« 私を「ワイルドマウンテン」に連れてって!! | トップページ | 北海道みやげ »

2017年7月30日 (日)

「アボあらた君」をご紹介。

うちのベランダですくすく育っていたアボカド。以前2013年にこのブログでも紹介いたしました。

アボカド君がこんなに大きくなりました。

このときのアボカド。名前を「アボ」とつけていて、ずっとアボ君、アボ君、と名前を呼びながら水やりをしていました。最高のときは、170センチくらいまで大きくなりました。鉢が小さくて窮屈そうだったので、大きな鉢に植え替えをしたとき、やり方がまずかったのでしょう。根が傷んでしまったようで、みるみる元気がなくなり、とうとう、最後の一葉も落ちてしまいました。亮一と私は、わが子のように育てていたアボが息を引き取ってしまい、かなり落ち込みました。アボカドの鉢を交換するのは、危険です。私たちのような素人が自力でやるべきではありませんでした。アボは2013年からずっと私たちと共に暑い日も寒い日も暮らしてきた家族でした。アボ、許してください。悪いことをしました。最後の一葉は、家に飾っています。

Imgp0626

アボ、ずっといてね、心の中。

そんなアボの鉢の横に、新しいアボカドの種を植えました。アボの命が継がれていくように、祈りながら水やりをして、とうとう、新しい芽が!

Imgp0624

新しい命だ、素敵だ!

名前は「アボあたら」です。(井浦新さんの名前から、取らせていただきました。ARATAと言えば、「蛇にピアス」での怪演、忘れられません。)

アボの命が、このアボあらたに継がれ、新しい命として輝く。天国でアボも見守っているはず。ちなみにアボあらたの左には、アボ君が立っています。葉は一枚もないけど、卒塔婆のように神々しく立ち、アボあらたを見守っているのです。

圭子&亮一

|

« 私を「ワイルドマウンテン」に連れてって!! | トップページ | 北海道みやげ »

生活/Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アボあらた君」をご紹介。:

« 私を「ワイルドマウンテン」に連れてって!! | トップページ | 北海道みやげ »