« 雪の青森へ行ってきました | トップページ | あっちゃんおめでとう! »

2017年2月27日 (月)

「べっぴんさん」の不自然なシーンについて④

80年代バブル期に、「ちゃんちゃらおかP音頭」という曲が流行りました。今朝の「べっぴんさん」を見ながら、脳内で、この名曲がノンストップで流れ、ストーリーが頭に入らないほどでした。

ちゃんちゃらおかしいよ!このドラマ!!

今朝の驚きは、健太郎の爆弾発言でした。キヤリスの廊下に佇むさくらと健ちゃん。今日は配属先が決まり、健太郎は開発宣伝部へ。不満げな健ちゃん。「経営に関われると思うてたんやけど・・・」

え?何?今なんて?お茶を吹き出しそうなモーメントでした。

ここから私の脳内で「ちゃんちゃらおかP音頭」が流れ始めました。8時15分までずっと・・・

東大を出て、アメリカの大学でも経営を学んでました、とのこと。でも、普通、新卒で入社して、いきなり「経営に関わる」ってありえんでしょ?いくら経営陣の「息子」だと言っても。まずは、売り子とかからのスタートでもおかしくない。ついでに言えば、さくらがデザインの部署に配属されたのも、どうかなああ、って思う。ものを売る会社なので、最初は販売のセクションで顧客の動向を学ぶことも勉強になる。おかしい、すべてが、おかしい。

不自然すぎると思います。脚本を書いた方は、育児か何かに疲れていて、近所の暇な中学生あたりに「適当に15分時間を埋める感じで台本書いてみて。」とお小遣い渡して書かせたのでしょうか?社会、とか、会社、とかの世界を全く無視した、ちゃんちゃらおかしい話でした。

新卒のとき、大手の運輸会社に就職しました。もちろん、そういうときも、同期にはいきなり東京の本社の広報に配属、とか、地方の支店のきれいなビルの人事部に配属、という子もいました。大概きれいな女子は、手を汚さなくてもいい感じの部署に配属。私はむちゃくちゃ泥臭い、末端の、トラックターミナルにある事務所の営業事務として配属になりました。「事務」と言っても、荷受けもやっていたので、お客さんからの荷物を受けたりという仕事もしましたし、営業所の所長さんについて顧客に営業にまわったりもしました。荷物がどういう流れでお客さんのところまで運ばれていくかの流れも学べました。その会社には長くはいなかったけれど、大きな会社も、こういうそれぞれの小さな存在(ドライバーさんや、荷物を分けるスタッフ、荷受けをする人、などなど)に支えられ、成り立っているということが学べて、泥臭い現場に配属になった自分の方が、最初からきれいなビルの広報とかに配属になった奴らより、会社のこと、学べたと自負しています。

健ちゃん、さくら、まずは、会社に早く来て、先輩方の机の上をかたく絞った雑巾で拭いてまわる、とかしたらどないや!?経営とかデザインとか言い出すのは、もっと先でええから。

圭子

|

« 雪の青森へ行ってきました | トップページ | あっちゃんおめでとう! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「べっぴんさん」の不自然なシーンについて④:

« 雪の青森へ行ってきました | トップページ | あっちゃんおめでとう! »