« スコットランド独立問題が気になります。 | トップページ | a day in Hakone »

2014年9月20日 (土)

恐るべし、松本隆の世界観。

昨日は夜中に亮一と二人でカラオケに参った圭子です。夜中なのに満員。ちょっと待ったら入れました。最近は「ハイボールお二つでしたね。」とオーダーするお酒も覚えていてくれているスタッフの方々。常連です。

おなじみの「魂を抱いてくれ」を圭子が歌い、「木綿のハンカチーフ」を亮一が。ふと気づいたのは、この二曲、両方とも松本隆さん作詞でした!!!松本隆さんの作詞した曲の、シングル売上のTOP10の7位が「木綿のハンカチーフ」、10位が「魂を抱いてくれ」とのこと。

「魂・・・」での、安定した夫婦の安らかな世界観と、「木綿・・・」での糞のような男(地元に残してきた化粧っ気のない田舎娘のことはすっぱり忘れて都会の毒に染まった豚野郎)。同じ人が書いているなんて!

「魂・・・」では(横で眠る奥さんのおかげで)都会の変な色に染まることなく、安らかに生きている「裸のままカップに珈琲」男を、そして「木綿・・・」では捨てられているのを分かっていながら、せめてもの思い出に、とハンカチを都会から送ってくれるよう依頼する「痛い」女と、そんな女のことはもう眼中にない裏切り男の壮絶な遠距離恋愛大失敗の残酷世界を描く・・・

ほんと、松本隆、恐るべし!!「木綿・・・」の歌詞、トラウマになります。昔小学生だったので、歌詞の意味、よく分かっていませんでしたし、そもそもこの歌、男女の「掛け合い」だったことも、今回カラオケで亮一が歌っているときに確認できた衝撃の事実です。

もともとは「はっぴいえんど」のドラマーだった松本隆。奥深い・・・ 

今度はカラオケで同じく松本作詞作品「堕天使」に挑戦したいです!!

圭子&亮一

|

« スコットランド独立問題が気になります。 | トップページ | a day in Hakone »

生活/Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし、松本隆の世界観。:

« スコットランド独立問題が気になります。 | トップページ | a day in Hakone »