロだ。おしっこのプロでもあり、そして、美しさもある。神は二物を与えた。

http://www.deadline.com/2012/05/nicole-kidman-speaks-out-on-taking-risks-taking-roles-and-taking-over-cannes-interview/ (Deadline.com ニコールのインタビューのコメントあり。)

それにしても、最近どの映画を見てもマシュー・マコノヒーに出くわす気がする。働きすぎだぞ、マコノヒー。マコノヒーは44歳で、1991年から活動している。私自身と世代も社会生活経験年数もほぼ同じだ。この年齢になると、少し疲れが出てくる。身体にも、心にも、だ。そんな疲れが始まる世代の人間として言うが、このマコノヒーの肉体のしまりはなんなんだ。むちゃくちゃ頑張ってるで、マコノヒー。運動しまくって体をしぼっているマコノヒーに乾杯。

ニコールの怪演にも、マシューの頑張りにも、そして、ジョン・キューザックの不気味さにも、すべてにスタンディング・オベーションしたい。(そして、もちろん、青春スターを卒業してもやっていけることを証明したザック・エフロンにも!)この映画はもっと話題になるべきだ!!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

最近の工夫ごはんです。

皆さまこんばんは!今日は穏やかな天気でしたね。最近のご飯を紹介いたします。

この日は仕事から帰ってパワーゼロの日でした。簡単なタジンで晩御飯。

Imgp6635

もやしをのせ、その上にブロッコリーと豚バラをのせ、さらにその上にニンニクスライスをのせました。塩コショウをちょっとかけて、お酒少々を入れて、蓋をして弱火で15分ほどでできあがり。左下にあるのは、「きゅうりのキューちゃん」を刻んでマヨネーズと合わせた簡単タルタルソースです。

Imgp6633

タジンにお任せしている間にミートソースを簡単に作りました。

この日はお休みだった亮一がハンバーグを煮込みつつ待っていてくれました。ありがとなし!(by 綾瀬はるか)

ハンバーグにはチーズがイン!

Imgp6649

煮込みハンバーグって「母の味」(ていうか、実際の母親は作ってくれたことないけど・・・)。ありがとなし!なお、ミニハンバーグも沢山一緒に煮ていてくれたので、残りはお弁当用に保存しました。ありがとなし!

Imgp6639_3

トマトのサラダ。

蓋をあけると・・・

Imgp6647

ツナと玉ねぎのサラダがイン!どんだけ頑張ってんねん亮一!お嫁さんにしたいわ。

パンは、代々木八幡に新しくできたパン屋さん、「365日」というお店で買ってきてくれました。

Imgp6641

こんなパンがあると、まるでカフェにいるみたいな気になる!

「365日」っておもしろい名前です。

Imgp6643

これは、菜の花です。茹でて、上に辛子マヨネーズのソースをかけています。

Imgp6645_2

いつものSANTIAGO で乾杯。

この日は、亮一の「盛岡のじゃじゃ麺が食べたい。」というリクエストに、答えてみました。しかし、私はじゃじゃ麺を食べたことは、ない。妄想で作りました。うどんにひき肉の肉みそみたいなのがのっていて、キュウリものっかっている、という情報を得て、なんとなく作ってみました。

Imgp6627

こんなのでいいのでしょうか・・・?ひき肉とシイタケを炒めて味噌で味付けしてみました。それを茹でたうどんににせ、キュウリのスライスものせ、おろしニンニクものせました。ラー油をかけていただきました!

Imgp6629

本場の盛岡のじゃじゃ麺、いつか食べてみたいです!

そして今日は出張で亮一が不在なので、一人簡単に鯖缶とトマトジュースでパスタソースを作りました。

Imgp6653

すごく簡単に作りました。トマトジュースにコンソメを少し入れて煮詰め、鯖缶を入れ、さらに煮詰めたソースの中に、スパゲティを投入、そして出来立てを食べる。鯖缶最高!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

「東ベルリンから来た女」-職場が癒しの場であることの異常性、そして、幸福-

バルバラは東ベルリンから田舎の病院に左遷されてきた医者だ。舞台は1980年。壁崩壊まであと9年だ。

口角は下がり、いつもむっとしている女バルバラ。不愛想だ。東ベルリンの大病院からなぜ田舎町に流れてきたのかは理由が描かれない。ただ、彼女を常に監視する目があることは映画の冒頭からわかる。バスに乗っていても、誰かの視線を感じる。アパートの大家は常に彼女の行動を見張っている。挙句の果てには、ちょっと外出して帰りが遅くなると、アパートの部屋に勝手に誰かが入っている。警察なのか?部屋の中を勝手に荒らしている。バルバラが何かを隠しているのかを探しているのか?バルバラは何者なのか?

彼女の部屋を訪れるのは警察風の男だけではない、いつも時間差でアパートに来る手術用のような手袋をした女。その女が部屋に来ると、バルバラは不機嫌な顔をさらに不機嫌にさせバスルームに行く。時間差で訪れた「手袋女」がバルバラに何をしているかは、簡単に想像ができる。

恐ろしい監視社会。次第に、状況がつかめてくる。バルバラの部屋にいつも突然訪れるのはシュタージの面々だ。バルバラには西ベルリンに住む恋人がいる。時々彼と密会する彼女は、西に亡命して自由を得ることを静かに準備している。そんな彼女を東の社会が放っておくわけがない。常に緊張感のある生活を強いられるバルバラ。

そんな彼女が唯一ほっとできる場所が職場である病院だ。そこにかつぎこまれる収容所から逃げ出してきたステラという女の子に心を開かれ、「誰かに必要とされる」という喜びを得るバルバラ。他にも、自殺未遂で脳に障害が出ている患者に関しても、責任を持って治療しようとする彼女だ。自宅での安堵感ゼロの生活のときに比べ、病院の控室で白衣のコートを羽織る彼女の表情はとても柔らかだ。

よく考えると、これは非常に、異常なことだ。どんな人も、外で働いているときはストレスも緊張感も抱え、家にやっとたどり着いたときはリラックスするであろう。それが逆になっている状態、つまり、自宅では常にカーテンの隙間から外に停まっている(自分を監視する)シュタージの車の有無を確認し、気配を潜ませて暮らしていて、緊急患者がどんどん運ばれてくるようなある意味ストレス満載の職場がやっと息ができる環境だということは、彼女の人生が恐ろしいほど「異常」であることを意味する。そして、そんな想像を絶する異常な、悲劇的な環境でも、一切愚痴らないし、涙も見せないバルバラに、「ヒーロー」と呼びたくなるようなオーラを感じる。

人の役に立つ、人に必要とされる、ということに生きる道を見出し、最終的にバルバラは東に残ることにする。自らの意志で、だ。ある意味ハッピーエンドとも思えるラストにかかる曲は「At Last I am Free」。西で待つ恋人にはもう会えないだろう。でも、私は今、ついに、自由の身になった。そんなバルバラの心理にぴったりと合う曲だ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女を「東」にとどまらせたラタトゥイユに捧ぐディナー

この間見た映画「東ベルリンから来た女」で主人公のバルバラが働く病院の医師アンドレがラタトゥイユを作るシーンがあり、あれを見て以来ずっとラタトュイユ食べたい!と思っていました。でも今は真冬。夏野菜の煮物を作るのも季節感がないので、かわりにレンコンやらキノコやらをトマトで煮てみました。

映画の中では結局バルバラはアンドレが作ったラタトュイユを食べませんでした。でも、キッチンで料理を作るアンドレを見ていて、徐々に「西に行かないで、ここ(東)でやっていこうかな。」と思うようになったのではないかな、と思います。シュタージの監視はえげつないし、西に行けば恋人(アンドレとは対照的なスマートな細面の男)がいる。でも、病院では「誰かに必要とされている」感覚を得ることができる。苦しい毎日の中で、医者として人に必要とされることは、次第に彼女のレゾンデートルになっていたのかもしれません。バルバラ、万歳。

Imgp6615

エリンギ、レンコン、玉ねぎ、パプリカ、そして、鶏肉をトマト缶で煮ました。

よくイタリアンレストランでパンとともに出されるオリーブオイル。粉チーズにオリーブオイルをかけてみました。

Imgp6617

これにパンをつけて、レストラン感覚で食べました。

Imgp6619

おいしかったです!

今朝は健康朝ごはん。

お弁当用に煮たひじきです。

Imgp6625

こういうのをたくさん煮ておくと平日楽なんです。

糸こんにゃくはきんぴらに。

Imgp6623

これもたくさん作っておきました。

Imgp6621

昨日のトマト煮の残りは水とトマトジュースで伸ばしてスープにしました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

中途半端に残った石鹸たち・・・

小さくなった石鹸をためておきました。

Imgp6583

ラップでくるんで電子レンジでチンして、まとめて、まるく固めたら・・・

Imgp6585

復活!おにぎりみたいな石鹸ができました。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い日々です!

毎日どんどん寒くなる!皆様風邪には気を付けてください。

最近のご飯です。

「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」のシーズン2を見終わった圭子と亮一です。その中で、やたらと教皇たちが「イワシ」を食べていた時期があります。(詳しくはドラマをご覧ください!)それに影響され、イワシの丸干しを食べた日です。

Imgp6607

グリルで焼いて、オリーブオイルをかけました。

Imgp6609

この日はワインではなく、炭酸水でいただきました。

青魚は体にもいいし、洋風の料理にも合いますね。この日は鯖缶をトマトソースで煮ました。

Imgp6599

鯖缶最高!

こちらはオイルサーディンで一品。サラダです。

Imgp6601

玉ねぎ、ベビーリーフの中にオイルサーディンがいます。

ブリも焼いてオリーブオイルをたらしました。

Imgp6603

春菊とエリンギも一緒に焼きました。

Imgp6605

SANTIAGO の白で乾杯!

この日の朝は、寒くて寒くて・・・簡単雑煮でした。

Imgp6597

油揚げ、人参、鶏肉。シンプルですが、簡単にできます。お雑煮って一年中食べたい!

Imgp6595

あったまる~!

この日は大根スライスとツナ、小女子で亮一がサラダを作りました。

Imgp6613

さっぱりしていておいしい。

Imgp6611

モズクがヘルシーです。地味飯朝ごはん。

この日は糸こんにゃくでヘルシーご飯でした。

Imgp6589

糸こんにゃくは鍋だけではなく、さまざまな料理に使えます。低カロリーだし、嬉しいですね。この日は、ひき肉を豆板醤と味噌で炒め、糸こんにゃくも加えて炒め、中華風な一品を作りました。

Imgp6591

亮一がジャーマンポテト風な一品を作りました。

これも亮一作。

Imgp6587

鶏、ナス、大根のソテーです。

Imgp6593

おいしくいただきました。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

待ちきれませんでした・・・

巾着一つ、味見しました。

Imgp6573

こんな感じです。かじってみました。

Imgp6575

むっちゃうま!肉を少なくして、糸こんにゃくを多くして、ヘルシーな巾着にしました。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋の準備、完了!

亮一のお母さんは油揚げの巾着が得意です。帰省するといつも作ってくれています。油揚げの中に、ひき肉や糸こんにゃくが入っているのです。それをおでんに入れて煮てくれるのです。ちょっとそれを思い出し、作ってみました。

Imgp6571

巾着の中には、鶏ひき肉、糸こんにゃく、人参が入っています。かんぴょうは扱ったことがないので、スパゲティで巾着をとめました。これらを材料に、今日は鍋の予定です。亮一が早く仕事が終わって帰ってきますように!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんご煮

りんご2個を砂糖、レモン汁、シナモン、クローブで煮ました。こげるといけないので、水も少々入れました。

Imgp6565

今日は亮一が仕事で出かけてしまったので、このように、「素敵な奥さん」風なことをして時間をつぶしています。

ウイスキーも入れると香りがいいかな?と思い、少々入れてみました。

Imgp6567

しばらく煮ると、柔らかいおやつができあがりました。

Imgp6569

ヨーグルトに入れたり、そのまま食べたりして楽しみたいと思います。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のご飯です。

たかじんが亡くなって、何か関西のものを食べて弔いたいと思った日のディナーです。

Imgp6555

京都の漬物を亮一が買ってきてくれました。

Imgp6559

千枚漬、大好きです。蒲鉾は、お正月用のものがちょいと賞味期限過ぎてましたが、フライパンで粉チーズと焼いて食べちゃいました。

Imgp6557

焼き鳥もサラダも買ってきたもの・・・ 疲れ切っていたので・・・

昨日は、鯖缶でパスタでした。

Imgp6561

ニンニクと玉ねぎを炒め、そこにトマト缶、ローリエ、コンソメを入れて煮て、鯖缶も入れて出来上がり。簡単です。

Imgp6563

「Sun of Africa」という南アフリカのワインで乾杯。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

最近のご飯です!

まだ水曜なのに、もう一週間くらい働いた感覚。かなり疲れています。

今日は仕事の帰りの乗換駅で移動中、たかじんのことを思い出し、涙が止まらなくなり、しばらくホームのベンチで大泣きしていました。関西に住んでいた時、テレビで日常的にたかじんを見ていました。そして、関東に移住してもう10年以上たちますが、いつまでたっても「東京砂漠」に身が冷え冷えしています。なんでなんだろう。やっぱり、こちらには、なじめない。10年以上たっても、自分が「所属」している気になれない。東京も神奈川も、好きです。いい美術館に行けば感動するし、映画館もたくさんある。おいしいお店も桁外れにある。でも、町を歩いていて、常に自分が「よそ者」であると感じる、こんなに長く住んでいても。なんでだろうな。

せめてたかじんの番組がこちらでも見れていて、日常的にあの愛のこもった毒舌を聞くことができていたら、生活もよりしやすくなっていたのだろうにな。時々関西に行ったときにホテルのテレビなどでたまたまたかじんの番組に遭遇できたとき、改めて感じました。「こういう歯に衣着せぬ発言、東京の番組では無理や。」と。RIP たかじん。

最近のご飯です。

おせちの残りの昆布巻きを含む、朝ごはん。

Imgp6545

白菜や玉ねぎと油揚げで亮一がおいしいおかずを考案してくれました。

Imgp6543

とろみがついてておいしかった。

昨日は久々に牛肉でパワーをチャージしました。

Imgp6549

やっぱ肉やで。

ワインはWoodbridge。ロバート・モンダヴィのワインです。肉と合う。

Imgp6553

たかじん、天国でたくさんおいしいワインを飲んでください。煙草も吸ってください。

Imgp6551

圭子&亮一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たかじん

たかじん、若すぎるわ。信じられない。

You are one and only.

たかじんは関西の誇りです。

天国で、ゆっくりしてください。

圭子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

おすすめハーフ&ハーフ丼

ピザでもハーフ&ハーフがありますが、丼も二色にするとお得な感じですよ!

Imgp6515

左半分はお正月用のいくらをのせました。右半分は、納豆、めかぶ、オクラのミックス。いくらで全部覆うといくらの量も多くなりますが、半分だけにすると健康にもお財布にも、優しい!

おすすめのハーフ&ハーフ丼です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちアレンジディナー

おせちの残りの蒲鉾、数の子などを使ってディナーにしました。

グラタンです。

Imgp6533

ジャガイモ、蒲鉾、カニカマが入っています。シーフードグラタン風です。

数の子はサラダに入れました。田作りも入っています。

Imgp6521

小女子も入っています。

サーモンのバターソテーです。亮一がジョエル・ロブション並に(?)大量のバターを使って作りました。

Imgp6535

おいしかった!

Imgp6539

もう正月休みも終わりつつあります・・・ 社会復帰可能か!?

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大浮世絵展」に行ってきました。

亮一です。2日の「大浮世絵展」初日に圭子と亮一は「大浮世絵展」に行ってきました。さすがに混んでいました。

Imgp6541


教科書で見慣れた葛飾北斎の「冨嶽三十六景」、歌川広重の「東海道五拾三次」、東洲斎写楽の役者絵などを堪能できました。特に喜多川歌麿の美人絵には感動しました。

Imgp6523


この日は会場の江戸東京博物館の常設展が無料だったので混雑に拍車がかかっていました。

Imgp6525


江戸博の中の大熊手です。今年はいい年でありますように!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

新年明けましておめでとうございます。

穏やかな元旦を迎えています。圭子と亮一は恒例のおせちをいただきました。

Imgp6511

栗きんとんは、珍しく、栗以外は自作です。サツマイモであんをつくり、瓶詰の栗と合わせました。

紅白なます、酢蓮、ポテトサラダ、プチトマトのマリネは亮一作です。手前の煮豚は圭子作。

おぞうには関東風です。

Imgp6513

小松菜、鶏肉、シイタケ、豆腐、人参、かまぼこ、ネギが入っています。柚子の皮と三つ葉をのせました。

Imgp6509

今年もよい年になりますように!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »