« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

「ファニーとアレクサンデル」-亡霊からは逃れられないけれど-

ベルイマンの1982年作品。豊かなエクダール家の2年を描く。

この映画を見て、このエクダール家のメンバー(メイドたちを含み)に親近感を持たない人はいないのではないだろうか。他人とは思えないほどの愛を感じる。このような感覚は、イタリア映画の「輝ける青春」を見た時にも味わった。どのメンバーにも、まるで親戚のような感覚を覚えてしまい、映画が終わっても「また来年会いたい。」と思ってしまう。

ファニーとアレクサンデルは、劇場を営み、俳優でもある両親のもと、豊かな環境で生きる兄と妹だ。アレクサンデルの大きな黒い瞳。ファニーの、いつでも冷静な表情。子供ではあるが、過度に「かわいい」「守ってあげたい」と思わせるキャラクターではなく、まるで大人の世界をすべて見透かしているような、恐るべき子供たちだ。

この兄妹の周りの大人の世界を彼らの目を通して描きつつ、「死」「愛」「人生の喜び」「病気」「支配」などを5時間かけて描く。この5時間を越す映画は、まったく飽きる暇もなく、すべてのシーンがまるで絵のように美しく、最後まで見たときに「もうエクダール家のみんなと会えないのか・・・」と寂しく思い、また最初のクリスマスのシーンに戻って見てしまう、という無限ループを誘う。本当に、他人とは思えない、エクダール家。

映画は、小説のように、章仕立てになっていて、章が変わるたびに、「水」のシーンで始まる。寒そうな、そして清らかな川の流れ。人の人生は常に動いていることを示すような水の動き。

アレクサンデルは、亡くなった父親の亡霊に度々会い、映画の最後でも「もう一人の亡霊」と出会う。きっと、亡くなった人が見えてしまう彼にとっては、今後の人生も時々亡霊に悩まされることを示唆している。それでも幸せな終わり方だと感じるのは、おばあちゃんのヘレナの存在なのではないか、と思う。これからもきっと、いいこともあり、嫌なこともある人生だ。これまでだって、そうだったし、これからも、きっと浮き沈みはある。亡霊からも時々脅される人生だろうが、何が起きても淡々と生きるしかない。アレクサンデルは覚悟を持って生きる、時にはおばあちゃんの膝で眠りながら。コロナに散々な目にあった今年に、心をきれいな「水」で洗浄してもらったような気持ちがした。

圭子

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

またまたワイン煮

リンゴをワインで甘目に煮る、というのにはまっています。

Dsc_0205_20201127121301

今朝はTVで宮本浩次を見ていて、この人、いいな~、と思いました。

圭子

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

リンゴのワイン煮

まるでマグロの漬けのような色に!

Dsc_0203

リンゴをくし形に切って、鍋に沸かしたワイン、水、砂糖、レモンスライスとともに煮ました。冷蔵庫で冷やすと色が濃く染まっておいしそうですね。

「ファニーとアレクサンデル」を見ながら食べました。本当に、むかつくぜ!司祭!

圭子

| | コメント (0)

Beaujolais nouveau 2020

今年もこの季節がやってきました。コロナの影響であまり盛り上がってないかもしれませんが、やはり季節ものはかかせません。今年もおいしくいただきました。

TOPVALUのボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォーで乾杯!

Dsc_0202

ちょっと冷やしていただきました!

Dsc_020133

生ハムや、辛子レンコンなどなどに合わせて。

Dsc_0201_20201123095001

牛肉とトマト、エリンギをニンニクで炒めた一品も、ワインによく合いました。

ワインつながりで、これは別のワインですが、余ったワインでリンゴを煮ました。冷蔵庫で冷やしておこうとおもいます。

Center_0001_burst20201123093036019_cover

先ほどNHKの「おちょやん」の紹介番組を見ていましたが、それを見ているだけでちょっと涙が出てきました。最近涙もろいです。何を見ても涙が出てきます。気持ちが弱っているのか、老化現象か。とにかく「おちょやん」に期待大!

圭子

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

ハロウィンversionもできました。

またまたオリジナルのクロスステッチ、つくりました。エクセルでデザインしてハロウィン版にしました。

Dsc_0200_20201115201601

いろいろな季節ごとに作っても面白いかも!とひそかに思っています。

圭子

| | コメント (0)

レモンマリネでディナー

亮一がゲットしてきた生口島のレモンで、スズキをマリネしました。

Dsc_0198

マリネ液は、オリーブオイル、レモン汁が一対一。レモンを漬けていた蜂蜜も少し入れました。塩コショウと、隠し味でかき醤油も入れています。マリネをして冷蔵庫で少し冷やしておきました。紫蘇をのせてできあがり。白ワインに合うおかずになりました。

圭子&亮一

| | コメント (0)

生口島のレモン

亮一が生口島で新鮮なレモンをゲットしてきました。レモンの産地、生口島。

スライスして蜂蜜に漬けました。

Dsc_0195_20201115114001

冷蔵庫に寝かせておきます。

Dsc_0196

出来上がったらヨーグルトにかけたり、そのまま食べたりしようと思います。

圭子&亮一

| | コメント (0)

2020年11月14日 (土)

濃厚ミートソースディナー

昨日はミートソースを作って、パスタディナーでした。ミートソースには残りのワインも入れて煮込んだので濃厚になりました。

Dsc_0190_20201114114901

簡単に、豚ひき肉をニンニクと炒めて、トマト缶を入れ、コンソメキューブで煮ました。ワインも入れたので風味もよかったです。

かぼちゃの簡単チーズ・マヨネーズ焼き。ブロッコリも彩りで入れました。

Dsc_0192

かぼちゃは電子レンジでチンして、ブロッコリもお湯でゆでておきました。かぼちゃとブロッコリ、ツナをグラタン皿に入れて溶けるチーズとマヨネーズをかけて焼きました。

Dsc_0191

これは簡単なおつまみ。ハムに紫蘇、えのきだけをおいて巻きました。ちょっとフライパンでオリーブオイルで焼いて出来上がり。横の黒っぽいのはプルーンです。

最近のワインは激安ワインのこれ!

Dsc_0194

ワンコイン以内で買えます。スペインワイン。GRAN DUQUE DE LAS VIÑAS!近所のスーパーで見つけて、ずっとこればっかり飲んでいます。こんな軽い感じのパスタディナーにぴったりですよ。

Dsc_0193

おいしくいただきました!

圭子

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

煮凝りが好きです。

昨夜鶏の手羽元とカブの煮ものを作ったのですが、一晩たったら煮凝りになっていました。

Dsc_0188

煮凝りが大好きで、煮凝り部分だけでご飯が食べられます!鶏の手羽元、カブ、カブの葉っぱを日本酒、かき醤油、みりんで煮ました。

圭子

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

鶏もも肉でディナー

亮一は仕事で西日本へ。一人ですがワインでディナーです。いつもはダイエットでササミや胸肉を食べているのですが、ちょっとストレス解消に今日はもも肉です。

Dsc_0201

簡単にニンニクで野菜と一緒に炒め、日本酒と醤油で味付け。蒸し焼きにしました。鶏には山椒をかけてます!そしてひきわり納豆もおつまみで!

今、安部公房の「壁」を読んでいます。これは遠野遥先生の影響と言って過言ではありません。


圭子

| | コメント (0)

レンコンで朝ご飯

おはようございます!今日の朝イチのレシピに影響され、早速レンコンで朝ご飯です。

朝イチの舘野真知子先生は豚バラをお使いでしたが、家にベーコンしかなかったのでベーコンで代用。タレは、コチュジャンがないので、普通の味噌に砂糖とか醤油を足して伸ばしました。オリーブオイルもちょっと入れました。

Dsc_0199_20201111100701

おいしくできました!

Dsc_0200_20201111100801

ご飯は、昨日の残りの鶏そぼろと青菜の漬物を混ぜて混ぜご飯に。スープはKALDIの「SoupSoup」の「かぼちゃスープ」!

圭子

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

支倉焼です!

亮一が仙台に行ってきました。おみやげは「支倉焼」です。

Center_0001_burst20201106174006014_cover 

Dsc_0195

17世紀にローマに渡った支倉常長を記念したおいしいお菓子です!

圭子&亮一

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

おいしいお餅

亮一の天橋立土産です。

Dsc_0190

歴史のあるお餅、「智恵の餅」です。文珠荘 勘七茶屋さんの歴史のあるお餅。

Dsc_0012_20201102102301

餡子だと罪悪感なく食べられる・・・

圭子&亮一

 

 

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »