« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

氷室京介~一人の人間の成長を見る感動~

私にとって、BOØWYや氷室京介氏を聞くことは、タイムマシンに乗るようなものです。でもそんなに単純ではありません。氷室さんの曲を聞いてタイムマシンで戻る時代の世界には、私は住んではいないのです。私はせっかく黄金の時代に氷室さんに比較的近い年齢で生きていたにも関わらず、きちんと彼の作品を手に取っていなかったから。なので、タイムマシンで戻る過去を、新しい情報として改めて勉強している毎日です。

BOØWYが全盛期のころ、ラジオから流れる彼らの曲を聞くことがあったり、同じクラブのバンドのメンバーがコピーをしているのを聞いたりすることがあっても、積極的にアルバムを買ったりライブを見に行くようなことは一度もなかったのです。1987年(絶頂期)に彼らが渋公で突然解散したころ、私自身仲間とバンドをしていましたが、どちらかと言うともっと泥臭いThe Cult や、ZIGGY、RED WARRIORS などを中心にコピーしていたもので、「ファッショナブル」で「きれい」で「メジャー」なBOØWY を積極的に聞くことを、避けていたような気がします。

それが、先日の突然の氷室京介さんの卒業宣言で急に、改めて80年代にさかのぼってBOØWY、そして、ソロになってからの作品を恐ろしい勢いで音楽・映像で復習し、30年くらいの歴史を一か月ほどで把握しました。

なので、30年間氷室京介(やBOØWY作品)をずっと追い続けてきた正真正銘のファンの皆さんからすると、私は正真正銘の「にわかファン」です。そして、にわかファンになったときには、氷室さんは卒業をすることをすでに決めていたという・・・

同じ時代を別のパラレルワールド(つまり、氷室京介やBOØWY作品とかかわりを持たない世界)で生きてきた人間の私が、今遅ればせながら80年代、90年代、2000年以降の作品を確認していった結果、私は氷室さんの歌う世界の変化をとても心地よい驚きと共に発見していっています。

BOØWY のころの曲は、女とは身体の関係さえあればそれでいい、という感覚(しかし、心のどこかで、それだけでは寂しいな、という哀愁を感じずにいられない)の歌が多かったと思います。若いってそういうことですよね。

ソロになった初期の曲、例えば「FLOWERS for ALGERNON」に入っている曲たちには「現実逃避」のテーマも多くみられる、と私は思います。(例「ROXY」ではつまらない現実の生活も好きな女といれば(セックスすれば?)忘れられるという気持ちが見えるし、「Alison」にも、車の中でしか性行できない相手との現実逃避の刹那的な関係でしょうか、そういう「今・ここ」だけの幸福感が描かれているような気がします。)若いときには、そういうやるせない衝動もあるし、うまくいかない現実でもがきつつも夢に逃避してみたくなる瞬間もあるものです。

そのような若さでもがく世界から、誰が「魂を抱いてくれ」のような穏やかな世界観を想像できるでしょうか?きどる必要のない相手との安らかな「秋」のような愛。髪をつんつんに立てていたとんがった渋公の「1224」のブルーアイシャドーの氷室さんが、こんなに飾り気のない、自分の弱さすらを認めたような正直な歌を歌うなんて。(松本隆さんの詩がすごい。)

震災の被災者の方々に向けて作られた「IF YOU WANT」からは、強いエネルギーを得ました。そして、迷いながら生きている私自身の不器用さも肯定された気がしました。

ご自身が書いた詩も、作詞家の方が書いた詩も含め、氷室さんの歌う世界観の成長に、遅ればせながら感動しています。一人の人間の成長を見ているようで、ただひたすら感動してしまうのです。

それこそ長い長いファンの方は、大昔の新宿ロフト時代からずっと彼を追ってきて、今私と同じくらいの年齢の方も多いのだと思います。そういう方々は、この30年もの時間を歌詞の内容の変遷、氷室さんの風貌の変遷(どんどんかっこよくなってきている)を時系列を同じくして見てきたんですよね。私は同じ時代を同じ国(途中から氷室さんはLA に移住されましたが。)にいながら、生活の中に氷室さんがいない人生をこんなに長く生きてきました。なので、偉そうなことは申しません。ライブに万一来年行くことができても、目立たないように参加させていただきます。

皮肉ですが、今回氷室京介さんが卒業宣言をもししていなかったら、私は彼のいないパラレルワールドに今も生きていた可能性があります。幸運にも、今は、同じ空気を吸う世界に生きることができます。lost 3 decades をうめるべく、私は毎日狂ったように氷室京介の世界におぼれています。ライブは卒業なさっても、音楽を作ることは続けていただけると本当によいな、だって、あなたの生み出す作品は、人の人生をどんでん返しさせるくらいすごいんだから!と心から祈りつつ!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんまが高い!

大好きなさんまがスーパーに出回るようになってうれしいのですが、いかんせん、値段が高い!もっと安くなりますように。最近はさんまがブームの圭子と亮一です。

Imgp7370

バジルのせました。

Imgp7372_2

炭水化物抜いて、おかずのみの生活。ああ、パスタ食いたい!

この日もさんま。

Imgp7380

シンプルに焼いて、オリーブオイルかけました。

Imgp7378

白ワインに氷浮かべていただきました!

もずく、豆腐、サラダ、鶏肉のスープなど、ヘルシーなディナーの回です。

Imgp7374

氷室様の「HTH」のDVDで拝むことができるものすごい腹筋。あれを見ると、あそこまでは無理でも、「痩せねば」という気持ちが高まります。ちなみに最近で近所のカラオケで「炎の化石」を練習しております。森雪之丞の歌詞ってすばらしい!!なお、カラオケでは亮一が「木綿のハンカチーフ」とか来生たかおとか松山千春をしっとりと歌い、圭子は氷室京介、BOØWY、Guns N' Roses、Red Warriors などを練習する、という相容れない状態が続いています。

Imgp7376

この日はなんかパワーがなかったので、簡単にサラダ、ささみ・エリンギのフライ、牡蠣フライfrom スーパー、サーモンの刺身というちょっと野菜不足の日でした。反省。

先日会社に行って朝自分の股間を見て、ズボンが裂けている(縫い目から)ことを発見した圭子です。もう少しでパンツ見えるぜって箇所。目を疑うよ、ほんと。カッコ悪い!!もう買い物に行く時間もない。仕事が始まるし。ああ、人間失格です。最近目が覚めている時間は基本的に100%氷室京介の歌を聞いたり歌ったり考えたりしていて、洗濯後などに自分のズボンの股間チェックとかしてなかった。ていうか、いつ裂けたんだ!?今か?それともずっと前から裂けていたのか!?周囲の識者に相談し、応急処置として内側からガムテープで留める、ということでその日を乗り切り、そのお気に入りのズボンとはサラバしました。いわゆる、「はしゃいでたこのズボンにサラバ」なわけです。気に入ってたんですがね。皆様も、着古したズボンには注意してください。変なタイミングで裂けるかもしれないから!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

アトラス寺西の美声!そして、「目玉焼き丼」。

とうとうTSUTAYA さんでレンタルしてしまいました。  「鉄腕アトム・ソング・コレクション」!ここには氷室京介がBOØWYの「氷室」になる前の「アトラス寺西」として吹き込んだ「裏返しの友情」という曲が入っているのです。そしてこの曲を聞きながらアップしています。すごい美声。途中結構英語の歌詞が含まれています。とにかく、声が、いい。皆様機会があればぜひ聞いてみて!!歌詞の内容も、いい。         

というわけで、氷室京介様もお得意の「目玉焼き丼」を!(詳しくは「氷室京介ぴあ」をご参照ください。)

Imgp7368

氷室さんのまねして「味の素」もちょいとかけました。がは!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

毎日カラオケに行っています。

最近は毎日カラオケに通っています。なぜか歌を歌うとカロリー消費のためか、痩せてくるのです。ダイエットに最高。近所のカラオケ屋の会員になった圭子と亮一です。

長年使っていた携帯音楽プレーヤーが壊れてしまったので、WALKMAN買いました。

Imgp7365

通勤途中に氷室京介の25周年ベスト聞いて、萌えてます。やっぱ最高!自称、氷室圭子です。

では最近のご飯です。

亮一が冬瓜でスープを作りました。

Imgp7358

鶏肉と冬瓜のスープは最高においしかったです。とろみがついていて癖になる味。

Imgp7355

この日も炭水化物はなしで、野菜中心です。

朝ごはんにアスパラとセロリの炒め物に目玉焼きをのっけたのをいただきました。亮一作。

Imgp7362

アスパラは炒めると最高!

Imgp7360

朝ごはんが一番おいしい!これって大事!「斜陽」のお母様もそうおっしゃっていましたよね!

この日はささみのフライでディナーです。ラデラ・ヴェルデというペットボトルに入ったワイン。ちなみに400円以下なのですが、さっぱりしてておいしい。

Imgp7353

夜にご飯、パスタなどを食べなくなって体が若干軽くなってきています。米は朝と昼にたんまりいただいております。

ちなみにカラオケでは「KISS ME」を氷室本人映像をバックに歌っています。この「KISS ME」のPVがすごくいい。美しすぎて、これ見たさに何度も「KISS ME」を歌う私。亮一は毎度毎度松山千春を歌います。相容れない二人です。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

父の葬儀をしてきました

私の父が13日になくなり15日に通夜、16日に葬儀と火葬をおこなってまいりました。86歳で天寿を全うさせていただきました。両親の兄弟とごく親しい方々のみの家族葬でしたが私が施主をつとめたため、私と圭子は葬儀の打合せ、実施、諸届けに母の年金の受取手続きと公共料金の父から母への契約移行と銀行引き落とし口座の変更等、めまぐるしい時間をこのお盆の時期に寝る暇もなく過ごしました。

Imgp7345

旭川の旭山動物園の近くの火葬場旭川聖苑です。入口の木がまるで雪でも積もっているような葉が特徴の木が植えられていました。

Imgp7347

葉を拡大して写しました。

Imgp7349

旭川駅はリニューアルされていて、とてもきれいです。駅に立ち食いソバのお店があったので、立ち食いソバフリークの圭子とともに食べてきました。

Imgp7351

今回はお盆の時期と重なり飛行機の手配には苦労いたしました。往路の羽田から旭川は14日のエア・ドゥの片道普通運賃利用、復路は17日の千歳から成田のジェットスターを利用するというかなり変則的な手配になりました。まだ色々な手続きは残ってますが家に帰ってきました。親の住まいと自分の住まいが遠距離の方の共通の問題だと思うのですが、様々な手続きに時間を割くことがとても難しいものだと改めて知らされました。

亮一&圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

氷室さんが我が家に来ました。

いらっしゃいませ!!Amazon ってほんと、早いね。

Imgp7325

眉間のしわがたまりませんな。

Imgp7327

じっくり読ませていただきます。「氷室京介ぴあ」。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

野菜中心の生活です。

最近は、まず野菜料理を食べ、その後で肉・魚を食べ、最後に(あれば)ご飯・麺・芋などを食べる、という順番で食べています。少し体重が減ってきてます!

Imgp7309

亮一が旭川のお父さんのお見舞いで日帰りで帰省したときに、おいしいアスパラとオクラをお土産に買ってきてくれました。北海道のアスパラって太くてうまいっす!

Imgp7311

ご飯の代わりにところてん。

この日は豚肉と小松菜を茹でて、味噌・オリーブオイル・蜂蜜で作ったソースを混ぜていただきました。

Imgp7307

ソースに甘味があっておいしい!

Imgp7305

さしみこんにゃくや、モズク酢など・・・ ヘルシーディナーです。

この日は「糖質0g麺」でディナー!

Imgp7303

かぼちゃをミルクで煮た煮物もいただきました。

Imgp7313

そして、これは昨日の夕飯です。ゴーヤを茹でてサラダにしました。野菜から先に食べると、その時点で結構満腹になるので、お肉は少量で満足できますよ!

ご飯の後は氷室京介さんの“HIGHER THAN HEAVEN”(2003年のライブ)のDVD 見ました!!かっこよすぎて気を失いそう。「MEMORIES OF BLUE」という曲があるのですが、これ、美しいメロディーで大好き。ちなみにこのDVD では氷室氏が股間にマイクをあてるシーンもありますが、何やっても、素敵!!

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

久しぶりのゆっくりした休日!

茉奈佳奈が「生活笑百科」に出てる!!そしてもちろんもう上沼さんは、いない・・・ 時代は流れていきます。私ももう、四捨五入すれば50です。圭子です。

少し自分の時間が取れるようになりました。今日は休憩日。明日からまた忙しくなりますが、今日はのんびりしようと思います。

最近のご飯です。

Imgp7289

スペインのオイルサーディンを使って、サラダです。バジルものっけました。

これは亮一が鶏肉や野菜を焼いたもの。

Imgp7291

大根もステーキにしています!

Imgp7287

暑いので白ワインには氷を入れて飲みました。いつものSANTIAGO です。

鶏肉と野菜のトマト煮。

Imgp7285

トマト缶とコンソメで煮ました。

Imgp7283

この日も白のSANTIAGO 飲んでる!

また今日もBOØWY及び氷室さんの曲を聞いています。氷室さんの「卒業」宣言以降、改めて、氷室さんのカッコよさにほれぼれしてしまい・・・ なんで卒業やねん!!?と悔しく思っています。

音楽家の人が「引退する」とか「解散する」とか、そういうことになると、その人たちの音楽に影響を受けていたり、その人たちの音楽や活動に励まされて生きている人にとっては、生きるための大事な要素が人生から消えてしまいます。もちろん、作品を手に取ることはできるので、過去の音楽を聞くことはできるけど、でも、やはり「もう活動していない。もうライブを見ることができない」となると、ものすごく寂しくなると思います。

例えば、私の好きなMotley Crue も、既にFinal Tour を開始していて、多分、来年には日本にも最後の公演をしに、来るでしょう。そして、そのライブを、「これが最後だ。」と思いながら見ることになるでしょう。Motley Crue の曲はCD やらでいつでも聞くことができても、「もう活動していない」というのと、「今度の作品が楽しみだな」と思いながら生きるのとでは、全然違います。

ルー・リードも亡くなってしまった。もう絶対「今度の作品」は聞けません。

こうやって、いつか、自分の支えだったようなものが、どんどん、消えていくものです。それが、年を取ることなのかもしれません。永遠に続くものなど、何もない。だから、Carpe diem!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »