« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月22日 (金)

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」V.S.「セッション」-目的さえしっかりしていれば大丈夫!-

今年になって見た映画の中で、本作「イミテーション・ゲーム」と、少し前に見た「セッション」が、タイプは全く違う映画なのだが、根底に流れるテーマが似ていた。

2作とも、相容れないメンバーが、対立しながらも、共通の大きな目標に向かっているうちに、どんな仲良しグループにもかなわないような絆を結ぶ、というシーンがある。そして、2作を見ていて、「こういう感覚さえ持っていれば、何度も何度も会社を変わったり、仕事を変わったりしなくて済んだのかもしれない。」とまで感じた。自分の嫌な過去を反省してしまうほど、私のとってこの2作は、生き方を見直すほどに大きな影響を与えるものだった。

「イミテーション・ゲーム」は、第二次世界大戦のころの時代を舞台にしている。ドイツの暗号「エニグマ」の解読のために集まったチームの、「そんなん無理やろ!?」という努力を描く。実話が元になっている。

暗号を解読するための人員として集まったメンバーは、最初のころは変り者のアラン(ベネディクト・カンバーバッチが、もう「ベネディクト・カンバーバッチ」には見えない演技で数学者アラン・チューリングになりきっている。)と、チームワークを組みづらそうに仕事をしている。たしかにアランは変わり者だ。ランチにも他のメンバーと一緒に行かないで、自分の世界に入り込んで働く。

コミュニケーションの取り方も独特なアランなので、仲間たちはまとまりを持った働き方がしづらい状態が続く。しかし、エニグマの解読に光が見えてきたころから、息の合ったスポーツのチームのような状態で働きだす。

しかし、この「息の合った働き方」は、別にメンバー間でプライベートに意気投合して、仲良くなった、といったメンタルな変化からではなく、単に「エニグマ解読してイギリスを戦争で勝たせるど!」という強い明確な目標があったからだ。ここに、私が今まで働いてきたときにない流れを感じた。

会社勤めをしていたころ、一番悩んだのは「会社の同僚・上司との人間関係」だ。要は、気持ち的に打ち解け、信用できる関係を築けないと、仕事に集中できず、結果、人間関係に心も体もへとへとになって、結局会社から会社、職場から職場を移動していたような気がする。もしも、私に本作のエニグマ解読チームのような、強い目標、つまり、「あいつとは気が合わない。しかし、そんなの関係ない。あいつも俺も、暗号解読に関しては国のトップレベルだ。目標達成のために、今日もやれるだけのことをするぞ。」という考え方ができていたら、もしかしたら、一回も転職せずにすんだかもしれない、とまで思ってしまった。(今は会社に所属せず、一匹狼的仕事をしているから、問題はないのだが。)

そして、本作を見る前に見た「セッション」という映画でも、同じような感覚を得たものだ。この作品は、若きドラマーが、鬼軍曹のような指揮者に悲惨なまでのしごきを受け、もう、こんな奴死んでしまえ!と思うほどの怒りを感じながらも、最終的に劇的に成長していく話だ。

この作品を見ている最中も、「私がこのドラマーだったら、すぐにこんな環境は自分のためにならない、と辞めるだろうな。」と考えていた。多くの人がそう感じるだろう。尋常ではないしごきだった。文字通り、指揮者は、鬼、のような指導のしかたでドラマーを育てる。

しかし、本当の成功者は、指導者がどんなに理不尽であろうとも、いじめにも似た扱いを受けようとも、「最終的に自分は世界一のドラマーになるんだ。」という確固とした目標さえ見失うことなく保っていたら、その環境にとどまり、結果として大きな達成感を得ることができるのであろう。劇中のドラマーもそうだ。ラストのカタルシスといったら、見ている者が「くやしい!私もこの人になりたい!」と思うほどの、ものだ。そして、「鬼軍曹」(J.K.シモンズが、指揮者なのに、ダンサーのようないい体だった!)の方も、成長したドラマーに対して、鬼の形相から、仏のような表情に変化していく。いいジャズを演奏する、という共通の目標のもと、魔法にかかったような二人はステージで輝く。

結局、「気が合う」「仲良し」という要素を重視しすぎると、自分のいる環境が耐えられなくなる。そんな要素は、本当はどうでもよいのだ。一番大事なのは、「自分がどういう風になりたいのか」という目標を胸に刻み付けておくべきこと。2作を見て、もし可能なら15年くらい前の自分にそんなことを教えてあげたいと思った。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

新年会!

今日はお友達を呼んで新年会。準備中にひそかに亮一が写真を撮っておりました。メインディッシュはカルバドス入りのポーク・ノルマンディー。メインができる前の写真です。

Imgp8497

Cavaや赤ワイン、食後にカルバドス。たくさん飲んで食べて、おなか一杯の新年会でした!

昨日は「報道2001」で事件がありました。BUCK-TICK のHPで、「報道2001」のテレビオンエア中のCM(株式会社エンパシさん)で、な、なんとヒデ作曲の曲が使用される、と書いてあったので、前日の時点で亮一に「絶対に7時半より前に起こしてくれ!!」と依頼して寝たら・・・ 起きたら7時50分!なんで起こしてくれない!!?大喧嘩です。目覚ましかけなくても起きれると思って自然に寝ていたとのこと。許せない。すごく不機嫌な心境で「報道2001」を見続けました。もう、番組も終わりのころ、ほぼ諦めていたときに、とんでもなくイカシタメロディーがテレビから・・・「HIDEHIKO HOSHINO 【BUCK-TICK】」と画面右下に!! よかった!間に合っていた!その瞬間仲直りでした。

先ほどDavid Bowie が亡くなったことを知りました。部屋を真っ暗にして「Starman」を聞いていたころを思い出しました。この方の声に何度助けられたことか。あまりに偉大な方が、あまりにそっと亡くなってしまい、どう対応してよいかわかりません。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

鎌倉散策ツアー

圭子です。今日は鎌倉のお寺をいくつかまわってきました。鶴岡八幡宮付近は大変な人込みだったので、周囲だけまわって、お参りはしませんでした。

まずは浄妙寺。

Imgp8492

甘酒をいただきました!!とてもおちつくお寺です。

次に報国寺の入り口をチェック。お正月は拝観できませんが、今後報国寺に仕事で行く可能性があるかと思い、入口確認だけしました。

報国寺のすぐ近くにある「GEN」というカフェレストランでランチしました。グラタンとチーズケーキをいただきましたが、本当においしかった!!お店の雰囲気もよいし、とにかくホワイトソースがおいしい。

Imgp8488

報国寺の帰りにぜひ!グラタン最高ですよ!

次は円覚寺に。ここには国宝の「洪鐘」があります。そこまで行くには石段を辛抱強く登らないといけせんが、その価値があります。ものすごく美しい富士山が見えました。

P_20160102_132641

鐘があるところには、展望台と休憩所がありますが、そこがとてもよいFuji View Spotなのです。この写真だと見えづらいかもしれないのですが、今日はとてもきれいな富士山が見えました。

鐘も迫力あります。

P_20160102_132433

円覚寺も見どころがたくさんあります。まだきれいな紅葉が残っていてびっくりしました。

今年もよい年になりますように!!

亮一です。八幡宮への参道の段葛が今年の桜の時期には復活なので、その準備ができていました。楽しみですね。

圭子&亮一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

Réveillon ディナー!2015→あけましておめでとう!2016

昨夜はリンゴを使って、ポークのノルマンディー風にしました。

Imgp8466

盛り付け下手なのは、ご勘弁!!にんにくをフライパンで炒め、そこに塩コショウして小麦粉をまぶした豚肉を入れ、さらに炒めました。いったん豚とにんにくを取り出し、同じフライパンにリンゴを入れてちょっと焼いて、豚肉・にんにくを戻し入れ、お酒をいれてちょっと煮て、そこに生クリーム入れました。塩コショウで味を調え、隠し味に私はちょびっとだけ「牡蠣醤油」入れてます。

カバです。gran claustro です。

Imgp8470

辛口でおいしかった!!

Imgp8468

2015年。お疲れ様でした!!紅白では、演歌の三山ひろしさんが非常に気になりました。歌唱力半端ない。

そして、年は明け・・・2016年!!

Imgp8472

金時豆の煮ものとなます、ポテトサラダ、マグロの漬けは手作りです・・・

お雑煮の人参は型でくり抜きました。

Imgp8476

ゆずの皮も入れてみました。

Imgp8474

今年もよい年にしたいものです。

圭子&亮一


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »