« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

新しいお店が誕生!

亮一がうちの近所に新しくオープンしたお菓子屋さんを見つけてきました。

Imgp6774

「Sucreco(シュクレコ)」さんという焼き菓子屋さんです。21日にオープンしたばかりとのこと。私達の住む淵野辺にかわいいお店誕生!ピスタチオ味とプレーン味のマドレーヌを亮一がクリーニングの帰りにお土産に買ってきてくれました!実はマドレーヌが大好きな圭子です。とてもおいしかったです。タルトなども販売しているとのこと。今後もお世話になりそうです。

まだまだ寒い。この間は鶏つくね鍋をしました。

Imgp6768

つくね鍋大好き!おろしショウガをたくさん入れてつくねを作ります。

昨日はステーキです。

Imgp6776

旭川から亮一のお母さんが送ってくださったたらこ(紅葉子!)でパスタにしました。

ところで、今「イノサン」にはまっている圭子です。坂本眞一の漫画。フランス革命のころの死刑執行人シャルル=アンリ・サンソン が主役のお話です。シャルルがちょっとマリリン・マンソン風なの。うふ!3巻まで一気に読んでしまいました。はよ、続きが読みたい。

Imgp6778

処刑の描写もリアルで読みごたえあります。マドレーヌあり、サンソンあり、で、ラブフランス!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

最近のご飯です。

早く暖かくならないかな・・・ いまだ近所の雪は溶けていません。

最近のご飯です。寒くて買い物に行くのがつらく、家の食材で乗り切った日もありました。

この日は家の在庫のジャガイモで乗り切りました。

Imgp6750

ジャガイモのグラタン。アンチョビ味です。

冷凍庫に保存していたイワシの丸干し。イタリアン風にしていただきました。

Imgp6748

トマトソースの上にのせると、何となく洋風に。

Imgp6746

在庫品を駆使しました。

この日は魚が食べたい!!と強く思った日。サーモンをメインにしました。

Imgp6763

バターたっぷり。カロリー高くてもいいや!

Imgp6761

ピンクのサーモンで春を先取り。

この日はサムギョプサル用の肉を亮一が買って帰ってくれました。

Imgp6757

脂身たっぷり。またもや高カロリー。気にしません。

Imgp6759

パスタ代わりに蕎麦を主食にしました。

それにしても何度見ても泣いてしまう、真央ちゃんのフリーの演技。ジャンプももちろんすごかったけれど、途中から動きが激しくなるあたりが、むちゃくちゃ迫力があって感動しました。お疲れ様です!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都限定!

京都の友達がプレゼントにTULLY'S COFFEE のタンブラーを送ってくれました。

Imgp6765

京都限定のデザインとのこと。「和」のテイストです。こういう「・・・限定」ってのは、嬉しいですよね。ありがたし!どや顔でコーヒー飲んじゃいます。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

2日遅れのバレンタインデー!そして、バードウォッチング用長靴!

雪などの影響で、遅れましたが、チョコのケーキでバレンタインデーをお祝いする圭子&亮一です。

Imgp6755

おいしゅうございました。

あまりの雪に怖気づき、子供のころ以来初めて長靴を履くことにしました。

Imgp6752

軽くて快適。「日本野鳥の会」さんとこの長靴にしました!どこに問い合わせても長靴が売り切れていて、一時はどうなるかと思いました。一番の目標だった日本野鳥の会さんのだけでなく、他のものも含め、長靴自体が売り切れ続出。亮一がたくさん問い合わせてくれて、やっとのことで見つけた一足です。本当はブラウンが欲しかったのですが、サイズ的に履けるのがこの迷彩色一足しか残っていなかったので、これにしました。ちょっと派手でしょうか・・・??

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

雪のため、在庫を駆使してディナー!

先週末の悪夢、再び。本当に、普段雪に慣れていないので降っちゃうと、大変。先週からのご飯をまとめてアップします。ちなみに亮一が会社でいただいて来たチョコを無断で食べている、なう。

本当に外出が無理だった先週末、こんなご飯でサバイブしました。

Imgp6715

にんじんしりしりです。野菜室に転がっていた人参と、ツナ、卵で亮一が作りました。

Imgp6713

冷凍庫に残っていた鮭を焼き、なんとか形になりました。

この日は寒い中なんとか買い物ができた日。ミートボールでディナーです。

Imgp6727

ミートボールをトマトソースで煮込みました。ちなみにミートボールは先に焼いたのですが、そのとき少しお弁当用に取っておきました。

これがお弁当バージョン。

Imgp6733

おいしくできました。

Imgp6729

「王様の涙」で乾杯。デザートはJR古淵駅付近の「LES HALLES」のケーキです!

Imgp6731

おいしくいただきました。

この日はテレビで安めぐみさんが八王子名物「パンカツ」を紹介ししていて、あまりにおいしそうだったので、食パンでやってみました。

Imgp6720

小麦粉がなかったので、溶き卵をパンにくぐらせ、パン粉を押し付ける、というやり方でトライしました。バターも使って焼いたので、肉っぽさ、出ました。

こっちはリアルな肉。鶏肉です。亮一が焼きました。

Imgp6722

ちょっと、奥さん、おいしいんだけど!

Imgp6724

SANTIAGO で乾杯。

そして今、リンゴを煮ております。

Imgp6741

リンゴをざくざく切って、鍋に入れて、砂糖をふりかけ、しばらくおいておき、水分が出るまで置いておきます。

そしてぐつぐつ煮ました。クローブもちょっと入れましたよ。

Imgp6744

柔らかいリンゴのデザートできました~

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

遭難しそうになりました。

今日の雪には参りました!!圭子は職場から最寄りの駅まで3時間かかりました。(通常は2時間。)亮一と駅で待ち合わせ居酒屋で冷めきった体を温め、一緒に遭難しそうになりながら帰りました。雪、半端ない。

Imgp6739

ほぼ、雪国です。

Imgp6738

ここは、どこ??30センチは積もってます。予想よりも激しい。長靴が必要です。

帰りの電車の乗り換えで、ふきっさらしのホームで一時間くらい待ちました。居酒屋では鍋を注文。生きかえりました。1998年から関東に住んでいますが、今日の雪が一番すごい気がします。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

すごい雪です。

今日は外に出られません・・・

Imgp6708

うちのベランダの様子です。手すりの上に雪がこんなに積もっています。

最近のご飯です。この日は亮一が仕事が休みで、ご飯を作ってくれました。

昔四ツ谷にあったという「エリーゼ」という洋食屋さんで亮一がよく食べていたらしい、牛肉のトマト煮を思い出して作ってくれました。

Imgp6697

トマトがいい味出してる!

Imgp6699

トマト煮とマッシュポテトでおいしくいただきました!

節分の日には、ちゃんと豆まきをしましたよ。

Imgp6695

殻つきなので、まいた豆も拾えばおいしく食べられます。

亮一が鶏肉をグリルで焼いて、その後ニンニク醤油をからめておいしい一品を作りました。

Imgp6691

止まらない!おいしすぎ!

圭子はアシ・パルマンティエを。

Imgp6689

マッシュポテト、ひき肉&トマトの炒め物、マッシュポテト、チーズ、と重ね、焼きました。簡単ですがうまい!

節分なのでイワシの丸干しを焼きました。

Imgp6693_2

イワシや、鶏肉、アシ・パルマンティエなどなど・・・ 節分ディナーは盛り上がりました。

糸こんにゃくとセロリを保存食用に調理しました。

Imgp6681

甘辛味です。ちょっとこの間の亮一の八丈島土産の島唐辛子も入れて、ピリッとさせました。この保存食、お弁当に重宝しました。

この日の朝ごはんは納豆や茹でキャベツでヘルシーに。

Imgp6685

キャベツは一玉勝手使い切ると達成感を感じます。ザーサイとキャベツの簡単漬け物も作りました。

Imgp6683

キャベツを塩もみしてザーサイと和えました。

月曜の朝、出勤するとき、雪が凍って怖いことになっていませんように・・・

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳案内士合格ディナー

昨年受験した通訳ガイド試験、昨日合格発表でした。ネットで確認し、合格していることを発見しました。圭子が最初に受験したのは2009年です。5回受験してやっと合格。長い道のりでした。これからも勉強の日々は続きます。頑張ります!応援してくださった方々に、お礼申し上げます!

昨日はお祝いディナーをしました。

Imgp6705

泡のあるワインで乾杯。

Imgp6703

放心状態です・・・

圭子&亮一

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

簡単おやつ

今日も寒い!家に帰ってからなんもやる気がなかったのですが、せめてリンゴでおやつでも作ろうと思い、簡単なのを作りました。

Imgp6701

リンゴを切って、耐熱皿に並べ、レモン汁をかけ、砂糖を適量かけ、ラップをしてレンジで約3分。その後ラップをとってまた約3分。シナモンパウダーをかけてできあがり。あっと言う間にできますよ。気分転換にどうぞ!リンゴ1個分で一回のおやつに適量です。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

「アルバート氏の人生」-浜辺の疾走-

想像してみた。女性であることをひた隠しにして生活することを。男装をして暮らし、歩き方も話し方も男性のふりをする。そしてそんな生活が1日、ではなく何十年も続くことを。物理的に、とても困難なことだ。毎月来る生理の処理はどうするのだ?胸の膨らみを平らにするにはどうするのだ?誰か男性の仲間が「一緒にトイレ行こうぜ。」と誘ってきたらどう逃げるのか。そして一番の問題点は、「男性と恋に落ちることを断念しないといけない」ことだ。そう。1日だけならなんとかなる。しかしアルバート・ノッブスはこのような困難な生活を14歳のときから初老にいたる現在まで毎日続けてきたのだ。

19世紀のアイルランド。アルバート(グレン・クローズ)はホテルでウェイターとして真面目に働いている。小柄のおじいさんのように見えるが、彼は女性だ。男性として生きるしか、生き残る手段がなかったアルバート。もちろん本名は「アルバート」ではないはずだ。しかし彼はあまりにも長くアルバートを生きすぎた。のちに出会う似たような境遇のヒューバート(彼も「女性」だ。)に本当の名前を聞かれても、「アルバート」と答える、なぜそんなことを聞くのか?とでも言いたいような表情で。

ホテルで客からのチップを大事に床下に貯めながら、いつか独立して店を構えることを夢見る。妄想の中の風景は色鮮やかだ。現実のダブリンの生活は常にグレーのトーンであるが。

アルバートはホテルの仲間のヘレンと結婚をして共に店を経営しようと夢想するが、「小柄の初老の同僚」には目もくれず、野生的なろくでなしである美男のボイラー係ジョー(こういう女を不幸にする男をうまく演じているキック・アス兄ちゃんに乾杯。)にのめり込んでいる。挙げ句の果てには想定外の妊娠だ。ジョーが責任を取るはずもない。ヘレンも14歳のころのアルバートと同じだ。あの時代の女性は、圧倒的に不利だ。

アルバートの人生は、ある意味救いがない。少しずつ少しずつ大事にお金を貯め、夢のタバコ屋開店を夢見てきた、何年も、何十年も。なのに神様はアルバートに微笑んでくれなかった。しかし、だからと言ってアルバートの人生が無駄だったなどと誰が言える!?

ラストの洗濯ものがはためく中、ヘレン、彼女の赤ちゃん、そして彼らを見つめるヒューバートの姿に、希望を見る。アルバートがいなかったら彼ら三人の人生は結びつかなかった。アルバート氏の人生があったからの、奇跡だ。

グレン・クローズは、何十年も男として生きるしかなかった悲しい女性を、恐ろしいまでにリアルに演じている。ずっと、あまりにも長く「男」として生きていたため、劇中一度だけ女性の服を着て外を歩くときにかなり不自然な歩き方をしていた。まるでスカートを履きなれない男性が女装をしているかのように!慣れないスカートで浜辺を疾走するアルバート。抑圧された生活から一瞬だけ解放された喜びで頬を染めて走る。アルバートを愛さずにはいられなくなるシーンである。グレン・クローズは偉大だ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »