« 長瀞でライン下りを楽しみました | トップページ | 渋谷タワーレコードのBUCK-TICK 看板見てきました!! »

2016年9月23日 (金)

来年は「お祭り」ですね。

9月21日に発売された「New World」。BUCK-TICK から、暗い闇の中でも、孤独でも、僕らは笑って見ててやるから、乗り切れ、と応援されているような気持ちになり、夜仕事の後の帰り道Walkman で聞きながら、ちょっと涙出そうになりました。

ちょっと前に「darker than darkness -style 93-」という23年前の作品を聞いていました。「死」の匂いが濃いな、と感じるアルバムです。痛くなるような暗いアルバムです。(こういう暗黒の世界のBUCK-TICKも大好きです。)

この1993年に地獄の底から死の匂いがする歌を歌っていたバンドが、2016年に、聞く者に「未来は明るい、だから、大丈夫だ、安心しろ」とさりげないエールを送ってくれるだなんて。私はここ数年でファンになったので、同時進行でBUCK-TICKと付き合ってきたわけではないけれど、最初からずっとファンだった方々にとっては、この「New World」、感慨深いのではないでしょうか・・・ 私は、この曲はすごくよいと思います。

シングルを買うと、こんな素敵な紙が挟まっていましたよ。

P_20160923_081555

来年は、「お祭り」ですね!!

圭子

|

« 長瀞でライン下りを楽しみました | トップページ | 渋谷タワーレコードのBUCK-TICK 看板見てきました!! »

生活/Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年は「お祭り」ですね。:

« 長瀞でライン下りを楽しみました | トップページ | 渋谷タワーレコードのBUCK-TICK 看板見てきました!! »