音楽

2019年5月27日 (月)

BUCK-TICK!獣たち!幕張メッセ!

5月26日の「ロクス・ソルスの獣たち」に行ってきました。何もかもがすごくて、語彙力に欠けますが、とにかく、「同じ時代をBUCK-TICKと生きることの感動」を痛いほど味わった2時間強でした。毎回、こんな感じ。ただ、「ちょっとでもすれ違っていたら、一生出会えなかった」はずなのに、運よく出会えて、そして人生を(よい意味で)狂わされた相手を拝み、そして、恍惚となり、そして、ふわふわして電車で帰る、という夢体験。(そしてその後何日間は夢見心地が続き、気持は天に浮遊し、「何もかも、許せる」ような寛大な気持ちが続く。)

「さくら」の際の桜吹雪は座席に残っていた分をもったいないので持って帰りました。

Imgp1056

そして、もったいないので、瓶に入れました。

Imgp1058

「桜の瓶詰」です。

個人的に大好きな曲が生で聞けて嬉しかった・・・ 「愛ノ 歌」とか、「BRAN-NEW LOVER」とか。そして、奇跡のアコースティック。曲がもともとよいから、アコースティックでもよい。まさか「BOY」をアコースティックで聞く日が来るとは。

ちょっと気絶しそうになったのは、「相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり」です。スクリーンの中のあっちゃんの表情が・・・ もう言葉にならない。ただ、立ち尽くすしかない、という状態でした。

このバンドは、異常です。毎度毎度、最新の姿が一番カッコいいって、そんな生き方をしているあの5人に嫉妬すらします。

圭子

 

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

おっきりこみ、食べてきました。

今日はガイドの仕事の後、渋谷のタワーレコードにて、BUCK-TICKカフェに行ってきました。精神的疲労の多い日で、昼間っからビール飲んできました。

Img_20190520_143508

「スペシャルローカルパスタ」をいただきました。「おっきりこみ」って初めて食べました。山梨の「ほうとう」よりももっと幅広く、薄いような感じ。素朴なおいしさです。大根など野菜もたっぷり。おいしかったです。

カフェでいただいたビール(あっちゃん指名)は瓶を持って帰ってもOKとのこと。洗って保存。

Kimg0095

あれ、画像が横になってしまう。すみません。直せない!横でもあっちゃんのカッコよさはわかりますね?

カフェの入り口で店員さんに「ここはBUCK-TICKカフェですけど、大丈夫ですか?」って確認されてしまって、ちょっとショック。BUCK-TICKファンっぽくないからかな・・・私が年寄りだからかな・・・(今日は色んな意味で自虐的な精神モード。)ええ、大丈夫です、と丁重にお答えしました。今日は仕事の帰りなので、あまりBUCK-TICK感が高くない恰好だったからかな。ちなみに平日の午後、すぐ座れました。カウンターですが。

お店で「獣たちの夜」のフルバージョン見れてよかった。素晴らしい曲だ。

今週末は幕張です!

圭子

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

遠藤ミチロウが亡くなってしまった。

新しい時代、「令和」が始まった。そんな中、私の青春時代から重要だった遠藤ミチロウさんが亡くなっていたことを知った。膵臓がんで4月25日に亡くなっていたそうだ。

「青春時代から重要だった」という日本語はあまりきれいではないが、実際、ミチロウの存在は重要だった。高校のころ、死なずに、生きれたのも、ミチロウの「ベトナム伝説」のおかげだったと思う。ああいう音楽が私を「こちら側」に引き留めてくれた。孤独だった田舎の高校生にとって、異端であり、そして過激であり、心を揺さぶる音楽は、水のように、空気のように、重要だった。今こうやって生きているのも、孤独で思い悩む高校のころ、死なずに、生き延びることができたから。生きることができたのは、「音楽達」が私を救ってくれたから。そんな音楽の中に、ミチロウはいた。

生きることは、人の屍の上を歩いていくようなことだ。私が今無事に生きることは、いろんな助けてくれた人(音楽)の屍の上を歩いていく、ということだ。人は死んでしまうけど、音楽はずっと生きている。

圭子

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

TOUR No. 0 FINAL

Img_20181229_162057

昨日は武道館でBUCK-TICKの素晴らしいステージを見てきました。今年はぎりぎりまでチケットが取れずかなり難しい年になりました。BUCK-TICKのチケットが取りにくい、ということはバンドの人気が出ている、ということなのでしょう。すごいことです。

あっちゃんが消化管出血、というニュースが流れ、一体武道館もどうなるか、とこれまた心配の日々でしたが、昨日のあっちゃんはすごかった。きっと体調はまだ万全ではないでしょう。入院をしていたのだから。でも出だしから「GUSTAVE」でノリノリで、「みんな、心配ないよ!」という雰囲気を出してくださいました。あっちゃんの姿をステージで見ることができるだけで、幸せ。心が熱くなりました。武道館お疲れ様でした。ゆっくり休み、来年からまた元気に活動できるように、体調を整えてください、あっちゃん!!!

アンコールの「夢見る宇宙」には、びっくりしました。「鼓動」で終わりかと思ったら、あっちゃん戻ってきた。涙。スタンド2階の最後尾でしたが、同じ空間にBUCK-TICKと共に存在できただけで、幸せ。いつも幸せをありがとう。来年もよろしくお願いいたします。

武道館は来年は改装で使えないでしょうから、連続の12月29日の武道館公演は今年で一旦終わり。来年は5月に幕張でのコンサートが予定されています。今回の武道館のように、激戦になるのでしょうか・・・ 来年もBUCK-TICKに助けられながら、生きたい。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

ユニカビジョン行ってきました!

歌舞伎町にてBUCK-TICKライブを堪能。

Bucktick


明日は武道館!今回はチケットをゲットするのがかなり困難でした。ファンクラブ先行予約などは軒並み落選。一般枠でやっとのことでチケットを購入できて、幸いです。と思ったらあっちゃんの体調が・・・ 明日元気なあっちゃんを見ることができますように。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

遠藤ミチロウ、誕生日おめでとう。

仕事が急にキャンセルになり、ふてくされて「何かニュースないかな。」とインターネットを見た途端に、遠藤ミチロウが膵臓がん、というニュースが目に飛び込んで来て、もう、気持が落ち込んでならない。

高校生のとき「ベトナム伝説」で洗礼を受けて以来、私にとっては、スターリンの遠藤ミチロウ、というより、「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました。」のミチロウなのだ・・・ こういう音楽に救われて、暗黒の高校時代を乗り切った私です。

ミチロウさんには生きていてもらわないと困る。私は困る。治って欲しい、心から。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

BUCK-TICK 神奈川県民ホール、行ってきました。(2018年七夕)

あまりにも素晴らしいコンサートで、まだ夢心地です。

Img_20180707_161314


Img_20180707_161403

会場横にいたツアートラックです。長いツアーお疲れ様です。

会場の神奈川県民ホールは山下公園の前にあります。始まるまで、時間があったので、山下公園を散歩しました。

昨日は目が2つでは足りない瞬間が沢山ありました。上手花道、下手花道でそれぞれ、「事件」が起こり・・・同時に両方見ることができない!どっちを見たらいいんだ!

どうしてこんなに素晴らしいんだろう。もう言葉に表せません。ロック雑誌の取材記事とかできちんと言葉に表している記者の方々を尊敬します。私はただ「素晴らしかった」としか言えません。「ゲルニカの夜」ではやはり泣いてしまうし、「Solaris」ではコンサートが終わってしまうことを寂しく思い、そして、こんな夜を過ごさせてくれたことに対し感謝の気持ちであふれ、温かい気持ちで家路につく・・・ 春の桜のように、こういう想いは永遠には味わえません。いつか自分も死に、いつかBUCK-TICKも活動しなくなる日が来る。限りのある饗宴。刹那のさだめ。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

BUCK-TICK 市川市文化会館 公演 行ってきました。

今、家に帰り、一人余韻に浸ってラーメン食べてます。圭子です。今日はBUCK-TICK 市川市文化会館 公演 行ってきました。ネタバレしますよ~

Imgp0857

綺麗な色ですよね。ラバーバンドとパンフレット買ってきました。今日が私のNo. 0ツアーの初日。

じらしにじらす形で始まる零式13型「愛」。あっちゃんが「ハロー」言いながら降りてくるところで、もう震えて涙が。私は今回2階席でしたので、あっちゃんの軍帽を見下ろす形で拝見しました。軍帽、軍服、マント。なんなんでしょうか。丸尾末広の漫画から飛び出てきたような退廃の世界。すごく遠くから見ているのに、あっちゃんのオーラにただただ圧倒され、最初から現実の世界から何マイルもぶっ飛びました。

衣装の話ばかりで申し訳ないのですが、軍服のウェストをきゅっとベルトでしめ、スタイルの良さが強調され、何度もいいますが、2階席のかなりの距離から見ていても、「あそこにカッコいい人がいる。」ということが明確に分かりました。きっと2階席の他の皆さんもそう感じてたんではないすか??

私がBUCK-TICKのコンサートでいつも感じる不思議な感覚は「いつか大事な人が死んでしまったとき、悲しいだろう、でも、夢でまたその人と会えたら、すごく嬉しいだろう。」という感覚です。BUCK-TICKの歌の中に、そのようなテーマの曲が多いからかもしれません。BUCK-TICKの歌のテーマには、あまり、「俺たちずっと一緒だぜ!」というような希望に満ち溢れたものはありません。どこかに「いつか死ぬ命」「いつか離れ離れになる関係」のいわば、「死の匂い」が根底にあると思います。だからこそ、命は美しい。世界は美しい。そんなことをうすらぼんやり、ステージを見ながらも考えてしまいます。今日の「Solaris」を聞きながらも、そんなことを考えていました。

そして、もう一つ、「私も仕事を一生懸命頑張ろう。」という感覚です。BUCK-TICKの皆さんも皆、50代。私もあと数週間でとうとう50歳になってしまいます。はっきり言って、そんなに体は楽ではありません。私もしんどい、そして、きっと、ステージで最高にカッコいい姿を晒しているBUCK-TICKの皆さんだって、体のコンディションを整えたり、ツアーを続けていくことは、そんなに簡単ではないと想像できます。カッコいい姿を晒すのは、白鳥が水面下で足を必死にもがくように、BUCK-TICKだって必死のはず。私はBUCK-TICKのコンサートの後、「次の仕事では、お客さんに幸せな気分を味わってもらいたい、今日の私が感じているような気分を!」と強く感じます。

市川のこと、というより、BUCK-TICKに対する気持ちばかりが溢れてしまいました。

今日はいい夢が見れそうです。ありがとう、BUCK-TICK!!

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

The Smiths、それはタイムマシン。

The Smithsは太宰治みたいだ。若い時、どうしても必要なタイプの音楽。大概の「人生うまくいっている」タイプの人にとっては全く必要がないが、一部の「人生に困ってしまった」人たちにとっては、どうしても必要、なくてはならないタイプ。太宰の小説もそうだ。「人間失格」を読んで「鬱陶しいな、この主人公は。」と思う人は太宰が嫌いだろう。必要もないだろう。でも、一部の「人生に困ってしまった」人たちにとって、生きにくい現実をなんとか通過するには、太宰の小説を一枚一枚めくって「ここにも人生に困った人がいる。自分は一人じゃない。」とほっとして、どうにかどうにか日々を過ごすしかない。私は絶対的に後者のタイプだった。

今は幸い、毎日毎日をThe Smithsの助けを借りずにも、生きていけている。もうじき50歳だ。年齢でいったら、孫がいてもおかしくないくらい。だけど、今でも、高校の頃の自分のように、自信がなくなり、人生に困ってしまうことも、もちろんある。そんなとき、The Smithsを聞くことで、なんとか命にしがみつくことができる。なんだ、いまだに1984年の自分とあまり変わっていないじゃないか。

Imgp0834

「Hatful of hollow」。この1984年の作品を聞くと、魂は、当時両親と共に住んでいた家の、私の四畳半の部屋に戻っていく。音楽は恐ろしい。タイムマシンはまだ発明されていないはずなのに、このCDを聞くと、私はあの頃の自分にすとんと戻ってしまう。1984年の自分が心を打たれた"What Difference Does It Make?" に、2018年の私も心を打たれる。

Morrisseyのコンサートを見に、ロンドンのIlford Islandというホールまで見に行った。私がイギリスでしたことで一番意味のあることのひとつだ。1995年2月12日。オックスフォードから一緒に見に行ったK君は、今どんな大人になっているだろうか。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

楽しみでしか、ない「No.0」

BUCK-TICKのニューアルバム「No.0」のジャケットのアートがもう公開されていますね!!それを見て、あれ、この雰囲気、どこかで見たことあるかも・・・と思って本棚探しました。

Imgp0810

Ziggy Stardust!

このジャケットの「K.WEST」の黄色いサインと、こんどのBUCK-TICKのアルバムの「No.0」の看板。ちょっと雰囲気が似ている。期待が高まるアルバムです。

圭子

| | コメント (0) | トラックバック (0)