« 全てがつながる! | トップページ | 四川省に行ってきました »

2015年7月 8日 (水)

包丁も使わずに・・・

数日前に高い熱が出て、救急病院行ったり、咳が止まらなくて、さらに別の病院に行ったり、そんなときに亮一も中国に行ったままでもう絶望的・・・ でも生きている。単なる風邪だそうですが・・・ 治りつつありますがまだ咳が発作的にでます。体力使いますな、咳は。明後日のガイドの仕事の日までに完治させるため、だらだらと過ごしています。

包丁のいらないランチです。

Imgp8305

ボールにたらこ(ほぐす)、塩昆布、じゃこ、刻み葱(スーパーですでに刻んであるのを購入)、オリーブオイル、牡蠣しょうゆ少々を混ぜておき、ゆでたてのパスタを投入してまぜるだけ。紫蘇とかあったらもっと見栄えがいいんじゃが。

今日はThe Damned の「Strawberries」を繰り返し聞く日でした。1982年のアルバム。高校のころ親友がダビングしてくれて、歌詞カードがないまま何十年も聞いていました。このアルバムの中の「Stranger on the Town」。一番好きです。「街を歩いていて、自分だけ『のけもの』のような気分になり、周囲は楽しそうだけど、こんなに人がたくさんいるのに、自分ったらこの世でひとりぼっちなような気がするな。でも、別にいいさ、ほっといてくれ。一人で結構!」って精神を歌っているような気がしていました。「only want a place to rest my head」。このフレーズはなんとなく当時も聞き取れて、「ちょっと休ませてくれよ。何もたいそうなこと頼んでないだろ!」という疲れた男の姿も想像しました。

あらためて歌詞を今確認し、ああ、高校生のときに感じた感覚で合っていたな、と思いました。この歌は17歳のころからの自分のテーマソング的な曲でした。もう47歳ですが、死ぬまでこの曲と生きていくような気がします。渋谷の交差点を渡るときなんかに頭を流れる曲です。

The Damned のボーカルのDave Vanian が好きだから、初めてBUCK-TICK の「Romance」のPVを見たときにすっとあの吸血鬼的な世界観に入れたんだと思います。そもそも、血を吸う系が私は好きなんですわ。吸って吸って(、あっちゃん)!

圭子

|

« 全てがつながる! | トップページ | 四川省に行ってきました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 包丁も使わずに・・・:

« 全てがつながる! | トップページ | 四川省に行ってきました »